MENU
プロフィール背景画像
しゅん
レビューするブロガー
暮らしや生活の便利グッズ・おすすめ最新家電のレビューブログです。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone・NAS)
・ 電化製品(スマート家電・Wi-Fiルーター)
・ ネット関係(SIM・ホームルーター・サブスクリプション・Amazon)
・ 収納・掃除グッズ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。
【Amazon】ブラックフライデー&サイバーマンデー攻略法はこちらから

【吸盤】すぐに落ちる時の対策とは?【吸着力の復活方法も】

この記事は吸盤がすぐに落ちる時の対策と、吸着力の復活方法を解説している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

吸盤がすぐに落ちるんだけど、対策ってあるのかな?古い吸盤の復活方法も併せてしりたいな!

という疑問に答えます。

吸盤は便利で使い勝手が良いですが、つかない・外れる・取れるなど、落ちたり外れたりするのが難点ですよね!

しゅんのアイコン画像しゅん

しかも落下した時に大きな音が出るとビクッとなるし、ぶら下げた物が壊れる可能性もあります。

そこでこの記事では、吸盤を落ちなくする方法と、吸着力を復活させる方法を紹介します。

併せて、落下しやすい車内(主にドライブレコーダー)の落下対策もまとめました。

吸盤がすぐに落ちる!と悩んでいる方は、ぜひ参考にして下さい。

目次(タップで移動できます)

吸盤がすぐに落ちる時の対策とは?

まず最初に、吸盤がすぐに落ちる時の対策から解説します。

しゅんのアイコン画像しゅん

吸盤の落ちないようにするには、吸盤と壁との間に空気が入り込まないようにする必要があります。

吸盤は壁との間を真空に近い状態することでくっついているので、隙間が出来ると落ちやすくなります。

そのため下記の方法で落ちる時の対策をするのが大切です。

吸盤の落ちない取り付け方
  1. 吊り下げる重さを確認する
  2. 水につけて隙間を無くす
  3. ハンドクリームをつけて隙間を無くす
  4. 専用の補助板を使う

順番に解説していきます。

その① 吊り下げる物の重さを確認する【耐荷重量は大切です】

最初に確認したいのは、吊り下げる物の重さを確認することです。

しゅんのアイコン画像しゅん

そもそも吸盤には、吊るせる重さ(耐荷重量)があります。

その吸盤が、耐えられる限界の重さはコレぐらいですよ!と言う目安です。

この耐荷重量を超えてしまうと落ちやすくなるので、吊るす物の重さの確認は重要です。

しゅんのアイコン画像しゅん

耐荷重量が分からない場合は、吸盤が大きい方が耐荷重量が大きいと考えましょう!

吸盤で重たいものを吊るす時は、強力な吸盤を使うのがおすすめです。

関連記事吸盤フックのおすすめを④つ紹介【強力でキッチンやお風呂向き】

その② 水につけて隙間を無くす【手軽な対策】

吸盤の吊るせる重さ(耐荷重量)以内でも落ちてしまう場合は、吸着面に水をつけてみましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

水を利用することで、吸盤と壁との間を埋めることが出来ます。

手軽に試せる方法ですし、一番最初に試したい方法です。

この時に取り付ける場所も同じように水をつけると、より効果がアップします。

しゅんのアイコン画像しゅん

費用をかけずに簡単に出来る対策です。

その③ ハンドクリームをつけて隙間を無くす【水よりも効果的】

水を利用しても吸盤が落ちる時は、ハンドクリームを試してみましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

ハンドクリームは、水に比べて揮発するスピードが遅い特徴があります。

そのため隙間を長い時間に渡って埋めてくれます。

ただし、壁面に跡が残る場合があるので、貴重な家具等に使用するときは注意しましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

水よりも効果があるのがハンドクリームを使う方法です。

その④ 吸盤専用の補助板を使う【車にも効果的】

水やハンドクリームを利用しても、吸盤が落ちる時は専用の補助版を利用してみましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

補助版を利用すると、ポコポコ・ザラザラした壁紙でも平面を作ることが出来ます。

より密着力が強くなるので、吸盤が落ちてしまう可能性が低くなります。

また車のドライブレコーダーや、初心者マークの吸盤が落ちる時の対策としても効果的です。

しゅんのアイコン画像しゅん

車内の過酷な環境でも役立ちます。

吸盤専用の補助版は様々発売されていますが、おすすめはスーパー補助板です。

剥がしやすいタイプでなので、特に賃貸の部屋などの方におすすめの補助版です。

しゅんのアイコン画像しゅん

またペースト状の『ピタッ!とPeel』という商品もあります。

形を自由に変えられるタイプなので、使い勝手が良い点が魅力です。

様々な場所で使える汎用タイプの補助版として、おすすめです。

吸盤の吸着力を復活させる方法

吸盤が落ちてしまう時は、吸盤の吸着力が落ちていることが原因の場合もあります。

しゅんのアイコン画像しゅん

そんな吸盤の吸着力を復活させる方法は下記の②つです。

吸盤を復活させる方法
  1. 吸着面を水洗いしてゴミを取り除く
  2. 熱湯につけて吸着力を復活させる

順番に解説します。

その① 吸着面を水洗いしてゴミを取り除く

まず最初に、吸着面のゴミを取り除きましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

古い吸盤は吸着面が汚れている場合が多いので、その部分をキレイに掃除しましょう。

水洗いするなど、キレイにするだけで吸盤の吸着力が復活することも多いです。

キレイにしたら、先程紹介したハンドクリームや補助版を利用して設置します。

しゅんのアイコン画像しゅん

特に新品の場合、見えないゴミも多いのでしっかり水洗いするのが大切です。

その② 熱湯につけて吸着力を復活させる

また古い吸盤は熱湯につけると、吸着力を復活させられる場合があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

古い吸盤は形が変形している時も多いです。

吸盤が変形していると上手に密着することが出来ないので、5分~6分程度熱いお湯につけるを試してみましょう。

熱湯につける時は、やけどしないように注意して下さい。

吸盤が落ちる時はジェルタイプのココピタもおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

吸盤がどうしても落ちてしまう場所では、万能ジェルパッドのココピタが役立ちます。

ココピタは吸盤ではなくジェルパッドなので、密着力が違うんです。

また壁面を傷つけることが少ないので、両面テープを使いたくない賃貸等でも使えます。

場所を選ばずに使えるので、是非試してみるのがおすすめです。

関連記事でこぼこの壁や壁紙に吸盤をつける方法【くっつかない所でも簡単】

結論&まとめ

吸盤がすぐに落ちる時の対策と、吸着力の復活方法を解説しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

吸盤は、壁面と密着することでくっついています。

そのため、吸盤が落ちる時の対策は壁面をいかに真空に出来るか?が重要です。

具体的な、吸盤が落ちる時の対策は下記の通りです。

吸盤の落ちない取り付け方
  1. 吊り下げる重さを確認する
  2. 水につけて隙間を無くす
  3. ハンドクリームをつけて隙間を無くす
  4. 専用の補助板を使う
しゅんのアイコン画像しゅん

この中で、専用の補助版は車内のドライブレコーダーなどにも効果的です。

一方で古い吸盤の復活させるには、下記の方法がおすすめです。

吸盤を復活させる方法
  1. 吸着面を水洗いしてゴミを取り除く
  2. 熱湯につけて吸着力を復活させる
しゅんのアイコン画像しゅん

今回紹介した取り付け方を活用しても落ちる場合は、より強力タイプの吸盤を利用するのがおすすめです。

強力タイプの吸盤は、下記の記事で紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事吸盤フックのおすすめを④つ紹介【強力でキッチンやお風呂向き】

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次(タップで移動できます)
閉じる