『吸盤』を落ちなくする方法【つかない時にピタッと貼り付ける裏ワザ】

『吸盤』を落ちなくする方法【つかない時にピタッと貼り付ける裏ワザ】

この記事では吸盤を【落ちなくする方法】と【吸盤の取り付け方】を紹介します。

吸盤がすぐに落ちてしまう・・・
吸盤が落ちた音にビックリしてイライラする

などの悩みを解決します。

まず最初に『吸盤』が落ちたり、つかない【原因】を解説します。

その後に【吸盤を落ちなくする方法】を詳しく解説し、最後に【吸盤の取り付け方】をまとめました。

『収納・整理術』を知りたいなら、この記事がおすすめ

『吸盤』の落下や、つかない原因

『吸盤』が落ちるのは『吸盤と壁との間に空気が入り込むこと』が原因です。

そもそも吸盤は『壁との間を真空に近い状態すること』でくっついています。

そのため吸盤に【ゴミ】がついていたり吸盤自体の【くっつく力】が弱いと落ちやすくなってしまいます。

つまり『吸盤が落ちなくするには、吸盤と壁との間に空間を作らないこと』がポイントなんです。

『吸盤』を落ちなくする裏ワザ

『吸盤』を落ちなくする裏ワザ

  1. 吊り下げる物の【重さ】を確認する
  2. 吸着面を【水洗い】ゴミを取り除く
  3. 熱湯につけて【吸着力】を復活させる

吊り下げる【重さ】を確認する

『吸盤』には【吊るせる重さ(耐荷重量)】があります。

その吸盤が『耐えられる限界の重さはコレぐらいですよ!』と言うものです。

この【耐荷重量】を超えてしまうと、吸盤はすぐに落ちやすくなります。

つまり『吊るしたい物の重さによって吸盤を変える』と吸盤は落ちにくくなります。

耐荷重量が分からない場合は、吸盤が大きい方が耐荷重量が大きいと考えましょう!

吸盤で重たいものを吊るす時は、強力な吸盤を使うのがおすすめです。

吸着面を【水洗い】してゴミを取り除く

吸盤を使用する前は『吸盤自体にゴミが付着している』場合があります。

吸着面に【ホコリ】などのゴミが付着していると、隙間が出来やすくなります。

その【隙間】が落下する原因なので、水でキレイに洗い流してみましょう。

特に新品の場合、見えないゴミも多いのでしっかり【水洗い】するのがおすすめです。

【熱湯】につけて吸着力を復活させる

『吸盤』の形が【変形】していると、上手にくっつけることが出来ません。

元の形に戻すために『5分~6分程度熱いお湯につけてみる』のが効果的です。

熱いお湯に注意が必要ですし、水気を拭き取る際に汚れないように注意しましょう。

この方法は、元通りの形に戻すことが出来ますし、汚れを落とすことも出来る非常に手軽な方法です。

『吸盤』が落ちない取り付け方

『吸盤』の取り付け方

  1. 】につけて隙間を無くす
  2. ハンドクリーム】で隙間を無くす
  3. 吸盤用の【補助板】を使う

【水】につけて隙間を無くす

『吸盤』を取り付けるときは吸着面に【】をつけてみましょう。

水はスキマを埋めてくれるので、吸盤が落ちにくくなります。

この時に『取り付ける場所も同じように水をつけるのが効果的』です。

汚れを落とすことも出来ますし、取り付ける前に【】をつけるのがおすすめです。

【ハンドクリーム】をつけて隙間を無くす

水を使用するよりも強力なのは【ハンドクリーム】を利用することです。

ハンドクリームは『水に比べて揮発するスピードが遅い』ので、より長い時間に渡って隙間を埋めてくれます。

どのご家庭にもハンドクリームはあると思うので、使ってみてはどうでしょうか?

水に比べて【ハンドクリーム】は強力な方法です。

注意
壁面に跡が残る場合があるので、貴重な家具等に使用するときは注意しましょう。

専用の【補助板】を使う

『吸盤』は取り付ける壁が平面でないと『徐々に空気が入り込んで落ちる可能性が高く』なってしまいます。

しかし取り付ける場所の【材質】や【模様】によっては、平面の場所を探す時が難しい場合があります。

そんな時は【吸盤専用の補助板】を使うと、ポコポコ・ザラザラした壁紙でも平面を作ることが出来ます。

吸盤専用の補助板は様々な種類が発売されていますが、こちらの「スーパー補助板」は剥がしやすいタイプです。

そのため、特に賃貸の部屋や貼るのが気になる方におすすめです。

created by Rinker
SANEI(旧社名:三栄水栓製作所)
¥216 (2019/09/15 23:15:28時点 Amazon調べ-詳細)

またペースト状の「ピタッ!とPeel」という商品もあり、普通の補助版が使えない所でも形を変えて使用出来るのでおすすめです。

created by Rinker
シャープ化学
¥536 (2019/09/16 00:49:10時点 Amazon調べ-詳細)

『吸盤』よりも収納力が高い『突っ張り棒』もおすすめ

『吸盤』が上手に取り付けられない時は『突っ張り棒』の利用を考えるのもおすすめです。

もちろん利用できる場所が限られる場合があります。

しかし『吸盤』よりも【収納力】が高いので、より多くのものを整理することが可能です。

突っ張り棒は『壁面を傷つけることが少ない』ので、賃貸やアパートでも便利に使えます。

より多くのものを収納したいなら『突っ張り棒』の利用を考えてみましょう。

『吸盤』を利用して上手に【収納】や【整理】する方法

どうすれば家の中をキレイな状態で保てるのか?』が分かっていれば、キレイな状態に保つことが出来ます。

しかし『家の中をキレイに収納・整理したい!』と思ってもなかなかアイデアが浮かばないですよね!

そんな時におすすめなのが『収納・整理術を実際に勉強すること』です。

ストアカ』は【整理整頓】から【写真の撮り方】などのスキルに加えて【料理】や【スポーツ】など、勉強出来ます。

様々なスキルの講座が全国各地で開催されていて、どんな講座があるか?見ているだけでも楽しいです。

ぜひ、一度確認してみてくださいね!

\\公式サイトはこちら//

ストアカを確認してみる

『吸盤』をきちんと取り付けて、快適に使おう!

『吸盤』を【落ちなくする方法】と【取り付け方】を紹介しました。

ポイントは『壁と吸盤との隙間を埋める』という点です。

隙間を埋めるための方法として手軽なのは【】を使う方法ですが【ハンドクリーム】の方が長持ちします。

また【吸盤専用の補助板】を使うと、より強力に吸盤を取り付けることが可能です。

是非試してくださいね!

以上、『吸盤』を取り付ける方法を紹介しました。

『収納・整理術』を知りたいなら、この記事がおすすめ

 

人気記事【2019年最新版】『格安SIM』の選び方【おすすめの大手6社を比較】

人気記事セールの活用やおトクに買い物したいなら『Amazon Prime』がおすすめ