PCの起動が遅くなったので『MacBook Pro(2018)』を買ってみました

2014年の夏に購入したVAIOのPC

長い間活躍してくれましたが、起動やら動作が遅くなってきたので、新しいPCを購入することにしました。

PCの購入が久しぶりなので『最近のPCは何があるんだろう?』というリサーチから、購入した『MacBook Pro(2018)』のレビューまでのまとめです。

最近のPCは何がある? Window PCのトレンド

最近発売されているWindowPCは、非常に値段が安いです。

海外製PCで良ければ5万円前後から購入できて10万円前後でかなり高性能のPCが買えます。

それに対して国産メーカーのPCは10万円以上が基本で価格的には高め。

国産PCに思い入れがなければ、外国製のPCのコスパが良いです。

【Dell】Inspiron 14

最初に候補に上がったのがコレ、DELLの『Inspiron 14』です。

ベーシックな形のノートPCで【SSD】を標準搭載しているので読み込み速度が速いです。

メモリも【8GB】なので長く使えそうな感じ。

10万円以内の予算なら、満足感の高いノートPCだと言えます。

こんな人におすすめ

  • ベーシックなノートPCを探している人
  • コスパが高いPCを探している人

【Acer】Swift3

次の候補がコレ、Acer製『Swift3』です。

DELLのPCよりも若干おしゃれな雰囲気があります。

性能は似ていて【SSD】を標準搭載していて、値段もほぼ同じ程度です。

見た目のおしゃれなPCを使いたいなら、有力な候補です。

こんな人におすすめ

  • おしゃれなノートPCを使いたい人
  • 購入時のカスタマイズとか面倒な人

【マイクロソフト】Surface 6

3つめの候補がコレ、マイクロソフト製『Surface 6』です。

マイクロソフト製の安心感がありますし、見た目のおしゃれなPCです。

スペックは非常に良く、256GBの【SSD】と8GBの【メモリ】を搭載しています。

キーボードとモニタが分離するのでタブレットのように使うことも出来ます。

こんな人におすすめ

  • タブレットのように使いたい人
  • おしゃれに使いたい人

最近のPCは何がある? Mac PCのトレンド

MacのノートPCは、Windowと比較すると値段は高めです。

でもおしゃれですしアプリ等の使い勝手も良さそうなので、候補を探してみました。

【12インチ】MacBook

画面サイズが12インチのMacは価格が1番安いです。

とにかく軽いので持ち運びが多い人には魅力的ですが、メモリが【8GB】までしか搭載できないので、重い作業は苦手かもしれません。

こんな人におすすめ

  • Macは使いたいけど予算が厳しい人
  • 小さくて軽いノートPCが欲しい人

MacBook Air(2018)

『MacBook Air』はスタンダートな見た目と性能のバランスが良いノートPCです。

2018年に【CPU】の性能向上や【Touch ID】の搭載などアップグレードされました。

普段使うノートPCとしては、十分な性能ですし、たまに重い作業も出来ます。

こんな人におすすめ

  • Macを使いこなしたい人
  • たまに重い作業をする人

MacBook Pro(2018)

『MacBook Pro』は重い作業が多くても遅くならない性能が魅力です。

見た目も非常に美しくて【Touch Bar】がある機種もあります。

迷ったらコレを買っておけば間違いない!』という感じ

長く使うことを考えると1番魅力があります。

こんな人におすすめ

  • 重い作業が多い人
  • 長く使いたい人

『MacBook Pro(2018)』を買ってみました

6つの候補の中から選んだのは『MacBook Pro(2018)』の【Touch Bar】ありモデルです。

候補の中で、1番値段が高い機種になってしまいました。

6つの機種を比較した時に1番欲しいと思ったのと、長く使うことを考えるとトータルで安くなりそうだと思ったことが理由です。

初売りで『Apple Storeギフトカード』が貰える点が後押しでした。

Apple製品は安くならないですからね!

【Touch Bar 】ありモデルにした理由

Touch Bar】は『MacBook Pro』を購入する時の一番迷うポイントですよね!

しかし、2018年のアップデートで【Touch Bar あり】モデルは『2018年にアップデートされてCPUが2コア⇒4コアに強化』されました。

長く使うことを考えると、少しでも高性能な方がメリットが多いですし【touchID】もついています。

パスワード入力が非常にラクでセキュリティ面も安心なので【Touch Bar】ありモデルがおすすめです。

『MacBook Pro(2018)』はカスタマイズすべきか?

MacBook Pro(2018)』は基本スペックが高いので、大きなカスタマイズは不要です。

唯一カスタマイズすべきは【メモリ】で『8GB⇒16GB』にカスタマイズするのがおすすめです。

メモリは後から追加できないので『重くなっても解消する方法は買い換える』しか方法がありません。

+22,000円(税別)】が必要ですが、後悔したくないなら、カスタマイズしましょう。

また【CPU】をカスタマイズしても体感で違いを感じることは少ないでしょう。

SSD】は、自分の使う容量に応じて選ぶのがおすすめですが、【iCloud】等を使う方がラクなので【256GB】のままにしました。

NAS】を活用すれば使い勝手も良いですし。

『新品』と『Apple認定整備済製品』のどちらを選ぶべきか?

『新品』と『Apple認定整備済製品』のどちらを選ぶべきか?

『Apple認定整備済製品』には、大きな魅力があります。

安く買えますし、Appleが整備しているので、安心感があります。

ただ問題点は『欲しい機種を購入するのは、非常に難しい』ところです。

機種のラインナップは、その時によって変わりますし、人気機種は速攻で売り切れます。

『MacBook Pro』が欲しいと思って『Apple認定整備済製品』をしばらく見ていました。

機種が追加される時間には決まりが無いみたいで、見つけるのに結構苦労しました。

運良く欲しい機種があっても『購入画面に進んだら、売り切れていた・・・』と私には難易度が高かったです。

難易度は高いので『粘るか、妥協して他の機種でも良い人』はチャレンジすると良いかも知れません。

6つの機種を比較して『MacBook Pro(2018)』を買いました

新しいPCを欲しいと思ってから数ヶ月がかりで『MacBook Pro(2018)』を購入しました。

6つの候補の中から、比較的早く『MacBook Pro(2018)』にしようと決めたのですが『Apple認定整備済製品』を探したりして時間がかかりました。

2019年の初売りでやっと購入できたので『Apple Storeギフトカード』の存在がありがたかったです。

これでやっとサクサク動くPCで快適に作業が出来そうです。

以上、『MacBook Pro(2018)』の購入体験談でした。

 

人気記事セールの活用やおトクに買い物したいなら『Amazon Prime』がおすすめ

人気記事工事不要で『Wi-Fi』環境を作るなら『ホームルーター』がおすすめ