MENU

【サウンドバー】後悔しない選び方とは【音質や機能を詳しく解説】

【サウンドバー】後悔しない選び方とは【音質や機能を詳しく解説】

この記事はサウンドバーの後悔しない選び方を解説している記事です。

悩む人

サウンドバー選びで後悔しないためには、どの部分に注意すればいいのかな?詳しく知りたいな!

と言う疑問に答えます。

サウンドバーは色々な種類があり、価格も音質も機能もどれを選べばいいか?悩みますよね!

しゅん

実際、サウンドバーを買ってみたけど、音質などに不満を持つことが多いようです。

そこでこの記事では、サウンドバーで良くある後悔するポイントと、後悔しない選び方を解説していきます。

サウンドバー選びで後悔したくない人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【サウンドバー】良くある後悔する④つのポイント

まず最初にサウンドバーで良くある後悔するポイントから解説します。

しゅん

良くある後悔するポイントは、下記の④つです。

良くある後悔するポイント
  1. 音質⇒スピーカーの品質や数で大きく変わる
  2. サイズ⇒設置場所に合わせるのが大切
  3. 機能⇒使いたい用途をしっかり理解しよう
  4. 拡張性⇒入力端子の数やBluetooth対応に注意しよう

順番に解説します。

その① 音質【スピーカーの数や品質で大きく変わる】

まず、一番後悔しやすいポイントが音質です。

しゅん

サウンドバーによってスピーカーの数や品質が大きく異なります。

スピーカーの数が多いと、1つのスピーカーで出す音を少なく出来るので、全体として精緻な表現が可能になります。

もちろんスピーカーの数が多いほど価格は高くなりますし、人によって音の感じ方が大きく異なります。

しゅん

しかし音質はサウンドバー選びでいちばん重要なポイントなので、注意すべきポイントと言えます。

その② サイズ【設置場所に合わせるのが大切】

つぎにサウンドバーのサイズも非常に失敗しやすいポイントです。

しゅん

サウンドバーはテレビの前など設置場所に合わせるのが大切です。

サウンドバー自体の性能でいうと、サイズは大きいほど豊かな音を出力することが出来ます。

またサウンドバーとは別にサブウーファーを設置するタイプがあります。

しゅん

しかし、テレビや設置場所と合わないサウンドバーを購入してしまうと、後で苦労します。

そのため、サウンドバーのサイズやサブウーファーの有無はしっかりと注意しましょう。

その③ 機能【使いたい用途をしっかり理解しよう】

またサウンドバーの機能も失敗しやすいポイントです。

しゅん

映画などの用途だけなのか?使いたい用途をしっかり理解する必要があります。

バーチャルサウンドに対応しているサウンドバーなら、映画などの臨場感がアップします。

5.1chや7.1chを再現できるサウンドバーだと、仮想的に周囲にスピーカーがあるように上下左右からの音を再現することが可能です。

しゅん

より臨場感を感じつつ映画などの音声をより楽しむには、注意すべきポイントです。

その④ 拡張性【入力端子の数やBluetooth対応に注意しよう】

最後に拡張性も失敗しやすいポイントです。

しゅん

入力端子の数やBluetooth対応に注意する必要があります。

例えばサウンドバーに入力する音声が、テレビとブルーレイレコーダーなど複数の場合は、入力端子の数が複数ある必要があります。

他にもBluetoothに対応していると、スマホの音楽を流すことも可能です。

しゅん

このように、使いたい機能に注意するのも大切です。

【サウンドバー】後悔しない選び方【音質やサイズ、機能や拡張性も】

次にサウンドバーの後悔しない選び方を解説します。

しゅん

サウンドバー選びのポイントは下記の④つです。

サウンドバーの選び方
  1. 音質⇒スピーカーの数や出力
  2. サイズ⇒設置場所やサブウーファーの有無
  3. 機能⇒ドルビー対応やARC対応
  4. 拡張性⇒HDML入力やBluetooth対応

順番に解説します。

その① 音質【スピーカーの数や出力で選ぼう】

まず音質の良し悪しはスピーカーの数や出力で選びましょう。

しゅん

単純にスピーカーの数が多いと、キレイな音質が楽しめます。

また出力が大きいサウンドバーなら、余裕を持って大きな音を出せるので、より豊かな音質で楽しめます。

スピーカーのサイズが小さいサウンドバーだと、音割れする可能性もあります。

しゅん

そのため、最初から出力に余裕のあるモデルを選ぶのがおすすめです。

その② サイズ【設置場所やサブウーファーの有無で選ぼう】

次にサウンドバーのサイズは設置場所やサブウーファーの有無で選びましょう。

しゅん

テレビのサイズに合わせてサウンドバーを選ぶと失敗が少ないです。

注意すべきはサブウーファーの有無で、サブウーファーがある方が低音を強化できます。

しかし大きな音でサブウーファーを利用すると、結構振動が出る場合があります。

しゅん

賃貸のアパートやマンションだと、結構響くので注意が必要です。

サブウーファーが無いモデルのほうが設置も簡単なので、手軽だと思います。

その③ 機能【ドルビー対応やARC対応で選ぼう】

また機能面でサラウンドバーを選ぶなら、ドルビー対応やARC対応で選びましょう。

しゅん

ドルビーに対応していると、手軽に映画などを臨場感のある音質で楽しめます。

またARCに対応していると、1本のHDMIケーブルで双方向にデータのやり取りが可能です。

光デジタルケーブルが不要で、利用できるので非常に手軽です。

しゅん

またAlexaに対応しているサウンドバーなら、音声操作が可能です。

このように機能面でサウンドバーを選ぶのも大切です。

その④ 拡張性【HDML入力やBluetooth対応で選ぼう】

最後に拡張性でサウンドバーを選ぶなら、HDML入力やBluetooth対応で選ぶのも大切です。

しゅん

今イメージしているより、接続する機器の数が増える場合も多いです。

その点を考えるとHDMLの入力端子は多いほうが、あとから困ることが無いでしょう。

この他にもBluetoothに対応していたり、ワイヤレスでサブウーファーに接続できるモデルだと、ケーブルの配線に困りません。

しゅん

長くサウンドバーを利用するなら、拡張性も注意が必要です。

まとめ

サウンドバーの良くある後悔するポイントと、後悔しない選び方を解説しました。

しゅん

サウンドバー選びで良く失敗するポイントは下記の4つです。

良くある後悔するポイント
  1. 音質⇒スピーカーの品質や数で大きく変わる
  2. サイズ⇒設置場所に合わせるのが大切
  3. 機能⇒使いたい用途をしっかり理解しよう
  4. 拡張性⇒入力端子の数やBluetooth対応に注意しよう

最低限、このポイントに注意して選ぶと、失敗が少なくなります。

しゅん

特に音質に関しては、不満を持つ方が多いので注意しましょう。

上記のポイントを抑えつつ、2021年のトレンドを考えるとAlexaを搭載したサウンドバーがおすすめです。

Amazon Echoのように音声操作が可能で、高音質でAmazon Musicなどを楽しめます。

しゅん

詳しくは下記の記事で解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

関連記事【Alexa搭載サウンドバー】おすすめ④選【ヤマハ・ソニー・BOSEを比較】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次(タップで移動できます)
閉じる