『ロジクール m950t』レビュー【便利で役立つおすすめの復刻マウス】

『ロジクール m950t』レビュー【便利で役立つおすすめの復刻マウス】

この記事はLogicool(ロジクール)のマウス『m950t』をレビューしている記事です。

ロジクール m950tは使いやすい?
ロジクール m950tは買うべき?

という疑問に答えます。

この記事を読むとLogicool(ロジクール)のマウス『m950t』の【メリット】や【デメリット】がわかります。

また【SetPoint】や【Unifying Software】などのドライバのインストール方法も分かります。

Logicool(ロジクール)のマウス『m950t』とは?

created by Rinker
ロジクール
¥6,627 (2019/08/21 22:41:14時点 Amazon調べ-詳細)

Logicool(ロジクール)のマウス『m950t』の概要

正式名称Performance Mouse MX
ボタン数9ボタン
バッテリー単3エネループ(交換可能)
センサー タイプ不可視レーザー (Darkfield)
ドライバSetPoint・Unifying ソフトウェア

高性能ワイヤレスマウス『ロジクール m950t

このマウスは合計で9つのボタンを自由にカスタマイズすることが可能ところが最大の特徴です。

さらに高性能のDarkfieldレーザーが、わずかな凹凸も読み取る事が可能なので、ガラス面など、場所を問わずに動作します。

つまり場所を選ばず、どこでも使えるマウスです。

Logicool(ロジクール)のマウス『m950t』に同封されているもの

ロジクールM950t 梱包品
m950t本体」「USB充電ケーブル」「Unifyingレシーバー」「取扱説明書・活用ガイド」が同封品です。

Logicool(ロジクール)の【SetPoint】や【Unifying Software】のダウンロード方法

ロジクール m950t』にはドライバは同封されていないので、ロジクールのサイトからダウンロードする必要があります。

ダウンロードするのは【SetPoint】と【Unifying Software】の2つです。

SetPoint】が無いと、ボタンのカスタマイズが出来ませんし【Unifying Software】が無いと、マウスとPCを接続できません。

この2つのドライバを必ずダウンロードしましょう。

Logicool(ロジクール)のマウス『m950t』のメリット

『m950t』のメリット
  1. ガラス面など場所を選ばずに使える
  2. 9つのボタンを自由に設定できる
  3. 電池は単3のエネループなので交換できる

ガラス面など場所を選ばずに使える

M950t 背面

ロジクール m950t』のセンサーは「不可視レーザー (Darkfield)」です。

そのためガラス面や白いデスクでも使用することが可能です。

以前使っていた「ロジクール M720 トライアスロンマウス 」はIKEAの白いデスクでは使えませんでした。

この『m950t』は問題なく使えているので、かなり高性能なセンサーだと思います。

9つのボタンを自由に設定できる

M950t ボタン カスタマイズ設定

ロジクール m950t』では9つのボタンを自由にカスタマイズして使用することが可能です。

個人的には、コピーや貼り付け等を使うことが多いので、使いやすいように設定しています。

パソコンを効率化する方法は「ヨッセンス」のヨスさんが書かれた『効率化オタクが実践する 光速パソコン仕事術』がおすすめです。

電池は単3のエネループなので交換できる

M950t バッテリー

 

ロジクール m950t』のバッテリーは、単3のエネループが搭載されています。

30日間使用可能だそうですが、長時間使っているので2週間ほどで充電が必要になる印象です。

マウスの上部にUSBのコネクタがあるので、そこから充電することが可能です。

また搭載されているバッテリーは交換可能なので、自宅に単3のエネループがあるなら、交換して使用することも可能です。

マウス本体に入れたままで充電も可能なので、使い方に合わせて使えるのがいいですね!

今はエネループも安いので、予備で購入するのもおすすめです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥720 (2019/08/21 22:41:15時点 Amazon調べ-詳細)

Logicool(ロジクール)のマウス『m950t』のデメリット

『m950t』のデメリット
  1. zoomボタンが間違えやすい
  2. スクロールボタンの左右がクリックしにくい

zoomボタンが間違えやすい

M950t ボタン

ロジクール m950t』の親指ボタンはかなり近い所に配置されています。

最近は慣れましたけど、ボタンの押し間違いが発生します。

もう少し離した場所に配置してくれていたら、使い勝手が良かったです。

スクロールボタンの左右がクリックしにくい

M950t スクロールボタン

ロジクール m950t』のスクロールの左右のボタンは「コピー」と「貼り付け」にカスタマイズしています。

しかしこの左右ボタンのクリック感が全く無いので、ちょっと使い勝手が悪く感じます。

もう少しクリック感があると、より使いやすくなりそうです。

『m950t』は場所を選ばず使えるので使い勝手がよくおすすめ

『m950t』のまとめ
  1. ガラス面など場所を選ばずに使える
  2. 9つのボタンを自由に設定できる
  3. 電池は単3のエネループなので交換できる

安いマウスでは苦手の、凹凸が無いデスクでも使用できるので『ロジクール m950t』は非常に満足感が高いマウスです。

9つのボタンを自由にカスタマイズ出来て、使い勝手が非常に良いです。

バッテリーは単3のエネループなので、自由に交換できる点もメリット!

マウスの動きが悪くて悩んでいる方や、ボタンのカスタマイズがしたい方は『m950t』が本当におすすめです。

created by Rinker
ロジクール
¥6,627 (2019/08/21 22:41:14時点 Amazon調べ-詳細)

 

人気記事セールの活用やおトクに買い物したいなら『Amazon Prime』がおすすめ

人気記事おすすめのホームルーター③選【工事不要で簡単にWi-Fi環境が作れます】