おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【2021年版】NAS用HDDのおすすめはどれ?【WB redやplus、ironwolfの違いを比較】

この記事はNAS用のHDDのおすすめはどれなのか?WB redやplus、ironwolfの違いを比較してる記事です。

悩む人

NAS用のHDDはどれを選べばいいの?おすすめがあれば知りたいな!

と言う疑問に答えます。

一言でHDDと言っても、NAS専用から一般のPC用HDDまで様々な種類があります。

しゅん

NASに使うならNAS用のHDDが良いのか?一般のPCでも大丈夫なのか?って悩みますよね!

そこでこの記事では、NAS用HDDの定番であるWD RedとIronWolfの耐久性やスペック、コスパを比較しつつPC用のHDDではダメなのか?解説していきます。

NAS用HDDをどれにするか?悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【2021年版】NAS用HDDのおすすめはどれ?【Western DigitalかSeagateを選ぼう】

【2021年版】NAS用HDDのおすすめはどれ?【Western DigitalかSeagateを選ぼう】

まず結論から。

しゅん

2020年にNAS用HDDを選ぶなら、下記の2つのHDDのどちらかを購入するのがおすすめです。

おすすめのNAS用HDD
  • 信頼性重視⇒Western Digital製『WD Red』がおすすめ
  • 価格重視⇒Seagate製『IronWolf』がおすすめ

上記のどちらも人気ですし、NAS専用のHDDなので安心して利用することが出来ます。

しゅん

迷ったらこの2つのどちらかを選ぶと良いでしょう。

関連記事【自宅で構築】家庭用NASのおすすめを徹底比較【2021年に買うべきメーカーはどれ?】

Western Digital WD Red【信頼性を重視する人におすすめ】

Western Digital WD Red【信頼性を重視する人におすすめ】

まず、信頼性を重視するならWestern Digital製『WD Red』がおすすめです。

しゅん

Amazonなどで一番人気がありますし、評価も高いです。

NAS専用に作成されているので、耐久性も高く安心して利用することが出来ます。

容量もバリエーションが多く、非常に選びやすいのがメリットです。

しゅん

信頼性を重視するならWestern Digital製『WD Red』が第①候補にしたいNAS用HDDといえます。

Seagate製 IronWolf【価格やコスパを重視する人におすすめ】

Seagate製 IronWolf【価格やコスパを重視する人におすすめ】

NAS用のHDDとして価格を重視するなら、Seagate製『IronWolf』がおすすめです。

しゅん

価格が安いので、複数台のHDDが必要な場合などに適しています。

以前のSeagateは信頼性が低い時期もありましたが、現在は信頼性も向上しています。

Western Digital製のHDDに比べて価格が安いので、複数台のHDDを揃える時にトータルコストを抑えることも可能です。

しゅん

少しでも価格を抑えたい場合は、Seagate製『IronWolf』がおすすめです。

【2021年版】WB redやplus、ironwolf、PC用HDDを比較【おすすめのNAS用HDDの違い】

最後に2021年に買うべきNAS用HDDであるWD RedとIronWolfを比較していきます。

しゅん

耐久性やコスパで比較していきます。

NAS用HDD比較のポイント
  1. 耐久性⇒データを失うリスクの軽減
  2. コスパ⇒複数個のHDDを購入するなら大きく変わる
  3. データ復旧⇒故障した際の保険
  1. WD RedとRed Plusの違い
  2. 普通のPC用HDDとどっちがいい?

順番に解説します。

その① 耐久性やスペックで比較

しゅん

NAS用のHDDを選ぶ時に一番大切なのは耐久性です。

もちろんNASはRAIDを組んだりすると、複数個のHDDが必要なのでコスパが大切なのは言うまでもありません。

しかし耐久性は重要で24時間起動し続けることを考えると、故障率の低いHDDを選ぶ必要があります。

しゅん

耐久性やスペックで選ぶなら、Western Digital製の『WD Red』がおすすめです。

実際、今まで購入したWestern Digital製のHDDの中で故障したのは1台のみですし。

またAmazonならタイムセールで安くなることが多く、そのタイミングで購入すると、ほぼ同価格で購入できる点がメリットです。

保証期間が長い『WD Red Plus』もありますが、予算に余裕がある人なら購入しても良いでしょう。

家庭で利用する分には、ノーマルモデルの『WD Red』でも十分な性能と言えます。

その② コスパで比較

しゅん

次に重要なポイントとして、HDDの価格です。

HDDの価格は、容量によって大きく変わり、容量が多くなる方が価格が高くなりますし、 容量が小さいから一番安いとも限りません。

2019年では4TB程度のHDDが容量と価格のバランスが取れていておすすめですが、テレビ録画など大容量が必要な場合は8TB程度のHDDが良いでしょう。

上記の4つのHDDで言うと、Seagate製の『IronWolf』のコスパが良いです。

しゅん

以前、Seagateは製造段階のトラブル等もあり、壊れやすいHDDというイメージが有りました。

しかし最近では、Seagateだから壊れやすいというイメージは薄れつつあります。

3年間の保証もありますし、なによりコスパが良いので狙い目のNAS用HDDと言えます。

その③ データ復旧機能で比較

NAS用HDDには重要なデータを保存することも多いですし、24時間稼働することも多いので、故障のリスクが高くなります。

しゅん

故障したHDDのデータ復旧を依頼するとかなり高額になる場合も多いです。

2016年の記事ですが日経ビジネスの『HDDの復旧、どうしてこんなに高いの?』という記事が参考になります。

そのデーテ復旧サービスが付与されているのはSeagate製『IronWolf Pro』です。

しゅん

通常は年額約560円程度が必要なデータ・リカバリ・サービスが付帯されていています。

ノーマルモデルの『IronWolf』に比べて、価格は高いですが保証期間も5年に伸びますし、データの重要度に応じて選ぶと良いでしょう。

その④ WD RedとRed Plusの違い

まず最初にWD RedとRed Plusの違いを解説します。

しゅん

この②つのHDDの違いは、記録方式の違いです。

WD RedとRed Plusの違い
  1. WD Red⇒SMRという記録方式で、コストをかけずに容量を増やす技術を採用
  2. WD Red Plus⇒CMRという記録方式で、一定の速度でデータの書き込みが可能

端的に言うと、WD Redはコスパの良いNAS用のHDDで、WD Red Plusは容量よりもスピードの低下を抑えたモデルということが出来ます。

しゅん

ざっくりと言うと、上記のような違いがあります。

個人的にはWD Redでも十分な性能を有していると感じます。

しかしスピードや従来のHDDの使い心地が欲しいならWD Red Plusがおすすめです。

しゅん

細かい解説は、下記の記事を参照してみて下さい。

その⑤ NAS用HDDとPC用HDDのどっちを選ぶべき?

次にNAS用HDDとPC用のHDDのどっちを選ぶべきか?を解説します。

しゅん

NASに利用するならNAS専用のHDDを選んだほうが、耐久性や信頼性が高いです。

NAS用HDDとPC用HDDの違い
  • 耐久性⇒NAS専用HDDはロード/アンロードサイクルが、PC用HDDに比べて2倍多い
  • 温度⇒NAS専用のHDDの方が上限となる温度が高い
  • 保証期間⇒NAS用HDDの方が保証期間が長い

ロード/アンロードサイクルとは、HDDの記録ディスクが回転を停止した時に、ヘッドが記録ディスク外の領域に待避する方式のこと。

しゅん

このように耐久性や動作時の温度、保証期間が違います。

NAS用のHDDは、24時間稼働し続けることを前提として作られているため、耐久性や安定性が高く作られています。

HDD自体が壊れにくく作られていますし、保証期間も一般のPC用HDDに比べて長い点が特徴です。

しゅん

そのため基本的にはNAS専用のHDDを選ぶ方が良いです。

もちろん家庭用のHDDと比べて価格が若干高めなので、複数台揃えるとコストが高くなるデメリットもあります。

そのためデータの重要度にもよりますが、安心して利用するためにはNAS専用のHDDを利用するのがおすすめです。

しゅん

PC用HDDに関しては、下記の記事で解説しているので参考にしてみて下さい。

関連記事【2021年版】内蔵HDD(3.5インチ)のおすすめはどれ?【失敗しない選び方や信頼性や価格の比較も】

まとめ

2021年最新版のNAS用HDDのおすすめ機種を紹介しました。

しゅん

NAS用HDDの代表的な機種は下記の通りです。

おすすめのNAS用HDD
  1. 信頼性重視⇒Western Digital製『WD Red
  2. 価格重視⇒Seagate製『IronWolf

コスパと耐久性の両方を兼ね備えたWestern Digital製『WD Red』が一番おすすめですが、コスパを考えるなら『IronWolf』も良いでしょう。

しゅん

通常は上記の2つのどちらかを選びましょう。

上記以外のNAS用HDDはプロモデルで価格は高くなりますが、データ復旧サービスや保証期間が長いです。

NASは24時間駆動させることも多いので、PC用の安価なHDDよりNAS専用のHDDの方が安心感が高くなります。

しゅん

どちらを選ぶか?はデータの重要度によって決めると良いでしょう。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

まとめ記事【NAS活用術】初心者向けの自宅に構築する方法から導入方法まで徹底解説

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる