最終更新日 : 2018/09/24

 

NAS向けのHDDの選び方を紹介します。

 

NAS専用のHDDじゃないとダメ?

 

PC用のHDDだとダメなの?

 

と言った疑問に答えます。

 

この記事を読むと、目的に合ったNAS用のHDDを選べるようになります。

 

おすすめなNAS用HDDの選び方

HDD選びのポイント
  1. 基本はNAS専用のHDDを選ぶ
  2. 使い方でPC用のHDDでも問題なし

基本はNAS専用のHDDを選ぼう

基本的にNASを使用する際にはNAS専用のHDDを選んでおけば問題ありません。

 

NAS専用のHDDは24時間の稼働を想定しているので耐久性が高く作られています。

 

その分だけ値段は高めですが、専用のHDDなので安心感が違います。

 

使い方でPC用のHDDでも問題なし

個人的にNASを購入した時に使用したHDDはNAS用のHDDでした。

しかし24時間ずっと稼働することは少なく、省エネのために1時間使わないと電源OFFになるように設定していました。

 

そのため24時間起動を前提としたNAS専用のHDDではオーバースペックです。

 

つまり私のように、使わない時にNASの電源をOFFにするなら、PC用のHDDでも十分です。

 

PC用のHDDの方が値段も安いですし、使い方を考えて購入するとNAS構築の予算を安く出来ます。

 

 基本的にHDDは消耗品なので、どれを選んでもいつかは壊れます。

 

NAS用のおすすめHDD⑤選

おすすめのHDD
  1. 一番売れているHDD Western Digital Red
  2. 個人的におすすめ Western Digital Blue
  3. こだわりたい方におすすめ HGST Deskstar
  4. 重要なデータを扱う人におすすめ Seagate IronWolf Pro
  5. とにかく安くしたい方におすすめ Seagate BarraCuda

一番売れているのは 『Western Digital Red』

何も言わずにHDDを購入するなら、WD Redを購入しておけば間違いありません。

 

NAS専用のHDDですし、人気もあります。

 

容量も2TB~10TBまで選べるので、使い方に応じてチョイス出来ます。

 

基本的にこのHDDを選ぶと間違いありません。

 

個人的におすすめするのは『 Western Digital Blue』

PC向けHDDでも気にならない! 大丈夫! な方にはWD Blueがおすすめです。

 

値段的にNAS専用のWD Redよりも2,000円程度、安くなります。

 

1台で2,000円ですから、複数台のHDDを購入するなら大きな差が出ます。

 

費用を抑えたい方にはとても良い選択肢です。

 

つまり、NAS専用のHDD以外でも大丈夫な方におすすめのHDDです。

 

こだわりたい方に『 HGST Deskstar』

信頼性で人気のHGSTのNAS専用HDDです。

 

個人的にも1台持っていますが、他のHDDに比べて音が大きく感じます。

 

家庭で使うNAS用のHDDとしては、オーバースペックすぎるかも。

 

HGSTにこだわりがある方におすすめのHDDです。

 

重要なデータを扱う人には『 Seagate IronWolf Pro』

データ復旧サービス付きのHDDです。

 

購入後に登録すると、最低2年間はデータ復旧してもらえます。

 

NAS用のHDDとしてデータ復旧は魅力的ですが、HDDの値段が高くなります。

 

NASに保存するデータの重要度によっては、選択肢に入るかも知れません。

 

とにかく安くしたい方には『 Seagate BarraCuda』

とにかく安くHDDを購入したい方にはSeagateのPC用HDDがおすすめです。

 

Western Digitalに比べて安いですし、同じ予算なら容量をアップ出来ます。

 

値段重視の方にはSeagateのHDDがおすすめです。

 

個人的にSeagateのHDDは当たり外れが激しい印象はありますが・・・

 

まとめ : NAS専用が安心だけど、PC用HDDでも問題なし

NAS向けのHDDの選び方を解説しました。

 

基本的にはNAS専用のHDDを購入しておけば間違いありません。

 

しかし夜や使わない時に電源をOFFするならPC用のHDDでも十分に対応できます。

 

何よりNAS専用のHDDに比べて値段が安いので、価格面でもメリットがあります。

 

その他にもデータの重要度によっては、データ復旧付きのHDDも候補になります。

 

HDDは消耗品なので、1台で長持ちさせるよりは故障した時のことを考えてHDDを選びたいですね!

 

個人的には『Western Digital Blue』でも十分だとは思います。

 

以上、NAS向けのHDDの選び方を紹介しました。

 

 

 

 

 

☆こちらもあわせてどうぞ☆
   
振込手数料を無料にする節約術
note logo

振替手数料が高い!!!

自分の口座の間で移したいだけなのに・・・

ATMを往復するのが面倒・・

そんな振込手数料を0円にする方法

紹介しています。