この記事では、格安スマホの端末を買い替えた理由と選び方のコツを紹介します。

 

格安スマホに乗り換える時に、使っていたソフトバンクのiPhone6は使えませんでした。

 

ソフトバンクのiPhone6が格安スマホで使えない理由と、新しい機種の選び方を紹介します。

 

この記事を読むと、格安スマホで使う機種の選び方のコツが分かります。

 

格安スマホとは?本当に安くなるの?

格安スマホ 疑問

 

毎月のスマホ料金ってかなり高額ですよね。

 

しかもスマホ本体が古くなったり調子が悪くなったら、新たに買い換える必要があります。

 

月々のスマホ料金にプラスしてスマホ端末の支払いもあると、負担が大きくなってしまいます。

 

しかし格安スマホに乗り換えると、月々のスマホ料金をかなり安くすることが出来るんです。

 

月々の料金はdocomoやAU、ソフトバンクなどとは比べ物にならないくらい安くなります。

端末をそのままで格安スマホに乗り換えても使えない理由

格安スマホ 端末の悩み

 

格安スマホに乗り換える前に契約していた会社がdocomoなら、同じ端末でも使えます。

 

しかし私の場合はソフトバンクのiPhone6を使用していました。

 

iPhone6s以降の端末なら、SIMロックを解除することが出来ます。

 

しかしiPhone6はSIMロックを解除することが出来ないので、新しい端末を購入することになりました。

 

またAU系の端末もそのままでは使えない場合があるので注意しましょう。

POINT

ソフトバンクのiPhone6はSIMロックを解除できない
AUの端末も格安スマホで使えない場合があるので注意!

格安スマホで使いやすい機種を選んだ方法

選び方
ポイント
端末の値段は2万円台がいい感じ
選び方
ポイント
液晶のサイズは5インチ程度が使いやすい
選び方
ポイント
人気があって情報が多い端末を選ぶ

格安スマホに乗り換えるために、ソフトバンクで使っていたiPhone6は使えないと判明しました。

 

新しい機種を購入することになったので、新しい機種を購入する際に重視した点をまとめます。

使いやすいスマホ端末の選び方 ① 価格は2万円台の機種がおすすめ

そもそも新しい機種が欲しいという訳ではなく、格安スマホに乗り換えるには、他の端末が必要でした。

 

長く使うか分からないので、2万円程度の安い本体を探すことにしました。

 

わたし
2万円台の端末で大丈夫かな?

 

わたし
そもそも2万円台で買えるのかな?

 

疑問はありましたが、調べてみると最近は2万円台の機種も沢山あります。

 

なので比較する機種がない!という状況ではありませんでした。

 

しかも探してみると1万円を切るような安いスマホ端末も結構あります。

 

 

使いやすいスマホ端末の選び方 ② 液晶のサイズは5インチ程度が使いやすい

使っていたiPhone6は液晶画面のサイズが、4.7インチというサイズです。

 

わたし
同じぐらいのサイズが使いやすいかも♪

 

わたし
大きいと逆に使い勝手が悪いかも

画面サイズは使い勝手の面でかなり重要です。

 

そこでiPhone6と同じ程度のサイズを基準に選ぶことにしました。

 

iPhone6よりも大きい画面サイズのスマホもありますが、片手での使い勝手が悪くなります。

 

もともと手が大きい方ではないので、あまり大きすぎない画面サイズのスマホ端末を探しました。

 

 

使いやすいスマホ端末の選び方 ③ 情報量は多いほうが安心出来る

困った時に、情報量が多いと助かる時が多いです。

 

わたし
設定方法が分からない

 

わたし
使い方が分からない

 

ネットなどに情報量が沢山あると、解決するのが簡単になります。

 

もちろん自分で頑張れば解決できることも多いですが、簡単に解決するなら情報量が多い方がラクです。

 

そこで人気があり、困ったときに調べられるようなスマホ端末を選ぶことにしました。

POINT

端末選びは3つのポイントを重視した!
特に情報量は大切なポイント

【体験談】スマホ端末選びで重要なコツ

端末候補 中古のiPhone
端末候補 ASUS ZenFone4
端末候補 モトローラ Moto G5 Plus
端末候補 Huawei P9 Lite

 

スマホ端末の選び方で紹介した3つのポイントで4つの機種を候補にしました。

 

この4つの候補の中から、新しい端末を選びました。

安く購入できる中古のiPhone

まず検討したのが中古のiPhoneです。

 

中古のiPhoneはSIMフリーの端末もしくはDocomoの端末であれば、格安スマホで使えます。

 

しかし古い機種で、しかも状態が悪くて2万円前半という価格でした。

 

今までiPhoneだったので、使い方は慣れている点はメリットです。

 

しかしバッテリーの状態や液晶の状態などに不安があります。

 

そこで中古のiPhoneは候補から外しました。

ASUS ZenFone4

iPhoneは断念したので、他の候補は全てAndroidの端末ということになります。

 

Androidの方が選ぶ端末が豊富にあり、まず候補にしたのがZenFone4 MAX です。

価格も2万円台中盤で、画面のサイズも5.2インチなので候補としてはピッタリです。

 

しかもASUSの他の製品を使ったことがあるので、馴染みがあります。

 

しかし、外見があまりカッコよくないんですよね。

 

有力候補ではありますが、決め手に欠ける印象でした。

モトローラ Moto G5 Plus

次にみつけたのがこのMoto G5 Plus です。

単純にモトローラという名前に惹かれました(笑)

 

でも画面サイズが5.2インチなので、条件に当てはまります。

 

しかし値段は高くなるので、その点はデメリットです。

 

今回はあまり高い出費は考えていなかったので、候補から外しました。

 

Huawei P9 Lite

最後に候補にしたのはP9 liteです。

Huaweiは知らない会社でしたが、液晶のサイズも価格も条件に当てはまります。

 

しかも外見がZenFone4 MAXに比べて、シンプルなので自分好みです。

 

Amazonで見た時にベストセラーでもあり、情報量も多くありそうです。

 

P9 liteが1番の有力候補になりました。



格安スマホで使用する端末はP9 liteに決定!

格安スマホ 機種

 

候補に選んだ端末の中で、ASUS ZenFone4とP9 liteで悩みました。

 

ちょうどAmazonセールで安く購入できそうだったので、P9 liteに決定しました。

このP9 liteはHUAWEI(ファーウェイ)というメーカーが作っているスマートフォンです。

 

HUAWEIと聞いても馴染みが無いかも知れません。

 

ですが2016年に4位に日本のスマホシェアを獲得している会社なのです。

 

格安スマホが登場してから、HUAWEIは価格が安い端末で人気が出ています。

 

外見もオシャレだし、実際使ってみると使いやすいので非常にオススメの端末です。



格安スマホでおすすめの機種 HUAWEIのメリット

HUAWEIメリット ① P9 liteはコスパがいい

P9 liteの良いところは何と言っても価格の安さです。

 

私も使っていたiPhoneは10万円前後の価格ですが、正直高すぎる!という実感があります。

 

しかしP9 liteは安いからといって、動作が遅いとかカメラの画質が悪い!と言う事はありません。

 

最初は、2万円のスマホってどうなんだろう?って思っていました。

 

しかし、安いから我慢して使おう!という感じでは使っていません。

 

十分に満足出来る出来栄えです。

HUAWEIメリット ② P9 liteは指紋認証がある

P9 liteは指紋認証が本体の裏側についています。

 

この指紋認証は動作が早くて、触るだけでスマホが起動します。

 

スマホを持ち上げた時に触る場所にセンサーがあるので、使い勝手がいいです。

 

ただ汗をかいていたりすると、ちょっと反応が鈍くなります。

 

その点はiPhoneの指紋認証に比べてちょっと残念かも知れません。

HUAWEIメリット ③ P9 liteは同封物が豪華

まず液晶画面には、開封した時から既に保護シートが貼ってあります。

 

最初から保護シートが貼られているので、貼る時に斜めになったりホコリが入ったりしません。

 

さらに透明なカバーもついて、凄くシンプルなカバーなので、邪魔になりません。

 

もちろん別売りのカバーも販売されているので、お好みのケースに変える事も出来ますが、最初はこれでもいいか!って感じです。

HUAWEIメリット ④ P9 liteは格安SIMの設定が簡単

私のように初めて格安スマホを使うと初期設定が必要です。

 

操作に慣れている人は特に苦労なく出来ますが、慣れていないと、難しく感じてしまいます。

 

しかしP9 liteには、初期設定を簡単に済ませられるように初めから格安SIMのプログラムがプリセットされています。

 

自分でプロファイルを入力しなくても、選ぶだけで初期設定が完了するんです。

 

私が選択したLINEモバイルもプリセットされていたので、選ぶだけの簡単操作でした。

 

この点は格安スマホを初めて購入した方でも安心して使えるポイントだと思います。



格安スマホでおすすめの機種 HUAWEIのデメリット

HUAWEIデメリット ① P9 liteは防水機能がない

P9 liteは防水機能がありませんので、水などには気をつける必要があります。

 

いまは防水機能が付いているスマホも多いので、防水機能があると嬉しかったなぁと思います。

HUAWEIデメリット ② P9 liteはフェリカが付いていない

P9 liteには、フェリカ機能がありませんので、電子マネーを多く使う方には、結構残念なポイントですね。

 

私は電子マネーを使っていないので気にならないですが、是非搭載して欲しかった機能です。

HUAWEIデメリット ③ P9 liteはAU系のSIMが使えない

P9 liteはSIMフリー端末なので使えると思っていたのですがAUのSIMは使えません。

 

この事はHUAWEIのHPにも明記されています。

 

docomoの通信システムと、AUの通信システムが違うのが原因みたいです。

 

もしAUの格安SIMを考えている方はに注意して下さい。



格安スマホの端末を買い替えた理由のまとめ

格安スマホの端末を買い替えた理由を徹底解説しました。

 

ソフトバンクのiPhone6はSIMロックを解除することが出来ません。

 

AUの端末も格安スマホで使えない場合があるので注意しましょう。

 

そこで3つのポイントを重視して新しいスマホ端末購入しました。

 

2万円台のスマホ端末でも不満なく使うことが出来ます。

 

さらに液晶画面に注意すると、使い勝手が良くなります。

 

この他にも情報量に注意すると、困った時に解決するのがラクです。

 

格安スマホに乗り換えを検討している方は、自分に合ったスマホ端末を探してみてくださいね!

 

以上、格安スマホの端末を買い替えた理由を紹介しました。

 

 

 

 

次の記事【どっちがいいの】iPhone・Androidのメリットとデメリットを比較します

 

まとめ【まとめ】格安SIM体験談【契約方法から使い勝手までメリット紹介】