Amazonサイバーマンデー

キッチンペーパーが片手で切れない時の対処法【ホルダーの変更で解決】

キッチンペーパーが片手で切れない時の対処法【ホルダーの変更で解決】

この記事では『キッチンペーパーが片手で切れないイライラを解決する方法』を紹介します。

片手でキッチンペーパーを切りたいのに、ただ伸びるだけでイライラする
キッチンペーパーをすぱっとキレイに切る方法は無いの?

という疑問を解決します。

キッチンペーパーを片手で切ろうとしても上手に切れなかった経験はありませんか?

その問題を解決する方法について紹介します。

キッチンペーパーでイライラしない方法が知りたい方は、是非参考にしてみてください。

キッチンペーパーが切れないイライラはホルダーを変えて解決しよう

まず結論から。

キッチンペーパーが上手に切れないイライラを解決するには『キッチンペーパーホルダーを変えれば解決』します。

これだけで問題解決します。

ホルダー本体は結構ありふれていて、100円ショップでも販売しています。

しかしこのホルダーはキッチンペーパーを差し込むだけの構造が多く、上手にカットすることは考えられていません。

そこで『片手で切れるタイプのホルダー』にすると、不満を解決することが可能です。

キッチンペーパーを差し込むだけのタイプは空回りしやすいです

そもそも、キッチンペーパーが上手に切れない原因は『ホルダーが片手で切る事に対応していないから』です。

例えば、下記のようなホルダーを使っている場合は、上手に片手で切る事が出来ません。

キッチンペーパーを差し込む棒だけしかないので、片手で切ろうと勢いよく引っ張っても、ただペーパーが出てくるだけです。

もちろんコツを掴めば、片手で切れるようになるかも知れません。

しかしその努力をするより、片手で切るホルダーを購入したほうが100倍ラクだと思います。

【タイプ別】おすすめのキッチンペーパーホルダー

おすすめのホルダー

  1. 据え置き型】なら見た目が良くなる
  2. 戸棚した型】なら空間を有効活用

現在、Amazonや楽天などで手に入りやすいホルダーは②つあります。

この他にも近所のホームセンター等に行くと、似たようなものが売っているかも知れません。

関連記事

ネット通販について『どのネットショッピングで買い物べき??【おすすめ通販サイト比較】』で解説しています。

据え置き型のキッチンペーパーホルダー

まず【据え置き型】のキッチンペーパーホルダーから紹介します。

シンクの横とかに置いて使うタイプです。

底の部分にオモリが入っているので、安定感が良いですし、海外製の大判ロールタイプも使えます。

カラーは【ホワイト】と【ブラック】の2色があるので、好みに合わせて選べます。

見た目やキッチンのスペースが広い方におすすめのタイプです。

戸棚の下で使うキッチンペーパーホルダー

次は【戸棚の下】に設置するタイプのキッチンペーパーホルダーです。

我が家ではこちらのタイプを利用しています。

戸棚の下にネジで設置するタイプなので、空間を有効活用出来ます。

据え置き型】のタイプよりも安定して固定されるので、手荒に扱っても大丈夫です。

カラーは【ホワイト】と【ブラック】の2色があるので、好みに合わせて選べます。

キッチンのスペースを有効活用したい人におすすめのタイプです。

山崎実業のキッチングッズはおすすめです。

今回紹介したキッチンペーパーホルダーは山崎実業というメーカーが発売している商品です。

このメーカーさんは、様々なキッチングッズを販売していて、使い勝手がよく感じます。

例えば、レシピ本を戸棚の下に設置出来るブックホルダー。

この他にもマグボトルを乾かす時に役立つマグボトルホルダーなどもあります。

スタンダードなグッズから、ユニークなグッズまで様々あるので、一度見てみると使い勝手が良いモノが見つかるかも知れません。

キッチンペーパーホルダーを変えるとイライラを解消出来ます

キッチンペーパーが上手に切れないのは『ホルダーが片手出来ることに対応していないことが原因』です。

そのため努力すれば、片手ですぱっと切れるかもしれません。

しかしその努力をするよりも、新しいホルダーを買った方がラクですし、簡単です。

使う場所に合わせて2つの種類があるので、好みの方を選ぶと、良いでしょう。

是非試してみて下さいね!

以上、キッチンペーパーが切れないイライラの解決法を紹介しました。