おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。

おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

【2022年版】Kindle端末4種類の違いを比較【おすすめモデルや注意点も徹底解説】

【2022年版】Kindle端末4種類の違いを比較【おすすめモデルや注意点も徹底解説】

この記事は、2022年版のKindle端末4種類の違いを比較しつつ、おすすめモデルや注意点を解説している記事です。

悩む人

Kindle端末を買おうと思うんだけど、種類が多くてどれがいいのかな?違いの比較とかが知りたいな!

と言う疑問に答えます。

電子書籍を読むなら、Kindle端末が一番人気があり価格も安くて狙い目です。

しゅん

僕自身、Kindle Paperwhiteを保有していますが、電子書籍が読みやすくて便利に感じています。

そこで、この記事では2022年に販売されているKindle端末4種類の違いを比較しつつ、目的別のおすすめや注意点をまとめました。

Kindleの違いが知りたい人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【2022年版】Kindle端末4種類の違いを比較【ディスプレイやサイズと重さ、付加機能】

それでは順番にKindle端末4種類の違いを比較していきます。

しゅん

2022年に発売されているKindle端末の違いをまとめると、下記のようになります。

スクロールできます
Kindle本体のイメージ画像
Kindle
Kindle Paperwhiteのイメージ画像
Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite シグニチャー エディション
Kindle Paperwhite
シグニチャー エディション
Kindle Oasis本体のイメージ画像
Kindle Oasis
ディスプレイ6インチ6.8インチ6.8インチ7インチ
解像度167ppi300ppi300ppi300ppi
フロントライトLED 4個LED 17個LED 17個LED 25個
ストレージ容量8GB8GB8GB8GB/32GB
充電ポートMicro USBUSB-CUSB-CMicro USB
色調調節ライト
明るさ自動調節機能
自動画面回転機能
ページ送りボタン
ワイヤレス充電
サイズ160×113×8.7174×125×8.1174×125×8.1159×141×3.4
重量174g205g207g188g
価格8,980円〜14,980円〜19,980円〜29,980円〜
購入する購入する購入する購入する
Kindle端末の比較

ディスプレイ【大画面はKindle OasisだがKindle Paperwhiteも負けてない】

まず最初にディスプレイから比較していきます。

しゅん

ディスプレイサイズが一番大きいのはKindle Oasisで、7インチのディスプレイを搭載しています。

\\ディスプレイの比較//

ディスプレイサイズ解像度
Kindle6インチ167ppi
Kindle Paperwhite6.8インチ300ppi
Kindle Paperwhite
シグニチャー エディション
6.8インチ300ppi
Kindle Oasis7インチ300ppi

またKindle Paperwhiteは6.8インチのディスプレイを搭載していて一回り小さいですが、比べないと違いが分かりにくいかもしれません。

一方で、無印のKindleは6インチのディスプレイなので、少し画面が小さいと感じるかもしれません。

しゅん

また解像度の部分では無印のKindleのみ低スペックになっています。

解像度が低いと、コミックや図が読みにくくなるので注意が必要です。

サイズや重さ【一番軽いのは無印のKindleだが、Kindle Oasisも優秀】

次にサイズや重さを比較していきます。

しゅん

一番軽いのは無印のKindleですが、Kindle Oasisも優秀です。

\\サイズや重量の比較//

サイズ重量
Kindle160×113×8.7174g
Kindle Paperwhite174×125×8.1205g
Kindle Paperwhite
シグニチャー エディション
174×125×8.1207g
Kindle Oasis159×141×3.4188g
しゅん

とにかく軽い端末が欲しい場合は、無印のKindleが一番おすすめです。

ただしサイズや重量以外の性能も含めると、Kindle Oasisの方が使い勝手が良いかもしれません。

またKindle端末の中で、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションが一番重いですが、無印のKindleとの差は33gと小さいです。

しゅん

この点を含めて考えると、重量やサイズはあまり気にしなくても良いかもしれません。

付加機能【高スペックなのはKindle Oasisだが、Kindle Paperwhiteも悪くない】

次に付加機能について比較していきます。

しゅん

とにかく高スペックなモデルが欲しい場合は、Kindle Oasisがおすすめです。

ページ送りボタンや自動画面回転、明るさ自動調節機能などがあり、非常に快適に読書が出来るでしょう。

一方で、Kindle Paperwhiteは充電ポートがUSB-Cで、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションはワイヤレス充電が可能など、独自の機能があります。

しゅん

機能面で比較すると、Kindle PaperwhiteもしくはKindle Oasisが優れている印象です。

価格【低価格な無印のKindle、性能のバランスが良いKindle Paperwhite】

最後に価格で比較していきます。

しゅん

とにかく価格が安いのはKindleで、価格と性能のバランスが良いのがKindle Paperwhiteと言えます。

\\価格比較//

広告あり広告なし
Kindle8,980円10,980円
Kindle Paperwhite14,980円16,980円
Kindle Paperwhite
シグニチャー エディション
19,980円
Kindle Oasis29,980円〜31,980円〜
しゅん

定価で比較すると上記のような価格になりますが、Kindle端末はセール時に大幅に値引きされるのが特徴です。

例えば2022年7月に行われたプライムデーでは、下記のようにセール価格で販売されました。

プライムデー 2022のセール価格
  • Kindle⇒6,980円(最大36%オフ)
  • Kindle Paperwhite⇒10,980円(最大27%オフ)
  • Kindle Oasis⇒24,980円(最大29%オフ)
しゅん

Kindle端末はAmazonのセールで大幅に値引きされるので、このタイミングが狙い目と言えます。

関連記事

下記の記事では、Amazonの次回のセールはいつなのか?年間スケジュールと狙い目を詳しく再説しています。

関連記事【2022年版】Amazonの次回セールはいつ開催?【年間スケジュールや狙い目と注意点のまとめ】

【2022年版】Kindle端末4種類のおすすめはどれ?【違いを比較しつつ最適なモデルの選び方を解説】

それでは順番におすすめのKindle端末はどれなのか?解説していきます。

しゅん

目的別に最適なモデルは下記の通りです。

おすすめのKindle端末
  1. とにかく安くコスパの良いモデルが欲しい人
  2. お風呂などでもKindle端末を利用したい人
  3. 外出先で利用する機会が多い人
  4. USB-Cで充電をしたい人
  5. ワイヤレス充電を使いたい人
  6. 自動画面回転機能やページ送りボタンが欲しい人
  7. コミックなど大量のデータを保存したい人

順番に解説します。

とにかく安くコスパの良いモデルが欲しい人

まずとにかく安くコスパの良いモデルが欲しい人におすすめのKindle端末から解説します。

しゅん

価格重視の方は無印のKindleを選びましょう。

\\無印Kindleのメリット&デメリット//

メリットデメリット
価格が安く定価でも1万円以下で買える
Kindle端末の中で最軽量!
内蔵ライトがなく暗い場所では読みづらい
解像度が低いので、小説以外は不向き

何より広告ありモデルでも、定価で8,980円と1万円以下で買える価格が魅力です。

しゅん

2022年7月に開催されたプライムデーでは、最大36%オフの6,980円で販売されるなどコスパは最強です。

その反面、内蔵ライトが無いので暗い場所で見にくいとか、解像度が低くコミックなどが見にくいなどのデメリットがあります。

ある程度、割り切る必要はありますが、コスパという面では無印のKindleが一番おすすめです。

お風呂などでもKindle端末を利用したい人

次にお風呂などでも使いたい人におすすめのKindle端末を紹介します。

しゅん

お風呂など水がかかる場所でも使うなら、Kindle PaperwhiteかKindle Oasisがおすすめです。

どちらも防水機能が付いているので、お風呂などでも安心して使うことが出来ます。

Kindle Oasisの方が高機能ですが価格が高めで、比較するとKindle Paperwhiteと比べて倍近い価格になります。

しゅん

Kindle Oasisの方が高機能ですが、価格差を考えるとKindle Paperwhiteの方がおすすめです。

外出先で利用する機会が多い人

また外出先で利用が多い方におすすめのKindle端末を紹介します。

しゅん

外出先で利用する機会が多い方はKindle OasisのWifi+4Gモデルがおすすめです。

Kindle端末で唯一、4Gに対応したモデルでWifi環境がない場所でもスマホのように利用することが可能です。

しかも4G回線は無料で使えるので、書籍のダウンロードをしたい時でも使い勝手が良い点も魅力です。

しゅん

外出先でも快適に使いたい人はKindle OasisのWifi+4Gモデルがおすすめです。

USB-Cで充電をしたい人

次にUSB-Cで充電したい人におすすめのKindle端末を紹介します。

しゅん

現在発売されているKindle端末の中でUSB-Cが採用されているのは、Kindle PaperwhiteとKindle Paperwhite シグニチャー エディションの2択です。

