おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動している30代のメンズです。

普段使っているApple製品(MacBook Pro/iPad mini/iPhone)やおすすめのハイテク家電やガジェット、在宅勤務で使うインテリア家具や持っているとおしゃれな小物の選び方やレビューに加えて、Amazonのセールやサブスクの情報を紹介しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

\ 楽天スーパーセール開催中! /詳細を見る

【2022年版】最新ハイテク家電まとめ– 部屋にあると便利なおすすめガジェットを徹底解説 –

この記事は、2022年版の最新ハイテク家電やガジェットをまとめて紹介している記事です。

悩む人

部屋にあると便利な最新ハイテク家電ってあるのかな?おすすめがあれば知りたいな!

と言う疑問に答えます。

部屋にあると便利なハイテク家電ってどんな物があるんだろう?って興味がありますよね!

しゅん

僕自身、在宅勤務が中心のフリーランスとして仕事をしているので、様々なハイテク家電を試してきました。

そこで、この記事では2022年版の最新ハイテク家電のまとめとして、部屋にあると便利な家電やガジェットを紹介していきます。

2022年に最新のハイテク家電が知りたい人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【2022年版】生活が変わる最新ハイテク家電まとめ

まず最初に生活に役立つ最新ハイテク家電をまとめていきます。

しゅん

キッチンや掃除に役立つ最新ハイテク家電は下記の通りです。

生活が変わる最新ハイテク家電まとめ
  1. 空気清浄機⇒levoit製の空気清浄機Core300sならスマホアプリで操作可能
  2. コーヒーメーカー⇒タイガー製ACT-E040ならドリップポッドも使える
  3. ロボット掃除機⇒SwitchBotのロボット掃除機なら水拭きもゴミの自動収集も出来る
  4. プロジェクター⇒Anker Nebula Novaなら天井設置で高画像・高音質
  5. 無線LANルーター⇒メッシュWi-Fiを利用すると快適になる

順番に解説します。

空気清浄機【levoit製の空気清浄機Core300sならスマホアプリで操作可能】

【levoit】空気清浄機Core300sを評価する【安いのにスマホ連携、自動運転など高機能】

最近は空気清浄機もスマホアプリから操作することが可能になりました。

しゅん

今回紹介するlevoit製の空気清浄機Core300sは、スマホアプリからモードの変更やスケジュール作成が可能です。

levoitの空気清浄機Core300sの特徴
  1. levoit(レボイト)はカルフォルニアを拠点とする会社
  2. アメリカで市場シェア率No.1の空気清浄機
  3. センサー付きで花粉やウイルスなどの状況に併せて自動運転
  4. スマホやアレクサ、Googleアシスタントと連携・操作が可能
  5. 4つの高性能フィルターを搭載

