おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【要チェック】Amazonプライムの家族会員はバレる?【デメリットや注意点を徹底解説】

この記事はAmazonプライムの家族会員はバレる?デメリットや注意点について解説している記事です。

悩む人

家族がAmazonプライムの会員にだから、家族会員に招待してもらおうと思うんだけど、どうかな?利用履歴とかバレるのが気になるんだけど・・・

と言う疑問に答えます。

Amazonプライムは、特典やメリットが多く非常にお得ですよね!

しゅん

家族会員になれば、同じ特典を利用できるとイメージしますが、出来ないことやデメリットも多いんです。

そこでこの記事では、Amazonプライムの家族会員はバレるのか?デメリットや注意点を解説していきます。

Amazonプライムの家族会員に興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【要チェック】Amazonプライムの家族会員はバレる?【購入・閲覧履歴はバレないけど家族以外の共有は危険】

まず結論から。

しゅん

Amazonプライムの家族会員はバレるのか?2つのケースに分けて解説します。

Amazonプライムの家族会員はバレる?
  1. 購入履歴や閲覧履歴は正しい使い方でバレない
  2. 別居家族や家族以外と共有はバレるかも

順番に解説します。

その① 購入履歴や閲覧履歴は正しい使い方でバレない

まず最初に購入履歴や閲覧履歴はバレるのか?解説していきます。

しゅん

購入履歴や閲覧履歴は正しい使い方をするとバレることはありません。

具体的には自分のIDやパスワードは自分だけが使う、共有のパソコンではログアウトするだけで問題解決です。

と言うのも、本人と家族が別のアカウントを利用していれば、購入履歴や閲覧履歴がバレることがないんです。

バレる危険あり
バレない対処法
  • 家族で1つのアカウントを共有する
  • 共有するPCでログアウトしない
  • 本人だけがアカウントを使う
  • 共有するPCは必ずログアウト
しゅん

このように正しい使い方をすれば購入履歴や閲覧履歴がバレることはないでしょう。

その② 別居家族や家族以外と共有はバレると危険

次に家族会員を別居の家族や家族以外と共有した場合について解説します。

しゅん

システム上は家族以外と共有可能ですが、バレるとペナルティを受ける危険があります。

と言うのも、Amazonのヘルプに書くの記載があります。

プライム会員は、同居家族を2人まで追加して特定の特典を共有することができます。

Amazonヘルプ&カスタマーサービス

同居以外の家族と共有することは可能ですが、良識を持って利用するほうが良いでしょう。

しゅん

最悪の場合はアカウントが凍結される可能性もありますし、仮にそうなっても文句が言えません。

トラブル防止のためにも、正しい使い方をしたほうが良いでしょう。

\\Amazonのおトクなサービス//

ー30日間無料体験はこちらー

関連記事【得か損か】Amazonプライム会員はひどい!意味ない?【どっちなのか悩む人にメリットを解説】

【要チェック】Amazonプライムの家族会員のデメリットや注意点を徹底解説

それでは次にプライム家族会員のデメリットや注意点について解説します。

しゅん

具体的には下記の③つに注意が必要です。

家族会員のデメリット
  1. プライムビデオやミュージック、キンドルは使えない
  2. 学生ならPrime Studentの方がおトク
  3. 家族会員が2人から1人しか登録できなくなる

順番に解説します。

デメリット① プライムビデオやミュージック、キンドルは使えない

プライムビデオのイメージ

まずAmazonプライムの特典であるプライムビデオやミュージック、キンドルは家族会員が利用することが出来ません。

しゅん

プライムビデオやミュージックの利用を考えている人が多いと思うので、この点には注意が必要です。

もちろんプライムビデオの無料視聴が出来ないだけで、課金すれば家族会員でも利用可能です。

しかし、無料で映画やドラマを見たい!と考えていると思うので、この点には注意が必要となっています。

デメリット② 学生ならPrime Studentの方がおトク

Prime Studentのイメージ

また学生の場合は、プライム会員の中でも学生だけが加入できるPrime Studentと言うプランがあります。

しゅん

全ての特典が利用できて、料金が安くて、無料体験期間も長いです。

\\Prime Studentの料金//

プラン料金月額換算無料体験期間
年払い2,450円204円6ヶ月
月払い250円500円6ヶ月
しゅん

このため学生さんの場合は、家族会員になるよりもおトクだと思います。

Prime Studentの支払い方法

もちろん注意点もあって、申込みの際に学校の学籍番号もしくは、学生用メールアドレスを登録する必要があります。

しゅん

無料体験は6ヶ月間と長いですし、料金は安いので家族会員よりもおトクだと思います。

\\学生ならPrime Student//

ー6ヶ月間無料体験はこちらー

関連記事【秘技】Prime Studentは学生じゃなくても登録できる?【嘘でペナルティを受けないための注意点】

デメリット③ 家族会員が2人から1人しか登録できなくなる

また家族会員に登録できる人数が2人から1人に変わった点もデメリットです。

しゅん

アマゾン公式のヘルプページにこのような記載があります。

2019年11月7日又はそれ以降の日付にて、Amazonの家族会員プログラムがより充実した内容へと変更されます。

変更にあたっては、ご登録できる家族会員の人数は2名から1名となりますのでご留意ください。

詳細については、後日発表いたします。

Amazon公式 ヘルプページ

詳細についての発表が行われていないので、詳しいことはまだわかりません。

しゅん

しかし家族会員の人数が少なくなってしまうので、ちょっと使い勝手が悪くなるかな?と思います。

\\Amazonのおトクなサービス//

ー30日間無料体験はこちらー

Amazonプライムに会員登録すると出来ること【家族会員よりメリットが多い】

一方で、Amazonプライムに加入するとより多くの特典を利用することが可能です。

しゅん

本会員が利用できる特典は下記の通りです。

プライム会員の特典
  1. 無料の配送特典⇒対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料で利用できる
  2. 特別取扱商品の取扱手数料が無料⇒Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になる。
  3. Prime Video⇒会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。
  4. Prime Videoチャンネル⇒月額定額料金で各チャンネルを視聴できる
  5. Prime Music⇒追加料金なく、200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを利用できる
  6. Amazon Photos⇒Amazon Driveに写真を容量無制限で利用できる
  7. Amazonフレッシュ⇒生鮮食品から日用品まで、まとめてお届けしてくれる
  8. プライム・ワードローブ⇒ファッションの対象商品を、購入する前に試着できます。
  9. プライム会員限定先行タイムセール⇒タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できる
  10. Prime Reading⇒対象のKindle本を追加料金なしの読み放題で利用できる
  11. Amazon Music Unlimited⇒Amazon Music Unlimitedのの割引、お得な年額料金プランで利用できる
  12. ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など⇒Amazonファミリー特典を利用できる
  13. Prime Gaming⇒Twitchを利用すると、毎月、witch.tvで無料ゲーム、ゲーム内コンテンツ、及び、1件の無料チャンネル登録を取得できます。
  14. プライムペット⇒ペット情報にあわせた情報、おすすめ商品およびお得なセール情報が分かる
  15. プライム限定価格⇒一部の対象商品を、通常の価格よりも割引されたプライム限定価格で買える。
しゅん

このように非常に多くの特典を利用できます。

家族会員の限定された特典よりも充実しているので、非常におすすめです。

\\プライム会員の料金//

プラン料金月額換算無料体験期間
年払い4,900円408円1ヶ月
月払い500円500円1ヶ月
しゅん

1ヶ月間の無料体験が出来ますし、家族会員の特典で物足りない人は、本会員に登録したほうが良いでしょう。

\\Amazonのおトクなサービス//

ー30日間無料体験はこちらー

関連記事【Amazonプライム会員】登録できない時の対処法【原因は②つ】

まとめ

Amazonプライムの家族会員はバレるのか?デメリットや注意点を解説しました。

しゅん

Amazonプライムの家族会員はバレるのか?2つのケースに分けて解説しました。

Amazonプライムの家族会員はバレる?
  1. 購入履歴や閲覧履歴は正しい使い方でバレない
  2. 別居家族や家族以外と共有はバレるかも
しゅん

正しい使い方をすればバレることは無いでしょう。

しかし家族会員には制限があり、デメリットも存在します。

家族会員のデメリット
  1. プライムビデオやミュージック、キンドルは使えない
  2. 本会員のアカウントを共有すると利用履歴がバレる
  3. 学生ならPrime Studentの方がおトクだから
  4. 家族会員が2人から1人しか登録できなくなる
しゅん

この点を考えると、家族会員よりもAmazonプライムに登録したほうがお得だと思いませんか?

プライム会員になると利用できる特典は、こんなにいっぱいあります。

プライム会員の特典
  1. 無料の配送特典⇒対象商品のお急ぎ便、お届け日時指定便を無料で利用できる
  2. 特別取扱商品の取扱手数料が無料⇒Amazonプライム対象商品は、一部特別取扱商品の取扱手数料が無料になる。
  3. Prime Video⇒会員特典対象の映画やTV番組が追加料金なしで見放題になります。
  4. Prime Videoチャンネル⇒月額定額料金で各チャンネルを視聴できる
  5. Prime Music⇒追加料金なく、200万曲の楽曲やアルバム、プレイリストを利用できる
  6. Amazon Photos⇒Amazon Driveに写真を容量無制限で利用できる
  7. Amazonフレッシュ⇒生鮮食品から日用品まで、まとめてお届けしてくれる
  8. プライム・ワードローブ⇒ファッションの対象商品を、購入する前に試着できます。
  9. プライム会員限定先行タイムセール⇒タイムセールの商品を、通常より30分早く注文できる
  10. Prime Reading⇒対象のKindle本を追加料金なしの読み放題で利用できる
  11. Amazon Music Unlimited⇒Amazon Music Unlimitedのの割引、お得な年額料金プランで利用できる
  12. ベビー用おむつとおしりふきの15%割引など⇒Amazonファミリー特典を利用できる
  13. Prime Gaming⇒Twitchを利用すると、毎月、witch.tvで無料ゲーム、ゲーム内コンテンツ、及び、1件の無料チャンネル登録を取得できます。
  14. プライムペット⇒ペット情報にあわせた情報、おすすめ商品およびお得なセール情報が分かる
  15. プライム限定価格⇒一部の対象商品を、通常の価格よりも割引されたプライム限定価格で買える。

1ヶ月無料で体験が可能ですし、家族会員よりもおすすめですよ!

下記のリンクから無料体験が可能なので、是非チェックしてみてくださいね!

\\Amazonのおトクなサービス//

ー30日間無料体験はこちらー

まとめ記事【2021年版】Amazonでお得に安く買う方法【おすすめの支払い方法や注意点のまとめ】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる