MENU
2021年大注目ランキング

中古iPhoneはおすすめしない?【絶対に注意すべき点を解説】

中古iPhoneはおすすめしない?【絶対に注意すべき点を解説】

この記事は中古のiPhoneはおすすめしないのか?を解説している記事です。

悩む人

中古iPhoneっておすすめなのかな?購入する時の注意点とかあったら知りたいな!

と言う疑問に答えます。

中古iPhoneは価格が安いけど、実際に購入するとなると大丈夫なのかな?って不安がありますよね!

しゅん

実際、新品のiPhoneを購入するよりも気をつけるべき注意点が多くあります。

そこでこの記事では、中古iPhoneはおすすめしないのか?を解説しつつ、購入時の注意点を解説していきます。

中古iPhoneはおすすめしないのか?について興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

中古iPhoneはおすすめしない?【結論⇒ポイントを押さえれば大丈夫です】

まず結論から。

しゅん

中古のiPhoneは、注意すべきポイントをしっかり押さえれば、おすすめできます。

中古のiPhoneは、一定期間利用された端末を整備して安く販売しています。

そのためiPhone自体の状態をしっかり確認する必要があるんです。

しゅん

多少の手間が必要と言う部分で、面倒に感じる方も居るかもしれません。

つまり、単純に金額が安いから!とか、良さそうだから!という理由で購入すると、失敗する可能性があります。

【中古iPhone】絶対に注意すべき点とは?【ポイントは⑤つ】

それでは順番に中古iPhoneで絶対に注意すべき点について解説していきます。

しゅん

下記の⑤つのポイントは要チェックです。

中古iPhoneの注意点
  1. 端末にキズや凹みがある場合がある
  2. バッテリーが劣化している場合がある
  3. Appleの保証が受けれない可能性が高い
  4. 赤ロム(利用制限がかかる)場合がある
  5. アクティベーションロックがかかっている場合がある

順番に解説します。

注意点① 端末にキズや凹みがある場合がある

中古のiPhoneは、端末にキズや凹みがある場合があります。

しゅん

そのため中古iPhoneを販売しているショップでは、商品ランクを表示して、その状態が分かるよにしています。

商品状態が良いiPhoneほど価格が高く、キズなどが多いiPhoneほど価格が安くなります。

そのため自分がどの状態のiPhoneが欲しいか?を考える必要があります。

しゅん

例えば新型iPhoneが発売されるまで少しの間利用するなら、商品ランクが低いiPhoneでも良いと考えることも出来ます。

一方で長く利用することを考えると、商品ランクが高いiPhoneの方が良いでしょう。

このように、キズや凹みとiPhoneの価格を考えつつ中古のiPhoneを選ぶ点に注意が必要です。

注意点② バッテリーが劣化している場合がある

次の注意点はバッテリーが劣化している場合がある点です。

しゅん

使用期間が長いiPhoneほどバッテリーが劣化している可能性が高くなります。

バッテリーが劣化していると、充電が切れるまでの時間が短くなり、充電回数も増えてしまうデメリットがあります。

もちろん、iPhoneの場合はバッテリーをすることは可能です。

Apple公式でのバッテリー交換費用

型番保証対象保証対象外
iPhone X
iPhone XS・iPhone XS Max
iPhone XR
iPhone 11 Pro・iPhone 11 Pro Max
iPhone 11
0円7,400 円
iPhone SE (第 2 世代)
iPhone SE
iPhone 6・iPhone 6 Plus
iPhone 6s・iPhone 6s Plus
iPhone 7・iPhone 7 Plus
iPhone 8・iPhone 8 Plus
およびその他すべての対象モデル
0円5,400円

このようにApple公式でのバッテリー交換は可能です。

しゅん

しかし、正直お金や労力をかけてバッテリー交換をするのは手間ですよね?

そのため使用感の少ない中古iPhoneを選んだほうが、安心できる可能性が高いです。

例えばソフマップ系の中古専門サイトのリコレでは、バッテリーの最大容量等をHPで確認することが可能です。

しゅん

バッテリーの状態が不安な方は、このようなサイトを利用するのがおすすめです。

注意点③ Appleの保証が受けれない可能性が高い

次は、購入後にAppleの保証が受けられない可能性が高い点です。

しゅん

そのためショップでは、独自の保証をつけている場合が多いです。

そのためメルカリ等のオークションで購入するのは不安が残ります。

万が一の保証を考えると、独自の保証がしっかりしている所から購入するようにしましょう。

注意点④ 赤ロム(利用制限がかかる)場合がある

中古のiPhoneは赤ロムと呼ばれる端末が販売されていることがあります。

赤ロムとは、前の利用者が端末の分割代金の支払いが完了せず、利用制限が掛けられた端末のこと

利用制限が掛けられているか?は中古ショップの場合は、HPに明記されていることが多いです。

しゅん

もしくは各キャリアの利用制限確認から製造番号(IMEI)を入力することで確認できます。

キャリア確認先
ドコモネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
auネットワーク利用制限携帯電話機照会
ソフトバンクネットワーク利用制限携帯電話機の確認

赤ロムだと利用制限が掛かる場合があるので、しっかりと確認出来た端末を利用するとその心配がなくなります。

しゅん

この点でもオークションより中古ショップの方が安心感が高いと思います。

注意点⑤ アクティベーションロックがかかっている場合がある

最後にアクティベーションロックが掛かっている場合です。

アクティベーションロックとは、iPhoneをロックしたり盗難防止用のシステムで、元々使っていた利用者のAppleIDやパスワードが無いと解除できない

アクティベーションロックが掛かっていると、元の利用者のIDやパスワードがわからないと解除できず、iPhoneが使えません。

しゅん

ただ、中古ショップの場合は、しっかりと確認されています。

そのため中古ショップで購入する場合は、心配する必要はほぼありません。

しかしオークションなどで購入する場合は、まれにアクティベーションロックが掛かった状態で販売されているので注意しましょう。

まとめ

中古のiPhoneはおすすめしないのか?を解説しました。

しゅん

中古のiPhoneは、注意すべきポイントをしっかり押さえれば、おすすめできます。

具体的には下記の⑤つのポイントに注意しましょう。

中古iPhoneの注意点
  1. 端末にキズや凹みがある場合がある
  2. バッテリーが劣化している場合がある
  3. Appleの保証が受けれない可能性が高い
  4. 赤ロム(利用制限がかかる)場合がある
  5. アクティベーションロックがかかっている場合がある
しゅん

中古iPhoneのショップやサイトでは、この部分をわかりやすく表示しています。

そのため、上記の⑤つのポイントをしっかりと確認してから購入しましょう。

次の記事では、中古iPhoneの購入先としておすすめの大手③社を紹介しているので、是非参考にしてみて下さい。

関連記事【中古iPhone】おすすめのショップはどこ?【大手③社を徹底比較】

中古iPhoneはおすすめしない?【絶対に注意すべき点を解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次(タップで移動できます)
閉じる