MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

吸盤を落ちなくする方法【つかない時にピタッと貼り付ける裏ワザ】

この記事は吸盤を落ちなくする方法について紹介している記事です。

吸盤が落下して悩む人のアイコン画像吸盤が落下して悩む人

吸盤がつかなくて、すぐに落ちるんだけどどうしたらいい?

という疑問に答えます。

吸盤は便利で使い勝手が良いですが、落ちたり外れたりするのが難点ですよね!

しゅんのアイコン画像しゅん

しかsも、落下した時に大きな音が出るとビクッとなるし、ぶら下げた物が壊れる可能性もあります。

そこでこの記事では、吸盤を落ちなくする方法と、つかない時にピタッと貼り付ける裏ワザを解説します。

『吸盤がつかない!』と悩んでいる方は、ぜひ参考にして下さい。

目次(タップで移動できます)

吸盤を落ちなくする方法

まず結論から。

しゅんのアイコン画像しゅん

吸盤がつかない!落ちる原因は、吸盤と壁との間に空気が入り込むことが原因です。

吸盤は、壁との間を真空に近い状態することでくっついているので、隙間が出来ると落ちやすくなります。

また吸盤にゴミがついていたり、吸盤自体のくっつく力が弱いと落ちやすいです。

つまり吸盤を落ちなくするためには、壁との間にスキマを作らないことがポイントになります。

しゅんのアイコン画像しゅん

その吸盤を落ちなくする方法は下記の通りです。

吸盤を落ちなくする方法
  1. 吊り下げる重さを確認する
  2. 水洗いしてゴミを取り除く
  3. 熱湯につけて吸着力を復活させる

順番に解説していきます。

吊り下げる物の重さを確認する

最初に確認したいのは、吊り下げる物の重さを確認することです。

しゅんのアイコン画像しゅん

そもそも『吸盤』には、吊るせる重さ(耐荷重量)があります。

その吸盤が、耐えられる限界の重さはコレぐらいですよ!と言う目安です。

この耐荷重量を超えてしまうと落ちやすくなるので、吊るしたい物の重さの確認は重要です。

耐荷重量が分からない場合は、吸盤が大きい方が耐荷重量が大きいと考えましょう!

吸盤で重たいものを吊るす時は、強力な吸盤を使うのがおすすめです。

吸着面を水洗いしてゴミを取り除く

しゅんのアイコン画像しゅん

貼り付ける前に吸着面を水洗いして、ゴミを取り除くのもおすすめです。

貼り付ける前に吸着面を水洗いして、ゴミを取り除きましょう。

吸着面にホコリなどのゴミが付着していると、隙間が出来やすくなります。

キレイにしたら、先程紹介したハンドクリームや補助版を利用して設置します。

特に新品の場合、見えないゴミも多いのでしっかり水洗いするのが大切です。

熱湯につけて吸着力を復活させる

しゅんのアイコン画像しゅん

形が変形しているように感じる時は、熱湯につけるのがおすすめです。

吸盤が変形していると、上手に密着することが出来ません。

元の形に戻すために、5分~6分程度熱いお湯につけるを試してみましょう。

熱いお湯に注意が必要ですし、水気を拭き取る際に汚れないように注意しましょう。

ジェルタイプのココピタを利用してみる

しゅんのアイコン画像しゅん

吸盤がどうしても落ちてしまう場所では、万能ジェルパッドのココピタが役立ちます。

ココピタは吸盤ではなくジェルパッドなので、密着力が違うんです。

また壁面を傷つけることが少ないので、両面テープを使いたくない賃貸等でも使えます。

場所を選ばずに使えるので、是非試してみるのがおすすめです。

『ココピタ』の詳細はコチラ⇒

吸盤をピタッと貼り付ける裏ワザ

しゅんのアイコン画像しゅん

吸盤をピタッと貼りつける裏ワザは下記の通りです。

落ちない吸盤の取り付け方
  1. 水をつけて隙間を無くす
  2. ハンドクリームで隙間を無くす
  3. 専用の吸盤用補助版を利用する

順番に解説していきます。

水につけて隙間を無くす

しゅんのアイコン画像しゅん

一番簡単な方法は、吸盤の吸着面に水をつけてみることです。

水は隙間を埋めてくれるので、吸盤が落ちにくくなります。

この時に、取り付ける場所も同じように水をつけるのが効果的です。

汚れを落とすことも出来ますし、一番最初に試したい方法です。

ハンドクリームをつけて隙間を無くす

しゅんのアイコン画像しゅん

水をつけても落ちてしまうときは、ハンドクリームを試してみましょう。

ハンドクリームは水に比べて揮発するスピードが遅いので、隙間を長い時間に渡って埋めてくれます。

どのご家庭にもハンドクリームはあると思うので、ぜひ試してみてください。

壁面に跡が残る場合があるので、貴重な家具等に使用するときは注意しましょう。

専用の補助板を使う

しゅんのアイコン画像しゅん

水やハンドクリームで落ちてしまう時は、専用の補助版を活用してみましょう。

補助版を利用すると、ポコポコ・ザラザラした壁紙でも平面を作ることが出来ます。

より密着力が強くなるので、吸盤が落ちてしまう可能性が低くなるでしょう。

吸盤専用の補助版は様々発売されていますが、おすすめは『スーパー補助板』です。

剥がしやすいタイプでなので、特に賃貸の部屋などの方におすすめの補助版です。

またペースト状の『ピタッ!とPeel』という商品もあります。

普通の補助版が使えない所でも形を変えて使用出来るのでおすすめです。

まとめ

吸盤を落ちなくする方法と、つかない時にピタッと貼り付ける裏ワザを紹介しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

吸盤は非常に使い勝手もよく、値段も安いですが、落ちたり外れる点が難点ですよね!

そんな時は水やハンドクリームを利用したり、吸盤専用の補助版を活用してみましょう。

また『吸盤』には耐荷重が決められているので、しっかりと選ぶのも落ちなくする方法の1つです。

ただ、今回紹介した方法でも難しい場合は、強力タイプの吸盤を利用するのが良いかもしれません。

その場合は次の記事『強力なのに跡がつかない吸盤フック④選!キッチンやお風呂におすすめ』を確認してみましょう。



目次(タップで移動できます)
閉じる