などなど、スマホアプリを利用するだけで、状況に合った運転が可能です。

またlevoit(レボイト)と言うメーカーはアメリカの会社で、Amazonが出荷・販売している商品なので、信頼性も高いと思います。

しゅん

空気清浄機としても高性能で4層のHEPAフィルターを搭載していて、音は静かで臭いもしません。

【levoit】空気清浄機Core300sをレビューする【デザイン・機能・スマホ連携・フィルター】
しゅん

サイズはコンパクトで360°から空気を吸い込み、上部から排出するので場所を取りません。

また本体上部のパネルから操作することも可能です。

levoit製の空気清浄機Core300sの操作パネル
しゅん

大手メーカー製の空気清浄機はかなり高額なので、2万円以下で買える高性能な空気清浄機としておすすめです。

花粉やホコリなど、気になる方は、一度試してみると良いでしょう。

関連記事

下記の記事ではlevoit製の空気清浄機Core300sのデザインや機能、スマホアプリについて詳しく評価レビューしています。

下記の記事【levoit】空気清浄機Core300sを評価レビュー【安いのにスマホ連携、自動運転など高機能です】

コーヒーメーカー【タイガー製ACT-E040ならドリップポッドも使える】

ACT-E040のイメージ

次に紹介するのがタイガー製のコーヒーメーカー(ACT-E040)です。

しゅん

このコーヒーメーカーはコーヒーの粉を利用するドリップの他に、ドリップポッドと呼ばれるカプセルタイプが利用できます。

コーヒーの味【しっかりと抽出出来ていて、非常に美味しい】

また抽出の種類も豊富で、ボタンを押すだけでマイルドやストロングなどの味を変えることが出来ます。

しゅん

コーヒーメーカーの中でも多機能なハイテク家電なので、自宅でコーヒーを飲む機会が増えた人におすすめと言えます。

関連記事

下記の記事では、タイガー製コーヒーメーカーのACT-E040をレビューしながら、UCCのドリップポッドはまずいのか?徹底解説しています。

関連記事【UCC】ドリップポッドはまずい?【タイガーのコーヒーメーカー(ACT-E040)をレビュー】

ロボット掃除機【SwitchBotのロボット掃除機なら水拭きもゴミの自動収集も出来る】

ロボット掃除機 シャープのCOCOROBO

次に生活に役立つハイテク家電としては、ロボット掃除機がおすすめです。

しゅん

数年前のロボット掃除機は、シンプルにゴミの収集を行うタイプが主流でした。

実際に以前使っていたシャープ製のココロボというモデルは、ゴミ掃除だけが出来るモデルでした。

ロボット掃除機としては優秀でしたが、最近はゴミ掃除だけでなく、水拭きも可能なモデルが発売されています。

しゅん

SwitchBotから新たに発売されたロボット掃除機は、最先端の機能を搭載しています。

ロボット掃除機【SwitchBotのロボット掃除機なら水拭きもゴミの自動収集も出来る】
しゅん

掃き掃除だけでなく水拭きも可能で、より床を清潔に保つことが出来ます。

さらにゴミ収集のダストパック付きなので、ゴミを捨てる回数を大幅に減らすことが可能です。

SwitchBotロボット掃除機のダストパック機能

この他にもレーザーセンサーで部屋の状況を確認したり、カーペットや段差を自動認識する機能もあります。

しゅん

元々、SwitchBot社がスマート家電を販売している会社ということもあり、スマホアプリや音声での操作も簡単な点が特徴です。

ロボット掃除機は非常に便利なので、ぜひ活用したいハイテク家電といえます。

プロジェクター【Anker Nebula Novaなら天井設置で高画像・高音質】

プロジェクター【Anker Nebula Novaなら天井設置で高画像・高音質】

次に紹介する最新ハイテク家電は、天井のシーリングライトの代わりに設置するプロジェクターです。

しゅん

最近、大画面で映像を楽しめるプロジェクターが人気ですが、置き場所をどうするか?と悩む人が多いです。

その点で、シーリングライトの代わりに設置するプロジェクターは場所を取りません。

またスピーカーも内蔵しているので、天井から高音質な音声で映画やドラマなどを楽しむことが出来ます。

しゅん

天井に設置するシーリングプロジェクターとしては、Anker製のNebula Novaがおすすめです。

Anker Nebula Novaの本体イメージ

このシーリングプロジェクターは、Android TVを搭載しているので、アマゾン プライムビデオやHulu、TverやDisneyプラスなどを利用することが可能です。

