Aさん
壁紙の凹凸で吸盤がつかない

 

Bさん
車の中で吸盤が落ちる

 

このような吸盤が落ちてしまう不満を解決する方法を紹介します。

 

吸盤は便利ですが、落ちると大きな音がしてイライラする時があります。

 

しかも車の中で運転中に急に落ちると事故になる可能性もあって危険です。

 

そこで吸盤がつかない場所でも貼ることが出来るジェルパットを紹介します。

 

【おすすめ】吸盤がくっつかない場所では『ココピタ』を試してみよう

ココピタの紹介

 

そもそも吸盤がすぐに落ちるのは、吸盤と壁との間に隙間が出来てしまうからです。

吸盤がつかない車の中や凹凸が激しい壁紙に試してみたいのは、ジェルパットです。

 

ジェルパットは吸盤よりも密着力が高いので、吸盤よりも落ちにくく作られているからです。

 

ジェルパットには様々な種類の商品がありますが、『ココピタ』という商品がおすすめです。

『ココピタ』は最近発売されたばかりの商品で、最近テレビにも紹介されている注目の商品なのです。

POINT

吸盤がつかない場所で試したいのはジェルパット
ジェルパットは吸盤より密着力が強くおすすめ

万能ジェルパッド『ココピタ』の3つのメリット

ココピタ
メリット
ジェルパットだから吸盤がつかな場所でも使える
ココピタ
メリット
剥がす時に両面テープのように壁紙が汚れない
ココピタ
メリット
水洗い可で繰り返し使える

ジェルパットだから吸盤がつかな場所でも使える

吸盤は押し付けることによって、壁面との間を真空にしてくっついています。

 

そのため気温の変化が激しい場所や、凹凸がある場所は苦手です。

 

しかし『ココピタ』は、ジェルパットなので吸盤より隙間に入り込む力が強いんです。

 

そのため吸盤と比べると、落ちにくいという性質を持っています。

 

つまり『ココピタ』は吸盤が落ちてしまう場所で試してみる価値のある商品なんです。

剥がす時に両面テープのように壁紙が汚れない

『ココピタ』は、両面テープのように貼り付けている訳ではありません。

 

両面テープを壁に貼り付けるのは、簡単だし便利ですが抵抗を感じる人も多いです。

 

Aさん
両面テープは取る時に壁紙も剥がれる

 

Bさん
賃貸なので汚したくない

 

このようなことが原因で、貼り付けるのを我慢する人が多いです。

 

しかし『ココピタ』は接着剤を使っていないので、両面テープよりも壁面を汚す可能性が低いです。

 

つまり『ココピタ』は両面テープよりも壁面を傷めないので、使い勝手が良い商品なんです。

水洗い可で繰り返し使える

両面テープは一度使用すると、再利用することが出来ません。

 

吸盤は再利用できますが、長期間使用すると形が変わって上手く貼り付かない時があります。

 

しかし『ココピタ』は、軽く水洗いするだけで粘着力が復活します。

 

つまり『ココピタ』は何度も再利用できる非常にエコな商品なんです。

 

万能ジェルパッド『ココピタ』の3つのデメリット

ココピタ
デメリット
車内の温度によって落ちる可能性がある
ココピタ
デメリット
凹凸がありすぎるとくっつかない
ココピタ
デメリット
吸盤よりはコストがかかる

車内の温度によって落ちる可能性がある

元々、車の中に貼り付けるのは難易度が高いです。

 

何故なら車内の温度は夏は非常に暑くなるし、冬はかなり寒くなる温度差が激しいからです。

 

つまり『ココピタ』を利用しても、車の環境によってはくっつかない可能性があります。

 

車の中で『ココピタ』を使用する場合は、フロントガラスにサンシェードを使ったり駐車する向きを考えるのがおすすめです。

凹凸がありすぎるとくっつかない

『ココピタ』は、吸盤よりも幅広い場所で使用することが出来ます。

 

しかし凹凸が激しい場所では『ココピタ』でも落ちてしまう可能性が高いです。

 

その場合は貼る場所を凹凸がない所に変えて貼り付けてみましょう。

 

もし壁に穴を開けることが可能なら、ネジ等で固定することを考えましょう。

 

つまり『ココピタ』でも貼り付かない場所は、非常に難易度が高い場所であると言えます。

吸盤よりはコストがかかる

吸盤や両面テープは、安いものでは100円ショップでも販売しています。

 

しかし『ココピタ』は、そこまで安くありません。

 

吸盤を使っている全ての場所を『ココピタ』に変えるには、コストが掛かってしまいます。

 

つまり吸盤を使用する場所と『ココピタ』を使用する場所を上手に使い分けることがポイントです。

 

『ココピタ』でも落ちてしまう時におすすめの方法

はがせる両面テープの使い方

 

>>>【おすすめ】きれいにはがせる両面テープの使い方【強力で手軽です】

 

『ココピタ』を使っても落ちてしまう場所は、貼り付ける難易度が高い場所です。

 

賃貸など、壁を汚したくないために吸盤の使用を考えているかも知れません。

 

しかし、最近は壁を汚さない両面テープが発売されています。

 

吸盤がすぐに落ちてしまう場合は、両面テープも検討しましょう。

まとめ

吸盤がつかない悩みを解決するには『ココピタ』がおすすめです。

 

ココピタは主に3つのメリットがあります。

 

  • ジェルパットだから使い勝手が良い
  • 両面テープのように壁紙が汚れない
  • 水洗い可で繰り返し使える

 

もちろんデメリットもありますが、試してみる価値はあります。

 

Amazonや楽天で気軽に購入できますし、使い勝手が良いので1度試して見て下さい。

 

『ココピタ』を使うと、今まで貼り付けられなかった場所でも貼ることが出来ますよ!

 

以上、吸盤がつかない場所に貼る方法を紹介しました。

 

 

 

 

次の記事【おすすめ】落ちない吸盤ベスト④【使いやすい吸盤を紹介します】

 

まとめ【まとめ】部屋を整える方法【収納・整理術のコツを徹底解説】

 

【節約術】振込手数料を無料にする方法
note logo

振替手数料が高い・・・

 

 

自分の口座の間で移したいだけなのに・・

ATMを往復して移動するのが面倒・・

 

 

そんな振込手数料を0円にする方法

紹介しています。

 

 

* 公開記念 キャンペーン実施中です♪