おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動している30代のメンズです。

普段使っているApple製品(MacBook Pro/iPad mini/iPhone)やおすすめのハイテク家電やガジェット、在宅勤務で使うインテリア家具や持っているとおしゃれな小物の選び方やレビューに加えて、Amazonのセールやサブスクの情報を紹介しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

\ 楽天スーパーセール開催中! /詳細を見る

アップルウォッチにカバーや保護フィルムはいらない?必要か?【画面にキズつけないおすすめの方法を徹底解説】

アップルウォッチにカバーや保護フィルムはいらない?必要か?【画面にキズつけないおすすめの方法を徹底解説】

この記事は、アップルウォッチにカバーや保護フィルムはいらない?必要か?について解説している記事です。

悩む人

アップルウォッチにカバーや保護フィルムは必要なのかな?いらないって話も聞くけど、結局どっちが本当なの?

と言う疑問に答えます。

Apple Watchを出来るだけキレイな状態で使いたい!と考えると、カバーとか保護フィルムとか必要なのかな?って考えると思います。

しゅん

僕自身、Apple Watch Series8を購入した時に、ケースや保護フィルムは必要なのか?って結構悩みました。

そこでこの記事では、実際に利用した経験から、アップルウォッチにカバーや保護フィルムはいらない?必要か?という疑問を解消していきます。

アップルウォッチにカバーや保護フィルムはいらない?必要か?が知りたい人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

アップルウォッチにカバーや保護フィルムはいらない?【キレイなに状態を保ちたいなら必要です】

アップルウォッチにカバーや保護フィルムはいらない?【キレイなに状態を保ちたいなら必要です】

まず結論から。

しゅん

アップルウォッチをキレイな状態に保ちたいなら、カバーや保護フィルムは、装着したほうが安心感が高まります。

と言うのも、腕につけることが多いアップルウォッチは、iPhoneなどよりも細かい擦り傷などが付きやすいです。

しかも、どれだけ気をつけていても角の部分やフレームの部分は、キズがついてしまう可能性があります。

しゅん

僕自身、保護フィルムを付けていたのでキズは付きませんでしたが、どこかに当たって保護フィルムが欠ける事態に遭遇しました。

Apple Watchの保護フィルムに出来た欠損

そのため、アップルウォッチをきれいな状態で使いたい!買い替え時に売却を検討している!という方は、ケースや保護フィルムを利用したほうが良いでしょう。

関連記事

下記の記事では、Apple Watch Series8は待つべきか?と悩む人に向けて、初めて使って分かった機能や使い勝手をレビューしています。

関連記事Apple Watch Series8は待つべきか?【初めて使ってわかった機能や使い勝手を徹底レビュー】

アップルウォッチにカバーや保護フィルムに必要か?【つけるべき理由を徹底解説】

アップルウォッチにカバーや保護フィルムに必要か?【つけるべき理由を徹底解説】

では具体的に、どうしてアップルウォッチにカバーや保護フィルムが必要か?つけるべき理由を解説していきます。

しゅん

僕自身が感じるカバーや保護フィルムが必要だと感じる理由は、下記の通りです。

アップルウォッチにカバーや保護フィルムが必要な理由
  1. ディスプレイ割れの修理費が非常に高い
  2. ケースや保護フィルムを利用するとキレイな状態を保てる
  3. ケースや保護フィルムを利用しても見た目が悪くならない
  4. アップルウォッチのディスプレイは傷が付きやすい
  5. ディスプレイが割れたアップルウォッチは買取価格が安い

順番に解説します。

ディスプレイ割れの修理費が非常に高い

カバー画像

ディスプレイ割れの修理費が

非常に高い

まず大前提として、アップルウォッチはぶつけるリスクが高いという点には注意が必要です。

しゅん

普段から腕に取り付けるので、気が付かないうちに何かに当たってしまうリスクは高いです。

そのためケースや保護フィルムを取り付けないと、ディスプレイの破損や割れなどの可能性が高くなります。

もちろん、AppleCareなどに加入することで、修理代金を抑えることは可能です。

Apple Watch Series8の修理代金
SeriesサイズAppleCare+
加入済み
AppleCare+
未加入
GPSアルミニウム 41mm9,200円45,800円
GPSアルミニウム 45mm9,200円45,800円
GPS
Cellular
アルミニウム 41mm9,200円53,800円
GPS
Cellular
アルミニウム 45mm9,200円53,800円
GPS
Cellular
ステンレススチール 41mm9,200円61,800円
GPS
Cellular
ステンレススチール 45mm9,200円61,800円

