【初心者向け】『格安SIM』の基礎知識【メリット・デメリットを解説】

【初心者向け】『格安SIM』の基礎知識【メリット・デメリットを解説】

この記事は『格安SIM』の基礎知識を解説している記事です。

格安SIMって結局何なの?
ドコモ・AU・ソフトバンクとの違いが知りたい

などの疑問に答えます。

最近、かなり普及が進んでいる『格安SIM』ですが、専門用語が多くて難しいですよね!

そこで『格安SIMのメリットやデメリットを、初心者向けの基礎知識』として解説します。

『格安SIM』に興味がある人は是非参考にしてみてください。

『格安SIM』を丸ごと知りたいならこの記事がおすすめ

【初心者向け】『格安SIM』の基礎知識

格安SIMとは?

格安SIMとは『大手キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)に比べて、月額料金を安く使うことが出来るスマホ』のことです。

料金が【1,000円台】のプランも多く、毎月の負担を大幅に減らすことが可能です。

自分で使うだけではなく、新たに子供にスマホを持たせる時も、契約条件が緩いので使い勝手が良いです。

つまり格安SIMとは『毎月の月額料金が安く、使い勝手が良いサービス』と言えます。

月額料金が安い理由

格安SIMは『大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているので、価格が安い』という特徴があります。

大手キャリアは店舗などサービスが充実しているので、料金が高くなります。

しかし格安SIMは回線を借りているだけなので、価格が安いんです。

つまり違いは『回線を自前で持つか?借りるか?』だけとも言えます。

【同じ番号】で乗り換えが可能

格安SIMに乗り換える場合でも『今利用している電話番号を同じ番号で乗り換え』が可能です。

MNP】というやり方で、乗り換えが可能です。

もちろん【手数料】が『2,000円〜3,000円』必要になる点には注意が必要です。

しかし番号が変わる手間が不要なので、是非利用したいサービスです。

【初心者向け】『格安SIM』のメリット

『格安SIM』のメリット

  1. 月額料金】が非常に安い
  2. 料金プラン】がシンプル
  3. 契約の縛り】が緩い

【月額料金】が非常に安い

『格安SIM』は月額料金が非常に安いです。

大手キャリアで契約すると、1ヶ月の料金が【1万円程度】になる場合も多いです。

しかし格安SIMの場合は、平均的に【2,000円前後】で利用が可能です。

もちろん【データ容量】のプランや【通話料金】によって、料金は変わってきます。

しかし毎月の支払いという点では『確実に格安SIMの方が安くなる』と言えます。

関連記事

格安SIMの体験談は『【総合評価】『LINEモバイル』を1年半使ったメリットとデメリット』にまとめています。

【料金プラン】がシンプル

格安SIMは【料金プラン】がシンプルという特徴があります。

大手キャリアは『基本プランに加えて、割引プランが複雑でよくわからない』というデメリットがあります。

しかし格安SIMは『基本的に料金の違いは、データ容量の違いのみ』だと言えます。

データ容量によって料金が変わるだけなので、非常に分かりやすいと言えます。

【契約の縛り】が緩い

格安SIMは大手キャリアほど【契約の縛り】が強くないという特徴があります。

例えば『大手キャリアは2年契約が基本』ですが、格安SIMはそのような条件がない所が多いです。

もちろん『UQモバイル』や『ワイモバイル』など【2年契約】が基本の格安SIMもあります。

しかし最低利用期間が過ぎると【契約解除料】が不要というところが多いので、乗り換えがラクと言えます。

実際『LINEモバイル』からドコモに乗り換えましたが、不要な手数料は不要でした。

その点を考えると、使い勝手が良いと言えます。

格安SIMからドコモに乗り換えた体験談

詳しくは『【格安SIMからドコモへ】『MNP』で乗り換える手順や注意点のまとめ』で解説しています。

【初心者向け】『格安SIM』のデメリット

『格安SIM』のデメリット

  1. 速度】が遅い
  2. 申し込み】はネットが基本
  3. 支払い】はクレジットカードが基本

【速度】が遅い

格安SIMは『大手キャリアほどのスピードが出ない』ことが多いです。

特に『混雑する昼間や夜の22時以降は、体感で遅い』と感じることが多いです。

UQモバイル』や『ワイモバイル』は比較的、速度が早いですが、速度が遅い点が、格安SIMの一番のデメリットです。

もちろん自宅で使うなら【Wi-Fiルーター】等を活用すると、解決することが可能です。

【申し込み】はネットが基本

格安SIMは【ネット】で申し込みが基本です。

大手キャリアの場合は店舗があって、そこで手続きが可能です。

しかし混み合っていることも多いですし、不要なオプションを勧められたり面倒なのも事実です。

その点を考えると『基本的にネットで全てが完結するので、手間が大幅に減る』とも言えます。

慣れていない方は難しく感じるかも知れません。

しかし、各社が工夫を凝らして分かりやすい画面にしているので、特に迷うことは無いはずです。

【支払い】はクレジットカードが基本

格安SIMは【クレジットカード】での支払いが基本です。

大手キャリアは【口座振替】とか【請求書】での支払いが可能です。

もちろん『楽天モバイル』など【口座振替】に対応している会社もあります。

しかし、基本的には【クレジットカード】での支払いになるので、注意が必要です。

【初心者向け】『格安SIM』の用語集

格安スマホの用語集

  1. 格安SIM】と【格安スマホ】は同じ
  2. 格安SIM】と【MVNO】は言い方の違い
  3. 音声通信SIM】と【データSIM】は通話の有無の違い

【格安SIM】と【格安スマホ】は同じ

格安SIMを調べていると格安スマホという言葉を目にすることがあります。

この②つは『ほぼ同じ意味で使われていると考えてOK』です。

格安スマホを厳密に言うとスマホ本体を指しますが、格安SIMはスマホ本体の中に入れる【小さなSIMカード】のことを言います。

このように細かく言うと違いがありますが、普段はそれほど気にしなくても大丈夫です。

【格安SIM】と【MVNO】は言い方の違い

格安SIMを英語でいうと【MVNO(エムブイエヌオー)】と言い換えることが出来ます。

このMVNOは『単純に格安SIMを英語で表した言葉』です。

単純に日本語か?英語か?の違いなので、同じ意味だと考えて大丈夫です。

【音声通信SIM】と【データSIM】は通話の有無の違い

格安SIMの料金プランを調べていると【音声通信SIM】と【データSIM】に分かれているはずです。

これは『通話が出来るタイプとインターネットのみが可能なタイプ』の違いです。

スマホで使う場合は【通話】も必要だと思います。

しかし『タブレットなど、通話が不要な場合はデータSIM』にすると、を安く出来ます。

『格安SIM』の基礎知識を理解しよう

格安SIMの一番のメリットは『月額料金が非常に安くなる』点です。

大手キャリアに比べて半額以下にすることも出来るので、非常に安くなります。

もちろんスピードが遅いとかネットで申し込みが基本など、注意点もあります。

しかし大幅に料金が安くなるので、一度は検討するのがおすすめです。

『格安SIM』に興味を持ったら、ぜひ『【2019年最新版】『格安SIM』の選び方【おすすめの大手6社を比較】』を確認してみて下さい。

おすすめの『格安SIM』を詳しく解説しています。

人気記事【2019年最新版】『格安SIM』の選び方【おすすめの大手6社を比較】

人気記事おすすめのホームルーター③選【工事不要で簡単にWi-Fi環境が作れます】