しゅん

またDolbyオーディオを搭載しているので、高音質な音声を楽しむことが出来ます。

プロジェクターの中でも、邪魔にならず使いやすいタイプを探している人におすすめです。

無線LANルーター 【メッシュWi-Fiを利用すると快適になる】

初期設定【複雑な設定不要で使える】

最近はWi-Fiを利用するデバイスが増えてきて、無線LANルーターもこだわると快適なネット環境を作ることが出来ます。

しゅん

一軒家に住んでいるので、メッシュWi-Fiが快適です。

メッシュWi-Fiは今までの無線LANルーターと違って、建物全体をカバーすることを考えて作られています。

そのため電波が繋がりにくい部屋が合った場合、メッシュWi-Fiの端末を増やすだけで電波状況を改善することが出来ます。

しゅん

無線LAN子機や中継機を追加する方法だと、あまり効果が出ないという経験があります。

もちろんワンルームに住んでいるなら、今までの無線LANルーターでも問題ありません。

しかし建物が広い場合や2階建て、3階建てに住んでいる場合は、メッシュWi-Fiに乗り換えたほうが快適に過ごせるでしょう。

しゅん

自宅でネットがうまく繋がらないとイライラする事も多いので、無線LANルーターをこだわる方がおすすめです。

関連記事

下記の記事ではNEC製のメッシュWifiであるAterm AM-AX1800HPについて詳しく評価レビューをまとめています。

関連記事Aterm AM-AX1800HPを評価レビュー【WiFi6やIPv6も使える高性能メッシュWiFi】

【2022年版】人生が豊かになるハイテク家電まとめ

次に人生が豊かになるハイテク家電を紹介していきます。

しゅん

人生が豊かになるハイテク家電は下記の通りです。

人生が豊かになる最新ハイテク家電まとめ
  1. パソコン⇒生産性を上げるならMacBook Proがおすすめ
  2. タブレット⇒使い勝手ではiPad miniがおすすめ
  3. タブレット⇒アプリ不要でテレビを見るならLAVIE Tab Eがおすすめ
  4. スマホ⇒今買うならiPhone 13が一番おすすめ
  5. NAS⇒クラウドよりも大容量で使い勝手が良い

順番に解説します。

パソコン【生産性を上げるならMacBook Proがおすすめ】

【MacBook Pro】欲しいなら買うべき?【魅力を感じるなら使うべき】

まず最初に紹介するのがMacBook Proです。

しゅん

今までWindowsPCを使っていましたが、MacBook Proに乗り換えて非常に利便性が向上しました。

13インチMacBook Pro(2018)の特徴
  1. デザイン・色合い⇒スペースグレイはシックな色合いでおしゃれ
  2. 使い勝手⇒Touch IDのログインが非常に便利で使いやすい
  3. 動作や発熱⇒サクサク動き、ファンもほぼ回らず静か
  4. USBポート⇒USB-AはUSBハブを使えば問題なし
  5. 不満点・デメリット⇒キーボードは指紋など跡がつきやすい

WindowsPCに比べて、細かい操作がスムーズに出来たり、マウスよりも複雑な操作ができるトラックパッドが非常に便利です。

トラックパッドの全体画像
しゅん

しかもTouch IDが付いているので、iPhoneのように指を当てるだけでパスワード解除が可能です。

MacBook ProのTouch ID
しゅん

WindowsPCに比べて優秀なアプリやアクセサリーが多い点も魅力の1つです。

WindowsPCに比べて価格が高い点がデメリットですが、その価格の差以上に快適に使えます。

仕事の関係でWindowsPCを使わなければならない方以外は、MacBook Proを使うと利便性が大きく向上します。

しゅん

僕はMacBook Proを買って本当に良かったと思っています。

関連記事

下記の記事ではMacBook Proをレビューしながら、より書いやすい価格の中古の狙い目について解説しています。

関連記事【2022年版】中古MacBook Proの狙い目はどれ?【型落ちでもまだまだ使えるポイントを徹底解説】

タブレット【使い勝手ではiPad miniがおすすめ】

【徹底検証】新型iPad mini 6は待つべき?【結論⇒すぐに買うべし】

次に紹介するのが、最新モデルのiPad mini 6です。

しゅん

初代iPadやiPad Air、旧モデルのiPad mini 5など様々な種類を利用してきましたが、片手持ち出来る一番使い勝手が良いサイズです。

iPad mini 6の特徴
  1. デザイン⇒画面サイズが大きくなりTouch IDが側面に
  2. サイズ⇒iPad mini 5よりもスリムで軽い
  3. カメラの性能⇒12MP広角カメラに進化してより高画質に
  4. スピーカー⇒横向きでもステレオになる
  5. デメリット⇒専用のキーボードが無いのが残念

iPad mini 6は、旧モデルよりも大きくモデルチェンジして、画面サイズが大きくなりました。

しゅん

しかし指紋認証機能がついているので、マスクをしていても使い勝手が良い点が魅力です。

新型iPad mini 6のTouch IDの位置

しかもカメラ機能が強化されて、より高画質な写真や動画を撮影することが可能です。

しゅん

さらにスピーカーが両側に配置されているので、動画視聴の時もより臨場感があります。

新型iPad mini 6は両側にスピーカーが配置されている

もちろん動画を見たり、パソコンの代わりに利用するには、液晶画面のサイズは小さめです。

しゅん

僕自身は、プライム・ビデオなどはテレビで見るので、気にならない部分です。

使い勝手が良いiPadを探しているなら、iPad miniが一番生活を豊かにしてくれるハズです。

関連記事

下記の記事では最新のiPad mini 6は待つべき?買うべき?と悩んでいる人に向けて、デザインやサイズカメラの性能などを詳しくレビューしています。

関連記事【新型】iPad mini 6は待つべき?買うべき?【デザインやサイズ、カメラの性能を実機レビュー】

タブレット【アプリ不要でテレビを見るならLAVIE Tab Eがおすすめ】

【タブレットでテレビ】LAVIE Tab E(TE710/KAW)をレビュー【デザイン・テレビ視聴・使い勝手】

またタブレットの利用用途として、テレビ視聴を考えているならNEC製のLAVIE Tab E(TE710/KAW)がおすすめです。

しゅん

最近はTVerを利用する方が増えていますが、このLAVIE Tab E(TE710/KAW)は、地デジを見ることが可能です。

LAVIE Tab E(TE710/KAW)の特徴
  1. 人気のNEC製のAndroidタブレット
  2. フルセグのテレビ視聴が出来る
  3. 10.1型の大型ディスプレイを搭載
  4. 防塵・防滴機能を搭載

10.1インチの高精細ディスプレイを搭載していて、画質もキレイです。

しゅん

何よりフルセグの地デジが見れるので、テレビをタブレットで見たい!という方におすすめです。

テレビ視聴【簡単にテレビが見れてステレオスピーカーで音質も良い】
テレビ視聴用にアンテナケーブルが付属する
しゅん

テレビが見れるタブレットは数が少ないので、その点でNEC製という安心感もあり、使い勝手が良いでしょう。

タブレットでテレビが見たい!という方に非常におすすめです。

関連記事

下記の記事では、テレビ見れるタブレットとして人気が高いNEC製のLAVIE Tab E(TE710/KAW)を詳しくレビューしています。

関連記事【テレビが見れるタブレット】LAVIE Tab E(TE710/KAW)を評価レビュー【子供も使いやすい】

スマホ【今買うならiPhone 13が一番おすすめ】

【iPhone 13】スターライトはどんな色?【iPhone 8と比較しながら実機レビュー】

次に生活を豊かにしてくれる最新ハイテク家電はiPhone 13です。

しゅん

iPhone 8のバッテリーが限界に来たので、新たにiPhone 13に乗り換えてみました。

iPhone 13の特徴
  1. 最新のA15 Bionicチップを搭載していて、処理能力が高い
  2. 指紋認証ではなくFace IDの認証機能を搭載
  3. カメラにシネマティックモードとフォトグラフスタイルを搭載
  4. バッテリーがiPhone SEに比べて長持ち
しゅん

今まで使っていたiPhone 8と比べて、サクサク動きますしカメラの画質もキレイです。

iPhone 13とiPhone 8の画面サイズ比較
しゅん

iPhone 8からの乗り換えの場合、iPhone SEだとデザイン面で全く違いがありません。

そのため違うiPhoneを使いたい!という方は、iPhone 13は非常におすすめです。

関連記事

下記の記事では、iPhone 13は待つべき?買わないほうが良い?を解説しつつ、新色のスターライトはどんななのか?実機レビューをまとめています。

関連記事【iPhone 13】スターライトを実機レビューする【評判悪い?どんな色なのか?徹底解説】

NAS【クラウドよりも大容量で使い勝手が良い】

SynologyのNAS
NASの外観

次に紹介するのが、ネットワークストレージ(通称NAS)です。

しゅん

NASは自宅に設置するクラウドサービスのようなイメージで、様々なデータを保管できます。

NASはHDDやSSDを利用してデータを保管するので、iCloudやGoogle Driveよりも大容量のデータを保管できます。

NASのHDD設置イメージ
HDDを搭載するだけで使える手軽さも魅力
しゅん

1TBとか2TBでもHDDは1万円以下で買えるので、非常にコスパが良いです。

しかも様々なデータを保管できるので、写真や動画が多い方でも安心ですし、パソコン以外でもスマホやタブレットから視聴できる点も魅力です。

外出先からでも利用可能で、パソコンにデータを保管するより確実に使い勝手が良くなります。

しゅん

NASはすぐに使えるHDDを内蔵したタイプと、自分でHDDを選べるNASキットがあり、選びやすい点も特徴的です。

データをパソコンや外付けHDDなど、バラバラに保管していて探すのに苦労する場合は、NASで一眼管理すると非常に楽になりますよ!

関連記事

下記の記事では2022年におすすめの家庭用NASのおすすめを解説しています。

関連記事【2022年版】家庭用NASキットのおすすめはどれ?【SynologyやQNAP、I-O DATAやBuffaloを比較】

【2022年版】部屋にあると便利な最新ハイテク家電・ガジェットまとめ

最後に部屋にあると便利な最新ハイテク家電やガジェットをまとめていきます。

しゅん

あると便利な最新ハイテク家電やガジェットは下記の通りです。

部屋にあると便利な最新ハイテク家電やガジェット
  1. スマートスピーカー⇒音声操作が可能で生活の質が変わる
  2. スマートリモコン⇒赤外線リモコンをスマホで操作できるようになる
  3. スマートカーテン⇒光センサーを利用してカーテン操作を自動化出来る
  4. サーキュレーター⇒壁掛けタイプなら場所を取らずに空気を回せる

順番に解説します。

スマートスピーカー 【音声操作が可能で生活の質が変わる】

【アレクサ対応】SONOS One(Gen2)を評価する【拡張性が良い高音質なスマートスピーカー】

最初に紹介するのがスマートスピーカーです。

しゅん

スマートスピーカーの定番で人気なのはAmazon Echoですが、より高音質を求めるならSONOS Oneがおすすめです。

SONOS OneとAmazon Echoの比較
しゅん

SONOS Oneもアレクサを利用した音声操作が可能な点に加えて、下記のような特徴があります。

SONOS One(Gen2)で出来ること
  1. Amazon AlexaやGoogleアシスタントなどの音声操作機能を搭載
  2. 様々な音楽配信サービスを利用できる
  3. Apple Airplay 2に対応していて、Apple製品からの操作がラク
  4. SONOSアプリで全てのサービスを管理できる
  5. 2台のスピーカーを利用すると、ステレオ化出来る
しゅん

特にApple Airplay 2に対応しているのは、Apple製品を使っている人にはBluetoothよりも便利です。

またスピーカーを2台利用すると、ステレオ化することも簡単ですし、より高音質になります。

Amazon Echoよりもサイズは大きいですが、デザインはおしゃれでインテリアとしても良いです。

しゅん

Amazon Echoがほしいけど、より高音質なスマートスピーカーが欲しい人にSONOS Oneは非常におすすめです

関連記事

下記の記事では高音質なスマートスピーカーのSONOS Oneを詳しく評価レビューしています。

関連記事【評判】SONOS One(Gen2)を評価レビュー【高音質!アレクサ対応で拡張性も良いスマートスピーカー】

スマートリモコン【赤外線リモコンをスマホで操作できるようになる】

【etife】温湿度計一体型スマートリモコンをレビューする【デザイン・機能・使い勝手】

次に部屋にあると便利な最新ハイテク家電やガジェットはスマートリモコンです。

しゅん

赤外線リモコンを利用する電化製品をスマホから操作できるようになります。

例えば、etife製の温湿度計一体型スマートリモコンは、温湿度計がセットになったスマートリモコンで、温度や湿度に合わせて自動で家電を操作できます。

【etife】温湿度計一体型スマートリモコンとiPhone 13のサイズ比較
etife製スマートリモコンとiPhone 13
しゅん

室温が高くなったらエアコンの電源を入れる!指定した時間に照明の電源を入れる!などの操作が出来ます。

またアプリ上で室温や湿度を確認して、エアコンの電源を入れるなどの操作も可能です。

このようにスマートリモコンは、家電操作の自動化や快適な環境を作るのに役立ちます。

関連記事

下記の記事では、etife製の温湿度計一体型スマートリモコンを詳しくレビューしています。

関連記事【etife】温湿度計一体型スマートリモコンの評価レビュー【Wifiと接続してスマホ連携も出来る】

スマートカーテン【光センサーを利用してカーテン操作を自動化出来る】

SwitchBot(スイッチボット)カーテンで出来ることは?【カーテンの自動開閉やアレクサ連携で音声操作できる機能を搭載】

部屋にあると便利な最新ハイテク家電やガジェットは、スマートカーテンです。

しゅん

カーテンの開閉を自動化出来るシンプルな機能ですが、使い勝手が良いです。

SwitchBot(スイッチボット)カーテンで出来ること
  1. 目覚ましとしてでカーテンを自動開閉出来る
  2. 光センサーを搭載していて、日差しに合わせて自動開閉出来る
  3. アプリを利用してカーテンの開閉やスケジュールを設定できる
  4. アレクサとの連携すれば、音声でカーテンの開け閉めが出来る
  5. 内蔵バッテリーは最大8ヶ月間利用可能
しゅん

特に光センサーを利用して設定を行うと、朝日や夕日の状況によってカーテンを自動開閉できます。

季節によって日の長さが違いますし、状況に応じてカーテンを自動開閉出来るので、非常に便利です。

快適な室温を保つために、スマートカーテンは非常におすすめです。

関連記事

下記の記事では、カーテンの自動開閉が可能なSwitchBot カーテンの機能や使い方を詳しくレビューしています。

関連記事SwitchBot カーテンをレビュー【アレクサ連携も可能でカーテンを自動開閉できるおすすめのIoT家電】

サーキュレーター【壁掛けタイプなら場所を取らずに空気を回せる】

【FC-W50H】トヨトミの壁掛けサーキュレーターをレビュー【デザイン・取り付け・機能・掃除・不満点】

次に部屋にあると便利な最新ハイテク家電・ガジェットは壁掛けサーキュレーターです。

しゅん

置き場所に困ることが多いサーキュレーターですが、壁掛けなら問題解決です。

FC-W50Hの特徴
  1. エアコンのようなデザインでサイズもコンパクト
  2. 一人でも取付可能で難しい作業はなし
  3. 自動運転で室温コントロールが可能
  4. 取り外し可能なフィルター付きで非常に手軽
しゅん

取り付けは簡単で、ネジ穴を開けないので賃貸の部屋でも安心な点がメリットです。

FC-W50Hの設置方法
しゅん

機能も充実していて、室温に応じた自動運転やタイマー機能もあります。

サーキュレーターを使いたいけど、置き場所に困る!という方におすすめです。

関連記事

下記の記事では、トヨトミの壁掛けサーキュレーターであるFC-W50Hのデザインや機能を詳しくレビューしています。

関連記事【エアコンなし】快適なサーキュレーターの使い方とは?【トヨトミのサーキュレーターFC-W50Hをレビュー】

まとめ

2022年版、最新yあガジェットをハイテク家電をまとめました。

しゅん

最近の家電はどんどん進化して、より生活を便利に快適にしてくれます。

一度使ってみると、手放せないぐらい便利に使うことが出来ますよ!

是非参考にしてみて下さいね!

123...6