カテゴリー
2021年大注目ランキング

代用ドライシートはクイックルワイパーとウェーブがおすすめです

代用ドライシートはクイックルワイパーとウェーブがおすすめです

この記事は代用ドライシートはクイックルワイパーとウェーブがおすすめの理由を解説している記事です。

悩む人

ドライシートって様々な会社から発売されているけど、どれがいいの?

と言う疑問に答えます。

ドライシートにはクイックルワイパーやウェーブだけでなく、ドラッグストアや100均などで安い商品も購入できます。

しゅん

僕自身、色々ドライシートを使ってきました。

しかしどれが使い勝手がよく、便利なのか?って難しいですよね!

そこでこの記事では、イチオシの代用ドライシートと、その他のドライシートとの比較を解説していきます。

代用ドライシートはどれがいいのか?気になる方は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)
2021年大注目ランキング

コロナ禍でも時代に乗り遅れないための必須アイテムは要チェック!

crafsto(クラフスト) / モバイル保険 / ウイルスバスター for Home Network

家電レンタル / 動画配信サービス / Kindle Unlimited / Audible

代用ドライシートはクイックルワイパーとウェーブがおすすめです

おすすめの代用ドライシートはウェーブ製

まず結論から。

しゅん

代用ドライシートはクイックルワイパーとウェーブの組み合わせがおすすめです。

クイックルワイパーの本体が使いやすいです。

しかしドライシートに関しては、ウェーブ製の方が使い勝手が良いです。

黒色のクイックルワイパー本体と、ウェーブのドライシート
しゅん

ウェーブのドライシートの方が汚れがよく取れます。

メリット
デメリット
  • ゴミがよく取れてキレイになる
  • 厚いので部屋全体を掃除可能
  • 軽くて使い勝手が良い
  • 普通の値段で、激安ではない

ウェーブのドライシートは厚みがしっかりしている点が一番のメリットです。

ウェーブのドライシート

毛先が多いドライシートなので、しっかりと汚れを絡め取ってくれるんですよね。

しゅん

個人的に様々な組み合わせた結果、コレがベストです。

つまり代用ドライシートはウェーブ製がおすすめです。

関連記事【クイックルワイパー】本体が黒はどう?【2020年版はよりおしゃれ】

ドライシートを比較【ウェーブ・クイックルワイパー・100円均一】

次に、僕が利用してきたドライシートを比較していきます。

しゅん

ウェーブとクイックルワイパーの純正品、100円均一を比べてみます。

ドライシート比較
  1. ウェーブ⇒厚みもあり、チリやホコリがよく取れる
  2. クイックルワイパー⇒純正の安心感があるが、ウェーブを使うと汚れの落ち具合が悪い
  3. 100円均一⇒非常に薄くて、すぐに汚れでいっぱいになる

順番に掘り下げて行きます。

ウェーブとクイックルワイパーのドライシートを比較

まずウェーブとクイックルワイパーの比較から。

しゅん

クイックルワイパーは純正の安心感はありますが、掃除能力では一歩落ちる印象です。

価格的にウェーブ製のドライシートよりも高い時が多いので、こだわりが無ければウェーブ製で十分かと思います。

ウェーブ製の方がふわふわで、髪の毛などのゴミもキレイにできますよ!

100円均一のドライシートは誰におすすめ?

100円均一のドライシートはかなり薄いので、広範囲な掃除には向いていません。

しゅん

100円均一のドライシートが向いているのは、毎回新しいシートを使いたい人ですね。

ウェーブ製もクイックルワイパー製も、両面を利用して掃除することが出来ます。

しかし、掃除したドライシートを裏返して、保管するのは嫌!と感じる人もいるハズ。

そんな方は100円均一のドライシートを利用して、毎回捨てるほうが向いていると思います。

しゅん

ドライシートの性能は劣りますが、使い方によってはおすすめです。

【クイックルワイパー】ウェットシートのおすすめは?

今回はドライシートについて紹介しましたが、ウェットシートについてもまとめています。

しゅん

ウェットシートはエリエール キレキラ! ワイパーがおすすめです。

シートの厚みも保水量も十分にあるので、部屋全体をキレイにできます。

特に掃除後の床のサッパリ感を強く感じられる点がメリットです。

しゅん

クイックルワイパー純正や100円均一より、おすすめですよ!

詳しくは下記の記事で解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

関連記事【クイックルワイパー】水拭きウェットシートならエリエールがおすすめ

まとめ

代用ドライシートはどれがおすすめなのか?解説してきました。

しゅん

本体がクイックルワイパーで、ドライシートはウェーブ製がおすすめです。

クイックルワイパーの本体は、軽いくて裏面がポコポコしていてシートがズレにくいです。

カラーも黒色モデルなど、おしゃれタイプも有るのがメリットです。

一方で、ドライシートはウェーブ製がおすすめです。

しゅん

厚みがあり、部屋全体を掃除しても汚れをキレイにできます。

ドライシートは物によって、掃除力が大きく変わります。

使い方に合わせて選んでみてくださいね!

Amazonでおトクに買い物したい方へ

Amazonでの買い物のポイントをまとめました。

随時更新Amazonのセール情報

おトクな情報 値下げやセールを通知方法 / Amazonギフト券のおトクな使い方 / Amazonアウトレット活用術

サブスク プライム会員 / Kindle Unlimited / Audible

代用ドライシートはクイックルワイパーとウェーブがおすすめです

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる