この記事は『見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』を買ってみたので、そのレビューです。

 

おしゃれな電源タップが欲しい!

 

アダプタが干渉して、差込口が全部使えない!

 

という悩みはありませんか?

 

見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』は、そんな悩みを解決することが出来ます。

 

『見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』の概要

『見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』とは?

見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』は、エレコムが発売している電源タップです。

 

電源タップとは思えない丸い形をしていて、デザインは、2017年にグッドデザイン賞を受賞してます。

 

一番の特徴は『コンセント差込口の間隔が広い』ため、大きなアダプタを利用しても、干渉しません。

 

つまり『アダプタ同士が大きすぎて、ぶつかる!見た目の良い電源タップが欲しい!』という方には最適な選択肢になるでしょう。

 

『見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』のラインナップ

『見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』のラインナップは4つあります。

 

カラーが『ホワイトorブラック』そしてコードの長さが『1.5mor2.5mの2種類』です。

 

購入したのは『ホワイトカラーの1.5m』で【Amazonで991円】と電源タップとしては標準的なお値段です。

 

Amazonの価格が見れる『Keepa - Amazon Price Tracker』で確認すると、タイムセールには出品されて無いようなので、いつ購入しても良さそうです。

 

 

この他にも通常の電源タップと同じ長方形のデザインの商品もあります。

 

 

高級感があり、おしゃれな電源タップ

見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)

 

パッケージを開封した第一印象は『光沢感があり、軽くて扱いやすい電源タップ』でした。

 

電源タップ特有のダサい感じが無いので、見えるところに置いても、気にならない感じです。

 

表面と違って裏側は普通ですけど。

 

大きいアダプタでもぶつからずに使える

『見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』アダプタを付けた画像

 

大きいアダプタが邪魔にならずに使えるか?』を試してみました。

 

USBの充電器(Anker)と電波時計のアダプタとAmazon Echoのアダプタを同時に接続してみます。

 

差込口が対角線で配置されているので、サイズの大きなアダプタを利用しても、干渉しません。

 

電源タップの差込口は空いているのに、アダプタが邪魔で利用できない!』と言うことは無さそうです。

 

『ホコリシャッター』でホコリの侵入を防げる

おしゃれなデザインだけでなく機能も充実しています。

 

コンセントの差込口には【ホコリシャッター】が装備されていて、電源タップの中にホコリが入りにくい構造になっています。

 

使用していない差込口から、ホコリが入るのを防げるので、安心です。

 

L字プラグで『絶縁キャップ』付きなので火災防止に役立つ

家のコンセントと接続するプラグは【L字】です。

 

壁にピタッとなり、邪魔にならないですし根本の部分には【絶縁キャップ】が装備されています。

 

隙間からホコリの侵入を防げるので、トラッキング火災の危険も減りそうです。

 

 トラッキング火災とは『プラグの根本のホコリが原因で発生してしまう発熱・発火する現象』のことです。

 

『見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』はデザインだけでなく、機能も優秀♪

『見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』をレビューしました。

 

電源タップは使うことが多いですが、アダプタが大きいと干渉して、全ての差込口を使えない時が多いです。

 

しかもおしゃれなデザインの物が少なく、見た目が良くないですよね!

 

『見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』は、見た目が良いのに加えて、対角線に差込口が配置されているので、アダプタ同士が干渉しません。

 

発熱・発火に備える機能が充実していて、安心感』もあります。

 

お値段も他の電源タップと同じぐらいなので、ぜひ試してみてくださいね♪

 

個人的には満足感が高い、いい買い物でした!

 

この記事が気に入ったら
フォローしよう

おすすめの記事