MENU
2021年大注目ランキング

【USB-Cハブ】発熱が少ないのはどれ?【Ankerがおすすめ】

【USB-Cハブ】発熱が少ないのはどれ?【Ankerがおすすめ】

この記事は、発熱が少ないUSB-Cハブのおすすめを紹介している記事です。

悩む人

発熱が少なくないUSB-Cハブが欲しいんだけど、どれがおすすめなのかな?使い勝手が良いハブが欲しいな!

と言う悩みに答えます。

USB-Cポートしか無いのでPCを利用していると、USB-Cハブや変換アダプターが必須ですよね!

しゅん

僕自身は2019年の初売りでMacBook Proを購入してから、ハブの必要性を痛感しました。

しかし安いUSB-Cハブは発熱が酷く、途中で熱暴走したり大丈夫かな?って不安になる時があります。

そこでこの記事では、発熱が少ないUSB-Cハブのおすすめを紹介していきます。

発熱が少ないUSB-Cハブを探している人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【USB-Cハブ】発熱が少ないのはどれ?【Ankerがおすすめ】

購入した『Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』
おしゃれでコンパクトなUSB-Cハブ

まず結論から。

しゅん

発熱が少ないUSB-Cハブを探しているなら、『Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』がおすすめです。

USB-Aポートが3つとHDMIポートに加えて、有線LANのポートも1つ搭載しているモデルです。

しかも発熱が少なく、利用していても特に気になる事はありません。

しゅん

さらに必要なポートは全て搭載している感じなので、1台あると困ることが無いでしょう。

サイズもコンパクトでおしゃれなデザインなので、MacBook Proとの相性も良い点が魅力です。

人気のsatechi製のハブより安価に買える点も嬉しいポイントと言えます。

しゅん

つまりUSB-Cハブの中で発熱が少なくてHDMI付きを探すなら『Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』がイチオシです。

商品名5-in-1 プレミアム USB-Cハブ
メーカーAnker
ポートUSB-A×3
HDMI×1
有線LAN×1
サイズ約11cm×2cm+15cmのケーブル
重量約52g

【発熱が少ない】Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブをレビュー

それでは順番に『Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』についてレビューしていきます。

しゅん

発熱が少ないだけでなく、メリットが多いUSB-Cハブです。

Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブをレビュー
  1. 発熱は少なくて特に気にならない
  2. HDMIポート搭載で外部モニターにも出力可能
  3. USB-Aポートは3つ搭載している
  4. 有線LANポートも1つ搭載
  5. アルミの質感が良く、しかもコンパクトなデザイン
  6. ケーブルが曲がりにくい点が残念

順番に解説します。

レビュー① 発熱は少なくて特に気にならない

Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブの同封品
『本体+説明書+ケース』が同封されている

まず一番のメリットは、発熱が非常に少ない点です。

しゅん

このUSB-Cハブは、利用していても暖かさは感じますが、熱い!と言うほどではありません。

そのため安心して利用できますし、発熱や熱暴走の心配は少ないでしょう。

特に発熱が気になるHDMIポートで外部モニターに出力している時も同様です。

しゅん

他社のUSB-Cハブを利用していて、発熱が心配なら絶対に乗り換えるべきです。

レビュー② USB-Aポートは3つ搭載している

Anker 5-in-1 プレミアム USB-CハブのUSB-Aポート
3つのUSB3.0ポートを搭載

またAnker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブは、USB3.0に対応したUSB-Aポートが3つ付いてます。

しゅん

差込口が全て同じ方向に並んでついているので、使い勝手が良いです。

3つ全てのポートを利用しても、特に不具合なく利用できている点も魅力です。

USB3.0に対応しているので、スピードが速いですし特に不安に感じることは無いでしょう。

レビュー③ HDMIポート搭載で外部モニターにも出力可能

Anker 5-in-1 プレミアム USB-CハブのHDMIポート
HDMIポートは不具合もなく利用できる

また映像を出力できるHDMIポートも1つ搭載しています。

USB-Cハブによっては不具合が多いHDMIですが、僕の環境では不具合なく利用できています。

しゅん

LG製のディスプレイに外部出力して利用していますが、映像も音声もしっかり出力できています。

4Kの映像を出力可能なので、対応しているディスプレイならキレイな映像で出力が可能です。

ただHDMIで出力しながら利用していると、バッテリーの消費量が大きくなるので、充電できない環境で利用する時は注意しましょう。

ポイント④ 有線LANポートも1つ搭載

Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブの有線LANポート
有線LANポート搭載でWi-Fiが無い環境でも安心

さらにAnker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブに、有線LANポートがあります。

しゅん

ネットに有線接続が可能で、Wi-Fiが通っていない環境で重宝します。

カフェや自宅ではWi-Fiを利用している人が多いかも知れませんが、Wi-Fiが無い環境や会社等で利用する場合に有線LANが必要な場合があります。

有線LANはケーブルを接続するだけで、すぐに利用することが可能なので非常に便利です。

スリムな形で有線LANが使えるのは『Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』が一番だと思います。

レビュー⑤ アルミの質感が良く、しかもコンパクトなデザイン

Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブの外観
アルミ製の質感はよくMacBook Proと相性が良い

さらに非常にスリムな本体と、15cmほどの長さのケーブルです。

しゅん

デザインはアルミ製のしっかりとした作りをしていて、MacBook Proに合わせて使うと、相性が良さそうです。

機能としては、利用する人が多いであろうUSB-AポートとHDMI、有線LANポートがあるので特に困らないと思います。

一方でSDカードのポートは搭載していないので、注意が必要です。

しゅん

SDカードが利用できるハブとしては『Satechi製のマルチハブ』が人気ですが、価格が高くてサイズが大きいんですよね。

SDカードを利用しないなら『Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』がおすすめです。

ポイント⑥ ケーブルが曲がりにくい点が残念

Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』は、USB-Cハブとして非常に快適に利用することが可能です。

しゅん

ただ、約15cmほど伸びているケーブルが曲がりにくい点が残念です。

曲げた状態で固定できればもっと使い勝手が良いのですが、まっすぐに伸びてしまいます。

自分の曲げたい方向のまま出来ないので、その点は気になる部分です。

『anker 5-in-1 プレミアム usb-cハブ』と『Anker PowerExpand+ 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』の違いを比較

Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』は、発熱が少なく優秀なUSB-Cハブですが注意点もあります。

しゅん

それは新型の『Anker PowerExpand+ 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』が発売されている点です。

Anker PowerExpand+ 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』は後継機種となるモデルで、機能はほぼ同じで価格が安くなりました。

性能的に大きな違いはありませんが、差込口の場所が変わったり、サイズもコンパクトになった部分が違います。

しゅん

ただし、不安定になると言う口コミや評判がある点には注意が必要でしょう。

まとめ

発熱が少ないUSB-Cハブのおすすめを紹介しました。

しゅん

一番のおすすめは『Anker 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』です。

USB-Aポートが3つとHDMIポートに加えて、有線LANのポートも1つ搭載しているモデルです。

SDカードが利用できないですが、利用しない人なら特に困ることはないでしょう。

しゅん

個人的には満足度が高いUSB-Cハブだと思っていて、発熱もないですし、不具合もありません。

Satechi製のマルチハブ』に価格が安くて、MacBook Proで利用しても違和感のないデザインです。

しかも新型の『Anker PowerExpand+ 5-in-1 プレミアム USB-Cハブ』もあるので、好みに合わせて選ぶのがおすすめですよ!

しゅん

発熱が少なくてHDMI付きのUSB-Cとして一番オススメできます。

是非参考にしてくださいね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次(タップで移動できます)
閉じる