おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【デメリットは?】家電・家具サブスク(レンタル)の失敗しない選び方や注意点を徹底解説

この記事は、家電・家具レンタルで失敗しない選び方や注意点を紹介している記事です。

悩む人

家電や家具をレンタルしたいんだけど、安く借りる方法ってあるのかな?安いだけで失敗したくないから、しっかりした会社がいいんだけど・・・

と言う悩みに答えます。

最新家電や人気ブランドの家具をレンタルするのが流行っていますが、出来るだけ安く借りたいですよね!

しゅん

しかし家電や家具のレンタル会社はそれぞれ特徴があり、自分に合った会社を選ばないと、安く借りることが出来ないんです。

そこで、この記事では家電や家具レンタルで安く借りる方法として、②つの選択肢を解説しつつ失敗しない方法を紹介します。

安い家電・家具レンタルに興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【デメリットは?】家電・家具サブスク(レンタル)の失敗しない選び方【⑤つのポイント】

まず最初に家電・家具サブスクの失敗しない選び方から解説します。

まず大前提として家電・家具レンタルは、会社によって特色や強みが大きく異なります。

しゅん

会社によって、1日単位でレンタルできる会社や、家電セットを1ヶ月単位で借りられる会社など、様々あります。

そのため用途に合わせて選ぶために、下記の⑤つのポイントを抑えることが大切です。

家電・家具サブスク(レンタル)の選び方
  1. レンタル料金⇒利用料金の支払いが、クレジットカード払いのみの会社や後払いが出来る会社など、様々ある
  2. レンタル期間⇒最初にレンタル期間を設定する会社(延長できる場合も多い)と、1ヶ月単位でレンタルして、終了申請するまで自動更新の会社がある
  3. ラインナップ⇒新品or中古が選べる会社や、利用後にそのまま購入できる会社がある。
  4. 保証やサポート⇒初期不良の対応だけでなく、破損時の免責や交換対応は各社によって異なる場合が多い。
  5. 配送エリア⇒会社によって配送エリアが全国の所と一部地域の所があるので、地方で利用を検討している場合は注意が必要になる

