おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。

おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

【icloud】容量は購入すべきか?徹底解説【僕が月額130円のiCloud+を利用する理由と注意点のまとめ】

【icloud】容量は購入すべきか?徹底解説【僕が月額130円のiCloud+を利用する理由と注意点のまとめ】

この記事では、iCloudの容量は購入すべきなのか?を徹底解説している記事です。

悩む人

iCloudの容量が不足してきて、有料版にしようかな?って思うんだけど、後悔する!とか買わなくていい!って聞くけど実際どうなの?

と言う疑問に答えます。

写真や動画などをバックアップしてくれるiCloudは非常に便利ですが、無料プランだと5GBで容量が足りないことも多いですよね!

しゅん

僕自身、iPhoneやiPad、MacBook Proを利用しているので、すぐに容量が不足します。

そこでこの記事では、iCloudの容量は購入すべきなのか?について徹底解説していきます。

iCloudの容量を購入するか迷っている人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【icloud】容量は購入すべきか?徹底解説【手間を考えると有料プランが手軽です。】

【icloud】容量は購入すべきか?徹底解説【手間を考えると有料プランが手軽です。】

まず結論から。

しゅん

iCloudの容量は購入したほうが、圧倒的に手軽です。

と言うのも他のアプリを利用すると、ストレージ容量は増やせますが手間が増える点が大きなデメリットです。

iCloudの容量を購入すべき理由
  • Googleフォトなどは、アプリを立ち上げないとアップロードできない
  • MacBook Proなどで操作する場合、iCloudの方が効率が良い
  • 写真やテキストの保存先を複数に分けると、逆に探しにくくなる
  • データ容量が多いなら、クラウドよりNASを利用したほうがコスパが良い

このように、Googleフォトなどを利用すると無料でストレージ容量を増やすことは可能です。

しゅん

しかしiCloudなら写真を撮影すると自動でアップロードしてくれるなど、便利さは段違いだと思います。

iCloudのストレージ容量を購入する必要はない!と言う意見も多いと思います。

しかし個人的には、結局は有料版でもiCloudを利用するのがシンプルで楽だよね!という感じです。

関連記事

下記の記事ではNASって便利すぎて快適に使える理由や出来ることを詳しく解説しています。

関連記事【NASって便利すぎ!】快適に使える理由や出来ることとは?【メリット&デメリットも徹底解説】

【iCloud】僕が月額130円で容量50GBのiCloud+を利用する理由

月額130円で容量50GBのiCloud+の料金画面

次に、僕が月額130円で容量50GBのiCloud+を利用する理由を解説していきます。

しゅん

僕自身は、下記の4つの理由でiCloud+を利用しています。

月額130円で容量50GBのiCloud+を利用する理由
  1. 無料の5GBだとストレージ容量が足りないから
  2. MacBook ProやiPadと併用すると使い勝手が良い
  3. 月額130円なら月々の負担はかなり少ないから

