この記事ではAmazon Echoの3つの機種を種類の違いで比較しつつおすすめのポイントをご紹介します。

 

Aさん
Amazon Echoはどれを買えばいいんだろう?

 

Bさん
Amazon Echoって機種によって何が違うんだろう?

 

など初心者の方ほど、どの機種が自分に合っているか?どれを買えばいいのか?分からず困ってしまいます。

 

そこでAmazon Echoの3つの機種を種類の違いを比較しつつおすすめの機種を紹介します。

 

 

 

そもそもAmazon Echoとは?声で操るスピーカーで出来ること

comparison-amazon-echo-2

 

Amazon Echo」は、スマートスピーカーと呼ばれる声で操作するスピーカーの一種です。

 

つまりAmazon Echoに問いかけるだけで、音楽の再生から買い物リストの追加、アラームを鳴らしたりすることが出来ます。

 

今までのスピーカーやスマホは手で曲を選んだりして、再生します。

 

しかしAmazon Echoは声で伝えるだけで、音楽再生が出来ます。

 

さらにAmazon Echoは音楽再生だけではなく、ニュースや天気予報を知ることが出来ます。

 

このようにAmazon Echoは生活が大きく便利になる可能性があるスピーカーなんです。

POINT
Amazon Echoは声で操作するスピーカー
喋りかけるだけで音楽を再生したりニュースや天気予報を知れる

アクセラを試してみたいならAmazon Echo Dotがおすすめ

created by Rinker
Amazon
¥5,980 (2018/07/21 18:17:29時点 Amazon調べ-詳細)

Amazon Echo Dot」は、値段とサイズがコンパクトで一番人気のある機種です。

 

価格はEchoシリーズの中で一番安い5,980円ですし、Amazon Echoを試してみたい人にオススメです。

 

しかもAmazon Echo Dotのスゴい所は、一番安い機種にも関わらず削られている機能がほぼ無い点です。

 

つまり購入して試してみたいことが出てきたけど、Amazon Echo Dotだと出来ないじゃん・・・ということがほぼありません。

Amazon Echo Dotのメリットは安い価格とサイズの小ささ

Amazon Echo Dot」のメリットはそのサイズの小ささと、価格のお手頃さです。

 

Amazon Echoシリーズの中で一番安い価格ですし、Amazon製品なので頻繁にセールがあります。

 

2018年に一般販売がスタートした時に、早くも1500円引きで販売されたのでタイミングを見極めれば、かなり安く購入できます。

またAmazon Echo Dotは、サイズがとにかく小さいです。

 

縦と横のサイズが約8cm×8cmなので置き場所に困ることはありません。

 

声で操作できるので、手で触れる場所に無くても大丈夫なのが大きなメリットです。

 

つまりAmazon Echo Dotは非常に小さく邪魔にならないですし、音質を気にしない部屋や車に置いたりして使用するなら一番の候補になります。

Amazon Echo Dotのデメリットは音質と外見のプラスチック感

Amazon Echo Dot」のデメリットは、スピーカーのサイズと外見のプラスチック感が強い点です。

 

Amazon Echo Dotのスピーカーは、0.6インチという小さいサイズのスピーカーのみです。

 

このサイズのスピーカーだと、キレイな音質で音楽を聞くのは厳しいです。

 

でもAmazon Echo DotはBluetoothで他のスピーカーに接続できますし、ライン出力もあるので有線でも接続できます。

 

音質に不満が出たら、他のスピーカーを接続すると音質を良くすることが出来ます。

 

ただAmazon Echo Dotの音質を良くするために別のスピーカーを購入するのも面倒です。

 

さらにAmazon Echo Dotを使う時に、わざわざ電源を入れたりするのは面倒です。

 

その手間を考えると、音質が気になるなら最初から他の機種を候補にした方が幸せになれるかな?という気がします。

 

もう1つのデメリットは、外見がプラスチック感が強い点です。

 

Amazon Echo Dotはホワイトかブラックを選ぶことが出来ますが、プラスチック感が強い出来栄えです。

 

別売りのカバーを購入すると、家具に合わせたカラーを選べますが安いもので1,580円、レザー調なら2,180円します。

created by Rinker
Amazon
¥1,780 (2018/07/21 02:52:52時点 Amazon調べ-詳細)

Amazon Echoは元々ファブリック調のカバーで、さらに定価が11,980円なので、音質等を考えるとちょっとコストが高くなりそうな気もします。

スタンダードなAmazon Echoは、完成度が非常に高くおすすめ

created by Rinker
Amazon
¥11,980 (2018/07/21 09:19:22時点 Amazon調べ-詳細)

Amazon Echo」は3シリーズの中で真ん中に位置する機種でスタンダードな製品です。

 

私の考えですが、シリーズの中で真ん中にある機種が価格と性能のバランスが取れています。

 

ウーファーと呼ばれる低音をしっかりと出すスピーカーが搭載されているので、Amazon Echo Dotよりも良い音質の音を聞くことが出来ます。

 

つまり、Amazon Echoは他に追加で何かを購入せずに1台で使いこなすことができます。

Amazon Echoのメリットは高音質と外見のカッコよさ

Amazon Echoのメリットは、単体での完成度が非常に高い点です。

 

Amazon Echo Dotに比べてスピーカーが高性能になっているので、高音質で音楽を聞くことが出来ます。

 

個人的には、パソコンの横においてPrime Videoをよく見ています。

 

テレビの大画面で専用のサラウンドスピーカーとは比べられませんが、気軽に使うには十分すぎる音質です。

 

またAmazon Echo Dotの外見はプラスチック感が強かったですが、Amazon Echoはファブリック調のカバーです。

 

そのため壁際に置くと壁紙と質感がマッチするので、部屋とよく馴染みます。

 

Amazon Echo Dotに比べたら大きいですが、部屋のインテリアとしてはAmazon Echoの方が合います。

Amazon Echoのデメリットはサイズの大きさと超高音質では無い点

Amazon Echoのデメリットは、Amazon Echo Dotに比べて高さが大きくなっている点です。

 

横幅と奥行きは数ミリ程度の違いしかありませんが、高さは5倍ほど高くなっています。

 

と言っても置いてしまえば部屋にマッチするので、あまり気になりません。

 

しかしとにかく場所を取りたいくないとか車で使いたいと思うなら、ちょっとサイズが気になるポイントです。

 

Amazon Echoは音質が良いと言っても、専用のスピーカーでは無いので音質に対してこだわりがある方は不満が残るでしょう。

 

しかし元々Amazon Echoは超高音質のスピーカーではないので、音質にこだわるなら他のスピーカーを組み合わせる方がオススメです。

本格的にスマートホーム化したいならAmazon Echo Plusがおすすめ

created by Rinker
Amazon
¥17,980 (2018/07/21 09:19:23時点 Amazon調べ-詳細)

Amazon Echo Plus 」はスマートホーム機能を追加した製品です。

 

スマートホームとは、その場に居なくても家電を自由に操作することが出来る注目の新機能です。

 

具体的には対応する製品を使うと、家電の電源を入れた切ったり、さらには家のカギを開け閉めすることも可能です。

Amazon Echo Plusのメリットはスマートホーム化が手軽に行えること

Amazon Echo Plusのメリットは、スマートホーム化するために必要な機能が搭載されていることです。

 

スマートホーム化するには、ハブやブリッジ等と呼ばれる製品が必要になります。

 

例えばこのような製品です。

created by Rinker
フィリップスライティング(Philips Lighting)
¥7,180 (2018/07/21 16:55:38時点 Amazon調べ-詳細)

この製品が単体で7,000円程度するので、その点を考えるとAmazon Echo Plusは安いですし、追加で製品を購入しなくても使用できます。

 

今後スマートホーム化する計画があるなら、Amazon Echo Plusとてもメリットのある製品です。

Amazon EchoPlusのデメリットはスマートホーム化するかしないか?

Amazon Echo Plus 」はスマートホーム化する機能が追加されている以外は、ほぼ他のシリーズと代わりがありません。

 

そのため特にスマートホーム化する気が無いなら、もったいないかもしれません。

 

もちろん今後スマートホームに対応した製品が増えていくことが予想されますが、今はまだ発展途上です。

 

そのため、もう少し待ってからでも遅くないかな?という印象があります。

 

現状でスマートホーム化するにはそれなりにコストがかかります。

 

個人的に使ったことが無いのですが、テレビやエアコンのリモコンを外出先で使える製品があります。

created by Rinker
LiveSmart(リブスマート)
¥4,980 (2018/07/21 16:55:38時点 Amazon調べ-詳細)

このような製品を購入すれば、Amazon Echoに喋りかけるとテレビのチャンネルを変えることができます。

 

さらに外出先から帰宅前に指示すると、エアコンを起動して帰宅した時の室温を快適に出来ます。

 

ペットが居るので、気温が上がりそうな時に使えると便利だと思いますが、今はちょっとまだ早い?という印象があります。

 

つまり今後スマートホームを試してみたいならAmazon Echo Plusは候補ですが、それほど興味が無いなら他の機種でも良いでしょう。

【結論】Amazon Echoの中で一番おすすめの機種

created by Rinker
Amazon
¥11,980 (2018/07/21 09:19:22時点 Amazon調べ-詳細)

Amazon Echoの3つの機種の中で一番おすすめの機種はAmazon Echoです。

 

3つの機種の中でAmazon Echo Dotに比べてスピーカーが高性能です。

 

つまり、スピーカーとして1番重要な音質がとても優れています。

 

一方Amazon Echo plusのスマートホーム機能は魅力ですが、スマートホームが使用できる環境が整っている方はまだ少ないです。

 

そのためAmazon Echo plusの機能を最大限活かすには、まだコストがかかります。

 

その辺りを比較すると、他の製品の追加が必要なく、単体の性能でバランスが取れているAmazon Echoが1番おすすめです。

まとめ : Amazon Echoは購入すべし♪

Amazon Echoの3つの機種を、種類の違いで比較してみました。

 

Amazon Echoの機種には3シリーズあり、それぞれ特徴があります。

 

DotはAIスピーカーを使ってみたい時にオススメです。

 

何故なら、価格が一番安いしコンパクトだから。

 

でも、その分スピーカーは小さいので音質に関しては不満が残るかも知れません。

 

音質やトータルのバランスで選ぶならAmazon Echoがオススメです。

 

価格は上がるけど高音質になりますし、追加で何かを購入しなくても満足感が高いです。

 

またスマートホーム機能が気になるならAmazon Echo Plus一択です。

 

他の機器(ハブやブリッジ)を追加せずに使えるのは、Amazon Echo Plusだけです。

 

今後を見据えて余裕を持たすならAmazon Echo Plusはとても優れている製品です。

 

Amazon Echoはそれぞれメリット・デメリットがあるので自分の使い方に合わせて購入すると満足感が高まりますよ!

 

 

 

 

次の記事【メリット・デメリット】Amazon Echoの使い勝手や使用感レビュー

 

まとめ【まとめ】AmazonEchoの全て【使い方から体験談までをまとめました】