Amazonギフト券で最大2.5%還元

BlueLounge kickflipをレビュー【MacBookに斜傾をつけれるスタンド】

BlueLounge kickflipをレビュー【MacBookに斜傾をつけれるスタンド】

この記事は『BlueLounge kickflip(キックフリップ)』をレビューしている記事です。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

MacBook Proのキーボードに斜傾をつけられるスタンドが便利!と聞いたので、今回購入してみました。

『BlueLoungeキックフリップ』のパッケージ画像
BlueLounge kickflip(キックフリップ)』のパッケージ
https://paw-print.jp/wp-content/uploads/icon-1.png

キーボードを傾けるとどう?入力しやすくなった?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

最初は違和感を感じたけど、使っているとキーボードが入力しやすくて、打ち間違いも減った気がするよ!

使ってみると、傾きがあるだけでキーボードの入力がしやすくなりました。

お値段が2,600円前後の便利アクセサリーですが、キーボードが打ちにくい!と感じている人にはおすすめです。

と言うことで『BlueLounge kickflip(キックフリップ)』の外観から貼り付け方法など、総合的にレビューしていきます。

『BlueLounge kickflip(キックフリップ)』の外観と付属品

BlueLounge kickflip(キックフリップ)』は、MacBook Proの裏側に取り付けるだけで、キーボードが打ちやすくなったり、放熱対策としておすすめのアクセサリーです。

『BlueLoungeキックフリップ』のイメージ
BlueLounge kickflip(キックフリップ)』の外観

サイズは13インチ用と15インチ用の2種類があります。

僕が利用しているMacBook Proは13インチなので、13インチ用を購入しました。

本体はプラスチック系の素材で、プラスチックの安っぽさをあまり感じません。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

アルミ系素材の高級感は無いですが、触っても冷たくないです。

『BlueLoungeキックフリップ』の付属品
BlueLounge kickflip(キックフリップ)』の付属品

サイズは13インチのMacBook Proの黒い接地面の間に収まる程度で、約22cm程度で、一番厚いところでも5mm程度です。

裏面にはゲル素材の吸着パッドがついているので、何度も貼り直しが可能です。

『BlueLounge kickflip(キックフリップ)』の貼り付け方法

BlueLounge kickflip(キックフリップ)』は貼り付ける場所の詳しい解説はありません。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

どこに取り付けるといいんだろう?

と迷いましたが、MacBook Proの接地面と同じ辺りにに取り付けてみました。

『BlueLoungeキックフリップ』を取付けた様子
BlueLounge kickflip(キックフリップ)』を取付けた様子
https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

失敗しても、何度でも貼り直しが可能ですよ!

しかしこの位置に貼り付けると、裏側の文字が隠れてしまいます。

『BlueLoungeキックフリップ』を貼り付け位置
貼り付けると文字が隠れそう

手前にしたり奥に貼り付けると角度が変わるので、調節しながら位置を決めるのが良さそうです。

『BlueLounge kickflip(キックフリップ)』レビュー

2段階で斜傾をつけられる

BlueLounge kickflip(キックフリップ)』を貼り付けると、かなりの角度で斜傾が出来ます。

『BlueLoungeキックフリップ』を使用した所
角度は10度ほど、思った以上に急角度

10度ほどの角度になるので、思った以上に角度がつく印象です。

そのため、折りたたんで利用すると2度ぐらいなので、好みで選ぶと良さそうです。

『BlueLoungeキックフリップ』を折りたたんだ様子
折りたたんで利用すると、角度が抑えられる

ただし折りたたむと机やテーブルの上で滑りやすくなるので、その点には注意が必要です。

ゲル素材の吸着パッドで貼り直し可能

BlueLounge kickflip(キックフリップ)』の接着剤はゲル素材なので、何度も貼り直しが可能です。

『BlueLoungeキックフリップ』の貼り付け素材
『BlueLoungeキックフリップ』はゲル素材で貼り直しが可能

貼り直しが可能と言っても粘着力は高いので、途中で外れる心配は少ないでしょう。

また粘着力が弱くなった場合は、水洗いをして乾燥させると元の粘着性が戻ります。

『BlueLoungeキックフリップ』の説明書
水洗いで粘着力は復活する

貼り付ける位置を変えたい場合もありますし、何度も貼り直しが出来るのは便利です。

キーボードが打ちやすくなる

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/icon-1.png

キックフリップを利用して、キーボードは打ちやすくなった?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

BlueLounge kickflip(キックフリップ)』を立てて利用しても、折りたたんで利用してもキーボードが打ちやすくなったよ!

BlueLounge kickflip(キックフリップ)』』を利用すると、キーボードが非常に打ちやすくなりました。

『BlueLoungeキックフリップ』を利用した様子
斜傾があるだけでキーボードが打ちやすい
https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

奥の方が高くなるので、指を伸ばす距離が短くなります。

最初は角度が急すぎるかな?と感じましたが、その違和感は最初だけで、すぐに慣れました。

手が疲れたら折りたたんで角度を浅くしたり出来るので、色々活用方法があります。

熱を逃して熱くならない

BlueLounge kickflip(キックフリップ)』は斜傾をつけて、角度をつけられるだけでなく、熱対策としてもおすすめです。

『BlueLoungeキックフリップ』の熱対策
BlueLounge kickflip(キックフリップ)』は熱対策としても効果的
https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

特に動画編集など重い作業で熱くなりやすい方は、熱暴走を防ぐためにも効果的なハズ!

BlueLounge kickflip(キックフリップ)』はテーブルや机との間に空間ができるので、熱対策としても効果があります。

本体が熱くなったり、熱がこもることも防げるので、重い動作が多い方でも安心して利用可能です。

『BlueLounge kickflip(キックフリップ)』レビューのまとめ

BlueLounge kickflip(キックフリップ)』をレビューしました。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

キーボードに角度があるだけで、入力しやすく、入力間違いも減りました。

お値段が2,600円ほどですが、文字の入力が多い方には非常におすすめできるアクセサリーです。

僕自身は、キーボードを打ちやすくしたい!という目的で購入しましたが、MacBook Proが熱くなったり、熱対策としても効果的なハズ!

キーボードが打ちにくい!とかいつも熱くなる!と感じている人にはおすすめできるアクセサリーだと思います。

サイズが13インチ用と15インチ用の2種類あるので、利用しているPCのサイズに合わせて選んでくださいね!

人気記事【2020年】MacBook Proに必須!おすすめの周辺機器・アクセサリー⑥選

人気記事【2020年】ホームルーターのおすすめは?【SoftBank AirとWiMAXを比較】


MacBook Pro用キーボードカバー『moshi Clearguard』をレビュー MacBook Pro用キーボードカバー『moshi Clearguard』をレビュー Anker USB-C & USB 3.0 変換アダプターをレビュー【Macにおすすめ】 Anker USB-C & USB 3.0 変換アダプターをレビュー【Macにおすすめ】 『Anker 5-in-1プレミアムUSB-Cハブ』をレビュー【有線LANとHDMI付き】 『Anker 5-in-1プレミアムUSB-Cハブ』をレビュー【有線LANとHDMI付き】 USB PD対応充電器のおすすめランキング【人気の45W〜60Wタイプ】 USB PD対応充電器のおすすめランキング【人気の45W〜60Wタイプ】 AppleWatch・iPad・Macが欲しいけど高い!【安く買う秘訣を大公開】 AppleWatch・iPad・Macが欲しいけど高い!【安く買う秘訣を大公開】