順番に解説します。

その① レンタル料金の支払い【月払いや後払い】

レンタル料金を支払う方法は、クレジットカードや銀行振り込み、後払いなど様々な方法があります。

しゅん

家具レンタルの場合は、クレジットカードでの支払いが基本です。

しかし会社によって、銀行振り込みや後払いなどに対応している場合もあります。

もちろんクレジットカードの場合は手数料が必要ありませんが、後払いなどでは手数料が必要になるので注意が必要です。

しゅん

つまり家具レンタルの場合、クレジットカードでの支払いがスタンダードだと覚えておきましょう。

その② レンタル期間【1日単位or月単位】

レンタル期間は、1日単位で借りられる会社と月単位で借りられる会社に分けられます。

しゅん

1日単位のレンタルに対応している会社は少なくて、月単位で借りる会社の方が多いです。

1日単位でのレンタルは最新家電を試してみたり、運動会などのイベントで利用する家電製品をレンタルするのに適しています。

一方で、月単位でのレンタルは大学生の一人暮らしや単身赴任など、一定期間だけ必要な家電をレンタルするとコストが安くなります。

しゅん

つまり使い方に合わせて、1日単位や月単位のレンタルを利用する必要があります。

その③ 家電・家具のラインナップ【人気の家電・家具】

家電や家具のラインナップも会社によって大きく異なります。

しゅん

人気のルンバやダイソンなどの型番を指定してレンタル出来る会社と、機種が選べない会社など、様々あります。

最新家電など、特定のモデルを利用したい場合は、選べる会社を選択する必要があります。

一方で、家電製品一式を借りたい場合など、モデルを重要視しない場合は気にする必要は少ないでしょう。

しゅん

つまり特定の型番を利用したい場合は、選べる会社を選択しましょう。

その④ レンタル中の保証やサポート【免責や交換対応】

レンタル中の保証やサポートも重要です。

しゅん

修理や交換が無料だったり、最大免責額が設定されている会社、修理にかかった費用の実費が必要な会社など、様々あります。

その費用をカバーするために保険が設定されている会社や、保険不要で保証があるなど、独自のサポート体制が整っている会社もあります。

もちろん小型家電と大型の家具などによって、破損や紛失のリスクが異なりますが、最大免責額が設定されている会社の方が安心でしょう。

しゅん

特に長期間利用する場合は、注意すべきポイントです。

その⑤ レンタル商品の配送エリア【全国配送or一部地域】

配送エリアは、全国対応の会社と一部地域限定の会社があります。

しゅん

大型家電や家具の場合は、地域限定の会社が多いです。

一方で、小型家電で宅急便などで送れるサイズの場合は、全国どこでも利用可能な会社が多いので特に気にする必要はないでしょう。

また発送や返送時に送料が必要な場合もあるので、しっかり確認しましょう。

しゅん

地方で利用を検討している場合は注意が必要になります。

家電・家具サブスク(レンタル)の注意点【基本的な⑤つのポイント】

次に、家電・家具レンタルで失敗しない方法を紹介します。

しゅん

下記の5つのポイントに注意するのが大切です。

家電・家具レンタルで失敗しない方法
  1. 長く利用するほど、購入するよりも高くなる可能性がある
  2. そのまま購入はラクだけど、価格は安くない
  3. 支払い方法が一括or月払いのどちらか?
  4. 新品or中古かどちらか?
  5. 破損や故障時の保証や免責額はあるか?

順番に解説します。

その① 長く利用するほど、購入するよりも高くなる可能性がある

家電・家具レンタルは、長い期間利用するほど、購入するよりもトータルコストが高くなる場合があります。

しゅん

5年や6年間などの長期間利用するなら、購入する方が安くなるでしょう。

そのためどれぐらいの期間利用するか?しっかりと考えたほうが良いです。

ただし大型家電の場合は、レンタルの場合は返却するだけなので手軽ですが、購入した場合は廃棄する時にも費用が必要になります。

しゅん

例えば冷蔵庫や洗濯機は、リサイクル料として数千円の出費が別途必要になります。

引越し時のリサイクルってかなり手間になるので、手軽さで家電・家具レンタルを選ぶのも1つの手だと思います。

その② そのまま購入はラクだけど、価格は安くない

家電・家具レンタルの場合、レンタルで利用していた家電や家具をそのまま購入出来る場合があります。

しゅん

手間なく自分の物になるので手軽ですが、価格面では安いという訳ではない点に注意が必要です。

レンタル後の購入パターンは、大きく下記の2つに分けられます。

レンタル後の購入パターン
  1. 別途見積もりで購入⇒購入を相談すると、使用期間等を考慮して別途見積もりしてくれる会社
  2. 決まった価格で購入⇒価格からレンタル料金分を差し引いた値段で買える会社
しゅん

どちらのパターンでも、家電量販店で安く買うよりも高い場合がほとんどです。

定価と同程度の値段なので、安く買うのには適していないので、レンタルと購入は分けて考えた方が良いでしょう。

その③ 支払い方法が一括or月払いのどちらか?

家電・家具レンタルの会社の中には、複数の支払い方法が選べる場合があります。

しゅん

前金で一括払いが必要な会社や月払い・後払いが出来る会社もあります。

支払いパターン
  1. 一括前払い⇒最初に全額を一括で支払うので支払い後の負担が減るが、最初の負担は大きい
  2. 月払いや後払い⇒毎月一定額を支払うので初期費用が少なくて済むが、毎月の支払いが必要

どちらの方法が良いか?とは一概には言えませんが、レンタルする時には注意すべきポイントです。

しゅん

最近は動画や音楽のサブスクリプションと同じように家電や家具をレンタルする人も多いです。

学生さんなどの場合は、最初に一括で支払ったほうが安心かもしれませんね。

その④ 新品or中古かどちらか?

家電や家具レンタルで借りれる商品は、中古品の場合や新品の場合があります。

しゅん

感覚的には中古品の方が多いですが、どちらか選べる会社もあります。

商品やレンタル期間によって、中古でも気にならない場合も多いです。

しかしキレイな状態の商品をレンタルしたい場合や、他人が使った後だと気になる!という方は注意が必要です。

その⑤ 破損や故障時の保証や免責額はあるか?

家電や家具を使っていると、破損や故障などが発生する場合があります。

しゅん

そんな時のために保証や免責額が設定されていると安心です。

例えば、故意ではない故障や破損などの場合は、費用が必要ない場合が多いです。

しかし盗難や紛失の場合は、実費が請求される場合があるなど、各社によって違いがあります。

しゅん

持ち運びが出来る家電などをレンタルする場合は、注意が必要です。

家電・家具レンタルを安く借りる②つの選択肢【短期or長期】

それでは家電・家具レンタルで安く借りれる2つの選択肢を解説します。

しゅん

1ヶ月以上の長期利用におすすめの会社と、1日単位の短期利用におすすめの会社に分けて紹介します。

安く借りれる家電・家具レンタル
  1. かして!どっとこむ ⇒1ヶ月以上の長期利用におすすめで、家電・家具セットもあり選びやすい
  2. Rentio ⇒1日単位での短期利用におすすめで、最新のルンバやダイソン、ホットクックなども選べる

順番に解説します。

その① かして!どっとこむ【1ヶ月以上の長期利用におすすめ】

単身赴任や一人暮らしをスタートさせる場合は、かして!どっとこむ がおすすめです。

しゅん

必要な家電が揃った家電セットや、勉強に必要なデスクセットなどを1ヶ月単位で借りることが出来ます。

公式サイト借りられる商品ジャンルを見てみる

1つ1つの家電を別々に借りるよりも安いですし、新品や中古のどちらかを選ぶことが出来ます。

また全国配送に対応しているので、東京や大阪などの都市部以外でも利用できる点が魅力です。

しゅん

電球や電池などの消耗品は無料提供ですし、途中でサイズ変更も可能になっています。

1ヶ月以上、長期利用するなら非常におすすめできる家電・家具レンタルです。

\\単身赴任におすすめの家電・家具セットが充実//

その② Rentio【1日単位での短期利用におすすめ】

1日単位で最新家電をレンタルするならRentio がおすすめです。

しゅん

最短で3泊4日から利用できるので、最新家電を試したり運動会などのイベント時に重宝します。

借りられるのはルンバやダイソンなどの最新家電や、ビデオカメラ・一眼レフなどをレンタルできます。

公式サイト借りられる商品ジャンルを見てみる

全国配送してくれて、発送時や返送時の送料は無料ですし、17時までの注文で当日発送とスピーディーに到着します。

しゅん

破損時の免責額は2,000円までになっていますし、1日単位の短期利用なら一番おすすめです。

\\最新家電のお試し利用もおすすめ//

結論&まとめ

家電・家具サブスク(レンタル)の失敗しない選び方と注意点をまとめました。

しゅん

家電・家具レンタルを安く利用するには、使用用途に合わせてレンタル会社を選ぶことが大切です。

家電・家具サブスク(レンタル)の選び方
  1. レンタル料金⇒利用料金の支払いが、クレジットカード払いのみの会社や後払いが出来る会社など、様々ある
  2. レンタル期間⇒最初にレンタル期間を設定する会社(延長できる場合も多い)と、1ヶ月単位でレンタルして、終了申請するまで自動更新の会社がある
  3. ラインナップ⇒新品or中古が選べる会社や、利用後にそのまま購入できる会社がある。
  4. 保証やサポート⇒初期不良の対応だけでなく、破損時の免責や交換対応は各社によって異なる場合が多い。
  5. 配送エリア⇒会社によって配送エリアが全国の所と一部地域の所があるので、地方で利用を検討している場合は注意が必要になる
しゅん

また、実際に借りる前に下記のポイントを理解すると失敗が減ります。

家電・家具レンタルで失敗しない方法
  1. 長く利用するほど、購入するよりも高くなる可能性がある
  2. そのまま購入はラクだけど、価格は安くない
  3. 支払い方法が一括or月払いのどちらか?
  4. 新品or中古かどちらか?
  5. 破損や故障時の保証や免責額はあるか?

2020年に利用すべき家電・家具レンタルのおすすめは、下記の記事で解説しているので、是非参考にしてみて下さい。

関連記事【2021年版】家電・家具サブスク(レンタル)のおすすめを比較【選び方や注意点も徹底解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる