おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【結論】AppleCareは必要?入るべき?【高くて悩むならモバイル保険がおすすめです】

【結論】AppleCareは必要?入るべき?【高くて悩むならモバイル保険がおすすめです】

この記事はAppleCareは必要なのか?入るべきなのか?を徹底検証している記事です。

悩む人

MacBook ProやiPad、iPhoneを購入する時、AppleCareって必要なの?入るべきなの?

と言う悩みに答えます。

MacBook ProやiPad、iPhoneなどを購入する時に保証に加入するか悩みますよね!

しゅん

僕自身、新しいApple製品を購入する時はいつも迷っていましたが、自分なりの結論を出すことが出来ました。。

そこでこの記事では、AppleCareは必要?入るべき?を解説しつつ、高くて悩む人におすすめの保険を解説します。

AppleCareは必要?入るべき?と迷っている人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【結論】AppleCareは必要?入るべき?【高くて悩むならモバイル保険がおすすめです】

AppleCareは必要?入るべき?

まず結論から。

しゅん

AppleCareは加入する必要はありません。

今までiPhoneなどを何度も買い替えていますが、1度もAppleCareを利用したことがないからです。

しかも僕の周りでAppleCareを利用して修理した人は居ません。

しゅん

故障するリスクは低いですし、万が一故障しても無料で修理してくれる訳ではないですし。

この点を考えるとAppleCareは加入しなくても大丈夫だと感じます。

AppleCareの公式サイト

では、どうしてAppleCareに加入しなくても良いのか?もう少し掘り下げていきます。

しゅん

基本的には下記の2つが大きな理由です。

AppleCareが不要な理由
  • 保証が必要になる機会が少ないから
  • 保険の支払い金額が高いから

順番に解説します。

その① 保証が必要になる機会が少ないから

まずAppleCareの保証が必要になる機会が少ないと言うのが理由です。

しゅん

一番落下の可能性が高いiPhoneでも、AppleCareを利用したことがありません。

iPhoneだけでなく、iPadもMacBook ProもAppleCareを利用したことが無いです。

しかもカバーや保護フィルムなど落下防止対策をしっかりしている方が多いです。

その点を考えると、AppleCareが必要な方って実は少ないと言えます。

関連記事【iPhone】アクセサリーのおすすめ⑤選【落下防止に便利です】

その② 保険の支払い金額が高いから

またAppleCareはその金額もネックです。

しゅん

本体の購入価格+AppleCareなので、地味に痛い出費ですよね。

AppleCareは掛け捨ての保険と同じなので、利用しなければ無駄になってしまいます。

しゅん

Apple製品は本体価格も高いので、より出費が増えてしまいます。

この金額面でもAppleCareの加入は必要ないかな?と思います。

関連記事【2021年版】Apple製品をどこで買う?安く買う方法を徹底解説【新品も中古もおトクです】

【結論】AppleCareが高くて悩むならモバイル保険がおすすめ【比較しつつ検証】

AppleCareは加入するメリットは少ないと思います。

しゅん

しかし、もしもの時を考えると全く保証が無いのも不安ですよね!

実際、保険がない状態でiPhoneなどを破損すると、修理代金が割と高額です。

例えばiPhone 12 miniの場合の修理金額は下記の通りです。

注意⇒保証対象外の修理費用です

修理内容修理金額
画面が割れた時24,800円
水没などの時42,800円
バッテリー交換7,400円

このように、修理費用は高額です。

しゅん

AppleCareと同じような保証があり、安い保険に加入するのが良いです。

そんなAppleCareは必要?入るべき?と悩んだ時におすすめなのがモバイル保険 です。

モバイル保険 は、さくら少額短期保険株式会社が提供している保険です。

しゅん

保険会社の保険なので、安心です。

AppleCareよりも以下の部分が優れています。

モバイル保険のメリット
  1. 月額700円で最大10万円まで保証してくれるから
  2. 1つの契約で合計で③台まで保証してくれるから
  3. 期間が無いので、事実上の永久保証だから

順番に解説します。

モバイル保険の公式サイト

その① 月額700円で最大10万円まで保証してくれるから

まずモバイル保険は、月額700円で年間最大10万円まで保証してくれる点が魅力です。

しゅん

盗難や修理不能の場合でも最大25,000円が保証されます。

加入できるのはiPhoneやiPadなどだけでなく、モバイル端末全体です。

しかも購入後1年以内ならいつでも加入できます。

仮に1年以上経過していても、AppleCareやキャリアの保証に加入していれば、乗り換えが出来ます。

しゅん

このようにiPhoneやiPadだけでなく、モバイル端末全体で利用できる点が魅力です。

\\公式サイトはこちら//

もしもの為に。【モバイル保険】

その② 1つの契約で合計で③台まで保証してくれるから

またAppleCareは1台ごとに加入が必要ですが、モバイル保険は合計で3台までカバーしてくれます。

しゅん

僕のようにMacBook Pro・iPad mini・iPhoneなど複数台ある人にメリットは大きいです。

先ほど紹介したように、加入できる端末の幅が広いので、iPhoneとApple Watch、AirPodsの組み合わせでもOKです。

しゅん

ただし主端末と副端末で保証内容が変わる点には注意が必要です。

修理可能な場合修理不能な場合
主端末100,000円25,000円
副端末30,000円7,500円

落下の危険性が高い端末を主端末にして、念の為保険に入りたい端末を副端末にすると良いでしょう。

しゅん

破損リスクが高いiPhoneを主端末にして、Apple WatchとAirPodsを副端末にするのも可能ですよ!

このように、1契約で3つの端末までカバーしてくれる点が魅力です。

\\公式サイトはこちら//

もしもの為に。【モバイル保険】

その③ 期間が無いので、事実上の永久保証だから

また保険の期間が設定されていないので、事実上の永久保証という点も魅力です。

しゅん

AppleCare+に加入すると、iPhoneなどは延長保証が受けられます。

しかし手続きが必要ですし、端末1つずつ加入しなければならない点が面倒です。

一方で、モバイル保険の場合は登録した端末を使い続ける間は利用可能ですし、乗り換えた後に端末の変更も可能です。

しゅん

AppleCareのように、購入するごとに改めて加入する必要はありません。

つまり、端末購入時の負担も、買い替えた後も使い勝手が良いのがモバイル保険なんです。

\\公式サイトはこちら//

もしもの為に。【モバイル保険】

まとめ

AppleCareは必要?入るべきなのか?を徹底検証しました。

しゅん

結論としてAppleCareに加入する必要はありません。

僕自身もAppleCareを利用したことが無いだけでなく、下記のような理由があります。

AppleCareが不要な理由
  • 保証が必要になる機会が少ないから
  • 保険の支払い金額が高いから

一方で、Apple製品は修理代金が高額です。

しゅん

例えば最新のiPhone 12 miniだと、破損時に下記のような費用が必要です。

修理内容修理金額
画面が割れた時24,800円
水没などの時42,800円
バッテリー交換7,400円

自分で全て負担するのはキツイので、保険には加入したほうが良いです。

しゅん

AppleCareよりも使い勝手がよく便利なのがモバイル保険 です。

モバイル保険のメリット
  1. 月額700円で最大10万円まで保証してくれるから
  2. 1つの契約で合計で③台まで保証してくれるから
  3. 期間が無いので、事実上の永久保証だから

月額700円で3つの端末まで保証してくれるので、非常に便利です。

しゅん

さくら少額短期保険株式会社が提供している保険なので、安心感もあります。

AppleCareって必要?入るべき?と悩んでいる人は、モバイル保険 の方がおすすめですよ!

おトク感と安心を求める人にイチオシです。

是非参考にしてみてくださいね!

\\公式サイトはこちら//

もしもの為に。【モバイル保険】

【結論】AppleCareは必要?入るべき?【高くて悩むならモバイル保険がおすすめです】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる