MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。
Amazonタイムセール祭り開催中セール会場はこちら

テレビ用外付けHDDの選び方【壊れにくいおすすめメーカーは?】

この記事はテレビ用外付けHDDの選び方と、壊れにくいおすすめメーカーを紹介している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

テレビで利用するHDDはどれがいいの?おすすめの外付けHDDとかある?

という疑問に答えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

テレビは外付けのHDDを取り付けるだけで、番組を録画できるので非常に便利ですよね!

しかし種類も多くて容量やメーカーなど、どれを選べばいいのか?悩んでしまうときがあります。

そこでこの記事では、テレビ録画用の外付けHDDの選び方とおすすめの人気機種を解説します。

目次(タップで移動できます)

テレビ用外付けHDDの選び方【容量や価格の目安】

まず最初にテレビ用外付けHDDの選び方を紹介します。

しゅんのアイコン画像しゅん

テレビ用外付けHDDの選び方は下記の通りです。

外付けHDDの選び方
  1. 据え置き型の3.5インチのHDDがおすすめ
  2. 容量は3TB〜4TBが目安
  3. 価格面では1万円前後の外付けHDDでOK
  4. 大手メーカー製の外付けHDDが安心
  5. テレビが対応しているならSeeQVault(シーキューボルト)対応が良い

順番に解説していきます。

その① 据え置き型の3.5インチHDDを選ぶのがおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

テレビ録画用のHDDは小型の2.5インチのHDDや読み込み速度が早いSSDよりも3.5インチのHDDがおすすめです。

外付けHDDには、持ち運び可能な2.5インチのHDDや読み込み速度が早いSSDなど種類があります。

しかし、テレビ録画用の外付けHDDなら3.5インチのHDDを選ぶのがおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

理由は価格と容量のバランスが良いのと、読み込み速度が早いSSDでは、十分に性能を発揮することが出来ないからです。

種類メリットデメリット
3.5インチHDD性能や容量と価格のバランスが良いサイズが大きめで、コンセントが必要
2.5インチHDDサイズが小さくUSBからの電源で利用可能比較すると価格が高め
SSD読み込みスピードが非常に早いテレビ録画用としてはオーバースペック

上記のように、テレビ録画用の外付けHDDとして一番最適なのが3.5インチの外付けHDDです。

通常2.5インチのHDDはUSBからの給電だけで動くので、コンセントを1つ節約できます。

しゅんのアイコン画像しゅん

ただ、テレビによってはUSBからの給電だけでは電力が不足する場合があり、動かない場合があるので注意が必要です。

またSSDと言う、USBメモリーを大きくしたような機種もありますが、テレビ録画用としては値段が高く、オーバースペックになります。

そのため、テレビ録画用として考えると3.5インチの外付けHDDが一番おすすめです。

その② 容量は3TB〜4TBの外付けHDDがおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

現状では容量が1TB〜2TBの外付けHDDが容量と価格のバランスが良くおすすめです。

あまり大きい容量のHDDは高額になりますし、容量が小さいから値段が安いわけでもありません。

そこで、現状で容量と価格のバランスが取れている3TB〜4TBの外付けHDDを買うのが一番おすすめです。

悩む人のアイコン画像悩む人

例えば1TBだと、どれぐらいの時間録画できるの?

しゅんのアイコン画像しゅん

録画の画質を変更して節約できるテレビもあるから、あくまで目安だけど1TBだと約125時間程度が録画できるよ!

大まかな容量と録画時間の目安は下記の通りです。

容量録画時間の目安
500GB約62時間
1TB約125時間
2TB約251時間
4TB約502時間
しゅんのアイコン画像しゅん

このように500GBだと、撮り溜めると足りなくなる心配があります。

ただし、使っているテレビ本体の対応している容量以上の外付けHDDを選んでも使えない場合がある点には注意が必要です。

つまり、テレビ録画用のHDDは、3TB〜4TBの容量のHDDを選ぶのがおすすめです。

その③ HDDの価格は1万円前後がおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

価格の目安として1万円前後のHDDが容量と価格のバランスが取れていておすすめです。

外付けHDDは、容量が半分だから価格も半分にはなりません。

大まかな目安として、1万円前後の外付けHDDだと容量と性能のバランスが取れています。

しゅんのアイコン画像しゅん

この価格帯の外付けHDDは人気も高く種類も豊富ですし、数が出るので不良品を購入するリスクが低いメリットもあります。

容量や機能にこだわりが無い限りは、1万円前後の機種を選ぶのがおすすめです。

その④ 大手メーカー製の外付けHDDがおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

国内メーカーのバッファローやIO DATA製の外付けHDDがおすすめです。

外付けHDDは基本的に大手メーカー製を購入すると安心です、

大手メーカー製のHDDは、メーカーが動作確認をして確認が取れたテレビの型番を公開していたり、安心感が高いのが特徴です。

そのため、基本的にはバッファローやIO DATA製の外付けHDDを買うのが良いでしょう。

その⑤ テレビが対応しているならSeeQVault(シーキューボルト)対応のHDDがおすすめ

悩む人のアイコン画像悩む人

テレビで録画した番組って、他のテレビでは見れないじゃん?どうにかならないの?

しゅんのアイコン画像しゅん

新しい規格にSeeQVault(シーキューボルト)があって、この規格に対応していると、他のテレビでも録画した番組を見ることが可能だよ!

新しい規格にSeeQVault(シーキューボルト)というものがあります。

この規格に対応しているテレビを利用すると、録画したテレビ以外でも再生することが可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

現状ではまだ普及していない規格で、価格も高いです。

しかも全てのテレビやHDDが対応していないと利用不可なので、まだハードルは高い印象です。

新しいテレビに買い替えた場合など、テレビ自体が対応している時に候補にするのがおすすめです。

テレビ用外付けHDDのおすすめ④選【壊れにくいおすすめメーカーは?】

まず最初におすすめの外付けHDDを紹介していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

外付けHDDはメーカーによっての違いが少ないので、基本的にはこの中から選ぶと安心でしょう。

おすすめ
  1. バッファロー製 HD-AD4U3
  2. I-O DATA製 EX-HDAZ-UTL4K
  3. Seagate製 STEB4000304
  4. BUFFALO製 HDV-SQ3.0U3/VC

順番に解説します。

おすすめ① バッファロー製 HD-AD4U3

バッファロー製外付けHDD『HD-AD4U3』
バッファロー製外付けHDD『HD-AD4U3』

バッファロー製の外付けHDD『HD-AD4U3』は価格が安く人気の外付けHDDです。

しゅんのアイコン画像しゅん

容量は2TBから8TBまでの5種類から選ぶことが可能です。

ファンレス設計で音が静かな点とLEDが後方にあるので、テレビを見ている時に邪魔にならない点が特徴です。

バッファローという有名な会社が作成していますし、安心して使える外付けHDDと言えます。

おすすめ② I-O DATA製 EX-HDAZ-UTL4K

I-O DATA製外付けHDD『EX-HDAZ-UTL4K』
I-O DATA製外付けHDD『EX-HDAZ-UTL4K』

IO DATA製の外付けHDD『EX-HDAZ-UTL4K』は、ファンレス設計で音が静かな点と、サイズが小さい点が特徴です。

しゅんのアイコン画像しゅん

容量は、2TBから8TBまでの5種類から選ぶことができます。

静音ファンレス設計なので、夜中でも静かなですしアプリで故障予測することも可能です。

バッファロー製の外付けHDDに比べて、より初心者の方向きの外付けHDDと言えます。

おすすめ③ Seagate製 STEB4000304

Seagate製外付けHDD『STEB4000304』
Seagate製外付けHDD『STEB4000304』

Seagate製の外付けHDD『STEB4000304』はHDDを製造しているメーカーが販売しています。

しゅんのアイコン画像しゅん

容量は2TBから10TBまでの6種類から選ぶことができます。

Seagateの名前を聞いたことが無いかもしれませんが、HDDを製造しているメーカーとして有名です。

バッファローやI-O DATAの外付けHDDの中身がSeagateである場合も多いです。

それぐらい有名なので、安心して利用することが可能です。

おすすめ④ BUFFALO製 HDV-SQ3.0U3/VC

BUFFALO製外付けHDD『HDV-SQ3.0U3/VC』
BUFFALO製外付けHDD『HDV-SQ3.0U3/VC』

BUFFALO製の外付けHDD『HDV-SQ3.0U3/VC』は、SeeQVault(シーキューボルト)に対応した外付けHDDです。

SeeQVault(シーキューボルト)』に対応したテレビで利用すると、録画した番組を他の対応テレビで見ることが可能です。

容量は、1TBから4TBまでの4種類から選ぶことができますが、若干価格は高めです。

今後普及すると安くなると思いますが、現状では値段が高めという印象になります。

NASを使えば録画番組をバックアップ出来ます

録画番組のバックアップや管理をしたい場合は、NASの利用もおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

設定も簡単で、簡単に録画番組を管理出来るようになります。

NASに録画番組を移動すると、PCやタブレット等でも視聴可能になる点もメリットと言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

NASには様々な種類がありますが、日本製のNASを利用するとより手軽です。

海外製のNASキットを利用すると、好みの容量のHDDを選べるので、より自分好みに利用することも可能になります。

録画番組の管理に悩んでいる人は、一度検討してみると良いでしょう。

関連記事【2020年】おすすめのNASとその選び方【大手4社の8機種を徹底比較】

結論&まとめ

この記事ではテレビ用外付けHDDの選び方とおすすめ機種を紹介しました。

外付けHDDは、成熟した機械で、メーカーによって差が小さく、どれを選んでも大きな違いはないと言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

そのため好みのメーカーを選ぶか、価格面でお得な機種を選ぶのがおすすめです。

外付けHDDの選び方
  1. 据え置き型の3.5インチのHDDがおすすめ
  2. 容量は3TB〜4TBが目安
  3. 価格面では1万円前後の外付けHDDでOK
  4. 大手メーカー製の外付けHDDが安心
  5. テレビが対応しているならSeeQVault(シーキューボルト)対応が良い

上記を踏まえた上でのおすすめは下記の通りです。

おすすめの外付けHDD
  1. バッファロー製 HD-AD4U3
  2. I-O DATA製 EX-HDAZ-UTL4K
  3. Seagate製 STEB4000304
  4. BUFFALO製 HDV-SQ3.0U3/VC

今回紹介した外付けHDDは、Amazon等のセール等でさらに安くなることが多いので、そのタイミングを狙うのもおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

また録画番組を管理したい場合は、NASを利用した方が便利でしょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

以上、テレビ録画用外付けHDDのおすすめを紹介しました。

目次(タップで移動できます)
閉じる