どちらのモデルも使いやすいKindle端末ですが、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションの方がストレージ容量が多いので、多くの書籍を保存することが可能です。

一方で、無印のKindleやKindle Oasisはmicro USBを利用するので、USB-Cでの充電はできず注意が必要です。

しゅん

最近はUSB-Cを利用する充電器が増えているので、まとめてたい人はKindle PaperwhiteとKindle Paperwhite シグニチャー エディションのどちらかにしましょう。

ワイヤレス充電を使いたい人

次にワイヤレス充電を利用したい人におすすめのKindle端末を紹介します。

しゅん

ワイヤレス充電が可能なKindle端末は、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションです。

iPhoneなどと同様にケーブルを接続せずに置くだけで充電できるので、非常に快適です。

しかもワイヤレス充電スタンドは、ガジェット類で人気の高いメーカーのAnker製です。

しゅん

ワイヤレス充電スタンドの品質は高いですし、ケーブル接続がめんどくさい!という方に非常におすすめです。

自動画面回転機能やページ送りボタンが欲しい人

次に画面の自動回転機能やページ送りボタンが欲しい人におすすめのKindle端末を紹介します。

しゅん

このような機能が欲しい方は、Kindle Oasisがおすすめです。

Kindle Oasisには、片手だけで操作できるページ送りボタンがKindle端末の中で唯一搭載されています。

また、自動で画面が回転する機能を備えているので、横向きや縦向きに変えても読みやすい仕様になっています。

しゅん

Kindle端末の中で一番高機能な分だけ価格が高い点がネックになります。

しかし純粋に読書のしやすさと言う面で考えると、Kindle Oasisが一番と言えるでしょう。

コミックなど大量のデータを保存したい人

最後にコミックなど大量のデータを保存したい人におすすめのKindle端末を紹介します。

しゅん

このような使い方をしたい方は、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションかKindle Oasisがおすすめです。

どちらのKindle端末も現在発売されている中で、一番容量の多い32GBのストレージ容量を搭載しています。

そのためコミックなど、大量のデータを保存するのに適していると言えます。

しゅん

2つの機種の価格を比較すると、下記のようになります。

\\価格比較//

広告あり広告なし
Kindle Paperwhite
シグニチャー エディション(32GB)
19,980円
Kindle Oasis
(32GB)
32,980円34,980円

この2機種は価格差が大きいので、コスパで選ぶならKindle Paperwhiteがおすすめです。

【2022年版】Kindle端末を購入する前に知っておきたい注意点

最後にKindleを購入する前に知っておきたい注意点をまとめていきます。

しゅん

Kindleは端末によっても細かい違いがあるので、悩みやすいポイントを解説していきます。

Kindle端末を購入する前に知っておきたい注意点
  1. Kindle PaperwhiteとKindle Paperwhite シグニチャーエディションならどっちがいい?
  2. 広告ありと広告なしならどっちがいい?
  3. Wi-FiモデルとWi-Fi+4Gモデルならどっちがいい?
  4. キッズモデルってどう?

順番に解説します。

Kindle PaperwhiteとKindle Paperwhite シグニチャー エディションならどっちがいい?

