おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【MacBook Pro】おすすめのWi-Fiルーターやネット回線はどれ?【遅くて繋がらない問題対応版】

【MacBook Pro】おすすめのWi-Fiルーターやネット回線はどれ?【遅くて繋がらない問題対応版】

この記事はMacBook ProにおすすめのWi-Fiルーターやネット回線を紹介している記事です。

悩む人

MacBook Proを快適に使えるWi-Fi環境を作りたいんだけど、おすすめのWi-Fiルーターやネット回線ってあるのかな?あと遅い時とか繋がらない時の解決策ってある?

と言う疑問に答えます。

MacBook Proを使っていると、ネット環境によって遅いとか繋がらない時にストレスを感じますよね!

しゅん

僕自身、急にWi-Fiが繋がらなくなったりしてデータが消えた経験があります。。。

そこでこの記事では、MacBook ProにおすすめのWi-Fiルーターやネット回線と、Wi-Fiが遅い時や繋がらない時の対処法を紹介していきます。

MacBook ProのWi-Fi環境を整えたい人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【MacBook Pro】おすすめのWi-Fiルーターはどれ?【部屋の間取りに合わせて選ぼう】

まず結論から。

しゅん

MacBook ProのWi-Fi環境を整えるには、使う場所の間取りに合わせて選ぶのがおすすめです。

と言うのも、Wi-Fiルーターは機種によって電波が届く範囲や同時に接続できる台数が大きく違います。

そのため広い戸建てやワンルームのマンションなどによって選ぶべきWi-Fiルーターは大きく変わってくるのです。

しゅん

個人的には、メッシュWi-Fiの利用が間取りや部屋の大きさに左右されないのでおすすめです。

しかし出始めたばかりなので、既存の通常タイプのWi-Fiルーターを選んでも良いですが、部屋のサイズや状況に合わせて、最適なWi-Fiルーターを選ぶようにしましょう。

Wi-Fiルーターの選び方
  1. 広い戸建て⇒部屋のサイズが大きいので、遠距離・強力タイプがおすすめ
  2. ワンルーム等⇒部屋のサイズが小さいので、近距離・高コスパタイプがおすすめ
  3. とにかく快適にしたい⇒メッシュWi-Fiでネット環境を整えるのがおすすめ

順番に解説します。

その① 広い戸建て【部屋のサイズが大きいので、遠距離・強力タイプがおすすめ】

一戸建ての場合は、部屋のサイズが大きいので、遠くまで電波が届くタイプがおすすめです。

しゅん

電波が届きにくい場所が出ると、結構ストレスに感じます。

そのため下記のポイントで選ぶと良いでしょう。

選び方のポイント
  1. 電波が強くアンテナの向きが変えられる
  2. 接続台数は多めがおすすめ
  3. 規格を確認する

特に、アンテナの向きが変えられるタイプのWi-Fiルーターを選ぶと、より快適に使えるでしょう。

しゅん

例えば、バッファロー製の無線LANルーター『WXR-5950AX12』です。

アンテナが4本ついていて、最新規格のWi-Fi 6に対応した最新モデルです。

しゅん

最新規格に対応したWi-Fiルーターなので、長い期間使える点も魅力です。

一戸建ての場合は、このようなWi-Fiルーターを選びましょう。

関連記事【WiFi無線LANルーター】一軒家におすすめは?【2階・3階建て向け】

その② ワンルーム等【部屋のサイズが小さいので、近距離・高コスパタイプがおすすめ】

マンションやアパートの場合は、一戸建てに比べて部屋のサイズが小さいです。

しゅん

そのため電波の届く範囲が小さめの高コスパモデルでも十分です。

例えば、バッファローの『WSR-1166DHPL2/N』などが良いでしょう。

しゅん

Amazonでも人気が高く、価格が安い高コスパモデルです。

IPv6に対応していてギガ対応の有線LANなど、基本性能は非常に高い点が魅力と言えます。

マンションやアパートの場合は、このようなWi-Fiルーターを選びましょう。

関連記事【2021年版】一人暮らしにおすすめの無線LANルーターは?マンションやアパート、ワンルーム向き

その① とにかく快適にしたい【メッシュWi-Fiでネット環境を整えるのがおすすめ】

つぎにとにかく快適なWi-Fi環境を作りたいなら、メッシュWi-Fiがおすすめです。

メッシュWi-Fiとは、今まで1台の高性能なWi-Fiルーターを使って家中に電波を届かせる方法ではなく、複数台のルーターを家の中に設置することで通信範囲や接続台数を増やそうという方法です。

