MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

【2020】無線LANルーターのおすすめ④選【マンションや一人暮らし向け】

2020 5/29
【2020】無線LANルーターのおすすめ④選【マンションや一人暮らし向け】

この記事は主にマンションやアパートなどの一人暮らし向けにおすすめの無線LANルーターを紹介している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

無線LANルーターって、種類が多すぎてどれを選べばいいのか?わからないんだけど、どう選べばいいの?

という疑問に答えます。

無線LANルーターは非常に種類が豊富で、どれを選べばいいのか?難しいですよね!

しゅんのアイコン画像しゅん

実際、無線LANルーターは種類が多いので、選び方が難しいです。

そこでこの記事では無線LANルーターの中で、主にマンションやアパートなどの一人暮らしにおすすめの無線LANルーターを紹介します。

一人暮らし用の無線LANルーターを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

目次

無線LANルーターの選び方とは?【マンションや一人暮らし向け】

まず結論から。

しゅんのアイコン画像しゅん

マンションやアパートなどの部屋用の無線LANルーターは、小型で価格も安いモデルで大丈夫です。

マンションやアパートなど、部屋のサイズが小さいサイズで利用するので、一軒家用のモデルほどの性能は不要です。

具体的には下記の4つのポイントに合わせて選びましょう。

選び方のポイント
  1. 自宅の間取りに合わせる
  2. 接続台数に合わせる
  3. 規格を確認する
  4. 国内メーカー品がおすすめ

それでは、順番に解説していきます。

一軒家用の無線LANルーターは一軒家におすすめの無線LANルーターは?【2階・3階建て向けの⑥選】で解説しています。

【2020】無線LANルーターのおすすめ④選【マンションやアパート向き】

しゅんのアイコン画像しゅん

それでは2020年にマンションやアパートなど一人暮らしにおすすめの無線LANルーターを紹介します。

おすすめの無線LANルーター

マンションやアパートなど、障害物が少なくて一軒家ほど広くない場合は、アンテナが付いていないタイプの機種で十分に使えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

このタイプの無線LANルーターの価格は、5,000円前後が目安です。

I-O DATA『WN-DX1167R/E』

まず最初に紹介するのはI-O DATA製の『WN-DX1167R/E』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

非常にコンパクトで、価格が安いのが特徴的な無線LANルーターです。

価格が安いですが、マンションなどのワンルームで利用するなら十分な性能を有しています。

最新のIPv6やIEEE802.11acに対応していますし、ネットフィルタリング機能もあるので、小さい子供がいる家庭でも安心です。

しゅんのアイコン画像しゅん

安価で高機能な無線LANルーターが欲しい人におすすめのモデルです。

商品名WN-DX1167R/E
メーカーI-O DATA
スピード867Mbps(11ac 2×2)
300Mbps(11n)
機能ビームフォーミングW
MU-MIMO
ネットフィルタリング
有線LANポート×4
特徴IPv6対応モデル
サイズ150mm×83mm×157mm
重量約250g

バッファロー『WCR-1166DS』

次に紹介するのはバッファロー製の『WCR-1166DS』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

非常にコンパクトで、無線LANルーターっぽさがない、デザインが特徴的です。

サイズが小さいのに性能が高い点が特徴的で、最新のIEEE802.11acに対応しています。

狙って電波を届けるビームフォーミングにも対応していて、マンションなどの一人暮らしの方におすすめです。

商品名WCR-1166DS
メーカーバッファロー
スピード867Mbps(11ac 2×2)
300Mbps(11n)
機能ビームフォーミング
専用アプリでカンタン設定
自動アップデート対応
特徴サイズが非常にコンパクト
サイズ50mm×110mm×109mm
重量約139g

エレコム『WRC-1167GHBK-S』

次に紹介するのがエレコム製の無線LANルーター『WRC-1167GHBK-S』です。

シンプルな無線LANルーターですが、高機能のモデルと言えます。

有線LANポートは全てギガビットに対応していて、最新のIEEE802.11acにも対応しています。

しゅんのアイコン画像しゅん

コスパで考えると、一番オススメできる無線LANルーターです。

商品名WRC-1167GHBK-S
メーカーエレコム
スピード867Mbps(11ac 2×2)
300Mbps(11n)
機能ビームフォーミングZ
ギガ対応有線LANポート
特徴コスパが良い無線LANルーター
サイズ130mm×26mm×182mm
重量約230g

バッファロー『WSR-1166DHPL2/N』

最後に紹介するのが、バッファローの『WSR-1166DHPL2/N』です。

しゅんのアイコン画像しゅん

Amazonでも人気が高く、ランキング1位の無線LANルーターです。

アンテナ内蔵型の機種ですが、ビームフォーミング機能が搭載されていて、電波を適切に届けてくれます。

IPv6に対応していてギガ対応の有線LANなど、基本性能は非常に高いです。

しゅんのアイコン画像しゅん

ワンルームで利用するのに一番おすすめのモデルです。

商品名WSR-1166DHPL2/N
メーカーバッファロー
スピード867Mbps(11ac 2×2)
300Mbps(11n)
機能ビームフォーミング
MU-MIMO
有線LANポート×4
特徴IPv6対応モデル
サイズ55mm×159mm×130mm
重量約256g

無線LANルーター選び方のコツ

マンションや一人暮らしにおすすめの無線LANルーターを紹介しましたが、もっと自分に合った端末が欲しい!と感じる人も居ると思います。

しゅんのアイコン画像しゅん

そこで、僕自身が無線LANルーターを選ぶ時に気をつけている選び方のコツを紹介します。

選び方のコツ
  • 間取りに合わせるのが一番大切
  • 接続台数もかなり重要
  • WiFi規格は念の為確認する
  • 安心感を求めるなら国内メーカー製がおすすめ

マンションやアパートの間取りに合わせるのが一番大切

しゅんのアイコン画像しゅん

いちばん大切なのは、自宅の間取りに合わせることです。

マンションやアパートの場合は一軒家よりも狭いので、必要な電波の強さが小さくて済みます。

そのため基本的には、電波の方向を変えられるアンテナが外付けのモデルはオーバースペックになります。

そのため、マンションやワンルーム向けの無線LANルーターを選ぶようにしましょう。

しゅんのアイコン画像しゅん

具体的には、無線LANルーターの推奨環境を参考に選ぶのがおすすめです。

無線LANルーターには、どれぐらい電波が届くのか?が書いてあるので参考にしましょう。

また、価格面で目安を決めるのもおすすめで、マンションやアパートでは、5,000円以下の安い無線LANルーターでも問題ありません。

接続台数もかなり重要

しゅんのアイコン画像しゅん

無線LANルーターには、同時に接続できる台数の目安として接続台数があります。

同時に利用する台数が多くなると、無線LANルーターはスピードが低下する傾向があります。

さらにWi-Fiを利用する家電製品も増えているので、接続台数が多い機種を選ぶと快適に使えるでしょう。

そのため接続台数を考慮した上で、選ぶのも大切といえます。

WiFi規格は念の為確認する

しゅんのアイコン画像しゅん

無線LANには様々な規格があり、速度の速さや障害物の強さが変わります。

規格通信速度メリットデメリット
IEEE802.11b11Mbps障害物に強い速度が遅い
IEEE802.11g54Mbps障害物に強い干渉を受けやすい
IEEE802.11a54Mbps速度が早い障害物に弱い
IEEE802.11n300Mbps速度が早い干渉を受けやすい
IEEE802.11ac6.6Gbps有線と同等の速度障害物に弱い

現在発売されていて、凄く安い機種や古い機種以外は、基本的にWi-Fiの規格の全てに対応しているので、気にしなくてもOKです。

快適に無線LANルーターを使いたいなら、最新規格である11ac規格に対応しているか?を確認しましょう。

ただ、激安ルーターや古いルーター以外は、最新のWiFi規格に対応しているはずなので、念の為確認する程度で大丈夫かと思います。

しゅんのアイコン画像しゅん

念の為、しっかり確認しましょう。

安心感を求めるなら国内メーカーがおすすめ

しゅんのアイコン画像しゅん

無線LANルーターは基本的に国内メーカー品がおすすめです。

無線LANルーターは、基本的に国内メーカー製の機種を選ぶのが良いでしょう。

海外メーカー製のネットワーク機器は、色々とニュースになることが増えました。

なので、無線LANルーターが使えればOKという方は、国内メーカーの中からを選びましょう。

無線LANルーターよりおトクなWi-Fiとは?

無線LANルーターは、家に回線を引いて毎月数千円の支払いが必要です。

しゅんのアイコン画像しゅん

最近はホームルーターと言う、コンセントに差し込むだけでWi-Fi環境をつくれる端末が発売されています。

ホームルーターは、コンセントに差し込むだけでWi-Fiを利用できるようになります。

固定回線のように回線工事も不要で、手軽に利用できる点が魅力です。

メリット
  • 回線工事が不要で手軽に使える
  • 光回線よりも価格が安い
デメリット
  • 光回線ほどスピードは出ない
  • 自宅に据え置きで、持ち運びは不可

『SoftBank Air』や『WiMAX』など複数ありますが、おすすめは『モバレコAir』です。

月額料金が1,970円から使える点が魅力で、キャッシュバックもあり非常にすすめです。

詳しくは『モバレコAir』の実測速度は速い?遅い?【評判や口コミを徹底レビュー】で解説しているので、是非参考にしてみてください。

まとめ

2020最新版の無線LANルーターのおすすめを④つ紹介しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

主にマンションや一人暮らし向けの無線LANルーターは下記の通りです。

おすすめの無線LANルーター

基本的には5,000円程度の無線LANルーターでも、十分に利用することが出来ます。

どれも基本的な性能はほぼ同じですが、それぞれ特徴が異なります。

しゅんのアイコン画像しゅん

この中で一番おすすめは『WSR-1166DHPL2/N』です。

Amazonでも人気が高く、使い勝手とコスパを両立したモデルと言えます。

またこれから固定回線を引くことを考えている方には、ホームルーターもおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

ホームルーターは、回線工事が不要で月額料金が安い点が魅力です。

ホームルーターなら、無線LANルーターの購入も不要になるので、お金の節約にもなります。

ぜひ参考にしてみてください。

目次
閉じる