おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【Apple Pencilにおすすめのグリップ】エレコム製(TB-APECNBSCR)を評価とレビュー

この記事はApple Pencil(第1世代)のにおすすめのエレコム製(TB-APECNBSCR)を評価レビューしている記事です。

悩む人

Apple Pencilのキャップが紛失しそうで怖いんだよね。何か防止策って無いかな・・・

このように感じる時はありませんか?

Apple Pencilの第一世代はキャップを外して充電する必要があり、キャップの紛失が不安な方が多いと思います。

しゅん

僕自身Apple Pencilを購入してから、何度か使っているうちにキャップが外れていることがありました。

そこでこの記事では、Apple Pencilにおすすめのグリップであるエレコム製(TB-APECNBSCR)を評価とレビューをまとめていきます。

Apple Pencil(第1世代)のキャップが紛失しそうで怖い人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【Apple Pencilにおすすめのグリップ】エレコム製(TB-APECNBSCR)を評価する【キャップの紛失防止に効果的です】

Apple Pencilの本体
キャップは磁石でくっつくけど、外れやすい

まず結論から。

しゅん

キャップの紛失防止にエレコム製のグリップを買ってみましたが、結果として大正解でした。

と言うのもApple Pencilのキャップを紛失してしまったり、ペン先が破損すると交換費用の出費がかなり痛いです。

純正パーツの交換費用
  • キャップ⇒1,320円
  • ペン先⇒770円

※保証期間外の場合

しゅん

しかも単体では販売せず、有償修理交換対応になります。

保証期間内であれば無料で交換してくれますが、修理対応なのでシリアル番号の確認が必要です。

サードパーティのキャップの等ならAmazonで販売していますが、せっかくなら純正パーツを使いたいですよね!

しゅん

そのためApple Pencilを使うなら紛失や破損対策アクセサリーを利用したほうが良いでしょう。

関連記事Apple Pencil(第1世代)を評価レビュー【iPad miniなら絵を描かなくても必要です】

【Apple Pencilにおすすめのグリップ】エレコム製(TB-APECNBSCR)をレビューする

Apple Pencilのキャップ紛失防止に購入したエレコム製のグリップ(TB-APECNBSCR)
エレコム製のグリップ(TB-APECNBSCR)

今回購入したのは、エレコム製グリップ(TB-APECNBSCR)と言う型番のモデルです。

シリコン製で白いクリアタイプのグリップなので、Apple Pencilの外観を損なわないデザインです。

しゅん

そんなエレコム製グリップ(TB-APECNBSCR)を使ってみた印象は下記の通りです。

エレコム製グリップの特徴
  1. キャップの紛失防止に効果的なデザイン
  2. グリップ感が向上して持ちやすく、書き味がよくなる
  3. シリコン製でApple Pencilが転がりにくい
  4. サイズが一回り太くなる
  5. 対応しているApple Pencilは第1世代のみ

順番に解説します。

その① キャップの紛失防止に効果的なデザイン

Apple Pencil用のエレコム製グリップ(TB-APECNBSCR)のキャップ保護機能
充電中でもキャップの紛失防止が可能

キャップの部分までしっかりと覆ってくれるグリップなので、充電時などキャップを外しても紛失しにくい設計です。

しゅん

シリコン製なので、スッと外せます。

また、グリップ自体を動かすことでキャップを外しやすく出来るので、特に困ることは無いでしょう。

紛失防止としては、十分に役立つグリップだと思います。

その② グリップ感が向上して持ちやすく、書き味がよくなる

Apple Pencil用のエレコム製グリップ(TB-APECNBSCR)の持ちやすさ
グリップ感が向上して書き味が良くなる

またApple Pencil用のグリップなので、持ちやすさも向上しています。

しゅん

シリコン製で柔らかいので、握った時に指に密着する感じです。

同じエレコム製では強力タイプやペンタブ風などの種類が販売されています。

より持ちやすくしたいなら、候補にするのも良いでしょう。

しゅん

僕自身は、キャップの紛失防止対策がメインだったので、満足しています。

その③ シリコン製でApple Pencilが転がりにくい

Apple Pencil用のエレコム製グリップ(TB-APECNBSCR)の外観
シリコン製で転がりにくくなる

Apple Pencil(第1世代)って、転がりやすい印象がありました。

しゅん

しかし、このグリップを取り付けると、転がりにくくなった印象です。

全く転がらないという訳ではありませんが、以前に比べてデスクに置いた時にコロコロ転がらなくなりました。

Apple Pencilはボールペン等よりも重いですし、落下すると故障しそうな感じがあります。

しゅん

そのため、グリップを取り付けると落下防止対策にも効果的だと思います。

その④ サイズが一回り太くなる

Apple Pencil用のエレコム製グリップ(TB-APECNBSCR)のサイズ感
そのまま利用するよりも一回り大きい

Apple Pencilをそのままりようするよりも、一回りサイズが大きくなる点が気になりました。

しゅん

何も取り付けずに使っている状態で慣れると、すこし太いな!という印象を持つと思います。

ただ使っているとすぐに慣れますし、シリコン製で柔らかいので、そこまで気にしなくてもOKかな?と思います。

Apple Pencilをそのまま利用している人は、ワンサイズ大きくなる点は注意しておきましょう。

その⑤ 対応しているApple Pencilは第1世代のみ

Apple Pencil用のエレコム製グリップ(TB-APECNBSCR)の対応機種
対応のApple Pencilは第1世代のみ

Apple Pencilには第1世代と第2世代がありますが、対応しているのは第1世代だけです。

しゅん

第1世代と第2世代では、形状が異なるので流用することが出来ません。

今回利用したエレコム製のグリップ(TB-APECNBSCR)は第1世代用なので、注意しましょう。

第2世代だと、キャップや充電方法が進化しているので、そこまでキャップの紛失に気をつけなくても良いかもしれませんね。

まとめ

Apple Pencilにおすすめのグリップであるエレコム製(TB-APECNBSCR)を評価レビューしました。

しゅん

エレコム製のグリップはキャップの紛失防止対策が出来て、安心感が増しました。

しかもこれ以外にも良い部分が複数あり、非常に満足しています。

エレコム製グリップの特徴
  1. キャップの紛失防止に効果的なデザイン
  2. グリップ感が向上して持ちやすく、書き味がよくなる
  3. シリコン製でApple Pencilが転がりにくい
  4. サイズが一回り太くなる
  5. 対応しているApple Pencilは第1世代のみ

価格も高くないので、キャップを紛失した時のダメージを考えると、利用して良いアクセサリーだと思います。

もちろん、純粋に紛失防止対策なら、キャップだけで良いかもしれません。

しゅん

ただ持ちやすさなども考えると、グリップもおすすめですよ!

まとめ記事【iPad mini活用法】使い道がない?後悔しない選び方を徹底解説【安く買う方法も】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる