MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

ハイセンス製スマートテレビのおすすめを比較【価格や口コミはどう?】

この記事はハイセンス製スマートテレビのおすすめを比較している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

Amazonでテレビを探していると、ハイセンス製のスマートテレビをよく見かけるんだけど、どうなの?評価が知りたいな!

という疑問に答えます。

新しいテレビを探していると、ハイセンス製のスマートテレビをよく見かけますよね!

しゅんのアイコン画像しゅん

サイズの大きなテレビでもコスパが良く、気になっている人も多いと思います。

そこでこの記事では、ハイセンス製スマートテレビのおすすめ機種を解説します。

目次(タップで移動できます)

ハイセンス製スマートテレビのおすすめを比較

それではハイセンス製スマートテレビのおすすめ機種を紹介します。

しゅんのアイコン画像しゅん

スマートテレビ機能を搭載した機種を厳選しました。

おすすめのスマートテレビ
  1. 有機ELモデルなら『55E8000
  2. ULEDモデルなら『U7Fシリーズ
  3. LED液晶モデルなら『E6800シリーズ
しゅんのアイコン画像しゅん

32インチなど小型モデルもありますが、スマートテレビ非対応だったり、型番が古いので除外しました。

おすすめ① 有機ELモデルの『55E8000』

有機ELモデルのスマートテレビなら『55E8000』
有機ELモデルなら『55E8000』がおすすめ

有機ELモデルのスマートテレビなら『55E8000』がおすすめです。

画面サイズは55v型です。

しゅんのアイコン画像しゅん

高性能画像エンジン【レグザエンジンNEO plus】搭載していて、4Kチューナーも搭載しています。

また地デジ、BS、110°CSのそれぞれ3波に3チューナーを搭載しているので裏番組をW録画可能です。

国内メーカー製の有機ELテレビだと20万円を超える機種も多い中で、10万円台で購入できるコスパの良さが魅力です。

しゅんのアイコン画像しゅん

コスパの良い有機ELテレビを探している人におすすめです。

おすすめ② ULEDモデルの『U7Fシリーズ』

ULEDモデルのスマートテレビなら『U7Fシリーズ』
ULEDモデルなら『U7Fシリーズ』がおすすめ

ULEDとは、ハイセンス独自の液晶パネルで、有機ELに匹敵する性能と評判が多く、価格が安い点が魅力です。

有機ELモデルよりもコスパが良いULEDモデルなら『U7Fシリーズ』がおすすめです。

ULEDと言うハイセンス独自の液晶パネルで有機ELに匹敵する性能と評判が多く、価格が安い点が魅力のパネルを搭載しています。

サイズの種類が豊富で43v型・50v型・55v型・60v型から選べます。

進化した映像エンジンNEOエンジン 2020を搭載していて、Amazonプライム・ビデオにも対応しています。

有機ELモデルよりさらにコスパが良いので、大画面のスマートテレビを探している人におすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

コスパが良いスマートテレビを探している人におすすめです。

おすすめ③ LED液晶モデルの『E6800シリーズ』

LED液晶モデルのスマートテレビなら『E6800シリーズ』

LED液晶モデルのスマートテレビなら『E6800シリーズ』がおすすめです。

液晶のサイズは43v型と50v型から選べます。

ULEDモデルよりさらに価格が安いLED液晶モデルなら5万円程度から購入できる価格の安さが魅力です。

価格が安いだけでなく、NEOエンジンを搭載していて画質は良いですし、4Kチューナーも内蔵しています。

現状でプライム・ビデオは対応していないので『Fire Tv Stick』を使いましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

スタンダードな性能のスマートテレビを探している人におすすめのモデルです。

ハイセンス製スマートテレビの価格や口コミはどう?

次にハイセンス製スマートテレビの価格や口コミについてまとめていきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

ハイセンス製のスマートテレビは、画質も使い勝手も良いのでコスパが良いテレビを探している人におすすめです。

具体的には下記のような特徴があります。

ハイセンスの特徴
  1. 元東芝のレグザエンジン搭載で画質がキレイ
  2. メーカー保証が3年と長い
  3. 多数のVODサービスに対応していて、サクサク動く
  4. 価格が安くてコスパが良い

順番に解説します。

その① 元東芝のレグザエンジン搭載で画質がキレイ

元東芝のレグザエンジン搭載で画質がキレイ
レグザエンジン搭載の高画質が魅力

ハイセンス製のスマートテレビは、元東芝製のレグザエンジンを搭載しています。

しゅんのアイコン画像しゅん

2018年に傘下に収めた東芝映像ソリューションと共に、映像エンジン「レグザエンジンNEO」を開発しています。

このエンジンのおかげで、ノイズ感や輪郭のくっきりしている映像を楽しむことが可能になっています。

画質が大きく改善していて、元々国内メーカー製の安心感もある点が特徴です。

その② 多数のVODサービスに対応していて、サクサク動く

多数のVODサービスに対応していて、サクサク動く
ハイセンスは独自のOSであるVIDAAを搭載

ハイセンス製のスマートテレビは独自のOSであるVIDAAを搭載しています。

しゅんのアイコン画像しゅん

機種によって異なりますが、NetflixやYou Tube、dTVなど多数のVODに対応しています。

人気のAmazonプライム・ビデオは対応している機種と対応していない機種があります。

またスマートテレビの機能はテレビによって、かなり動きが遅くてイライラする事もありますが、ハイセンス製のテレビはサクサク動きます。

レスポンスが悪いスマートテレビを利用していて不満がある人でも、快適に使えるハズです。

しゅんのアイコン画像しゅん

Amazonプライム・ビデオに対応していない場合は『Fire Tv Stick』を使えば視聴可能です。

その③ メーカー保証が3年と長い

メーカー保証が3年と長い
メーカー保証が3年間と長くて安心

またハイセンス製のスマートテレビはメーカーが長い点も特徴です。

しゅんのアイコン画像しゅん

メーカーによって保証が1年のところも多いですが、ハイセンスはメーカー保証が3年間と長いです。

もちろんメーカー保証以外にも、量販店やAmazonの場合は別途保証に加入できます。

しかし長期保証に加入する場合は、別途料金が必要な場合も多いので、メーカー保証期間が長いのは魅力です。

その④ 価格が安くてコスパが良い

ハイセンス製のテレビはかなり価格が安くてコスパが良いです。

しゅんのアイコン画像しゅん

世界中で販売しているため、価格を抑えることが出来ています。

Amazonなどでは50インチ以下のスマートテレビが、7万円以下で購入できるほどです。

国内メーカー製の場合は10万円以上の価格の機種も珍しくないので、その点では非常にコスパが良い点が魅力です。

テレビは価格変動が激しいので、Keepaなど価格変動チェックツールを利用して買い時を見つけるのがおすすめです。

関連記事Amazonの価格変動(推移)や値下げを通知させる方法【Keepaがおすすめ】

結論&まとめ

ハイセンス製スマートテレビのおすすめ機種をまとめました。

しゅんのアイコン画像しゅん

ハイセンス製のスマートテレビのは元東芝製のエンジンを搭載していて、高画質な点が魅力です。

この他にもコスパがよく、大画面のスマートテレビでも国内メーカー製の機種よりもかなり安価に買える点が特徴です。

この他にも、下記のような特徴があります。

ハイセンスの特徴
  1. 元東芝のレグザエンジン搭載で画質がキレイ
  2. メーカー保証が3年と長い
  3. 多数のVODサービスに対応していて、サクサク動く
  4. 価格が安くてコスパが良い
しゅんのアイコン画像しゅん

ハイセンス製スマートテレビはコスパ重視だけど、画質も大切!という方におすすめです。

Amazon等ではセールも頻繁に開催されていて、さらに安く購入できるので、ぜひおトクにGetしてみてくださいね!

その他のメーカー製スマートテレビとの比較は下記の記事にまとめているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事スマートテレビのおすすめ10選【メーカー別に人気機種の比較です】

目次(タップで移動できます)
閉じる