MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

QNAP製NASの評判・口コミは?【おすすめ機種やSSD対応まとめ】

この記事はQNAP製NASの評判・口コミやおすすめ機種とSSD対応について紹介している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

QNAP製のNASが欲しいなって思っているんだけど、どんな特徴や評判があるのか知りたいな!

という疑問に答えます。

QNAPは台湾のメーカーで、NAS製造の老舗で、本格的な高性能なNASを利用したい人に大変人気があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

NAS本体とHDDが別売りのNASキットが基本で、専用のアプリ等も充実しています。

と言うことで、この記事ではQNAP製のNASのおすすめ機種と、特徴や評判を解説していきます。

目次(タップで移動できます)

QNAP製NASの評判や口コミとは?

最初にQNAP製NASの評判や口コミはどうなのか?まとめていきます

しゅんのアイコン画像しゅん

僕自身がQNAP製のNASに感じる3つの特徴を解説します。

QNAPの特徴
  1. 新しい機能の搭載が早い
  2. 専門知識が必要で中・上級者向け
  3. Synologyより最新技術の搭載が得意

順番に解説します。

その① 新しい機能の搭載が早い

QNAPのNASは新しい機能の搭載が早い印象があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

SSD搭載やPCI Express拡張スロットなど、スピードアップに役立つ機能の搭載が早いです。

そのような最先端モデルのNASが利用したい場合はQNAPがおすすめです。

もちろん、一般向けのスタンダードなモデルなら基本的にCPUやメモリなどの違いだけで、使える機能に大きな違いはありません。

しゅんのアイコン画像しゅん

どのNASを選んでも同じように機能を使える点が魅力です。

その② 専門知識が必要で中・上級者向け

一方で、NASの知識が無いと設定や使いこなすのに苦労します。

しゅんのアイコン画像しゅん

バッファローやIODATAよりも機能は充実していますが、手軽さでは一歩劣ります。

バッファローやIODATAのNASなら、データ保管用としての利用がメインになりますが、QNAPのNASはサーバー機能や仮想化環境を作れるなど、様々な機能があります。

その点で初心者の方より、中・上級者向けのNASと言えます。

その③ Synologyより最新技術の搭載が得意

QNAPとSynologyのNASを比べると、Synology製のNASの方が一般家庭向けに強い傾向があります。

しゅんのアイコン画像しゅん

マルチメディア機能やセキュリティ関係はSynologyの方が優れている印象です。

その反面、QNAPの方が10Gbps接続やM.2 NVMe SSD対応などの機能面で優れています。

しゅんのアイコン画像しゅん

より早いスピードを求めるならQNAPの方が適しています。

関連記事Synology製おすすめNASキット④つ紹介【特徴や評判を解説】

QNAP製NASのおすすめ機種を④つ紹介【コスパ重視から高機能モデルまで】

まずQNAP製NASのおすすめを4つ紹介します。

しゅんのアイコン画像しゅん

2020年におすすめモデルをまとめました。

おすすめのNAS
  1. コスパ重視⇒1ベイタイプの『TS-128A
  2. 速さと安定性重視⇒2ベイタイプの『TS-230
  3. スタンダートモデル⇒『TS-231P
  4. 高性能モデル⇒『TS-453Be
しゅんのアイコン画像しゅん

QNAP製のNASはHDDが別売りのNASキットが基本なので注意しましょう。

NASにおすすめのHDDは【2020年版】NAS用HDDのおすすめはどれ?【スペックやコスパで徹底比較】を参考にしてみてください。

コスパ重視なら『TS-128A』

コスパ重視でQNAP製のNASを選ぶなら『TS-128A』がおすすめです。

HDDは別売りで、1ベイと2ベイモデルの2つがあります。

しゅんのアイコン画像しゅん

NASっぽさがない、おしゃれなデザインが特徴的ですが性能も高いです。

クアッドコアCPUや1GBのメモリを搭載しているおかげで、サクサク動き管理画面のレスポンスも良いです。

1ベイのモデルだとRAIDを組むことは出来ませんが、気軽に利用するエントリーモデルのNASとしては、安価でおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

簡単セットアップマニュアルを見ながら、難なく設定できる点も魅力です。

速さと安定性重視なら『TS-230』

万能モデルのNASを探しているなら『TS-230』がおすすめです。

HDDは別売りで2ベイモデルのみです。

しゅんのアイコン画像しゅん

2020年に発売が開始された新しいモデルです。

Realtek製の1.4 GHzプロセッサと2 GBメモリを搭載しているのでパワフルに動きます。

またコンパクトなのに、熱に効果的で静かな冷却ファンを搭載していて、HDDを搭載する時にドライバー等が不要な点も手軽です。

しゅんのアイコン画像しゅん

万能なNASを探している人に最適です。

スタンダートモデル『TS-231P』

HDDの交換が多い人は『TS-231P』がおすすめです。

HDDは別売りで、1ベイ・2ベイ・4ベイのモデルから選べます。

しゅんのアイコン画像しゅん

ホットスワップに対応しているので、電源を切らずにHDDの交換が可能です。

デュアルコアプロセッサーと1GBのメモリを搭載しているので、快適に使うことが出来ます。

HDDの交換が多い方には、電源を切らずにパッと交換できますし、性能も充実しています。

しゅんのアイコン画像しゅん

スタンダートなNASが欲しい人におすすめです。

高性能モデルなら『TS-453Be』

高性能なNASが欲しいなら『TS-453Be』がおすすめです。

HDDは別売りで2ベイ・4ベイ・6ベイから選べます。

しゅんのアイコン画像しゅん

10GbEの追加もSSDの活用も可能で、高速なストレージ環境が作れます。

内部にPCIeスロットを搭載しているので、将来的に10GBASE-Tに拡張することが可能です。

また、M.2スロットを2つ搭載しておりSSDの搭載も出来ます。

正直、家庭用のNASとしては高機能すぎる気もしますが、高速なストレージ環境を作りたい人に向いています。

しゅんのアイコン画像しゅん

高性能なNASを利用したい人におすすめです。

QNAP製NASのSSD対応は?【できるけど、ちょっと早いかも】

QNAP製のNASは、新しい機能の搭載が早い点です。

しゅんのアイコン画像しゅん

例えばTBS-453DXというモデルだと、M.2 SSDしか搭載できない特徴的なNASといえます。

もちろん3.5インチのHDDを搭載するモデルでもSSDの搭載が可能です。

ただしTrimコマンドに対応している必要があるので、対応状況をしっかり確認しましょう。

今あるNASを利用してスピードアップ出来るので、効果的かと思います。

しゅんのアイコン画像しゅん

SSDだけのNASが普及するのはもう少し先になりそうですし。

その点を考えてSSD化を検討しても良いでしょう。

結論&まとめ

QNAP製NASの評判・口コミと、おすすめを4機種を紹介しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

まずQNAP製NASは下記が特徴的な評判と言えます。

QNAPの特徴
  1. 新しい機能の搭載が早い
  2. 専門知識が必要で中・上級者向け
  3. Synologyより最新技術の搭載が得意

NASを多く製造しているメーカーなので専門知識が必要ですが、使いこなして楽しいと思える機能が多いです。

しゅんのアイコン画像しゅん

その点を踏まえつつ、QNAP製のNASを買うなら下記の4つから選ぶのがおすすめです

QNAP製NASのおすすめ
  1. コスパ重視⇒1ベイタイプの『TS-128A
  2. 速さと安定性重視⇒2ベイタイプの『TS-230
  3. スタンダートモデル⇒『TS-231P
  4. 高性能モデル⇒『TS-453Be

QNAP製のNASは、高性能な機能と管理画面の使いやすさが魅力です。

バッファローやIODATA製のNASに比べて、HDDを別に購入する必要があるので価格は高くなります。

反面、好きな容量やメーカーのHDDを選べますし、交換もカンタンです。

しゅんのアイコン画像しゅん

最先端の機能が搭載されるのも早いですし、SSDの搭載も可能ですよ!

初心者の方には、難しい部分もありますが本格的なNASを組みたい人におすすめと言えます。

ぜひQNAP製のNASを利用してみませんか?

他のメーカーのNASが気になる!と言う方は【2020年版】NASのおすすめ機種を比較【メーカーや性能の選び方】をチェックしてみましょう。

目次(タップで移動できます)
閉じる