この記事ではLINEモバイルに乗り換えて気付いた5つのメリットを紹介します。

 

毎月、スマホの料金としてどれぐらいの金額を支払っていますか?

 

毎月1万円前後、支払っていると思いますが、毎月この金額ってバカになりませんよね!

 

実際、私自身はソフトバンクと契約していた時は、月に約7000円のスマホの料金を支払いをしていました。

 

しかしLINEモバイルに変えてから、月の支払いは2000円に大幅に減らすことが出来ました。

 

通話料や他のオプションも含めたトータルのスマホ料金が、この2000円という金額です。

 

この記事では、LINEモバイルに乗り換えてよかったな!と思う5つのメリットを紹介します。

 

 

 

 

スポンサーリンク

LINEモバイルに乗り換えて気付いた5つのメリット

月々のスマホの料金が1万円近いって、かなり大きな負担ですよね!

 

しかも1万円近いスマホの料金を支払っていても、

 

Aさん
結局速度制限になる・・・

 

Bさん
特に不満は無いけど、安く出来るならしたいな!

 

と思う方が大多数なのではないでしょうか?

 

スマホの料金を安くする方法は「【節約】スマホ料金を安くするおすすめの方法【半額以下になったよ】」でも解説しています。

 

 

LINEモバイルに乗り換えて、月々のスマホ料金が半分以下になった

LINEモバイルに乗り換える前はソフトバンクでiPhoneを使用していました。

 

しかし毎月のスマホの料金の支払いが7000円以上で、正直負担が大きいと感じていたのも事実です。

 

しかも、契約内容が複雑でよく分からない!!

 

何にどれだけの金額を支払っているのか?がよく分かりません。

 

しかし最近は格安スマホというものがあります。

 

わたし
格安スマホに変えたら月々のスマホの料金は安くなるのかな?

 

という素朴なギモンからLINEモバイルに乗り換えることになったのです。

 

乗り換えた体験談は「体験談!!格安スマホに乗り換える際に重視した点と気をつけた点」という記事で詳しく紹介しています。

 

 

そしてLINEモバイルと新しく契約したのですが、月のスマホ料金が2042円と大幅に減らすことが出来ました。

 

具体的に現在契約しているプランは、

 

  • 音声通話が可能なプラン
  • データ容量が3GB
  • 有料のオプションは月額200円のwifiオプションのみ

 

という構成で月額2042円です。

 

Aさん
データ容量が3GBって少なくない?

 

って思われるかも知れませんが、LINEモバイルはSNSのデータ消費量がカウントされないカウントフリーというプランがあります。

 

このプランのおかげで、かなりデータ消費量が減りました。

 

さらに月額200円は掛かりますが、wifiオプションに加入することで、外出先でも安全性の高いwifiを使えます。

 

このため3GBのデータ容量でも十分です。

 

むしろ最初は5GBのプランを選んでいたのですが、5GBも使わず3GBのプランに変更しても大丈夫でした。

 

 

LINEモバイルに乗り換えて、データ消費量が3割も減った

LINEモバイルは大きく分けて3つのプランがあります。

 

LINEフリープラン LINEアプリの通話・トークが使い放題
コミュニケーション
フリープラン
LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題
MUSIC+プラン LINE MUSICと主要SNSのデータ消費ゼロ

 

このように、LINEのみ・主要SNS・LINE MUSICと主要SNSのデータ消費量がカウントされない3つのプランがあります。

 

LINEフリープランだとLINEの消費量のみがカウントされないので、カウントフリーの威力が少ないです

 

また音楽は「Amazon Music Unlimited」を使用しているので「コミュニケーションフリープラン」を選んでいます。

 

この「カウントフリー」は、仮に通信速度制限になってもSNSのスピードは落ちません。

 

つまりSNSはいつでも早いスピードで使うことが出来ます。

 

このカウントフリーの威力のおかげで、データ容量を小さいものでも十分になります。

 

SNSのデータ消費量が多かったので、カウントフリーの威力で月々のスマホ料金をさらに安く出来ました。

 

 

LINEモバイルに乗り換えて、安全なwifiを月額200円で使えるようになった

LINEモバイルで唯一オプションとして追加しているのが、月額200円のwifiオプションです。

 

なぜwifiオプションを追加しているか?と言うと、カフェや駅などで使える公衆無線LANが使用できるからです。

 

わたし
でも、公衆無線LANなら無料で使えるんじゃない?

 

って思いますよね?

 

実際、スターバックスなどでは無料で無線LANを使用することが出来ます。

 

【簡単】スターバックスの無料wifiの使い方【注意点もあります】」という記事で、使い方を詳しく解説しています。

 

 

無料で使える公衆無線LANは便利ですが、問題点があります。

 

それは暗号化されておらず、悪い人が見ようとするとすぐに見えてしまうという、セキュリティが甘い点です。

 

Aさん
暗号化されていないと、何か問題あるの?

 

暗号化されていないと、ネットバンキング等をした時にパスワード等が丸見えになってしまいます。

 

みんなの前で、銀行の暗証番号を大声で話しているようなものです。

 

つまり暗号化されていないwifiでネットバンキング等をするのは非常に危険です。

 

公衆無線LANのセキュリティは「スタバでMacbookはキケン?「無料Wi-Fi」3つのNG」が分かりやすいです。

 

 

その点で月額200円かかりますが、LINEモバイルのwifiオプションは暗号化されたセキュリティの高いwifiを使えます。

 

外出先でも不安感無くwifiを使えて、データ使用量も減らせるのでLINEモバイルのwifiオプションはオトクです。

 

 

LINEモバイルに乗り換えても、問題なくLINEの年齢認証が出来る

NTTドコモやAU、ソフトバンクではLINEの年齢認証が問題なく行えます。

 

しかし他社の格安スマホでは、LINEの年齢認証が出来ないんです。

 

Aさん
LINEの年齢認証が出来ないと、何か問題あるの?

 

LINEの年齢認証を行うとIDから友達を探したり、相手からIDで登録してもらえるID検索機能が使えます。

 

つまりグループ登録したりする際に便利なID検索機能が使えないのは、ストレスです。

 

今まで使っていた機能が使えないって、かなり不便ですよね!

 

 18歳未満の方はそもそも年齢認証出来ませんのでご注意下さい。

 

この年齢認証を格安スマホで唯一使えるのが、LINEモバイルなのです。

 

裏ワザ的に他社の格安スマホでもLINEの年齢認証を通る方法があるようです。

 

でも正式な方法ではないやり方で何か問題が起きたら困りますよね?

 

その点でLINEモバイルは正式な方法で年齢認証が出来るので、安心感が違います。

 

 

LINEモバイルに乗り換えても、使い残したデータ容量を翌月に繰り越せる

LINEモバイルは、使い残したデータ容量を翌月に繰り越すことが出来ます。

 

このデータ容量を翌月に繰り越せるサービスは、他社のスマホでも行っています。

 

しかしLINEモバイルはSNSのデータ使用量をカウントしない、カウントフリー機能があります。

 

そのため毎月のデータ使用量は、使って見ないとわからない所があります。

 

カウントフリー機能でデータ使用量がかなり減っても、データ容量は翌月に繰り越せます。

 

つまりLINEモバイルは、データ使用量の様子をみながらデータ容量を余すこと無く消費することが出来るんです。

 

このおかげで最初に5GBで契約していたプランを、3GBまで減らすことが出来ました。

 

 

スポンサーリンク

LINEモバイルに乗り換えるメリットのまとめ

LINEモバイルに乗り換えてから気付いた5つのメリットを紹介しました。

 

LINEモバイルに乗り換えると、

 

スマホの料金が半分以下になった
データ消費量が3割も減った
安全なwifiを月額200円で使えるようになった
問題なくLINEの年齢認証が出来る
データ容量を翌月に繰り越せるので無駄がない

 

というとても良いメリットがあります。

 

もし、月々のスマホ料金の負担が大きいと感じる方は、検討してみてはいかがですか?

 

月々のスマホ料金の負担はそれほど気にしない!という方でも、毎月5000円節約できるなら、美味しいものが食べれますよ!

 

多くの人にメリットの大きいLINEモバイルに乗り換えてみませんか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう