『Audible(オーディブル)』で聴く読書

『無線LANルーター』のおすすめ⑨選【選び方と間取り別に比較】

『無線LANルーター』のおすすめ⑨選【選び方と間取り別に比較】

この記事は自宅用の『無線LANルーター』のおすすめ⑨選として、選び方や間取り別(戸建てやマンション・アパート)などにおすすめの機種を比較している記事です。

『無線LANルーター』選び方のポイントは?
自分の家の間取りに合う『無線LANルーター』が知りたい!

という疑問に答えます。

『無線LANルーター』は種類も多く価格も違うので、どれを選べばいいか分からないですよね!

そこで『選び方のポイントと間取り別(戸建てやマンション・アパート)におすすめの機種』を紹介します。

無線LANルーターはどれがいいの?』と感じている人は、是非参考にしてみて下さい。

【2019年版】『無線LANルーター』おすすめの選び方

まず結論から。

『無線LANルーター』はかなり完成度が高まっていて、メーカーによって【性能】や【機能】に大きな違いがありません。

最新の【メッシュWi-Fiルーター】以外は【価格のバランス】と【部屋の間取り】に合わせて機種を選ぶと、満足度が高い機種を選べます。

【間取り】に合わせて選ぶ

『無線LANルーター』を選び方で1番大切なのは『利用する部屋の間取りに合わせた機種を選ぶこと』です。

機種によって電波を飛ばせる能力が変わるので『リビングでは使えるけどベッドルームには届かない!』状態になる可能性があります。

ざっくり言うと『値段が高くなるほど遠くまで飛ばせる』と考えて良いです。

マンションやアパートでは、5,000円以下の安い無線LANルーターでも問題ありません。

しかし一軒家では、1万円以上の無線LANルーターを購入するのがおすすめです。

【接続台数】を確認する

『無線LANルーター』には『同時に接続できる台数の目安として接続台数』があります。

同時に利用する台数が多くなると、無線LANルーターはスピードが低下する傾向があります。

最近はWi-Fiを利用する家電製品も増えているので『接続台数が多い機種を選ぶと快適に使える』でしょう。

つまり接続台数は多いほうが、Wi-Fiの利用が増えても安心と言えます。

【規格】を確認する

規格通信速度メリットデメリット
IEEE802.11b11Mbps障害物に強い速度が遅い
IEEE802.11g54Mbps障害物に強い干渉を受けやすい
IEEE802.11a54Mbps速度が早い障害物に弱い
IEEE802.11n300Mbps速度が早い干渉を受けやすい
IEEE802.11ac6.9Gbps有線と同等の速度障害物に弱い

現在発売されていて、凄く安い機種や古い機種以外は『基本的にWi-Fiの規格の全てに対応している』ので、気にしなくてもOKです。

無線LANルーターの規格には『11n・11g・11a・11b・11ac』などがあります。

この中で11ac規格は『現在使える規格の中で一番スピードが早くしかも同時接続にも強いこと』がメリットです。

快適に無線LANルーターを使いたいなら、最新規格である11ac規格に対応しているか?を確認しましょう。

【国内メーカー】がおすすめ

『無線LANルーター』は『基本的に国内メーカー製の機種を選ぶ』のが良いでしょう。

海外メーカー製のネットワーク機器は、色々とニュースになることが増えました。

なので『無線LANルーターが使えればOK』という方は、国内メーカーの中からを選びましょう。

国内メーカー製の機種だから、価格が高いことは無いので。

もちろん、デジタル製品が好きな方は『ASUSやNETGEAR』などを選ぶと、より細かく設定が出来たり、楽しみが増えます。

【2019年版】『無線LANルーター』おすすめ【一軒家の間取り】

一軒家で障害物があり、2階建てや3階建ての場合は『アンテナが付いているタイプ』の『無線LANルーター』を選ぶのがおすすめです。

アンテナが付いていると『電波を飛ばす方向を変えられるので、ベッドルームの方に向ける!』等が出来て、より電波が届きやすくなります。

価格的には【1万円前後】の機種が目安です。

バッファロー『AirStation WXR-1901DHP3』

バッファロー製の『AirStation WXR-1901DHP3』はアンテナが外付けタイプの『無線LANルーター』です。

電波の方向を自由にカスタマイズ出来ますし、家電ノイズを自動回避する機能や通信混雑を自動で回避する機能もあります。

一軒家で利用するのに最適な機種です。

AUSU『RT-AC68U』

RT-AC68U』は台湾のメーカーASUSの『無線LANルーター』です。

ASUSは『PCやスマホも販売していて、ネットワーク系の機種に強い会社』です。

国内メーカー製の機種より高性能で、機能も豊富なので動画やデータのダウンロード等が多い方におすすめです。

最新の【メッシュWi-Fi】化することも可能なので、将来性もあります。

バッファロー『AirStation WXR-2533DHP2』

バッファロー製の『AirStation WXR-2533DHP2』はアンテナが4本付いている『無線LANルーター』です。

家のサイズが大きい場合や電波が届かない部屋があるなど『電波の問題でイライラしたり悩みたくない方』におすすめです。

電波の入りが悪くて後から【中継機】等を購入するなら、このWi-Fiルーターを購入する方が安く済みます。

【2019年版】『無線LANルーター』おすすめ【マンションやアパートの間取り】

マンションやアパートなど、障害物が少なくて一軒家ほど広くない場合は『アンテナが付いていないタイプ』の機種で十分に使えます。

このタイプの無線LANルーターの価格は、5,000円前後が目安です。

バッファロー『AirStation WHR-1166DHP4』

バッファローの『AirStation WHR-1166DHP4』は価格が【5,000円程度】と、かなり安く購入できる『無線LANルーター』です。

アンテナ内蔵型の機種ですが、ビームフォーミング機能が搭載』されていて、電波を適切に届けてくれます。

『Amazon』でも人気の機種ですし、価格も安いので使い勝手が良い機種です。

NEC『PA-WG1200CR』

NEC製の『PA-WG1200CR』はアンテナ内蔵型でコンパクトな『無線LANルーター』です。

5,000円以下】で購入できる価格の安さと、機能のバランスが良い機種です。

サイズが小さいので、置き場所にも困らない機種と言えます。

バッファロー『WSR-2533DHP2-CB』

バッファローの『WSR-2533DHP2-CB』は、丸みを帯びて柔らかい印象の『無線LANルーター』です。

カラーが【ブラック】だけでなく【ゴールド】もあるので、カラーによって大きく印象が変わります。

値段が【1万円前後】になりますが、電波を飛ばせる距離やスピードが速い特徴があります。

ちょっと広めの【マンション】や【平屋の家】で利用するのにおすすめの機種です。

【2019年版】『無線LANルーター』おすすめ【最新のメッシュWi-Fi】

メッシュWi-Fiとは『家全体で快適なWi-Fi環境を作れるルーター』のことです。

具体的には『Wi-Fiルーターを1台ではなく複数台設置することで、電波が途切れたり遅くなるのを防ごう!』という考え方です。

2017年あたりから家庭用でも機種が販売されるようになり、まだ発展途上な感じがします。

しかし【スマート家電】などWi-Fiを活用したい人には非常に効果的です。

バッファロー『AirStation connect WTR-M2133HP/E2S』

バッファロー製の『AirStation connect WTR-M2133HP/E2S』は一台の親機と2台の子機で構成されているメッシュWi-Fiです。

価格が【3万円以上】と高いですが、家の中で快適なWi-Fi環境を簡単に作れます。

国内メーカー製の安心感があり、形も可愛らしいので邪魔にならないデザインが特徴です。

メッシュWi-Fiを導入するなら、まず候補にしたい機種です。

TP-Link 『Deco M9 Plus』

TP-Link 製の『Deco M9 Plus』はメッシュWi-Fiの中で価格が安めの機種です。

2万円台後半】の価格に加えてセキュリティ機能が充実しています。

スマート家電等を利用する時は『ウィルスやマルウェア(悪質なソフトウェア・コード)から守ることが非常に大切』です。

その点で『Deco M9 Plus』は、トレンドマイクロのアンチウィルス機能を搭載しているので安心感があります。

他の機種がセキュリティが甘い訳ではありませんが、ホームセキュリティを重視するなら最適な選択肢になるでしょう。

NETGEAR 『RBK23-100JPS』

NETGEAR製の『RBK23-100JPS』はメッシュWi-Fiで一番人気の機種です。

親機が1台と子機が2台のセットになってます。

価格が【3万円】前後とメッシュWi-Fiとしては標準的な値段ですが、高性能でスピードが早く快適に使えます。

デザインが若干ゴツくて大きいのが気になりますが、メッシュWi-Fiを買うならこの機種を選べば間違いないでしょう。

『無線LANルーター』よりおすすめ!回線工事が不要で価格が安い『モバレコAir』

『無線LANルーター』は家に回線を引いて、毎月数千円の支払いが必要です。

しかし最近はホームルーターと言う『コンセントに差し込むだけでWi-Fi環境をつくれる端末』が発売されています。

『SoftBank Air』や『WiMAX』など複数ありますが、おすすめは『モバレコAir』です。

機能や中身は『SoftBank Air』と同じなのに『月額料金が1,970円から使える点が魅力』と言えます。

詳しくは『『モバレコAir』の評判・口コミ【特徴・詳細・速度・料金を詳しくレビュー】』で解説しているので、是非参考にしてみてください。

『モバレコAir』の詳細はコチラ⇒

『モバレコAir』の評判・口コミ【特徴・詳細・速度・料金を詳しくレビュー】

【2019年版】『無線LANルーター』のおすすめ⑨選のまとめ

『無線LANルーター』の『選び方のポイントと間取り別(戸建てやマンション・アパート)におすすめの機種』を紹介しました。

特徴として無線LANルーターは『完成度が高く、メーカーによって大きな違いが出にくい商品』のため、『部屋の間取りや価格のバランスを重視』すると満足感が高い買い物が出来ます。

一軒家なら【1万円前後】の機種が目安で、マンションやアパートは【5,000円前後】の機種がおすすめです。

さらに価格は【3万円前後】と高くなりますが、部屋全体をカバーするメッシュWi-Fiもおすすめです。

スマート家電が発展することを考えると、魅力があります。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

以上、『無線LANルーター』おすすめを⑨つ紹介しました。

『最強の無線LAN子機』のおすすめを紹介【USB型と内蔵型の選び方】 『最強の無線LAN子機』のおすすめを紹介【USB型と内蔵型の選び方】 『モバレコAir』の評判・口コミ【特徴・詳細・速度・料金を詳しくレビュー】 【2019年版】『Amazon』のセール活用法【割引や開催時期のまとめ】 【2019年版】『Amazon』のセール活用法【割引や開催時期のまとめ】 Amazon Echoのおすすめはどれ?【⑨種類の違いを比較しました】 Amazon Echoのおすすめはどれ?【⑨種類の違いを比較しました】 【2019年版】格安SIMおすすめランキング【メリット・デメリット解説】 【2019年版】格安SIMおすすめランキング【メリット・デメリット解説】