まず最初にKindle PaperwhiteとKindle Paperwhite シグニチャー エディションどっちがいいのか?解説します。

しゅん

この2つのモデルの仕様はほぼ一緒ですが、シグニチャーエディションの方が高機能です。

スクロールできます
Kindle Paperwhite Kindle Paperwhite
シグニチャー エディション
ストレージ容量8GB32GB
重量205g207g
明るさ自動調節機能
ワイヤレス充電
広告表示あり/なしなし
価格14,980円(広告あり)
16,980円(広告なし)
19,980円(広告なし)
22,460円(充電スタンドセット)
購入はこちら購入はこちら
しゅん

シグニチャー エディションの方が、ノーマルモデルよりも4倍のストレージ容量をを備えているので、多くのデータを保存できます。

また明るさ自動調整機能やワイヤレス充電に対応しているなど、高機能なモデルになっています。

広告の無いモデルで比較すると、3,000円しか価格差がありません。

しゅん

そのため広告表示がないモデルを購入したい場合は、Kindle Paperwhite シグニチャー エディションの方がコスパが良いでしょう。

Kindle端末は広告ありと広告なしならどっちがいい?

次に広告ありモデルと広告無しモデルならどっちがいいのか?解説します。

しゅん

純粋に読書に集中したい!という方は広告なしモデルを選ぶのが良いでしょう。

広告無しモデル広告ありモデル
広告が表示されないので、集中できる
広告ありモデルよりも価格が高い
広告無しモデルよりも価格が安い
広告があるのでストレスを感じる時がある

と言うのも、読書したい!と思っている時に広告が出るとストレスを感じるものです。

しかもKindleの端末によっては、広告を表示するための待ち時間がありイライラする事もあります。

しゅん

しかも価格の差が2,000円しか無いので、読みやすさを考えると広告無しモデルを選んだほうが良いでしょう。

Kindle端末はWi-FiモデルとWi-Fi+4Gモデルならどっちがいい?

またKindle Oasisは、WifiモデルとWifi+4Gモデルを選ぶことが出来ます。

しゅん

個人的にはWifiモデルで十分だと感じます。

Wifi+4Gモデルは、外出先でも書籍をダウンロードすることが可能になるので、出先で利用する方にはおすすめです。

ただ、Wifiモデルでも外出前にダウンロードしておけば問題ないと思います。

しゅん

しかも、Wifi+4Gモデルを選べるのはKindle Oasis32GBの広告なしモデルだけです。

この点を考えると、Wifiモデルで十分なのかな?と思います。

Kindle端末のキッズモデルってどう?

最後にKindle端末のキッズモデルについて解説します。

しゅん

Kindle端末はキッズ用にKindle キッズモデル と Kindle Paperwhite キッズモデルが用意されています。

キッズモデル限定で、本体保護カバーが付属していて、故障や破損時に本体を交換できる保証が購入から2年間付帯されています。

この他にも”Kids+”のサブスクリプションが1年分ついていて、追加料金不要で1,000冊以上の本が子ども向け本が読み放題になるメリットもあります。

しゅん

辞書、単語帳、読書を促進されるための目標達成バッジなどの機能もあるので、子供が利用する機会が多いならキッズモデルがおすすめです。

【2022年版】Kindle端末4種類の違いを比較のまとめ

2022年版のKindle端末4種類の違いを比較しました。

しゅん

現在発売されているKindle端末は4種類あり、それぞれ特徴が異なります。

スクロールできます
Kindle本体のイメージ画像
Kindle
Kindle Paperwhiteのイメージ画像
Kindle Paperwhite
Kindle Paperwhite シグニチャー エディション
Kindle Paperwhite
シグニチャー エディション
Kindle Oasis本体のイメージ画像
Kindle Oasis
ディスプレイ6インチ6.8インチ6.8インチ7インチ
解像度167ppi300ppi300ppi300ppi
フロントライトLED 4個LED 17個LED 17個LED 25個
ストレージ容量8GB8GB8GB8GB/32GB
充電ポートMicro USBUSB-CUSB-CMicro USB
色調調節ライト
明るさ自動調節機能
自動画面回転機能
ページ送りボタン
ワイヤレス充電
サイズ160×113×8.7174×125×8.1174×125×8.1159×141×3.4
重量174g205g207g188g
価格8,980円〜14,980円〜19,980円〜29,980円〜
購入する購入する購入する購入する
Kindle端末の比較
しゅん

価格と性能のバランスが取れているKindle Paperwhiteを中心に、価格や付加機能を見比べて選ぶと良いでしょう。

また、購入する時はAmazonのセールを活用すると、よりおトクに購入することができます。

是非参考にしてみてくださいね!

【2022年版】Kindle端末4種類の違いを比較【おすすめモデルや注意点も徹底解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)