この記事は『MacBook Pro(2018)』を購入したので【選び方】と【カスタマイズ】のポイントを紹介します。

 

MacBook Pro(2018)ってカスタマイズすべき?

 

カスタマイズのポイントが知りたい

 

という疑問に答えます。

 

2019年のお買い物で一番満足感が高い『MacBook Pro(2018)』を購入したので【カスタマイズのポイント】をまとめました。

購入した『MacBook Pro(2018)』の概要

 

今回購入したのは13インチの『MacBook Pro(2018)』で【Touch Bar あり】モデルです。

 

合計で【236,544円】とかなり高額ですが、1月2日限定の初売りで購入したので『24,000円分のApple Storeギフトカード』を貰えたので、おトクに購入できました。

 

Apple製品は値引きが少ないので『購入するなら初売りが一番の狙い目』でしょう。

 

2018年モデルの『MacBook Pro』を買うなら【Touch Bar あり】モデルがおすすめ

2018年モデルの『MacBook Pro』を買うなら【Touch Bar あり】モデルを買うべきです。

 

『MacBook Pro』を購入する時の一番迷うポイントですよね!

 

しかし、2018年のアップデートで【Touch Bar あり】モデルは『2018年にアップデートされてCPUが2コア⇒4コアに強化』されました。

 

そのため『使用している時にサクサク動いてほしいor長い期間使うつもり!』というなら【Touch Bar あり】モデルを購入しましょう。

 

もちろん金額は【Touch Bar なし】モデルが安いですが、CPUが2コアのままですし【touchID】がありません。

 

Touch Bar なし】モデルを買うなら『新品で購入するよりも整備済製品の方が良い』と思います。

 

2018年モデルの『MacBook Pro』を買うなら【CPU】はカスタマイズしなくてOK

2018年モデルの『MacBook Pro』を買うなら【CPU】はカスタマイズしなくてOKです。

 

【CPU】のカスタマイズは金額ほど、実感できる性能の差はありません。

 

元々『第8世代の2.3GHzクアッドコアIntel Core i5プ‍ロ‍セッサ』に強化されていますし、金額ほど性能の差を感じることは出来ないでしょう。

 

重い作業をするとか、強いこだわりが無ければ『CPUはカスタマイズしなくてもOK』です。

 

2018年モデルの『MacBook Pro』を買うなら【メモリ】を『8GB』から『16GB』にカスタマイズしよう

2018年モデルの『MacBook Pro』を買うなら、メモリを【8GB】から【16GB】にカスタマイズしましょう。

 

複数のアプリを同時に開いている時などに、メモリの容量の差は大きく現れます。

 

メモリは多ければ多いほどサクサク動きますし『MacBook Proのメモリは後から増設することが不可』です。

 

そのため購入後の動作が重くてイライラしたくないなら、メモリは【16GB】にアップグレードしましょう。

 

+22,000円(税別)】が必要ですが、カスタマイズすべきポイントです。

 

2018年モデルの『MacBook Pro』を買うなら【ストレージ(SSD)】は自分の使い方に合わせよう

『MacBook Pro』のストレージ(SSD)の容量は、自分の使い方に合わせましょう。

 

Touch Bar あり】モデルは一番少ない容量が【258GB】ですが、基本的にはこの容量でOKです。

 

しかし写真や映像を多く保存する人はさらに多い容量も検討しましょう。

 

『MacBook Pro』は【iCloud】に保存することも多いですし、【iCloud】の容量を増やすほうがおすすめです。

 

2018年モデルの『MacBook Pro』を買うなら【カラー】は『スペースグレイ』がおすすめ

2018年モデルの『MacBook Pro』を買うならカラーは【スペースグレイ】がおすすめです。

 

深みのある色で落ち着きがありますし、おしゃれに見えるのは【スペースグレイ】です。

 

もちろん【シルバー】も悪くないですが、シルバーカラーのPCは結構多いので・・・

 

まとめ :『MacBook Pro(2018)』はカスタマイズすると満足度がアップします♪

MacBook Pro(2018)』の購入レビューをまとめました。

 

Apple製品は値段が高いので『可能なら初売りで購入するとギフトカードが貰えておトク』です。

 

また、長く使うことを考えるならメモリを【16GB】にカスタマイズすることを強くおすすめします。

 

動作が重くてイライラする!』となる原因の多くは、メモリです。

 

そのため【+22,000円(税込)】が必要ですが、カスタマイズをすると快適に使えます。

 

CPUはカスタマイズ不要ですし、ストレージはの容量は好みに合わせてカスタマイズしましょう。

 

是非、参考にしてみてくださいね!

 

 

次の記事『『MacBook Pro(2018)』を使って分かった14個のメリットとデメリット』では使って分かった【メリット】と【デメリット】を詳しくまとめています。

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

おすすめの記事