【2019年版】『iPhone』を安く買う方法【トータルコストで考えよう】

【2019年版】『iPhone』を安く買う方法【トータルコストで考えよう】

この記事は2019年版の『iPhone』を安く買う方法を紹介している記事です。

2019年10月から端末割引の上限が【2万円】に制限されます。

そのため一括0円とか、乗り換えで安く買うのは非常に難しいのが現状です。

実際、大手キャリアでの『iPhone』の価格は【10万円以上】など、かなり高額になっています。

そこで、2019年の状況で出来る限り『iPhone』を安く買う方法についてまとめました。

『iPhoneを安く買いたい!』と考えている方は、是非参考にしてみてください。

合わせて読みたい

旧Verは『『iPhone』を安く買う方法【値下げのタイミングと安くなる機種の紹介】』から確認できます。

【2019年版】『iPhone』を安く買うにはトータルコストを考えるのがおすすめ

まず結論から。

2019年の状況で『iPhone』を安く買うには【トータルコスト】で考えるのが最善です。

『iPhone』本体の割引の上限が【2万円】に制限されているので、端末の値引きは期待できません。

そのため『毎月のスマホ代金も含めたトータルの金額』を安くすることを考えるのが一番のおすすめです。

もちろん、今までのように一括0円とかよりも計算が複雑になりますが、現状ではこれが最善だと思います。

関連記事

月額料金を安くする方法は『『スマホの月額料金』を安くする方法【プラン見直しで節約するコツ】』で紹介しています。

【2019年版】『iPhone』を安く買う方法

iPhoneを安く買う方法

  • 料金プラン】を見直してトータルコストを下げる
  • セット割】を活用してトータルコストを下げる
  • 端末返却プログラム】を活用する
  • 格安SIM】+【SIMフリー端末】を活用する

【料金プラン】を見直してトータルコストを下げる

まず一番手軽な方法は【料金プラン】を見直して、月々の負担を減らすことです。

特に『大手キャリアの料金プランは非常に複雑・難解で、正確に把握している人は少ない』です。

しかも今回の端末割引の上限が2万円に制限されると同時に、新しい料金プランも発表されています。

乗り換えるだけで、トータルコストを減らせる場合があるので、まず最初に【プランの見直し】がおすすめです。

【セット割】を活用してトータルコストを下げる

2つ目の方法は【セット割】と言う割引プランを利用することです。

【セット割】とは『インターネット回線とスマホを同じ会社で契約することで、毎月割引が受けられる割引プランのこと』です。

毎月最大で【3,000円】程度の割引になる場合もあり、新しい『iPhone』を購入する時に負担を減らすことが可能です。

しかも家族で同じ会社と契約していると『それぞれ割引が受けられる』ので、さらに割引額が増えます。

割引プランを活用して、トータルコストを下げたい人におすすめです。

【端末返却プログラム】を活用する

3つ目の方法は大手キャリアの『端末を返却するプログラム』を利用することです。

端末を分割で購入してから2年後などに、『iPhone』を返却すると、残りの残金を免除してくれます。

機種によって金額が異なりますが『トータルで3万円〜5万円』を節約することが可能です。

一番面倒が少なく、手軽な方法で2年程度で新しい『iPhone』に乗り換えたい方におすすめの方法と言えます。

ただし『返却するので自分の所有にはならないこと、縛りが厳しくなる』ので、良し悪しはある方法です。

2年間で乗り換えないと割引にはならないですし、毎月の負担が減るわけではないので。

手間をかけずに『iPhone』を安く利用したい方には、良い方法でしょう。

【格安SIM】+【SIMフリー端末】を活用する

おすすめなのがSIMフリーの『iPhone』を購入して【格安SIM】で利用する方法です。

SIMフリーの『iPhone』は安売りしていないので、定額で購入することになります。

<Apple Storeの価格>
iPhone 8は『52,800円(税別)〜』
iPhone XR は『64,800円(税別)〜』
iPhone 11は『74,800円(税別)〜』
iPhone 11 Proは『106,800円(税別)〜』

この負担を【格安SIM】の安い利用料金で抑えることでトータルで利用した時の合計金額を安くすることが可能です。

実際【格安SIM】の平均月額は【2,000円】前後なので、年間2万4,000円で運用可能です。

iPhone 11の64GBを購入して2年間利用したと計算すると、端末は税込みで【80,784円】となります。

格安SIM】の月額料金は、2年間で【4万8,000円】です。

合計すると2年間で【128,784円】となり、月々で考えると【5,366円】です。

悪くはない金額だと思います。

【格安SIM】は月額料金の安さが魅力なので、非常におすすめできます。

関連記事
格安SIMについて『【2019年最新版】『格安SIM』の選び方【おすすめの大手6社を比較】』で解説しています。

トータルコストを考えて『iPhone』を安く運用するのがおすすめ

『iPhone』は『以前のように一括0円とか、1世代前の機種の大幅値引き』は期待できません。

そのため、現状では月額料金も含めたトータルコストで考えるのが、最善策です。

毎年9月に発表される最新の『iPhone』を使いたい場合は、SIMフリー版を購入して【格安SIM】で運用すると、トータルコストが安く出来ます。

手軽な方法で『iPhone』を利用したい場合は大手キャリアの『端末返却プログラム』の利用が良いでしょう。

今までよりも『iPhone』を安く買う難易度が大幅に上がりました。

そのためトータルコストを考えて『iPhone』を選んでみてくださいね!

以上、2019年版のiPhoneを安く買う方法を紹介しました。

合わせて読みたい

旧Verは『『iPhone』を安く買う方法【値下げのタイミングと安くなる機種の紹介】』から確認できます。

 

人気記事モバレコAirの料金プラン・初期費用・速度・スペックの選び方を解説

人気記事【2019年最新版】『格安SIM』の選び方【おすすめの大手6社を比較】