しゅん

僕自身、最近導入したWi-Fiルーターで、建物全体をカバーするWi-Fi環境を作るのが得意です。

【AX1800HP】 NEC製メッシュWiFiを評価する【WiFi6やIPv6も使える高性能モデル】

最近はWi-Fi接続できる端末が増えているので、今後も快適にWi-Fiを使い続けるためには一番良いWi-Fiルーターかな?と思います。

しゅん

複雑な設定が不要で使えて、スピードも早いです。

ルーターを交換する前にスピードを計測してみると、下記のような実測速度でした。

WSR-2533DHPの実測スピード

悪くはないスピードですが、AX1800HPに乗り換えただけで下記のスピードになりました。

しゅん

ルーターを交換したあとに、同じ場所(ルーターは1階、PCは真上の2階)で測定した実測スピードです。

AX1800HPのスピード実測の測定結果

下りのスピードもアップしていますが、特に上りのスピードが大幅にアップしています。

しゅん

Wi-Fiの電波はちょっとした環境によって大幅に変わるので、参考程度に考えてほしいですが、僕の環境では大幅に改善しました。

またメッシュWi-Fiは、一度設定してしまえば無線LAN中継機のように途中でSSDIを変えなくても、家中で使える点が魅力です。

しゅん

MacBook Proで快適なWi-Fi環境を作りたい人にイチオシです。

関連記事【2020年版】メッシュWi-Fiのおすすめとその選び方【大手5社を比較】

【追記】ネット回線は光回線かホームルーターから選ぶのがおすすめ

Wi-Fiルーターを利用するためには、自宅にネット回線を導入しなければなりません。

しゅん

まだネット回線を引いていないなら、光回線かホームルーターがおすすめです。

選び方は簡単で、下記のポイントに注意しましょう。

自宅WiFiにおすすめのインターネット回線
  1. 光回線⇒戸建てや回線スピードを重視する人におすすめ
  2. ホームルーター⇒ワンルームや回線工事が面倒な人におすすめ

どちらも快適なWiFi環境をつくれますが、細かい部分で手軽さや月額料金が異なります。

しゅん

光回線とホームルーターの違いを掘り下げると下記のようになります。

光回線とホームルーターの違いを比較
  1. 利用するまでの手軽さ⇒回線工事が不要なホームルーターの勝ち
  2. 月額料金⇒ホームルーターの方が価格が安い
  3. 回線スピード⇒光回線の方が安定して早い
  4. 速度制限⇒光回線は制限がなく使い放題
しゅん

ただし手軽さで言うと、ホームルーターがおすすめです。

ホームルーターは、コンセントに差し込むだけの手軽な端末を利用するだけの手軽なインターネット回線です。

『Airターミナル4』に同封されているもの
ホームルーター端末

光回線を引く場合と比べて、回線工事が不要ですし、月額料金が安い点が魅力です。

しゅん

引っ越しの時はネットで住所変更するだけで、同じ端末のまま利用できて便利です。

このホームルーター端末自体がWi-Fiルーターなので、上記で解説したWi-Fiルーターを別途用意しなくて良い点も手軽です。

ネット回線もこれから検討する方におすすめです。

しゅん

月額料金も2,000円台から利用可能ですよ!

関連記事【自宅WiFi】おすすめのインターネット回線はどこがいい?【光回線とホームルーターを比較する】

MacBook ProのWi-Fiが遅くて繋がらない時の解決策

次にWi-Fiが遅くて繋がらない時の解決策を紹介します。

しゅん

個人的にもこの状況になることがあり、その解決策を元に解説します。

Wi-Fiの良くある問題
  1. Wi-Fiに接続できない
  2. Wi-Fiが遅い
  3. Wi-Fiが繋がってるのにインターネットが使えない
  4. メニューバーに!マークが出た

順番に解説します。

その① Wi-Fiに接続できない

僕自身、たまに経験するトラブルです。

Wi-FiルーターとMacBook Proとの接続がうまく行かない時に起こりやすい印象があります。

しゅん

Wi-Fiルーター本体の管理画面に接続できない時によくこうなる感じですね。

この場合、MacBook ProよりもWi-Fiルーターに不具合が起きている可能性があるので、Wi-Fiルーターを再起動すると、Wi-Fiに接続ができる時が多いです。

対処法としては、物理的にスイッチを切っても良いし、Wi-Fiルーターによってはアプリがあるので、そちらから再起動しても良いです。

ただ頻繁にこの状況になる場合は、使っている環境よりWi-Fiルーターの性能が低いorWi-Fiルーター自体の寿命が近づいている可能性があります。

しゅん

急にWi-Fiに繋がらないとストレスを感じるので、可能であれば買い替えを検討したほうが良いかも知れません。

その② Wi-Fiが遅い

夜間や混雑する時に起こりやすい印象のトラブルです。

しゅん

この問題は、Wi-Fiルーターよりもネット回線に問題があることが多いです。

Wi-Fiに接続する台数を減らすことで解決することはありますが、根本的な解決にはネット回線を変える方法が1番です。

特に光回線以外のネット回線を利用しているなら、乗り換えを検討したほうが良いでしょう。

しゅん

今ならスマホとセットで値引きしてくれるサービスも多いので、利用するとおトクです。

その③ Wi-Fiが繋がってるのにインターネットが使えない

個人的によく経験する現象です。

しゅん

⇒特に場所を移動した時などに起きやすい印象があります。

こうなるのは、MacBook ProとWi-Fiルーターがうまく接続できていないことが原因と考えられます。

そのため一度、Wi-Fiを切って再接続すると繋がることが多いです。

ただしWi-Fiルーターの性能が限界か、不具合が出ている可能性もあるので、頻繁に途切れる場合は新しいWi-Fiルーターを検討するのも1つの手です

しゅん

僕自身も、最近新しいWi-Fiルーターに買い替えを検討しています。

その④ メニューバーに!マークが出た

メニューバーにビックリマークが出ている時は、ネットに接続できていません。

しゅん

もう一度Wi-Fiに接続し直すと解決することが多いです。

ただ自宅の中でこの状況になる時は、電波が届いていないので、Wi-Fiルーターの性能が低いかも知れません。

特に戸建ての場合は、2階や3階などWi-Fiルーターから離れるほど電波の届きが悪くなるので、家の間取りに合わせてWi-Fiルーターを見直しましょう。

しゅん

この点でメッシュWi-Fiだと後から1台追加すると届く範囲を広げられるので、手軽なんですよね。

まとめ

MacBook ProにおすすめのWi-Fiルーターとネット回線を紹介しました。

しゅん

快適なWi-Fi環境を作るにはメッシュWi-Fiの利用がおすすめです。

メッシュWi-Fiは今までのWi-Fiルーターよりも自宅の間取りに合わせてWi-Fi環境を整えることが出来る点で優れています。

ただ出たばかりですし、通常タイプのWi-Fiルーターでも十分利用可能です。

しゅん

その場合は自宅の間取りに合わせてWi-Fiルーターを選ぶのが大切です。

Wi-Fiルーターの選び方
  1. 一戸建て⇒部屋のサイズが大きいので、遠距離・強力タイプがおすすめ
  2. マンション等⇒部屋のサイズが小さいので、近距離・高コスパタイプがおすすめ

このように自宅のサイズに合わせて選ぶと快適に利用できるでしょう。

しゅん

まだネット回線を導入していない場合は、光回線かホームルーターから選ぶのがおすすめです。

自宅WiFiにおすすめのインターネット回線
  1. 光回線⇒戸建てや回線スピードを重視する人におすすめ
  2. ホームルーター⇒ワンルームや回線工事が面倒な人におすすめ

どちらも快適なWiFi環境をつくれますが、細かい部分で手軽さや月額料金が異なります。

しゅん

光回線とホームルーターの違いを掘り下げると下記のようになります。

光回線とホームルーターの違いを比較
  1. 利用するまでの手軽さ⇒回線工事が不要なホームルーターの勝ち
  2. 月額料金⇒ホームルーターの方が価格が安い
  3. 回線スピード⇒光回線の方が安定して早い
  4. 速度制限⇒光回線は制限がなく使い放題

ぜひ自分の環境に合わせて、ぜひ快適なWi-Fi環境を作ってくださいね!

光回線とホームルーターの違いについて、次の記事を確認してみましょう。

まとめ記事はこちら【自宅WiFi】おすすめのインターネット回線はどこがいい?【光回線とホームルーターを比較する】

【MacBook Pro】おすすめのWi-Fiルーターやネット回線はどれ?【遅くて繋がらない問題対応版】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる