MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

【自宅Wi-Fi】ホームルーターランキング【工事不要で一人暮らしにおすすめ】

この記事は2020年版のおすすめのホームルーターを解説している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

手軽なインターネット回線としてホームルーターが人気だって聞いたんだけど、実際どうなの?

と言う疑問に答えます。

しかしホームルーターと聞いても光回線との違いなど、いまいちピンとこない人が大半だと思います。

ホームルーターは様々な会社が提供しているので、どれを選べばいいのか?が難しい点でもあります。

しゅんのアイコン画像しゅん

ホームルーターは便利なんですけど、光回線ほどメジャーじゃないんですよね。

そこで、この記事では自宅用のWi-Fi向きのホームルーターの基礎知識やおすすめのホームルーターをランキング形式で紹介していきます。

ホームルーターに興味がある人はぜひ参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【自宅Wi-Fi】ホームルーターの基礎知識【工事不要で一人暮らしにおすすめ】

まず最初にホームルーターについての基礎知識から解説していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

ホームルーターの魅力やメリットは下記の通りです。

ホームルーターの基礎知識
  1. 工事不要ですぐに使える
  2. 手軽で料金が安いので一人暮らし向き
  3. 速度は光回線より遅いが、普通に使うには十分
  4. モバイルルーターとの違いはバッテリーの有無

順番に解説します。

基礎知識① 工事不要ですぐに使える

『Airターミナル4』とは?
SoftBank Airの端末

ホームルーターとは、端末をコンセントに差し込むだけでインターネットに接続できる便利な端末です。

しゅんのアイコン画像しゅん

電波をキャッチして利用する方式なので、光回線のようにケーブルの回線工事が不要です。

そのため忙しい社会人や学生の方でも、郵送されるのを待つだけでOKなので手軽です。

また賃貸にお住まいの方など、勝手に光回線を引くことが出来ない方でも問題なく利用できます。

しゅんのアイコン画像しゅん

光回線の場合はWi-Fiルーターを別途購入する必要がありますが、ホームルーターは元々Wi-Fiなので、その手間もありません。

つまりホームルーターとは、手軽な自宅用のネット回線として非常におすすめできます。

基礎知識② 手軽で料金が安いので一人暮らし向き

ホームルーターは、月額料金が光回線よりも安い点が魅力です。

しゅんのアイコン画像しゅん

光回線の場合は月額5,000円前後が必要ですが、ホームルーターの場合は月額2,000円前後から利用可能です。

料金が安いので、学生さんや単身赴任の方など一人暮らしの人に最適です。

特に光回線の場合は引っ越しの際など手続きや工事が面倒ですが、その辺りも手軽ですし。

つまりホームルーターとは月額料金が安くて、手軽に使える点が魅力です。

基礎知識③ 速度は光回線より遅いが、普通に使うには十分

『Airターミナル4』に同封されているもの

ホームルーターは光回線ほどの速度は出ません。

しゅんのアイコン画像しゅん

有線ケーブルを利用する光回線と電波を利用するホームルーターでは、比較にならないですよね。

そのためとにかくスピードを求める人は、素直に光回線を選ぶべきです。

しかしホームルーターは、普通にネットをしたり動画を見るには、特に問題ないレベルのスピードが出ます。

しゅんのアイコン画像しゅん

僕がSoftBank Airを利用した時のスピード計測結果は下記の通りです。

計測結果
昼間の時間帯
昼間の平均的な通信速度
計測結果
夜間の時間帯
夕方から夜の時間帯の通信速度
しゅんのアイコン画像しゅん

このように光回線とは比較できないけど、しっかりとスピードが出ているのが分かると思います。

光回線と比較して料金も半分程度なので、その点を考えると満足できるのでは?と思います。

基礎知識④ モバイルルーターとは用途(使い方)が違う

似たようなネット回線としてモバイルルーターがあります。

しゅんのアイコン画像しゅん

Wi-Fiの電波を利用する点は同じですが、据え置き用と持ち運び用と言う用途が違います。

ホームルーターは、コンセントから給電して据え置きで使う方法です。

一方でモバイルルーターはバッテリーを内蔵していて、外出先での利用を想定して作られています。

このようにそれぞれ用途が違うので注意しましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

さらに細かいホームルーターの解説は下記の記事で解説しています。

関連記事ホームルーターとは?【工事不要で利用可能な自宅向けWi-Fiです】

【自宅Wi-Fi】ホームルーターランキング

それでは2020年最新版のホームルーターランキングを紹介していきます。

しゅんのアイコン画像しゅん

ホームルーターは基本的にこの2つに分けられます。

ホームルーターの種類
  1. ソフトバンク系回線のSoftBank Air
  2. AU系回線のWiMAX

この2つの違いをもとにランキング形式でおすすめのホームルーターを紹介します。

第③位 SoftBank Air【ソフトバンク系回線のWi-Fiホームルーター】

SoftBank Airはソフトバンク系回線を利用するホームルーターです。

しゅんのアイコン画像しゅん

契約者数も多く、人気があるホームルーターです。

障害物に強い特性を持つ回線を利用しているため、近所に高いビルや山が近い場合でも利用できる点が魅力です。

SoftBank Airは月額3,800円から利用可能で、光回線に比べて価格が安いのも魅力的です。

しゅんのアイコン画像しゅん

ソフトバンクのスマホを利用しているなら、おうち割光セットでさらに割引があります。

料金プラン端末購入レンタル
基本料金4,880円5,370円
SoftBank Air スタート割1,080円割引/12ヶ月無し
Airターミナル4の代金割引適用で実質ゼロ円490円/月
月額料金3,800円/12ヶ月間5,370円

また利用する端末 Airターミナル 4はサイズが小さく軽い点が特徴的です。

『Airターミナル4』に同封されているもの
Airターミナル 4の同封品
端末名Air ターミナル 4
製造メーカーファーウェイ
通信規格IEEE 802.11 a/b/g/n/ac
最大速度下り最大962Mbps
最大接続台数64台
有線LANあり(1台)
サイズ約103mm×103mm×225mm
重さ約665g
しゅんのアイコン画像しゅん

有線LANポートも搭載していますし、最大64台接続可能なので、スマートホーム化しても安心でしょう。

このように、使い勝手の良さを考えると魅力が大きいです。

\\工事不要のお手軽ホームルーター//

公式サイトで詳細をチェック!

関連記事SoftBank Airの口コミ・評価【通信速度やメリット&デメリットのまとめ】

第②位 WiMAX【au系回線のWi-Fiホームルーター】

WiMAXはau系回線のホームルーターです。

しゅんのアイコン画像しゅん

SoftBank Airと違って、複数の端末やプロバイダから選べる点が魅力です。

端末に関してはWiMAX Speed WiFi HOME L02という端末が、一番良いです。

理論値で1.2Gbpsと高速であることに加えて、au 4GLTE回線も使える点が魅力です。

WiMAXの端末
  1. WiMAX HOME 02⇒2020年新発売の端末。NEC製の安心感とコンパクトさが特徴の機種
  2. WiMAX HOME 01⇒NEC製の旧モデル。これから契約するなら『WiMAX HOME 02』の方が良い
  3. WiMAX Speed WiFi HOME L02⇒理論値では1.2Gbpsと高速で、WiMAX+au 4GLTE回線が使える端末。

またプロバイダは、下記の3つから使い方に合わせて選ぶのがおすすめです。

おすすめプロバイダ
  1. UQ WiMAX⇒WiMAXを運営している会社。公式のサポートや分かりやすさが特徴で安心感が高い
  2. GMOとくとくBB⇒月額料金が安くキャッシュバックの金額も高いので総合的におすすめできる
  3. BIGLOBE WiMAX 2+⇒2年目以降の解約金が不要なので、引っ越しが多い方や一定期間だけ使いたい人におすすめ

SoftBank Airよりも選択肢が増えるので、選び方が難しいですが、より使い方に合わせて選べる点が魅力です。

しゅんのアイコン画像しゅん

細かい解説は、下記の記事を確認してみて下さい。

関連記事WiMAX回線ホームルーターのおすすめはどれ?【機種やプロバイダを比較】

第①位 モバレコAir【SoftBank Airより安くてイチオシ】

ホームルーターの中で一番おすすめなのは、モバレコAirです。

しゅんのアイコン画像しゅん

SoftBank Airのアライアンスモデルなので、サービスはSoftBank Airと同じで、さらに料金が安い点が魅力です。。

利用するのは同じ端末のAirターミナル4で、違いは価格だけと言えます。

サービス名端末購入端末レンタル
ソフトバンクAir2,550円~5,780円~
モバレコAir1,970円~2,460円~

しかも、ソフトバンクの公式キャンペーンも適用可能なので、SoftbankAirよりも魅力が大きくなっています。

しゅんのアイコン画像しゅん

2020年にホームルーターを選ぶなら、中身は同じなのに価格が安い『モバレコAir』が最適な選択肢です。

\\モバレコAir//

工事不要のお手軽インターネット
今ならキャッシュバックキャンペーン実施中!

関連記事モバレコAirの口コミ・レビュー【実測は速いけど設置場所に要注意】

SoftBank AirとWiMAXの違いを比較

ホームルーターはSoftBank AirとWiMAXの2つがあります。

しゅんのアイコン画像しゅん

そこで2つの違いを順番に比較していきます。

その① SoftBank AirとWiMAXの料金を比較

ホームルーターの価格は回線料金+端末代金で構成されています。

端末は分割で購入することも出来ますし、レンタルで借りることも可能です。

悩む人のアイコン画像悩む人

この月額料金の金額だけを比較すると『WiMAX』が安いです。

SoftBank AirとWiMAXの料金比較
SoftBank Air WiMAX
基本料金

月額3,800円

端末レンタル料は月額490円

月額2,170円〜

3ヶ月目以降は3480円で37ヶ月以降は4,263円

このようにWiMAXは時間が経過するごとに、月額料金が値上がりしてしまいます。

しゅんのアイコン画像しゅん

SoftBank AirもSoftBank Air スタート割があり、12ヶ月間1,000円引きです。

12ヶ月後に1回値上がりしますが、この時以外は、WiMAXのように値上がりすることがありません。

この点を考えると、SoftBank Airの方がわかりやすい料金体系と言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

その点で考えるとSoftBank Airの方がおすすめです。

その② SoftBank AirとWiMAXの速度を比較

しゅんのアイコン画像しゅん

SoftBank AirとWiMAXを比較すると、SoftBank Airの方が遅い!という評判が多いです。

しかし、実際にSoftBank Airの端末であるAirターミナル 4を利用してみると、十分な速度を計測しました。

昼間の平均的な通信速度
昼間の速度

またスピードが落ちやすい夜間の時間帯でもこのようなスピードでした。

夕方から夜の時間帯の通信速度
混雑時の速度

このように実際に利用してみると、悪い評判ほどの速度ではありませんでした。

しゅんのアイコン画像しゅん

ただし、正しく設置せずに電波状況を悪いとこのような結果になりました。

モバレコAirの端末(Airターミナル4)の通信速度が遅い時
電波状況が悪い時のスピード

説明書にあるように、窓際の電波状況が良いところに設置すると快適に利用できます。

悩む人のアイコン画像悩む人

その設置は、難しくないの?

しゅんのアイコン画像しゅん

Airターミナル 4には、Levelボタンで電波状況が確認できます。

モバレコAirの端末(Airターミナル4)の通信速度が遅い時の対処法
電波状況をボタン1つで確認できる

このLevelボタンで電波状況を見ながら設置すれば、快適に利用できます。

しゅんのアイコン画像しゅん

WiMAXは3日間10GBの制限に加えて、月間100GBの制限があるので、無制限に利用できるSoftBank Airの方がおすすめです。

まとめ

ホームルーターの基礎知識やランキングとSoftbank AirとWiMAXの比較を紹介しました。

ホームルーターは光回線のように回線工事が不要で利用できる手軽さと、月額料金の安さが魅力です。

しゅんのアイコン画像しゅん

Softbank AirとWiMAXを比較すると、SoftbankAirの方が障害物に強く安定した速度を発揮するのでおすすめです。

また料金プランもわかりやすいSoftBank Airの方が良いでしょう。

その中でSoftBank Airのアライアンスモデルである『モバレコAir』は、中身は同じなのに安くなっているので非常におトクです。

今なら翌月にもらえるキャッシュバックキャンペーンも実施しているので、申し込むなら早いほうがおトクですよ!

目次(タップで移動できます)
閉じる