MENU
プロフィール背景画像
しゅん
レビューするブロガー
暮らしや生活の便利グッズ・おすすめ最新家電のレビューブログです。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone・NAS)
・ 電化製品(スマート家電・Wi-Fiルーター)
・ ネット関係(SIM・ホームルーター・サブスクリプション・Amazon)
・ 収納・掃除グッズ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

【外付けHDD】テレビ録画におすすめはどれ?【メーカー別に解説】

この記事は外付けHDDの中で、テレビ録画におすすめをメーカー別に解説している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

テレビ録画で利用する外付けHDDはどれがいいの?おすすめのメーカーとかある?

という疑問に答えます。

外付けHDDは様々発売されていますが、テレビ録画におすすめはどれなのか?選び方が難しいですよね!

しゅんのアイコン画像しゅん

実際、外付けHDDの中にはテレビ録画に向き・不向きがあります。

そこでこの記事では、テレビ録画におすすめの外付けHDDをメーカーや機能、容量などで解説していきます。

テレビ録画用の外付けHDD選びで迷っている人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【外付けHDD】テレビ録画におすすめ④選【メーカー別に解説】

まず最初におすすめの外付けHDDを紹介していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

外付けHDDはメーカーによっての違いが少ないので、基本的にはこの中から選ぶと安心でしょう。

おすすめの外付けHDD
  1. バッファロー製 HD-AD4U3
  2. I-O DATA製 EX-HDAZ-UTL4K
  3. Seagate製 STEB4000304
  4. BUFFALO製 HDV-SQ3.0U3/VC

順番に解説します。

おすすめ① バッファロー製 HD-AD4U3

バッファロー製外付けHDD『HD-AD4U3』
バッファロー製外付けHDD『HD-AD4U3』

バッファロー製の外付けHDD『HD-AD4U3』は価格が安く人気の外付けHDDです。

しゅんのアイコン画像しゅん

容量は2TBから8TBまでの5種類から選ぶことが可能です。

ファンレス設計で音が静かな点とLEDが後方にあるので、テレビを見ている時に邪魔にならない点が特徴です。

バッファローという有名な会社が作成していますし、安心して使える外付けHDDと言えます。

おすすめ② I-O DATA製 EX-HDAZ-UTL4K

I-O DATA製外付けHDD『EX-HDAZ-UTL4K』
I-O DATA製外付けHDD『EX-HDAZ-UTL4K』

IO DATA製の外付けHDD『EX-HDAZ-UTL4K』は、ファンレス設計で音が静かな点と、サイズが小さい点が特徴です。

しゅんのアイコン画像しゅん

容量は、2TBから8TBまでの5種類から選ぶことができます。

静音ファンレス設計なので、夜中でも静かなですしアプリで故障予測することも可能です。

バッファロー製の外付けHDDに比べて、より初心者の方向きの外付けHDDと言えます。

おすすめ③ Seagate製 STEB4000304

Seagate製外付けHDD『STEB4000304』
Seagate製外付けHDD『STEB4000304』

Seagate製の外付けHDD『STEB4000304』はHDDを製造しているメーカーが販売しています。

しゅんのアイコン画像しゅん

容量は2TBから10TBまでの6種類から選ぶことができます。

Seagateの名前を聞いたことが無いかもしれませんが、HDDを製造しているメーカーとして有名です。

バッファローやI-O DATAの外付けHDDの中身がSeagateである場合も多いです。

それぐらい有名なので、安心して利用することが可能です。

おすすめ④ BUFFALO製 HDV-SQ3.0U3/VC

BUFFALO製外付けHDD『HDV-SQ3.0U3/VC』
BUFFALO製外付けHDD『HDV-SQ3.0U3/VC』

BUFFALO製の外付けHDD『HDV-SQ3.0U3/VC』は、SeeQVault(シーキューボルト)に対応した外付けHDDです。

SeeQVault(シーキューボルト)に対応したテレビで利用すると、録画した番組を他の対応テレビで見ることが可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

容量は、1TBから4TBまでの4種類から選ぶことができますが、若干価格は高めです。

今後普及すると安くなると思いますが、現状では値段が高めという印象になります。

【外付けHDD】テレビ録画におすすめの選び方【容量や価格の目安とは?】

次に、外付けHDDの選び方を紹介します。

しゅんのアイコン画像しゅん

テレビ録画におすすめの外付けHDDの選び方は下記の通りです。

外付けHDDの選び方
  1. 据え置き型の3.5インチのHDDがおすすめ
  2. 容量は3TB〜4TBが目安
  3. 価格面では1万円前後の外付けHDDでOK
  4. 大手メーカー製の外付けHDDが安心
  5. テレビが対応しているならSeeQVault(シーキューボルト)対応が良い

順番に解説していきます。

その① 据え置き型の3.5インチHDDを選ぶのがおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

テレビ録画用のHDDは小型の2.5インチのHDDや読み込み速度が早いSSDよりも3.5インチのHDDがおすすめです。

外付けHDDには、持ち運び可能な2.5インチのHDDや読み込み速度が早いSSDなど種類があります。

しかし、テレビ録画用の外付けHDDなら3.5インチのHDDを選ぶのがおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

理由は価格と容量のバランスが良いのと、読み込み速度が早いSSDでは、十分に性能を発揮することが出来ないからです。

種類メリットデメリット
3.5インチHDD性能や容量と価格のバランスが良いサイズが大きめで、コンセントが必要
2.5インチHDDサイズが小さくUSBからの電源で利用可能比較すると価格が高め
SSD読み込みスピードが非常に早いテレビ録画用としてはオーバースペック

