この記事では【格安スマホ(MVNO)の乗り換える方法】を紹介します。

 

格安スマホの乗り換える方法が知りたい

 

注意点や気をつけるポイントはある?

 

という疑問に答えます。

 

この記事を読むと【格安スマホ(MVNO)に乗り換える時期や準備すべきこと】が理解できます。

『格安スマホ』に乗り換える前に準備すべき注意点

『乗り換え』の準備
  1. 解約時の【解約手数料(違約金)】が必要か?確認する
  2. 同じ番号で乗り換えるなら【MNP予約番号】を取得する
  3. 同じ【スマホ本体】を使うか?新しくするか?を決める
  4. メールアドレス】に注意する
  5. wifi】が使える場所を確認する

解約時の【解約手数料(違約金)】が必要か?確認する

まず注意すべきは【現在の契約を解約する時に解約手数料(違約金)が必要か?】を確認することです。

 

②年契約プラン申し込んでいる場合、更新月の前後以外は【約1万円の解約手数料(違約金)】が必要です。

 

また本体の割引サポートを受けている場合は【端末代の残りの代金を一括で支払う】必要もあります。

 

『違約金や残りの端末代』で思った以上に高額になる場合があるので注意しましょう。

 

同じ番号で乗り換えるなら【MNP予約番号】を取得する

同じ番号で『格安スマホ』に乗り換えるには【MNP予約番号】が必要になります。

 

この番号が無いと同じ番号で乗り換えることが出来ないので注意しましょう。

 

取得方法は【サポートに電話or店頭で取得することが可能】で、電話のほうが手軽です。

同じ【スマホ本体】を使うか?新しくするか?を決める

『格安スマホ』に乗り換える時は【使用するスマホ本体をどうするか?】も注意しましょう。

 

契約と同時にスマホ本体も購入する場合は、特に心配する必要はありません。

 

しかしスマホ本体を続けて使用する時は【使えない場合がある点】に注意が必要です。

 

管理人の場合は「ソフトバンクの『iPhone 6』はLINEモバイルで使えない」という経験をしました。

 

SIMロック】が原因ですが、事前に乗り換え先に確認しましょう。

【メールアドレス】に注意する

『格安スマホ』に乗り換えると【キャリアメールが使えなくなる】点には注意が必要です。

 

 キャリアメールとは@i.softbank.jpとか@docomo.ne.jpとかのアドレスのメールです。

 

普段このアドレスを使用しているなら、乗り換える前にアドレス変更をしましょう。

 

乗り換えると同時に使えなくなるので、事前に準備しないと大変面倒なことになります。

 

GmailやYahoo!メール】などは、そのまま使うことが出来るので、アドレスを変えてしまうのも1つの方法です。

 

【wifi】が使える場所を確認する

『格安スマホ』は【基本的に自分で設定する】必要があります。

 

自宅にwifiがあるなら問題ありませんが、自宅に無い場合はスタバなどwifiを使える場所】を確認しましょう。

 

これは設定が上手くいかないと、ネットに接続することが出来ないからです。

 

ネットに接続できないと【原因を調べたり、問い合わせ】が出来ません。

 

万が一に備えて、近所で使えるwifiを確認するのがおすすめです。

『格安スマホ』に乗り換えるおすすめの時期・タイミング

『乗り換え』のタイミング
  1. 契約更新月で乗り換えると【解約手数料(違約金)】が不要
  2. 『ドコモ・au』なら【月末】がおすすめ
  3. 『ソフトバンク』なら【締め日の10日ほど前】がおすすめ

契約更新月で乗り換えると【解約手数料(違約金)】が不要

『格安スマホ』に乗り換える時に【契約更新月で乗り換えると解約手数料(違約金)は不要】です。

 

そのため可能な限り【契約更新月の近辺での乗り換えがおすすめ】です。

 

しかし契約更新月まであと1年とかの場合は『乗り換えた場合と我慢した場合の合計金額』を計算してみましょう。

 

管理人の場合は【更新月までの月額料金】と【違約金を払って乗り換えた金額】を計算したら『格安スマホの乗り換えた方がトータルで安い!』ことが判明しました。

 

契約会社 月額料金 トータルコスト
ソフトバンク 約8,000円 月額8,000円×12ヶ月
約96,000円
LINEモバイル 約2,000円 月額2,000円×違約金×12ヶ月
34,000円

 

このようにトータルコストを計算すると【金額に大幅な違い】があります。

 

単純に「解約手数料(違約金)を払いたくない!」より、一度計算してみるのがおすすめです。

 

『ドコモ・au』なら【月末】がおすすめ

『格安スマホ』に乗り換えるタイミングは【ドコモ・auなら月末】がおすすめです。

 

月額料金の大部分を占めるパケット料金は日割り計算されないので、月初でも月末でも金額は同じです。

 

そのため【ドコモ・auの場合は月末】に乗り換えるとおトクです。

 

しかしMNPで乗り換える場合は、手続きに時間がかかる時があるので【毎月20日前後に手続きする】と良いでしょう。

 

『ソフトバンク』なら【締め日の10日ほど前】がおすすめ

『格安スマホ』に乗り換えるタイミングは【ソフトバンクなら締め日の10日ほど前】がおすすめです。

 

ソフトバンクはユーザーによって『10日締め、20日締め、30日締め』の3つに分かれています。

 

そのため【締め日の10日ほど前】に乗り換えるとおトクです。

 

 締め日は『My Softbank』の【料金・支払い管理】から確認できます。

 

まとめ : 準備を整えてスムーズに乗り換えよう!

格安スマホ(MVNO)に乗り換える方法】を紹介しました。

 

『格安スマホ』に乗り換える準備は⑤つあります。

『乗り換え』の準備
  1. 解約時の【解約手数料(違約金)】が必要か?確認する
  2. 同じ番号で乗り換えるなら【MNP予約番号】を取得する
  3. 同じ【スマホ本体】を使うか?新しくするか?を決める
  4. メールアドレス】に注意する
  5. wifi】が使える場所を確認する

難しい点はありませんが、しっかりと準備するとスムーズです。

 

また『格安スマホ』に乗り換える時期のポイントは③つあります。

『乗り換え』のタイミング
  1. 契約更新月で乗り換えると【解約手数料(違約金)】が不要
  2. 『ドコモ・au』なら【月末】がおすすめ
  3. 『ソフトバンク』なら【締め日の10日ほど前】がおすすめ

このタイミングだと『格安スマホ』におトクに乗り換えることができます。

 

『格安スマホ』は毎月の料金が非常に安くなるので、ぜひ試してみませんか?

 

以上、『格安スマホ(MVNO)』に乗り換える時のおすすめ時期や準備すべきことを紹介しました。

 

 

☆こちらもあわせてどうぞ☆
   
振込手数料を無料にする節約術
note logo

振替手数料が高い!!!

自分の口座の間で移したいだけなのに・・・

ATMを往復するのが面倒・・

そんな振込手数料を0円にする方法

紹介しています。