Amazonサイバーマンデー

2019年おすすめNAS用HDD比較【Western Digital・Seagate・HDSTどれがいい?】

2019年おすすめNAS用HDD比較【Western Digital・Seagate・HDSTどれがいい?】

NASキットに利用するHDDは、NAS専用の製品が発売されています。

PC用のHDDに比べて耐久性が高く24時間稼働し続けても壊れない点が特徴です。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/icon-1.png

NAS用のHDDはどれを選べばいいの?

ということで、この記事では代表的な5つのHDDのスペックを比較した上で、どれを選ぶべきなのか?を書いていきます。

順番に解説しますが、先におすすめのHDDが知りたい場合は『2019年NAS用HDDはどれがおすすめ?』からチェックしてみてください。

2019年NAS用HDDの代表的な5つの製品

2019年に発売されているNAS用HDDの代表的な製品は以下の5つです。

代表的なNAS用HDD
  1. Western Digital製『WD Red』
  2. Western Digital製『WD Red Pro』
  3. Seagate製『IronWolf』
  4. Seagate製『IronWolf Pro』
  5. HGST製『Deskstar NAS』

どれもNAS専用のHDDで、24時間稼働に耐える耐久性や保証期間などPC用のHDDとの違いがあります。

どのHDDも容量が1TBから10TB以上の複数のラインナップがあり、好みや予算で選ぶことが可能です。

それでは上記の4つの製品をさらに詳しく見ていきます。

2019年NAS用HDDのスペック比較

NAS用HDDを比較するポイントは、大きく3つあります。

NAS用HDDを比較するポイント
  1. コスパ⇒複数個のHDDを購入するなら大きく変わる
  2. 耐久性⇒データを失うリスクの軽減
  3. データ復旧⇒故障した際の保険

NASはRAIDを組んだりすると、複数個のHDDが必要なのでコスパが大切なのは言うまでもありません。

それ以外にも、耐久性は重要で24時間起動し続けることを考えると故障率の低いHDDを選ぶ必要があります。

NAS用HDDは保証期間が3年のHDDが基本になりますが、保証期間が5年のプロモデルもあるので、耐久性を重視する人はそちらも検討しましょう。

最後に、NAS用HDDにはデータ復旧プランが付帯されているものがあります。

より重要なデータを扱うなら、検討する価値はあるでしょう。

というわけで、NAS用HDDのスペックをまとめると以下のようになります。

製品名データ容量回転数キャッシュ保証期間データ保証
WD Red2・3・4・6・8・10・12TB5,400rpm256MB3年保証
WD Red Pro2・3・4・5・6・8・10TB7,200rpm256MB5年保証
IronWolf1・2・3・4・6・8・10・12・14・16TB7,200rpm256MB3年保証
IronWolf Pro1・2・3・4・6・8・10・12・14・16TB7,200rpm128MB5年保証
DeskstarNAS3・4・6・8・10TB7,200rpm128MB3年保証

上記の5製品がNAS専用のHDDです。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/profile.png

NAS専用のHDDだと耐久性も高いので安心です。

2019年NAS用HDDの価格比較

NAS用HDDを選ぶ時に重要なポイントとして、HDDの価格です。

HDDの価格は、容量によって大きく変わり、容量が多くなる方が価格が高くなりますし、 容量が小さいから一番安いとも限りません。

2019年では4TB程度のHDDが容量と価格のバランスが取れていておすすめですが、テレビ録画など大容量が必要な場合は8TB程度のHDDが良いでしょう。

上記の5つのHDDで言うと、Seagate製の『IronWolf』のコスパが良いです。

以前、Seagateは製造段階のトラブル等もあり、壊れやすいHDDというイメージが有りました。

しかし最近では、Seagateだから壊れやすいというイメージは薄れつつあります。

3年間の保証もありますし、なによりコスパが良いので狙い目のNAS用HDDと言えます。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/profile.png

コスパの良いNAS用HDDならSeagate製の『IronWolf』がおすすめです。

2019年NAS用HDDのコスパと性能比較

HDDのコスパも大切ですが性能の高さも両立するなら、Western Digital製の『WD Red』がおすすめです。

やはりWestern Digital製のHDDの耐久性には定評があります。

実際、今まで購入したWestern Digital製のHDDの中で故障したのは1台のみですし。

またAmazonならタイムセールで安くなることが多く、そのタイミングで購入すると、ほぼ同価格で購入できる点がメリットです。

保証期間が5年のプロモデル『WD Red Pro』もありますが、予算に余裕がある人なら購入しても良いでしょう。

家庭で利用する分には、ノーマルモデルの『WD Red』でも十分な性能と言えます。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/profile.png

Western Digital製『WD Red』は、価格と耐久性のバランスが取れていて、安心して使えます。

2019年NAS用HDDのデーテ復旧機能比較

NAS用HDDには重要なデータを保存することも多いですし、24時間稼働することも多いので、故障のリスクが高くなります。

故障したHDDのデータ復旧を依頼するとかなり高額になる場合も多いです。

2016年の記事ですが日経ビジネスの『HDDの復旧、どうしてこんなに高いの?』という記事が参考になります。

そのデーテ復旧サービスが付与されているのはSeagate製『IronWolf Pro』です。

通常は年額約560円程度が必要なデータ・リカバリ・サービスが付帯されていています。

ノーマルモデルの『IronWolf』に比べて、価格は高いですが保証期間も5年に伸びますし、データの重要度に応じて選ぶと夜でしょう。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/profile.png

デーテ復旧サービスが必要ならSeagate製『IronWolf Pro』一択です。

2019年NAS用HDDはどれがおすすめ?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/icon-1.png

NAS用のHDDは結局どれを買えばいいの?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/profile.png

個人的にはWestern Digital製『WD Red』がおすすめです。

理由はコスパと耐久性のバランスが良いので、安心して使えるHDDです。

一番売れているNAS用HDDなので、こなれているところも信頼性が高い証拠です。

セールを活用すると、さらに安く買える点も魅力です。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/profile.png

データ復旧が気になる人にはSeagate製『IronWolf Pro』が良いでしょう。

他のHDDには無いデータ復旧サービスが付帯しているので、故障時でも余計な費用の心配が低くなります。

コスパの面では一歩劣りますが、安心感を求めるなら非常におすすめです。

『2019年おすすめNAS用HDD比較』のまとめ

2019年最新版のおすすめNAS用HDDを比較しました。

コスパと耐久性の両方を兼ね備えたWestern Digital製『WD Red』が一番おすすめです。

データ容量も2・3・4・6・8・10・12TBと非常に種類が豊富です。

しかし1番にコスパを考えるなら『IronWolf』やデータ復旧サービスが付帯している『IronWolf Pro』も検討する価値があります。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/profile.png

NAS用HDDは耐久性が高いので、24時間稼働しても安心して使うことができますよ!