上記のように、テレビ録画用の外付けHDDとして一番最適なのが3.5インチの外付けHDDです。

通常2.5インチのHDDはUSBからの給電だけで動くので、コンセントを1つ節約できます。

しゅんのアイコン画像しゅん

ただ、テレビによってはUSBからの給電だけでは電力が不足する場合があり、動かない場合があるので注意が必要です。

またSSDと言う、USBメモリーを大きくしたような機種もありますが、テレビ録画用としては値段が高く、オーバースペックになります。

そのため、テレビ録画用として考えると3.5インチの外付けHDDが一番おすすめです。

関連記事【外付けSSD】USB-Cのおすすめ④選【MacのTime Machineにも】

その② 容量は3TB〜4TBの外付けHDDがおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

現状では容量が1TB〜2TBの外付けHDDが容量と価格のバランスが良くおすすめです。

あまり大きい容量のHDDは高額になりますし、容量が小さいから値段が安いわけでもありません。

そこで、現状で容量と価格のバランスが取れている3TB〜4TBの外付けHDDを買うのが一番おすすめです。

悩む人のアイコン画像悩む人

例えば1TBだと、どれぐらいの時間録画できるの?

しゅんのアイコン画像しゅん

録画の画質を変更して節約できるテレビもあるから、あくまで目安だけど1TBだと約125時間程度が録画できるよ!

大まかな容量と録画時間の目安は下記の通りです。

容量録画時間の目安
500GB約62時間
1TB約125時間
2TB約251時間
4TB約502時間
しゅんのアイコン画像しゅん

このように500GBだと、撮り溜めると足りなくなる心配があります。

ただし、使っているテレビ本体の対応している容量以上の外付けHDDを選んでも使えない場合がある点には注意が必要です。

つまり、テレビ録画用のHDDは、3TB〜4TBの容量のHDDを選ぶのがおすすめです。

その③ HDDの価格は1万円前後がおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

価格の目安として1万円前後のHDDが容量と価格のバランスが取れていておすすめです。

外付けHDDは、容量が半分だから価格も半分にはなりません。

大まかな目安として、1万円前後の外付けHDDだと容量と性能のバランスが取れています。

しゅんのアイコン画像しゅん

この価格帯の外付けHDDは人気も高く種類も豊富ですし、数が出るので不良品を購入するリスクが低いメリットもあります。

容量や機能にこだわりが無い限りは、1万円前後の機種を選ぶのがおすすめです。

その④ 大手メーカー製の外付けHDDがおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

国内メーカーのバッファローやIO DATA製の外付けHDDがおすすめです。

外付けHDDは基本的に大手メーカー製を購入すると安心です、

大手メーカー製のHDDは、メーカーが動作確認をして確認が取れたテレビの型番を公開していたり、安心感が高いのが特徴です。

そのため、基本的にはバッファローやIO DATA製の外付けHDDを買うのが良いでしょう。

その⑤ テレビが対応しているならSeeQVault(シーキューボルト)対応のHDDがおすすめ

新しい規格にSeeQVault(シーキューボルト)というものがあります。

この規格に対応しているテレビを利用すると、録画したテレビ以外でも再生することが可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

現状ではまだ普及していない規格で、価格も高いです。

しかも全てのテレビやHDDが対応していないと利用不可なので、まだハードルは高い印象です。

新しいテレビに買い替えた場合など、テレビ自体が対応している時に候補にするのがおすすめです。

録画番組のバックアップをするならNASもおすすめです。

録画番組のバックアップや管理をしたい場合は、NASの利用もおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

設定も簡単で、簡単に録画番組を管理出来るようになります。

NASに録画番組を移動すると、PCやタブレット等でも視聴可能になる点もメリットと言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

NASには様々な種類がありますが、日本製のNASを利用するとより手軽です。

海外製のNASキットを利用すると、好みの容量のHDDを選べるので、より自分好みに利用することも可能になります。

録画番組の管理に悩んでいる人は、一度検討してみると良いでしょう。

関連記事【2020年】おすすめのNASとその選び方【大手4社の8機種を徹底比較】

結論&まとめ

この記事では外付けHDDのおすすめをメーカー別にを介しました。

外付けHDDは、成熟した機械で、メーカーによって差が小さく、どれを選んでも大きな違いはないと言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのため好みのメーカーを選ぶか、価格面でお得な機種を選ぶのがおすすめです。

外付けHDDの選び方
  1. 据え置き型の3.5インチのHDDがおすすめ
  2. 容量は3TB〜4TBが目安
  3. 価格面では1万円前後の外付けHDDでOK
  4. 大手メーカー製の外付けHDDが安心
  5. テレビが対応しているならSeeQVault(シーキューボルト)対応が良い

上記を踏まえた上でのおすすめは下記の通りです。

おすすめの外付けHDD
  1. バッファロー製 HD-AD4U3
  2. I-O DATA製 EX-HDAZ-UTL4K
  3. Seagate製 STEB4000304
  4. BUFFALO製 HDV-SQ3.0U3/VC

今回紹介した外付けHDDは、Amazon等のセール等でさらに安くなることが多いので、そのタイミングを狙うのもおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

また録画番組を管理したい場合は、NASを利用した方が便利でしょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

以上、テレビ録画用外付けHDDのおすすめを紹介しました。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次(タップで移動できます)
閉じる