ドコモにMNPで転出する方法【LINEモバイルからキャリアへの戻り方】

ドコモにMNPで転出する方法【LINEモバイルからキャリアへの戻り方】

この記事ではドコモにMNPで【転出する方法】と【注意点】を解説しています。

MNPで転入する情報は多いけど、転出する方法が知りたい!
MNPで転出する注意点はある?

などの疑問に答えます。

この記事を読むとLINEモバイルからドコモに【MNPを活用して転出する方法】が分かります。

LINEモバイルからドコモに転出した理由

ドコモに転出した理由
  1. 機種が古くなり、買い替えたかったから
  2. LINEモバイルのデメリットが増えたから
  3. iPhoneに変える良いタイミングだから

機種が古くなり、買い替えたかったから

ソフトバンクから、LINEモバイルに乗り換えたのは【2017年1月】のことでした。

その時に購入した【P9 Lite】という機種が古くなり、容量が足りなくなったり、動きが遅くなってきました。

1年半ほどですが、そろそろ限界が近づいてきたので、ドコモにMNPで転出しようか?と考えるようになりました。

LINEモバイルのデメリットが増えたから

LINEモバイルに乗り換えた当初は、混雑する時間帯でも快適に使うことが可能でした。

しかし、現在はお昼や混雑する時間帯は、かなりネットのスピードが低下します。

動画などではない普通のサイトやメールの送信でも時間がかかります。

月々の価格は魅力的ですが快適に使用できないので、大手キャリアがやはり安心? って思うようになりました。

iPhoneに変える良いタイミングだから

『iPhone』を安く買う方法【値下げのタイミングと安くなる機種の紹介】」という記事で詳しく解説していますが、iPhoneに乗り換えるなら9月がベストなタイミングです。

新しい『iPhone』も魅力的ですが、型落ちになる『iPhone』ならMNPなら1万円で購入できます。

iPhoneを1万円で購入できるなら、ドコモに戻る決断をしました。

『iPhone』を安く買う方法【値下げのタイミングと安くなる機種の紹介】 『iPhone』を安く買う方法【値下げのタイミングと安くなる機種の紹介】

LINEモバイルからドコモに転出する方法

手順1
使っている回線を確認する
ドコモ回線かソフトバンク回線かを確認する
手順2
回線がドコモなら回線を乗り換える

ドコモからドコモに乗り換えは不可!

AU回線やソフトバンク回線ならドコモに乗り換えが可能です。

手順3
MNPを申請する
手順4
ドコモと契約する
転入での申し込みをする
手順5
乗り換え完了!
ドコモと契約すれば乗り換え完了です。

ドコモ回線かソフトバンク回線かを確認

LINEモバイルからドコモにMNPで転出する場合にすべきことは、ドコモ回線かソフトバンク回線かを確認することです。

ドコモオンラインショップでは、ドコモ回線の格安スマホからドコモにMNPすることが出来ません。

ドコモの注意書き

ドコモショップに行けばMNPで転入が可能なようですが、割引等に制限があるとの情報もあります。

個人的には、LINEモバイルで【ドコモ回線】を使用していたので、このままではMNPの転出が非常に面倒です。

しかしLINEモバイルの場合は、ソフトバンク回線に変更することが可能なので、ソフトバンク回線からMNPでドコモに転出しましょう。

注意
回線がわからない方はLINEモバイルの「マイページ」⇒「契約内容」で確認できます。

ドコモ回線ならソフトバンク回線に変更

格安スマホのドコモ回線からドコモにMNPで転出するのは面倒なので、LINEモバイルの回線をソフトバンクに変更します。

LINEモバイルの回線変更は非常に簡単で、マイページから回線変更の申込みが出来ます。

マイページ】⇒【ソフトバンク回線に変更】と進んで申し込みをするだけで回線の変更が終了します。

LINEモバイルの回線変更 申し込みメール

このメールが到着した【当日】にソフトバンクのSIMカードが発送されて、【翌日】に新しいSIMカードが到着しました。

LINEモバイル 回線変更の完了メール

回線変更は2日程度で完了するので、すぐに行うことが可能です。

LINEモバイルにMNPの申請をする

LINEモバイルの回線をソフトバンク回線に変更したら、次はMNPの申請をします。

マイページ】⇒【MNP転出・解約】と進んで、MNPの予約番号を取得します。

LINEモバイル MNP手続き開始メール

申込みをすると、このようなメールが到着します。

『MNP予約番号(携帯乗り換え)』を取得する方法【準備や4つの注意点】」で、ソフトバンクからMNP予約番号を取得した時は、即日で取得できました。

ソフトバンクからLINEモバイルに転出する時は、3日程度時間がかかるようです。

混雑状況によって時間が変わるようなので、気長に待ちましょう。

MNP予約番号】の発行が終了すると、メールで通知されます。LINEモバイル MNP番号発行メール

これで、LINEモバイルからドコモにMNPで転出する準備が整いました。

『MNP予約番号(携帯乗り換え)』を取得する方法【準備や4つの注意点】 『MNP予約番号(携帯乗り換え)』を取得する方法【準備や4つの注意点】

ドコモでMNPでの転入申し込みをする

LINEモバイルのMNP予約番号が発行されたら、ドコモで契約をします。

今回は【ドコモオンラインショップ】で、ドコモと契約と新しいiPhoneの購入手続きをしました。

オンラインショップは【頭金も不要】ですし【事務手数料も無料】です。

そして、何より待ち時間が無い点が魅力です。

契約方法は特に難しい点はありませんが、ファミリー割引やシェアパックに加入する場合は、準備が必要です。

特にシェアパックに新たに加入する場合は、代表回線がシェアパックのプラン以外だと、エラーが出ます。

実際、代表回線のプランの問題でエラーが出て手間取りました。

その点さえを解消すれば、エラーも出ずにMNPでドコモに乗り換えることが可能です。

また、ドコモオンラインショップの注意書きには【MNPでの乗り換えは10日前後かかります】との記載がありますが、私の場合は【4日程度】で新しいiPhoneが到着しました。

東北地方なので輸送に時間がかかりましたが、トラブルが無ければ10日はかからないと思って良さそうです。

 

LINEモバイルからドコモにMNP転出する際の注意点

ドコモに乗り換える注意点
  1. ドコモ回線からドコモにMNP転出は大変
  2. 使用期間が12ヶ月未満の場合は、9,800円の解約手数料が必要
  3. SIMカードを返却しないと、3,000円のSIMカード損害金が必要

格安スマホのドコモ回線からドコモにMNP転出は大変

格安スマホの回線がドコモ回線の場合は、元々がドコモなので転出が面倒です。

そのためLINEモバイルの場合は、回線をソフトバンクに変更してから転出するのがスムーズです。

MNP予約番号は【12ケタの番号】ですが、キャリアによって先頭の2ケタが変わります。

ドコモの番号11XXXXXXXXXX
auの番号12XXXXXXXXXX
ソフトバンクの番号13XXXXXXXXXX

同じ回線からMNPする場合、MNP予約番号の入力画面でエラーが出るので注意しましょう。

使用期間が12ヶ月未満の場合は、9,800円の解約手数料が必要

LINEモバイルは音声通話SIMの場合【最低利用期間】が定められています。

利用開始日から12ヶ月未満でMNPや解約する場合は、【9,800円の解約手数料】が必要になります。

LINEモバイルに乗り換えて、期間が短い場合は注意しましょう。

利用期間が不明の場合は【マイページ】⇒【契約情報】で確認が可能です。

MEMO
回線を変更しても、利用期間は最初の利用開始日からのカウントになります。

SIMカードを返却しないと、3,000円のSIMカード損害金が必要

LINEモバイルは、解約やMNPで転出した場合、SIMカードを返却しなければなりません。

SIMカードを返却しない場合は【3,000円のSIMカード損害金】が必要になります。

返却するだけで不要な損害金を支払うのはもったいないので、MNPで転出したらすぐに返却しましょう。

返送先は以下の通りです。

返送先の詳細
郵便番号210-0869
返送先神奈川県川崎市川崎区東扇島4-5
東日本ロジスティクスセンター
宛先LINEモバイル株式会社 返却窓口

ドコモ回線のSIM】と【ソフトバンク回線のSIM】を②枚同時に返送しました。

特に連絡は無いですが損害金の請求も無いので、ただ返送するだけでOKだと思われます。

注意
詳しくは『LINEモバイル』の公式ページを確認してください。

LINEモバイルからドコモにMNP転出は簡単です

LINEモバイルからドコモにMNP転出する方法と注意点を解説しました。

LINEモバイルに転入する情報は多くありますが、転出する方法は少ないのでまとめました。

ドコモに転出する場合の注意点は、ドコモ回線からドコモに転入するのは大変という点です。

その手間を考えると、ソフトバンク回線に回線変更してからドコモに転出する方が簡単です。

LINEモバイルは、MNP予約番号の発行に多少時間がかかるので注意しましょう。

また最低利用期間やSIMカードの返却もあるので、しっかり確認してからMNPで転出しましょう。

以上、『LINEモバイル』からドコモに転出する方法と注意点を解説しました。

 

人気記事『スマホ』と『ネット』を同時に割引させる方法【セット割がおすすめ】

人気記事工事不要で『Wi-Fi』環境を作るなら『ホームルーター』がおすすめ