おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【MacBook Pro】メモリ容量は8GBで足りる?【16GBに増設がおすすめの理由を徹底解説】

この記事はMacBook Proのメモリ容量は8GBで足りるのか?解説している記事です。

悩む人

MacBook Proのメモリ容量で悩んでるんだけど、8GBと16GBならどっちがいいのかな?詳しく知りたいな!

と言う疑問に答えます。

MacBook Proのメモリが8GBで足りるのか16GB必要なのか?って購入前に悩むポイントですよね!

しゅん

僕自身はメモリを16GBにして利用していますが、カスタマイズして良かったと思っています。

そこでこの記事では、MacBook Proのメモリは8GBで足りるのか?16GBに増設すべきか?を解説していきます。

MacBook Proのメモリを8GBか?16GBかで悩んでいる方は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【MacBook Pro】メモリは容量8GBで足りる?【結論⇒16GBに増設がおすすめです】

【MacBook Pro】欲しいなら買うべき?【魅力を感じるなら使うべき】

まず結論から。

しゅん

MacBook Proのメモリは8GBではなく16GBに増設するのがおすすめです。

と言うのも8GBのメモリ容量だと、重たいアプリを複数使っただけでメモリ不足に陥る可能性が高いです。

この記事作成で利用したSafariやGoogle Chromeで複数のタブを開き、Notionというアプリを利用した時の使用状況は下記の通りです。

【MacBook Pro】メモリ8GBで足りる?【16GBに増設がおすすめ】
しゅん

このように使用済みメモリが、簡単に8GBの容量を超えてしまいました。

もちろん僕が使っているのはMacBook Pro(2018)の13インチなので、現在最新のM1チップを搭載したモデルでは、状況が異なるかもしれません。

しかし、このように複数の作業をするならメモリを16GBに増設しておいた方が快適に使えるでしょう。

関連記事【MacBook Pro】13インチ(2018)を評価レビュー【メリット&デメリット】

【MacBook Pro】メモリ容量を16GBに増設がおすすめの理由を徹底解説

それでは順番にMacBook Proのメモリを16GBに増設がおすすめの理由を掘り下げていきます。

しゅん

下記の3つの理由からメモリは16GBに増設がおすすめです。

MacBook Proのメモリは16GBにすべき理由
  1. メモリ増設は後からできないから
  2. 22,000円(税込)のカスタマイズで効果を感じやすいから
  3. メモリ不足を解決するのは難しいから

順番に解説します。

その① メモリ増設は後からできないから

MacBook Proはメモリ増設は後からできない
出典:Apple公式ページ

一番の理由は、MacBook Proを購入後にメモリを16GBに増設することが出来ないからです。

しゅん

最初に8GBのメモリにして、後から16GBに増設しよう!が出来ません。

MacBook Proのメモリは、基盤に固定されているので取り外しが出来ない仕様です。

そのためWindowsPCやMac mini/Mac Proのようにメモリの増設を行うことができません。

しゅん

メモリ不足を感じるから増設!が出来ないので、最初から16GBを選んだほうが快適に作業ができます。

その② 22,000円(税込)のカスタマイズで効果を感じやすいから

22,000円(税込)のカスタマイズで効果を感じやすいから
出典 : Apple公式ページ

次の理由は、MacBook Proのカスタマイズの中で一番効果を感じやすいからです。

しゅん

メモリを16GBにカスタマイズする費用は22,000円(税込)が必要ですが、他のカスタマイズよりも効果を実感しやすいです。

と言うのもメモリはMacBook Proの動作に大きな影響を与えるので、ストレージ容量などよりも違いを感じやすいです。

メモリが不足すると、動作が遅くなってフリーズした?など、イライラすることも多いです。

しゅん

しかも年を重ねるごとに、アプリも重い動作が必要になることが多いので、メモリが多いほうが買い替えのサイクルが長くなるメリットもあります。

この点を考えると、最初に22,000円(税込)を支払ってでもメモリを16GBに増設するメリットはあります。

その③ メモリ不足を解決するのは難しいから

最後は、メモリ不足を自力で解決するのは難しいからです。

しゅん

頻繁にアプリを終了するとか、ブラウザのタブの数を減らすなどの作業をする以外にメモリ不足を解決するのは難しいです。

頻繁にこの作業をするのは手間が多いですし、根本的な解決にはなりません。

この他にもMacBook Proを再起動したり、ディスクの容量を減らすなどの対策も一応可能です。

しゅん

しかし根本的にはメモリが足りていないことが原因なので、対処療法にしかならないんです。

このように後で後悔するよりは、メモリを16GBに増設したほうが良いでしょう。

【朗報】MacBook Proのメモリ容量が8GBでも大丈夫な人とは?【条件あり】

ここまでMacBook Proはメモリを16GBに増設がおすすめと紹介してきました。

しゅん

最後にメモリ8GBでも大丈夫な人について紹介していきます。

メモリを16GBにカスタマイズしなくても良い人
  • 重いアプリを使わない人
  • Safariなどブラウザのタブを常に整理する人
  • 細かくアプリを終了するのが手間に感じない人
  • メモリ不足を解消する方法を知っている人
  • 軽い作業しかせず、今後画像・動画編集をする気がない人

端的に言うと軽い作業しかせずに、使用済みメモリの量を頻繁に減らすのが手間ではない人です。

しゅん

軽い作業だけなら8GBでも特にメモリ不足を感じることは無いでしょう。

しかしMacBook Proを使っているうちに、動画編集をしてみたい!とかあのアプリを使ってみたい!など思うハズです。

その時に後悔しないためにも、メモリは16GBに増設したほうが良いのでは?と思います。

関連記事【MacBook Pro】ストレージ容量は256GBで足りる?足りない?【512GBとどっちがいい?徹底解説】

まとめ

MacBook Proのメモリ容量は8GBで足りるのか?解説してきました。

しゅん

手間を惜しまず、軽い作業しかしない人以外はメモリを16GBの増設がおすすめです。

と言うのも、僕自身が作業していると下記のように使用済みメモリが10GBを超えることが多いです。

【MacBook Pro】メモリ8GBで足りる?【16GBに増設がおすすめ】
しゅん

この他にも下記のような理由で、16GBに増設するのがおすすめです。

MacBook Proのメモリは16GBにすべき理由
  1. メモリ増設は後からできないから
  2. 22,000円(税込)のカスタマイズで効果を感じやすいから
  3. メモリ不足を解決するのは難しいから
しゅん

ただし下記の使い方に該当する人は、メモリが8GBで十分かもしれません。

メモリを16GBにカスタマイズしなくても良い人
  • 重いアプリを使わない人
  • Safariなどブラウザのタブを常に整理する人
  • 細かくアプリを終了するのが手間に感じない人
  • メモリ不足を解消する方法を知っている人
  • 軽い作業しかせず、今後画像・動画編集をする気がない人

後から後悔しないためにも、メモリは16GBに増設がおすすめです。

是非参考にしてみてくださいね!

まとめ記事はこちら【MacBook Proをフル活用】何に使える?魅力やおすすめスペックの選び方や注意点のまとめ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる