Amazonサイバーマンデー

でこぼこの壁や壁紙に吸盤をつける方法【くっつかない所でも簡単です】

でこぼこの壁や壁紙に吸盤をつける方法【くっつかない所でも簡単です】

この記事は『でこぼこの壁や壁紙に吸盤をつける方法』を紹介しています。

壁のでこぼこで吸盤がつかない
壁紙でも使える吸盤ってある?

と言う悩みに答えます。

吸盤は便利ですが利用する場所によってはすぐに落ちたり、上手に使えないときがありますよね!

そこで『でこぼこの壁や壁紙に吸盤をつけることが可能なおすすめの万能ジェルパッド・ココピタ』を紹介しています。

吸盤が落ちる場所でも使いたい!』という方は、是非参考にしてみて下さい。

『吸盤がつかない!』の解決方法はコチラ⇒

『吸盤がつかない!』を解決する方法【落ちる・外れる時に復活させるコツ】 『吸盤がつかない!』を解決する方法【落ちる・外れる時に復活させるコツ】

でこぼこの壁や壁紙に吸盤をつけるなら『ココピタ』がおすすめです。

まず結論から。

吸盤がすぐに取れてしまう場所は『凹凸があるなど難易度が高い場所』です。

しかしそのような場所ほど、収納スペースとして使い勝手が良かったりしますよね!

そんな吸盤がすぐに取れてしまう場所で試したいのが、万能ジェルパット『ココピタ』です。

ココピタ』は『ジェル製のパッドなので、粘着力が強く吸盤よりも強力』です。

つまり吸盤が取れる場所ほど、活躍するんです。

万能ジェルパッド『ココピタ』とは?

万能ジェルパッド『ココピタ』は『粘着力が強いジェルで出来ている製品』です。

接着剤を使用せずに貼り付けるので壁を傷めることがありません。

また水洗いすることで何度でも繰り返し使用することが出来るジェルパッドなんです。

セット内容と購入方法

万能ジェルパッド『ココピタ』は【丸い形のブラック】と【四角い形の透明】の2枚セットです。

現在『Amazon』などで、購入することが出来ます。

万能ジェルパッド『ココピタ』のメリット

『ココピタ』のメリット

  1. 吸盤】が取れる場所でも使える
  2. 剥がす時】に両面テープのように汚れない
  3. 水洗い可】で繰り返し使える
  4. 車内やオフィス】でも使える

吸盤が取れる場所でも使える

吸盤は押し付けることによって、壁面との間を真空にしてくっついています。

そのため気温の変化が激しい場所や、凹凸がある場所は苦手です。

しかし『ココピタ』は『ジェルパットなので吸盤より隙間に入り込む力が強力』です。

そのため吸盤と比べると、落ちにくいという性質を持っています。

剥がす時に両面テープのように汚れない

万能ジェルパッド『ココピタ』は『両面テープのように接着剤で貼り付けている』のではありません。

両面テープを壁に貼り付けるのは、簡単だし便利ですが抵抗を感じる人も多いです。

両面テープは取る時に壁紙も剥がれる
賃貸なので汚したくない

という理由で、貼り付けるのを我慢する人が多いです。

しかし接着剤を使っていないので、両面テープよりも壁面を汚す可能性が低いです。

つまり万能ジェルパッド『ココピタ』は『両面テープよりも使い勝手が良い商品』なんです。

水洗い可で繰り返し使える

両面テープは一度使用すると、再利用することが出来ません。

吸盤は再利用できますが、長期間使用すると形が変わって上手く貼り付かない時があります。

しかし『ココピタ』は、軽く水洗いするだけで粘着力が復活します。

つまり何度も再利用できる非常にエコな商品なんです。

車内やオフィスなどでも使える

万能ジェルパッド『ココピタ』は、家の中だけでなく車内やオフィスでも使えます。

取り外しがラクなので、車内で使用するとスマホをくっつけておくことが出来ます。

また自宅よりも汚したくないオフィス等でも手軽に使用できます。

つまり場所を選ばずにどこでも使用することが出来るんです。

万能ジェルパッド『ココピタ』の3つのデメリット

『ココピタ』のデメリット

  1. 車内の温度によって落ちる可能性がある
  2. 凹凸がありすぎるとくっつかない
  3. 吸盤よりはコストがかかる

車内の温度によって落ちる可能性がある

元々、車の中に貼り付けるのは難易度が高いです。

何故なら車内の温度は夏は非常に暑くなるし、冬はかなり寒くなる温度差が激しいからです。

つまり『ココピタ』を利用しても、車の環境によってはくっつかない可能性があります。

車の中で『ココピタ』を使用する場合は、フロントガラスにサンシェードを使ったり駐車する向きを考えるのがおすすめです。

凹凸がありすぎるとくっつかない

ココピタ』は、吸盤よりも幅広い場所で使用することが出来ます。

しかし凹凸が激しい場所では『ココピタ』でも落ちてしまう可能性が高いです。

その場合は貼る場所を凹凸がない所に変えて貼り付けてみましょう。

もし壁に穴を開けることが可能なら、ネジ等で固定することを考えましょう。

つまり『ココピタ』でも貼り付かない場所は、非常に難易度が高い場所であると言えます。

吸盤よりはコストがかかる

吸盤や両面テープは、安いものでは100円ショップでも販売しています。

しかし『ココピタ』は、そこまで安くありません。

吸盤を使っている全ての場所を『ココピタ』に変えるには、コストが掛かってしまいます。

つまり吸盤を使用する場所と『ココピタ』を使用する場所を上手に使い分けることがポイントです。

でこぼこの壁や壁紙に吸盤をつける方法のまとめ

でこぼこの壁や壁紙に吸盤を付けることが可能なおすすめの万能ジェルパッド・ココピタ』を紹介しました。

ジェルパッドなので壁を汚す可能性が低いです。

また家の中だけでなく、車内やオフィスでも使用することが出来ます。

繰り返し洗って使える点も便利です。

万能ジェルパッド『ココピタ』は吸盤がすぐに悩みを解決する1つの方法です。

Amazonや楽天で気軽に購入できますし、使い勝手が良いので1度試して見て下さいね♪

以上、でこぼこの壁や壁紙に吸盤をつける方法を紹介しました。

『吸盤がつかない!』を解決する方法【落ちる・外れる時に復活させるコツ】 『吸盤がつかない!』を解決する方法【落ちる・外れる時に復活させるコツ】 『コンセント』をすっきり配線する整理術【向きを変えるのがおすすめ】 『コンセント』をすっきり配線する整理術【向きを変えるのがおすすめ】 『突っ張り棒』のおすすめ⑥選【選び方と用途や使い方別に紹介します】 『突っ張り棒』のおすすめ⑥選【選び方と用途や使い方別に紹介します】 強力だけどサッと剥がせる両面テープなら『3M コマンド』がおすすめ 強力だけどサッと剥がせる両面テープなら『3M コマンド』がおすすめ 【2019年版】『Amazon』のセール活用法【割引や開催時期のまとめ】 【2019年版】『Amazon』のセール活用法【割引や開催時期のまとめ】