カテゴリー
2021年大注目ランキング

【2021年版】家庭用プロジェクターのおすすめ⑥選【価格帯別に紹介】

【2021年版】家庭用プロジェクターのおすすめ⑥選【価格帯別に紹介】

この記事は家庭用プロジェクターのおすすめを紹介している記事です。

悩む人

大画面で映像を楽しみたいから、プロジェクターが欲しいんだけどどう選べばいいのかな?おすすめのモデルが知りたいな!

という疑問に答えます。

プロジェクターを使えば、大画面でAmazonプライム・ビデオやNetflixを楽しめる点が魅力です。

しゅん

しかも安いプロジェクターだと1万円以内で買うことも可能です。

しかしプロジェクターには様々な種類があり、見極めないと手間が増えたり使い勝手が悪くなる場合があります。

そこでこの記事では価格帯別に家庭用プロジェクターの選び方やおすすめのプロジェクターを紹介していきます。

しゅん

できるだけ専門用語無しで、シンプルに解説するので、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)
2021年大注目ランキング

コロナ禍でも時代に乗り遅れないための必須アイテムは要チェック!

crafsto(クラフスト) / モバイル保険 / ウイルスバスター for Home Network

家電レンタル / 動画配信サービス / Kindle Unlimited / Audible

家庭用プロジェクター選びの考え方【価格の差で出来ることが変わります】

まず結論から。

しゅん

家庭用プロジェクター選びでは、コスパの良さや性能の良さのどの点を重視するか?で選ぶのがおすすめです。

具体的には1万円以内で購入できるコスパの良いモデルから、5万円以下の価格で本体だけでAmazonプライム・ビデオやNetflixが見れるモデルがあります。

具体的なコスパが良いプロジェクターの特徴は下記の通りです。

安いプロジェクターの特徴

メリット
デメリット
  • とにかく価格が安くて1万円以内で買える
  • Fire TV Stickを利用するとAmazonプライム・ビデオ等を楽しめる
  • 輝度が低く、明るい場所だと見えにくい
  • 解像度も低く、字幕等が見えにくい

このように割り切りが必要な部分がありますが、価格が安い点が大きな魅力です。

しゅん

Fire TV Stickを利用すればAmazonプライム・ビデオなども見れます。

一方で5万円以下のプロジェクターだと、Fire TV Stick等が不要で動画配信サービスを見れたり、画質もキレイな部分が特徴です。

高いプロジェクターの特徴

メリット
デメリット
  • 本体だけで動画配信サービスを楽しめる
  • コンパクトでどこでも使える
  • 3万円以上の価格で高い
  • 超高額なモデルよりは画質が落ちる

このように値段は上がりますが、性能は確実に上がるので使い勝手が非常に良くなります。

しゅん

僕個人としては、3万円台以上のプロジェクターを選んだほうが、後悔せずに長く使えると思います。

価格が高いと言ってもAmazonなどでよくセールをしているので、価格変動をしっかりチェックすればおトクに買えます。

その点を考慮した上で、家庭用プロジェクターを選ぶのがおすすめです。

関連記事【Amazon】値下げ通知や価格変動を確認する方法【Keepaがおすすめ】

【基礎知識】プロジェクター選びで知っておきたい専門用語

次にプロジェクターの基礎知識をまとめます。

しゅん

基本的な専門用語を解説していきます。

lm(ルーメン)明るさを表していて、明るい場所でも使いたいなら2,000lm程度は必要
解像度画質を表していて高いほどキレイに見える。フルHDは1920×1080
コントラスト比明るい部分と暗い部分の比率で、比率が大きいほどメリハリが出る
投射距離映像が問題なく表示される距離で、近いほど狭い部屋でも使える

基本的には上記の4つの専門用語をりかいするだけでOKです。

しゅん

数字が良いほど高性能ですが、値段は高くなるためバランスを考えたほうが良いです。

安くてコスパが良い家庭用プロジェクター【5,000円~1万円以内】

プロジェクターには様々なモデルがありますが、安くてコスパが良いモデルも多数あります。

しゅん

具体的には5,000円~1万円以内で購入できるモデルもあります。

コスパが良いモデルはメーカー名を知らない会社が多いですが、価格の安さが何よりも魅力です。

一方で、5,000円~1万円ほどで購入できる家庭用プロジェクターは解像度が低く(画像が荒い)、真っ暗な状況でないと快適に使えない点がデメリットです。

You TubeやAmazonプライム・ビデオを大画面で楽しむことは可能なので、使い方によっては十分楽しめるモデルと言えます。

しゅん

安価に家庭用プロジェクターを試してみたい人におすすめなモデルは下記の通りです。

コスパが良いプロジェクター
  1. ELEPHAS W13⇒Amazonでも人気で、文字をキレイに写すのは難しいが、コスパが良いモデル
  2. VANKYO Leisure 470⇒Wi-Fi接続が可能でiPhone等の画面をミラーリングすることが可能なモデル
  3. QKK AK-83⇒スクリーン付属の人気モデル。Wi-Fi接続可能でフルHDにも対応しているイチオシのモデル

上記の3つのモデルがおすすめです。

おすすめ① ELEPHAS W13【5000円ほどで買えるコスパの良さ】

5000円ほどで買えるELEPHAS W13

とにかく安い家庭用プロジェクターを探している場合は、ELEPHASがおすすめです。

しゅん

5,000円ほどで購入できるコスパの良さが魅力です。

Wi-Fi接続が出来ないとか、Dolby形式の音声フォーマットに未対応など、機能面で劣る部分は感じられます。

しかし、入手しやすいお手軽プロジェクターだと言えます。

輝度4,200lm
最大解像度1920×1080P
搭載ポートHDMIポート/USBポート/VGAポート/AVポート
サイズ20.1 x 14 x 7 cm
重量1.6kg

おすすめ② VANKYO Leisure 470【1万円以下で買えるのに高性能】

1万円以下で買えるVANKYO Leisure 470

次におすすめなのがVANKYO Leisure 470です。

しゅん

1万円以下で買える価格で、Wi-Fi接続が可能になります。

iPhoneやAndroidの画面をWi-Fi経由でプロジェクターから表示することが可能です。

有線ケーブルを利用するよりも手軽なので、大画面で楽しみたい時にメリットが多いです。

ただ、Amazonプライム・ビデオ等はFire TV Stickを利用することになるので、その点には注意が必要です。

しゅん

1万円以下で買えるプロジェクターとしては、非常に優秀な機能を有しています。

輝度4,000lm
最大解像度1920×1080P
アスペクト比4:3/16:9/自動
搭載ポートHDMIポート×2/USBポート×1/VGAポート×1/AVポート×1
サイズ22.1 x 16.8 x 8.4 cm
重量2kg

おすすめ③ QKK AK-83【スクリーン付属で一番おすすめ】

コスパが良いモデルで一番おすすめQKK AK-83

1万円以下で買える家庭用プロジェクターの中で、1番おすすめなのがQKK AK-83です。

しゅん

スクリーンも同封されている高性能モデルです。

この価格帯にしては高性能なモデルで、Fire TV Stickを利用してきれいな映像を楽しむことも可能です。

Wi-Fiに対応していますし、コスパ以上にお得感が強いプロジェクターと言うことが出来ます。

輝度4,000lm
最大解像度1920×1080P
アスペクト比4:3/16:9
搭載ポートHDMI、VGA、USB、AV、SD、AUX
サイズ24.2 x 23.8 x 16.4 cm
重量1.93kg

小型で映画も見れる家庭用プロジェクター【3万円台から5万円】

小型で映画を見る用途で選ぶならモバイルプロジェクターがおすすめです。

しゅん

サイズが小さくAndroidを搭載していて、Amazonプライム・ビデオやNetflixを本体だけで見れる点が魅力です。

スピーカーやバッテリーも内蔵しているので、どこでも使える点が魅力です。

金額的には5万円以下が目安で、使い勝手の良さや性能を考えると現状で1番使い勝手が良いプロジェクターと言えます。

小型のプロジェクター
  1. Anker Nebula Capsule II⇒人気のAnker製モバイルプロジェクター。Android TV搭載でアプリが豊富だが5万円台と少し高額
  2. BenQ GV1⇒角度調整機能が付いているモバイルプロジェクター。AptoideTVでアプリの数は少ないが3万円台で買えるコスパの良さが魅力
  3. XGIMI MOGO⇒Android TV搭載のモバイルプロジェクター。アプリの数が豊富で機能も使い勝手も良い4万円台のイチオシモデル。

順番に解説します。

おすすめ① Anker Nebula Capsule II【ちょっと高いが性能が良い】

ちょっと高いが性能が良いAnker Nebula Capsule II

ガジェットで人気のAnker製のモバイルプロジェクターの最新モデルが、Anker Nebula Capsule IIです。

しゅん

Android TV搭載で、NetflixやAmazonプライム・ビデオなど豊富なアプリを楽しめます。

1つ前のモデルよりも輝度が100ANSIルーメンから200ANSIルーメンにアップしているので、明るい場所でも見やすい点が魅力です。

またAnker製なので、困った時のサポートが充実している点も魅力です。

しゅん

5万円台の価格がネックですが、安心感を求める人に一番おすすめのモデルです。

輝度200ANSIルーメン
最大解像度1280 x 720
搭載ポートHDMI/USB-A/USB-C/AUX
サイズ8x8x15cm
重量739g

おすすめ② BenQ GV1【レンズの角度が変えられる】

レンズの角度が変えられる BenQ GV1

BenQのモバイルプロジェクターGV1は、物理的に角度調整が行える点が魅力です。

しゅん

レンズの向きを15°まで上げることが出来ます。

Android OSを搭載していますが、中身はAptoideTVなのでアプリの種類が少ない点が残念なポイントです。

しかし輝度は200ANSIルーメンの明るさがあり、3万円台で購入できるコスパの良さが魅力です。

輝度200ANSIルーメン
最大解像度854×480
搭載ポートUSB-C、電源ポート
サイズ8x8x15.5cm
重量708g

おすすめ③ XGIMI MOGO【機能も使い勝手も良くイチオシ】

機能も使い勝手も良い XGIMI MOGO

XGIMI MOGOは、先程紹介したBenQ製のGV1よりワンランク上のモバイルプロジェクターです。

しゅん

価格も1万円ほどアップしますが、Android TVを搭載している点が魅力です。

Android TVなので、Google PlayからHuluやTVerをダウンロードしたり、ワイヤレスコントローラーを利用すればゲームも出来ます。

また、横方向の台形補正にも対応しているので、設置が手軽な点が特徴です。

しゅん

4万円台の価格になりますが、性能はアップしているイチオシモデルです。

輝度210ANSIルーメン
最大解像度960 x 540
搭載ポートHDMI/USB2.0/電源ポート
サイズ14.6×10.55×9.45cm
重量900g

まとめ

家庭用プロジェクターのおすすめを項目別に紹介しました。

しゅん

とにかく安くてコスパが良いモデルを探しているなら、下記の中から選びましょう。

性能面では割り切りが必要な部分がありますが、何より1万円以内で購入できる安さが魅力です。

コスパが良いプロジェクター
  1. ELEPHAS W13⇒Amazonでも人気で、文字をキレイに写すのは難しいが、コスパが良いモデル
  2. VANKYO Leisure 470⇒Wi-Fi接続が可能でiPhone等の画面をミラーリングすることが可能なモデル
  3. QKK AK-83⇒スクリーン付属の人気モデル。Wi-Fi接続可能でフルHDにも対応しているイチオシのモデル

一方で、価格以上に使い勝手や性能を重視するなら、モバイルプロジェクターがおすすめです。

しゅん

NetflixやAmazonプライム・ビデオのアプリを搭載していて、本体だけで楽しめます。

この他にも様々なアプリを追加してゲームなども楽しむことが出来るので、使い勝手の良さは非常に良いです。

性能が高いプロジェクター
  1. Anker Nebula Capsule II⇒人気のAnker製モバイルプロジェクター。Android TV搭載でアプリが豊富だが5万円台と少し高額
  2. BenQ GV1⇒角度調整機能が付いているモバイルプロジェクター。AptoideTVでアプリの数は少ないが3万円台で買えるコスパの良さが魅力
  3. XGIMI MOGO⇒Android TV搭載のモバイルプロジェクター。アプリの数が豊富で機能も使い勝手も良い4万円台のイチオシモデル。
しゅん

個人的には上記の価格帯のプロジェクターを選んだほうが良いと思います。

もちろん1万円以内で買えるプロジェクターを使ってみてから、性能が高いモデルを選ぶことも可能です。

その点を考えた上で、家庭用プロジェクターを選んでみてくださいね!

Amazonでおトクに買い物したい方へ

Amazonでの買い物のポイントをまとめました。

随時更新Amazonのセール情報

おトクな情報 値下げやセールを通知方法 / Amazonギフト券のおトクな使い方 / Amazonアウトレット活用術

サブスク プライム会員 / Kindle Unlimited / Audible

【2021年版】家庭用プロジェクターのおすすめ⑥選【価格帯別に紹介】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる