この記事では格安スマホへスムーズに乗り換えするポイントをご紹介します。

 

Aさん
格安スマホに乗り換えるにはどうしたらいいの?

 

Bさん
格安スマホに乗り換えるとどうなるの?

と言った疑問に答えます。

 

この記事を読むと。格安スマホに乗り換える際に気をつけるべきポイントが分かります。

 

格安スマホに乗り換えるときに注意すべきポイント

解約時の解約違約金などに注意する

格安スマホに乗り換えると、ドコモやAU、ソフトバンクとの契約は解約することになります。

 

その際の問題点は、2年契約やスマホ本体を分割払いで購入していた場合、解約違約金が発生することです。

 

個人的に、ソフトバンクからLINEモバイルに乗り換える際に解約違約金を9800円支払いました。

 

1万円近く違約金を払うのは気になりましたが、年間のスマホ料金の合計額を比較した所、乗り換えた方が安くなることが分かりました。

 

このように解約違約金を支払ってもトータルで考えると安くなる場合があるので、年間の支払額を計算するのがオススメです。

使用していたスマホ機種が使えるかどうか確認する

ドコモやAU、ソフトバンクで販売しているスマホ本体は、他の会社では使えない場合があります。

 

いわゆるSIMロックと呼ばれるものが原因です。

 

現在発売されているスマホ本体の多くは、SIMロックを解除することが出来ます。

 

しかし少し古い機種(私はソフトバンクのiPhone6)だと、SIMロックを解除することが出来ません。

 

なので新しいスマホ本体を購入することになります。

 

その場合は、新しい機種を購入する費用もかかるので、注意しましょう。

 

ただ最近は、どの携帯会社からでも使える機種が1万円以下から数万円の機種まで様々です。

 

いろいろな機種を比較するのがおすすめです。

使用していたキャリアメールが使えなくなる点に注意しよう

スマホで使用するメールアドレスは何を使用していますか??

 

GmailやYahoo!mailなどを使っているなら、そのまま問題なく使うことが出来ます。

 

しかしドコモやAU、ソフトバンクのアドレスを使用しているなら、格安スマホに乗り換えると使用できなくなります。

 

 キャリアメールとは@i.softbank.jpとか@docomo.ne.jpとかのアドレスのメールです。

 

普段このようなアドレスを使用しているなら、格安スマホに乗り換える前に新しいアドレスを作成する必要があります。

 

gmailなどは無料で作成できますし、パソコンでもスマホでも使えるので、1つアドレスを作成するのがオススメです。

POINT
乗り換えるとキャリアメールは使えない
gmailなど使い勝手の良いを準備しよう

スムーズに乗り換えるためにおすすめの方法

LINEやGoogleなどのIDやパスワードを確認する

今使用しているスマホのIDやパスワードって覚えていますか?

 

一度設定してしまうと、なかなかパスワードを使用する時って少ないですよね。

 

管理していればすぐに思い出せますが、アプリなどは種類が増えるのでなかなか全てを覚えられません。

 

今まで使っていたスマホ本体をそのまま使用する場合は、特に問題が起こりません。

 

しかし新しいスマホ本体に乗り換える場合は、新しいスマホ本体で新たにログインする必要があります。

 

そのために、今使っているスマホからIDやパスワードを確認しましょう。

 

もしパスワード等が全く思い出せない時は、パスワードを変更するのも1つの手です。

 

せっかく新しいスマホを使いたいのに、IDやパスワードで手間取るのは残念なので最初に確認しましょう。

連絡先の変更をキャリアメールから伝えておく

格安スマホに乗り換えると、自動的に今使っているキャリアメールは使用することが出来なくなります。

 

そのため新しいアドレスを、必要な人に連絡する必要があります。

 

その際の注意点として、格安スマホに乗り換えてからだと、新しいアドレスから連絡しなければなりません。

 

しかし乗り換える前に連絡しておくと、今使っているアドレスから連絡できます。

 

連絡をもらう時に、今使っているアドレスから連絡をもらった方が安心感がありますよね?

 

そこでアドレス変更の連絡は、スマホを乗り換える前に終わらせるようにしましょう。

スマホ本体を購入するなら格安スマホと契約する前に購入する

格安スマホに乗り換える時にスマホ本体を購入する方法には2つの方法があります。

 

格安スマホの契約と一緒に購入する方法と、自分で新しくスマホ本体を購入する方法です。

 

格安スマホの契約と一緒に購入する方法は、非常に手軽ですし、設定も全て終わった状態で引き渡されます。

 

面倒な設定をしたくない人には非常にオススメです。

 

ただ機種のラインナップがその時によって変わるし、値段も別に買うより高くなるのがデメリットです。

 

一方でスマホ本体を自分で購入する場合は、自分で設定をしなければなりませんが、機種は数多くの中から好きに選べます。

 

スマホ本体は、自分で購入するのがオススメです。

 

もし機種を別に購入する場合は、先にスマホ本体を購入するようにしましょう。

 

スマホ本体が無いと設定が出来ませんし、スマホの機種によってSIMカードのサイズが変わります。

 

格安スマホと契約する時にSIMカードのサイズを選ばなくてはならないので、スマホ本体が決まっていないとサイズが選べません。

 

スマホ本体は格安スマホと契約前に準備するか、少なくともどの機種を購入するかは決めておきましょう。

写真や動画などのデータを移すならクラウドを準備する

新しいスマホ本体を購入した場合は、写真や動画などのデータを新しいスマホ本体に移したいですよね!

 

特にiPhoneの場合はSDカードが使えないので、データの移し替えに一手間かかります。

 

その手間を無くす方法が、クラウドと呼ばれるオンラインストレージを活用することです。

 

クラウドで一番オススメなのがDropboxと言うオンラインストレージです。

 

クラウドには様々なサービスがありますが、安定性と安心感があり一番信頼できるクラウドです。

 

クラウドを使うことで、簡単にデータの移し替えが出来ます。

 

写真や動画の画像を移したいなら、クラウドに登録するのがオススメです。

万が一に備えて近所でwifiが使える場所を確認しておく

格安スマホと契約して準備が出来たら、いよいよスマホ本体を使えるように設定します。

 

設定の際に問題なく設定できるハズですが、上手く回線が繋がらない可能性もあります。

 

もしスマホしか無くてネットが繋がらないと、何が原因か調べることも出来ません。

 

そこで万が一に備えてオススメなのが、近所で無料のwifiが使える場所を確認しておくことです。

 

多くのスマホは携帯の回線が繋がらなくても、wifiでインターネットに接続できます。

 

そのためにwifiが使える場所を探しておくと、後で困りません。

 

無料のwifiが使えるのは、スターバックスなどのカフェやコンビニなどです。

 

コンビニは席に座って操作することが難しいのでスターバックスなら落ち着いて作業が出来ます。

まとめ : 準備を整えてスムーズに乗り換えよう!

格安スマホへスムーズに乗り換える方法を紹介しました。

 

経験から言える事は、契約前に確認することと、準備をしないと少し大変になります。

 

しっかりと準備してスムーズに乗り換えましょう。

 

最初の準備だけで月々の料金が非常に安くなります。

 

個人的には月々のスマホ料金が半額以下になるぐらいオトクですよ。

 

金額的には非常に安くなるので、ぜひ試してみませんか?

 

以上、格安スマホの問題点や注意点などのポイントを徹底解説しました。

 

 

 

 

▲格安スマホについて、こちらも読んでみましょう▲

 

次の記事【体験談】MNP予約番号を取得する方法【ソフトバンクから取得したよ】

 

次の記事【体験談】LINEモバイルとの契約【申し込みから申し込み後まで紹介】

 

まとめ【まとめ】格安SIM体験談【契約方法から使い勝手までメリット紹介】

 

【節約術】振込手数料を無料にする方法
note logo

振替手数料が高い・・・

 

 

自分の口座の間で移したいだけなのに・・

ATMを往復して移動するのが面倒・・

 

 

そんな振込手数料を0円にする方法

紹介しています。

 

 

* 公開記念 キャンペーン実施中です♪