おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。

おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

【しょぼい】サウンドバーって買って後悔する?必要ない?【失敗しない選び方を徹底解説】

【しょぼい】サウンドバーって買って後悔する?必要ない?【失敗しない選び方を徹底解説】

この記事は、サウンドバーを買って後悔する?必要ない?を検証しつつ、失敗しない選び方を解説している記事です。

悩む人

サウンドバーが欲しいんだけど、実際は効果あるの?買っても後悔する?必要ない?

と言う疑問に答えます。

サウンドバーは色々な種類があり、価格も音質も機能もどれを選べばいいか?悩みますよね!

しゅん

実際、サウンドバーを買ってみたけど、音質がしょぼくて買って後悔することが多いのも事実です。

そこでこの記事では、サウンドバーを買って後悔する?必要ない?を検証しつつ、失敗しない選び方を解説していきます。

サウンドバーを購入して後悔したくない人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【しょぼい】サウンドバーって買って後悔する?必要ない?【選び方を間違わなければ後悔しない】

【しょぼい】サウンドバーって買って後悔する?必要ない?【選び方を間違わなければ後悔しない】

まず結論から。

しゅん

サウンドバーは選び方を間違わなければ、音質がしょぼいとか買って後悔した!必要無かった!って感じることは無いでしょう。

と言うのも、サウンドバーで後悔しやすいポイントは下記の通りです。

サウンドバーで後悔しやすいポイント
  1. スピーカーの数が少なく、音質が安っぽくてしょぼい
  2. 拡張性が低くて、テレビ以外での使い勝手が悪い
  3. 大きいor小さくて、テレビとサイズが合わない
  4. 口コミや評判のコメントと自分の感覚や印象が違う
しゅん

このように後悔しやすいポイントはありますが、しっかり選べば解決すると思いませんか?

しかもサウンドバーを利用するとテレビのスピーカーよりも音はグッと良くなり、映画や動画などをより臨場感を持って感じることが出来ます。

またスマホの音楽をサウンドバーから流して楽しむことが可能なモデルもあります。

しゅん

つまりサウンドバーで後悔しないために、選び方のポイントをしっかり抑えることが、大切だと言えます。

【サウンドバー】失敗しない選び方を徹底解説【音質やサイズ、機能や拡張性も】

ではどうすれば後悔しないサウンドバーが購入できるのか?選び方を解説していきます。

しゅん

サウンドバー選びのポイントは下記の④つです。

サウンドバー失敗しない選び方
  1. 音質⇒スピーカーの数や出力
  2. サイズ⇒設置場所やサブウーファーの有無
  3. 機能⇒ドルビー対応やARC対応
  4. 拡張性⇒HDML入力やBluetooth対応

順番に解説します。

音質【スピーカーの数や出力で選ぼう】

音質【スピーカーの数や出力で選ぼう】

まずサウンドバーの音質は、スピーカーの数や出力で選びましょう。

しゅん

音質が一番後悔しやすいポイントで、単純にスピーカーの数が多いとキレイな音質が楽しめます。

せっかく映画やドラマを高音質で楽しみたい!と思ってサウンドバーを購入したのに、あまり違いがわからない!という時があります。

そのため出力が大きいサウンドバーを選ぶと、余裕を持って大きな音を出せるので、より豊かな音質で楽しめます。

しゅん

もちろん高品質なスピーカーの数が多いほど価格は高くなりますし、人によって音の感じ方が大きく異なります。

しかし音質はサウンドバー選びでいちばん重要なポイントなので、注意すべきポイントと言えます。

サウンドバーの音質の選び方
  1. 音質が一番後悔しやすいポイント
  2. スピーカーの数や出力に注意すると、失敗しにくい

サイズ【設置場所やサブウーファーの有無で選ぼう】

サイズ【設置場所やサブウーファーの有無で選ぼう】

次にサウンドバーのサイズは設置場所やサブウーファーの有無で選びましょう。

しゅん

サウンドバーのサイズも非常に失敗しやすいポイントで、テレビに合わせて選ぶと失敗が少ないです。

と言うのもテレビとサイズのバランスが悪いと、違和感を感じやすくなります。

もちろんサウンドバー自体の性能で言うと、サイズは大きいほど豊かな音を出力することが出来ます。

しゅん

保有しているテレビのサイズとのバランスを意識して選ぶと、後悔が少なくなります。

サウンドバーのサイズの選び方
  1. サウンドバーのサイズも後悔しやすいポイント
  2. テレビのサイズとバランスを意識すると失敗しにくい

機能【ドルビー対応やARC対応で選ぼう】

機能【ドルビー対応やARC対応で選ぼう】

また機能面でサラウンドバーを選ぶなら、ドルビー対応やARC対応で選びましょう。

しゅん

音質の設定が少ない(ワンパターン)だと、好みに併せて調節が出来ません。

例えば音楽重視の映画や臨場感がある映画では、設定を変えられた方がより楽しめます。

この他にもサウンドバーを利用して音楽を楽しみたい時にも設定を変えられると便利です。

しゅん

ドルビーに対応していると、手軽に映画などを臨場感のある音質で楽しめます。

またARCに対応していると、1本のHDMIケーブルで双方向にデータのやり取りが可能です。

光デジタルケーブルが不要で、利用できるので非常に手軽です。

しゅん

より臨場感を感じつつ映画などの音声をより楽しむには、注意すべきポイントです。

サウンドバーの機能の選び方
  1. 音質の設定がワンパターンだと後悔しやすい
  2. ドルビーやARCに対応していると、失敗しにくい

拡張性【HDML入力やBluetooth対応で選ぼう】

拡張性【HDML入力やBluetooth対応で選ぼう】

最後に拡張性でサウンドバーを選ぶなら、HDML入力やBluetooth対応で選ぶのも大切です。

しゅん

今イメージしているより、接続する機器の数が増える場合も多いので入力端子の数やBluetooth対応に注意しましょう。

入力端子の数が少ないと、使いたい時に配線を抜き差しする必要があるので、それは手間なんですよね。

この他にもBluetooth接続出来る場合でも、複数のスマホやタブレットを利用する時に設定を変える必要があるサウンドバーがあります。

しゅん

その点を考えるとHDMLの入力端子は多いほうが、あとから困ることが無いでしょう。

サウンドバーの拡張性の選び方
  1. 入力端子の数が少ないと後悔しやすい
  2. Bluetooth接続に対応していると、失敗しにくい

【後悔しない】おすすめのサウンドバーはどれ?【最新ならAlexa搭載モデルが便利】

最後に、おすすめのサウンドバーを紹介していきます。

しゅん

サウンドバーには様々ありますが、個人的には最新のAlexa搭載モデルがおすすめです。

おすすめのサウンドバー
  1. ヤマハ製『YAS-109』⇒コスパが良いモデル
  2. ソニー製『HT-Z9F』⇒ワイヤレス機能が充実したモデル
  3. BOSE製『SOUNDBAR 500』⇒高音質なモデル
  4. SONOS製『Beam』⇒拡張性が高いモデル

AlexaはスマートスピーカーのAmazon Echoに搭載されているAIアシスタントです。

音声操作が可能なので、利便性が非常に良く、使い勝手が良く普通のサウンドバーよりも便利に使えます。

しゅん

詳しくは下記の記事で解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

関連記事【2022年版】おすすめのアレクサ搭載サウンドバーはどれ?【ヤマハ・ソニー・BOSEを比較する】

まとめ

こサウンドバーを買って後悔する?必要ない?を検証しつつ、失敗しない選び方を解説しました。

しゅん

サウンドバーは選び方を間違わなければ、音質がしょぼいとか買って後悔した!必要無かった!って感じることは無いでしょう。

と言うのも、サウンドバーで後悔しやすいポイントは下記の通りです。

サウンドバーで後悔しやすいポイント
  1. スピーカーの数が少なく、音質が安っぽくてしょぼい
  2. 拡張性が低くて、テレビ以外での使い勝手が悪い
  3. 大きいor小さくて、テレビとサイズが合わない
  4. 口コミや評判のコメントと自分の感覚や印象が違う

最低限、このポイントに注意して選ぶと、失敗が少なくなります。

しゅん

そんなサウンドバーの失敗しない選び方は下記の通りです。

サウンドバー失敗しない選び方
  1. 音質⇒スピーカーの数や出力
  2. サイズ⇒設置場所やサブウーファーの有無
  3. 機能⇒ドルビー対応やARC対応
  4. 拡張性⇒HDML入力やBluetooth対応
しゅん

特に音質に関しては、不満を持つ方が多いので注意しましょう。

上記のポイントを抑えつつ、2021年のトレンドを考えるとAlexaを搭載したサウンドバーがおすすめです。

Amazon Echoのように音声操作が可能で、高音質でAmazon Musicなどを楽しめます。

是非参考にしてみて下さいね!

【しょぼい】サウンドバーって買って後悔する?必要ない?【失敗しない選び方を徹底解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
戻る
目次(タップで移動できます)
閉じる