しかも無料の保証である、ハードウェア保証の保証対象は、製品の不備・瑕疵・欠陥などのみになっています。

しゅん

そのため過失や事故の場合は、上記の費用が必要になる可能性が高いです。

この部分を考慮すると、素直にケースや保護フィルムを利用したほうが安心かな?と思います。

関連記事

下記の記事では、AppleCare+は必要か?入るべき?と悩む人におすすめのモバイル保険を紹介しています。

関連記事【無駄】AppleCare+は必要か?入るべき?【MacBook・iPad・iPhoneも入るならモバイル保険がおすすめ】

アップルウォッチのディスプレイは傷が付きやすい

カバー画像

アップルウォッチのディスプレイは

傷が付きやすい

またアップルウォッチのディスプレイは傷がつきやすいデメリットがあります。

しゅん

強化されたディスプレイといえども、全くキズが付かない!という強度を備えているわけではありません。

AppleCare Series8のディスプレイ
モデルディスプレイの素材
アルミニウムIon-Xガラスディスプレイ
ステンレススチールサファイアクリスタルディスプレイ

そのため当たりどころが悪ければ、簡単にヒビが入ったり、割れる可能性が高いです。

しゅん

その点でケースや保護フィルムを利用すると、本体にダメージを受ける可能性が低くなります。

もちろんケースや保護フィルムを利用しても、本体にキズが出来る可能性はあります。

しかし無いよりは可能性が低くなるので、安心して使うためには、ケースや保護フィルムを利用したほうが良いでしょう。

ディスプレイが割れたアップルウォッチは買取価格が安い

カバー画像

ディスプレイが割れた

アップルウォッチは買取価格が安い

他にも画面の割れや大きい傷があるアップルウォッチは、買取価格が安くなる傾向があります。

しゅん

例えばアップルウォッチの買い替えで人気のApple Trade Inでは、下記に該当する場合に買取価格が安くなります。

Apple Trade Inの査定のポイント
  • 電源が入り、充電することができる。すべてのボタンが機能する。
  • ディスプレイがタッチに反応する。
  • ゆがみや欠けが出ることなくコンテンツを表示することができる。

このように査定のポイントには、電源が入らないとか充電するなどがあります。

しゅん

他のポイントとしては、ディスプレイに関わる部分が大きいです。

そのため買い替えで売却を検討するなら、ディスプレイをキレイに保つためにケースや保護フィルムを利用したほうが良いでしょう。

ケースや保護フィルムを利用するとキレイな状態を保てる

カバー画像

ケースや保護フィルムを利用すると

キレイな状態を保てる

アップルウォッチにケースや保護フィルムを利用すると、キレイな状態を保つことが可能です。

しゅん

ぶつけたり、何かが当たってもケースや保護フィルムにキズが付くだけなので、アップルウォッチにダメージがありません。

しかもケースや保護フィルムは、非常に種類が豊富で安価な商品も多いです。

そのため、少し傷がついた!とか見た目が気に入らない!という時でも気軽に交換できる点も魅力と言えます。

しゅん

ケースや保護フィルムを利用すると、本体にダメージが無いという点が一番の魅力だと思います。

ケースや保護フィルムを利用しても見た目が悪くならない

カバー画像

ケースや保護フィルムを利用しても

見た目が悪くならない

次にアップルウォッチにケースや保護フィルムが必要な理由は、見た目が悪くならないという点です。

しゅん

ケースを取り付けても、サイズが大きくなる訳でもなく、保護フィルムでディスプレイの見え方にもほとんど違いがありません。

そのため取り付けても違和感が非常に少ないという点はメリットだと思います。

もちろん、利用するケースや保護フィルムの種類によっては、見た目が違う部分はあるかもしれません。

しゅん

しかし見た目の違和感が少ないケースや保護フィルムを選ぶと、気になることは少ないハズです。

アップルウオッチにカバーや保護フィルムが必要ならどれがいい?【画面にキズつけないおすすめの方法を徹底解説】

アップルウオッチにカバーや保護フィルムが必要ならどれがいい?【画面にキズつけない方法を徹底解説】

このようにキレイな状態で使いたい!と言う人も、買い替え時に売却を考えている人も、ケースや保護フィルムを使ったほうが良いです。

しゅん

ではケースや保護フィルムはどれを使えばいいのか?僕自身が使ったモノを紹介していきます。

アップルウォッチにおすすめのケースや保護フィルム

順番にレビューしていきます。

ケース【NIMASO 液晶部分覆わないタイプのケース】

ケース【NIMASO 液晶部分覆わないタイプのケース】

まずケースから紹介していきます。

しゅん

ケースはNIMASOのバンパータイプのケースを利用しています。

NIMASO ケース 41mm Apple Watch Series 8/7 対応 アップルウォッチ カバー apple watch 8/7 41mm ケース 極薄軽量 取扱簡単 アップルウォッチ 8/7 PC素材 液晶部分覆わないタイプ NWC22I570
メリットデメリット
バンパータイプなので、保護フィルムを好きに選べる
軽量素材で重くならない
1,000円以下でコスパが良い
アップルウォッチが一回り大きくなる
素材がプラスチック
色はブラックのみ

アップルウォッチのフレームの部分だけを保護するタイプのケースで、保護フィルムを好きに選べる点がメリットです。

ディスプレイまでしっかり保護してくれるので、一回りサイズが大きくなる点が気になる人がいるかも知れません。

アップルウォッチにNIMASOのケースを取り付けた様子
しゅん

しかしコスパが良いケースなので、一つ持っていても良いと思います。

保護フィルム【NIMASO 6枚組の保護フィルム】

保護フィルム【NIMASO 6枚組の保護フィルム】

次に保護フィルムについて紹介していきます。

しゅん

iPhoneなどでも利用していますが、保護フィルムはNIMASOが高品質でおすすめです。

メリットデメリット
貼り付けても見やすさは変わらない
6枚入りなので、交換して使える
貼り付け用のパーツの種類が豊富
iPhoneよりも貼り付けが難しい
端の部分が剥がれやすい

何よりもフィルムの品質が高くて、貼り付けても見た目の良さや画面の見やすさは変わりありません。

しゅん

また6枚入りで貼り付け用のパーツも付属しているので、安心して使えます。

NIMASOの保護フィルムの付属品

iPhoneなどの保護フィルムより少し難易度が高く端の部分が浮き上がりやすい点には注意が必要です。

しかし、見た目の良さや貼り付けの手軽さを考えると、高品質なNIMASOの保護フィルムがおすすめです。

まとめ

アップルウォッチにカバーや保護フィルムはいらない?【キレイなに状態を保ちたいなら必要です】

アップルウォッチにケースや保護フィルムはいらない?必要か?について解説しました。

しゅん

キレイな見た目を維持したい方や、買い替え時に売却を検討している人は、ケースや保護フィルムを利用しましょう。

コスパよく利用可能なケースや保護フィルムを利用するメリットよりも、利用しなかった時のデメリットの方が大きいです。

アップルウォッチにカバーや保護フィルムが必要な理由
  1. ディスプレイ割れの修理費が非常に高い
  2. ケースや保護フィルムを利用するとキレイな状態を保てる
  3. ケースや保護フィルムを利用しても見た目が悪くならない
  4. アップルウォッチのディスプレイは傷が付きやすい
  5. ディスプレイが割れたアップルウォッチは買取価格が安い

しかもケースや保護フィルムは非常に種類が豊富で選びやすい点が魅力です。

しゅん

個人的には高品質なNIMASのケースや保護フィルムがおすすめです。

アップルウォッチにおすすめのケースや保護フィルム

アップルウォッチにキズがついて後悔した後では遅いので、しっかりケースや保護フィルムを利用するのがおすすめですよ!

是非参考にしてみてくださいね!

アップルウォッチにカバーや保護フィルムはいらない?必要か?【画面にキズつけないおすすめの方法を徹底解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)