MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

MacBook Pro用キーボードカバー『moshi Clearguard』をレビュー

2020 5/30
MacBook Pro用キーボードカバー『moshi Clearguard』をレビュー

この記事はMacBook Pro用のキーボードカバー『moshi Clearguard』をレビューしている記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

MacBook Proにキーボードカバーって必要?いらない?

MacBook Proにキーボードカバーをつけるか悩む方も多いと思います。

しゅんのアイコン画像しゅん

MacBook Proのキーボードは黒いので、指紋などが結構目立つので、カバーがあったほうが良いです。

MacBook Proのキーボード
キーボードが黒いので、指紋等の汚れが付きやすい

その点を考えると、キーボードカバーは絶対に利用すべきアクセサリーだと感じています。

メリット
  • キーボードが汚れない
  • 隙間にゴミが入るのを防げる
  • キータッチの音が静になる
デメリット
  • キータッチが若干重くなる
  • 物によってすぐダメになる
  • 定期的にメンテナンスが必要

もちろんキーボードカバーを取り付けるデメリットもありますが、使ったほうが良いアクセサリーと言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

MacBook Proは冷却用のファンが付いているので、キーボードカバーを取付けても、熱がこもる心配も無いですし。

と言うことで、MacBook Pro用のキーボードカバーとして人気な『moshi Clearguard』を使ってみたのでレビューしていきます。

目次

MacBook Pro用キーボードカバー『moshi Clearguard』をレビュー

『moshi Clearguard』のパッケージ画像
moshi Clearguard』はシンプルなパッケージ

今回レビューするのはmoshi製のMacBook Pro用キーボードカバー『Clearguard MB』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

Amazonで3,080円と、少し高めのお値段です。

他のキーボードカバーに比べると値段が高いですが、人気がある点と激安キーボードカバーだと不安が残ります。

そこで、思い切って購入してみました。

外観や同封品

まず、キーボードカバーの外観や同封品についてチェックしていきます。

『moshi Clearguard』の外観は透明度が高め
若干白っぽさがあるが、透明度は高い

moshi Clearguard』の外観は、シリコン製で若干白っぽさはありますが、透明度が高めです。

厚みが約0.1mmしか無いので非常に薄く感じますが、横に引っ張っても破れたりすることは無いでしょう。

キーボードカバー以外に同封されているものは無いですが、特に困ることは無いでしょう。

取り付け方法

パッケージは、曲がったりしないようにプラスチックのカバーで保護されています。

輸送途中に折れ曲がる心配は無いかと思います。

『moshi Clearguard』を取り出した様子
折り曲がらないように梱包されている

取り付ける前に、曲がっている心配は無いハズです。

しゅんのアイコン画像しゅん

値段が高いですが、曲がったりしないように考えれている印象です。

『moshi Clearguard』のシール
上下の青い線がシールの部分

moshi Clearguard』の上下にシールがあります。

このシールをしっかりと貼り付けることで、キーボードカバーが外れないように設計されています。

しゅんのアイコン画像しゅん

シールの保護で青くなっていますが、外すと透明なので見た目では分からなくなります。

まず最初にキーボードをしっかりキレイにします。

MacBook Proのキーボード
キーボードをしっかり掃除するのが大切

隙間にゴミがあるとしっかり密着しないですし、貼り付けるシールの粘着力が弱くなります。

しゅんのアイコン画像しゅん

キーボードカバーをセットする前に、しっかり掃除するのがポイントです。

『moshi Clearguard』のシール
まずはシールの裏紙を剥がす

上下2箇所のシールを剥がして、キーボードに貼り付けます。

しゅんのアイコン画像しゅん

シールを強い力で貼り付けると歪みやすいので、軽く押さえる程度に貼り付けましょう。

取り付けは非常に簡単ですし、貼り直しが可能なので特に難しくなく貼り付け出来ます。

『moshi Clearguard』を取り付け後のキーボード
『moshi Clearguard』を取付けても、見た目はほぼ同じ

取り付けた後のキーボードの外観は、ほぼ変わりません。

そのため違和感なく使えるはずです。

薄くてキータッチが静かになるが、若干重くなる

しゅんのアイコン画像しゅん

まず最初に感じたのは、キーボードカバーを取り付けても違和感が少ない点です。

非常に薄く、取り付けた後のキータッチは静かになるので、静かな場所で利用する場合などに効果がありそうです。

しゅんのアイコン画像しゅん

ただキーボードカバーを使わない場合に比べて、若干キータッチが重たくなります。

タイプミスが増えるほど重たい訳ではないですが、若干重たくなる感じがありました。

シールで貼り付けるので、ズレない

しゅんのアイコン画像しゅん

利用して、ズレたり浮いたりしないので快適に使えます。

moshi Clearguard』は上下2箇所をシールで貼り付けるタイプなので、キーボードがズレません。

『moshi Clearguard』の側面
『moshi Clearguard』は浮いた感じも無い

しっかり取り付けると、浮いた感じが無いのも好印象です。

MacBook Proが汚れず、水洗い出来るので耐久性が高い

しゅんのアイコン画像しゅん

『moshi Clearguard』を使い始めてから、キーボードの汚れが気にならなくなりました。

本体が汚れたり、傷つかないだけで安心感が違います。

また汚れてしまっても水洗いが可能なので、清潔に保つことが出来ます。

『moshi Clearguard』は水洗いも可能
『moshi Clearguard』は水洗いも可能

実際に何度か水洗いをしてみましたが、キレイに汚れが取れますし、耐久性も高く破れることはありません。

2020/02/17 追記 1年使って交換しました。

moshi Clearguard』を購入してから、1年経過しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

1年利用するとさすがに汚れが目立ち、以前より固くなってきました。

1年間利用した『moshi Clearguard』
1年間利用すると、汚れが取れなくなってきた

使用頻度にもよりますが、毎日利用すると1年程度で交換するのが良さそうです。

価格が3,080円で1年ごとに交換すると、毎月約256円の価格になります。

しゅんのアイコン画像しゅん

月250円と考えると、安く使えるかな?という印象です。

まとめ

MacBook Pro用キーボードカバー『moshi Clearguard』をレビューしました。

しゅんのアイコン画像しゅん

キーボードカバーが必要?いらない?って迷っているなら、ぜひ購入しましょう。

キーボードカバーを利用すると、MacBook Proを汚さずに使えますし故障のリスクも減ります。

またMacBook Proは冷却用のファンが付いているので、熱がこもる心配もありません。

価格が3,080円と高いですが、1年間利用すると考えると毎月250円ほどで利用可能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

MacBook Proを汚さない安心感と、快適に使える点を考えると良い選択では?と思います。

しゅん

しゅん

MacBook Proを汚さない安心感と、快適に使える点を考えると良い選択では?と思います。

MacBook Proを大切に使うためにも、ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次
閉じる