順番に解説します。

無料の5GBだとストレージ容量が足りないから

カバー画像

無料の5GBだと

ストレージ容量が足りないから

まず最初の理由は容量の問題です。

しゅん

僕の使い方だと無料の5GBではストレージ容量が足りません。

と言うのも、iPhoneやiPad、MacBook Proを利用して写真のやり取りをしたり、どのデバイスでもファイルを閲覧できるようにしています。

そのため無料の5GBのプランだとすぐに容量が不足します。

しゅん

最初はGoogleフォトを利用していましたが、無料で使える容量が減ったり、手間が増える点を負担に感じていました。

iCloudを利用するとやはり便利で、すぐに同期してくれますし、編集した後の写真に自動で変更してくれます。

写真を削除すると全てのデバイスで削除されますが、Googleフォトでも同じ場合があり、大きな違いはありません。

しゅん

僕自身は、有料版を利用してでも手軽に利用したいな!と言うことで利用しています。

MacBook ProやiPadと併用すると使い勝手が良い

カバー画像

MacBook ProやiPad

と併用すると使い勝手が良い

次の理由としては、Apple製品を多く利用しているなら使い勝手が良い点です。

しゅん

MacBook ProやiPad、iPhoneを併用しているならより快適です。

と言うのも写真や動画だけでなく、メモアプリの内容やスケジュールなども全て同期してくれます。

例えば、MacBook Proで記載したリマインダーをiPhoneで通知するなど、非常に便利です。

しゅん

ストレージ容量が不足すると、このメリットが使えなくなります。

このため複数のApple製品を使っているなら、iCloudを中心に利用したほうが快適でしょう。

月額130円なら月々の負担はかなり少ないから

カバー画像

月額130円なら

月々の負担はかなり少ないから

また月額料金の負担が少ない点が魅力だと思います。

しゅん

ストレージ容量が50GBのプランなら月額130円です。

個人的には50GBのプランで容量が足りているので、この金額なら出しても良いかな?と感じます。

Googleフォトは15GBまで利用できますが、これ以上の容量を利用するなら料金が必要です。

しゅん

容量が増えて結局有料プランを使うなら、使い勝手が良いほうが手軽なのでは?と思います。

【icloud】容量は購入すべきか?買う前に知っておきたい注意点

次にiCloudの容量を買う前に知っておきたい注意点を解説します。

しゅん

iCloudの容量に関する疑問をQ&A形式で解説します。

iCloudの容量がないとどうなる?

容量が不足すると「iCloudストレージに十分な空き領域がないため、このiPhoneのバックアップは作成できません」というエラーメッセージが表示される場合があり、データを失う可能性があります。

iCloudの容量を購入するとどうなる?

無料のiCloudのストレージ容量の5GB以上の音楽や動画、写真などを保存することが出来るようになります。

iCloudの容量は何ギガがおすすめ?

無料の5GBで不足する場合は、まずワンランク上の月額130円で使える50GBのiCloud+を試してみるのがおすすめです。

iCloudを解約したらどうなる?

無料の5GBを超える容量を利用した状態で解約すると、有料のiCloud+の容量で保存していたデータは削除されます。

関連記事

下記の記事では、Apple IDを変更するとどうなるのか?困ることや注意点をまとめて解説しています。

関連記事【結論】 Apple IDを変更するとどうなる?【困ることやLINEアプリ・Appleサブスクの注意点を徹底解説】

まとめ

iCloudの容量は購入すべきなのか?を徹底解説しました。

しゅん

iCloudの容量は購入したほうが、圧倒的に手軽です。

と言うのも他のアプリを利用すると、ストレージ容量は増やせますが手間が増える点が大きなデメリットです。

iCloudの容量を購入すべき理由
  • Googleフォトなどは、アプリを立ち上げないとアップロードできない
  • MacBook Proなどで操作する場合、iCloudの方が効率が良い
  • 写真やテキストの保存先を複数に分けると、逆に探しにくくなる
  • データ容量が多いなら、クラウドよりNASを利用したほうがコスパが良い
しゅん

月額130円は必要ですが、僕自身は50GBのプランを利用しています。

月額130円で容量50GBのiCloud+を利用する理由
  1. 無料の5GBだとストレージ容量が足りないから
  2. MacBook ProやiPadと併用すると使い勝手が良い
  3. 月額130円なら月々の負担はかなり少ないから

特にiPhoneやiPadなど複数のApple製品を使うなら、iCloudを活用したほうが手軽です。

もちろんGoogleフォトは15GBまで利用できるメリットがあります。

しゅん

しかし使い勝手の良さを求めるなら、iCloudをアップグレードしたほうが良いと思いますよ!

是非参考にしてみてくださいね!

【icloud】容量は購入すべきか?徹底解説【僕が月額130円のiCloud+を利用する理由と注意点のまとめ】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次
戻る
目次(タップで移動できます)
閉じる