おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【RAVPower(RP-PC112)】購入レビュー【61Wで小型のUSB充電器】

【RAVPower(RP-PC112)】購入レビュー【61Wで小型のUSB充電器】

この記事はRAVPower製のUSB充電器(RP-PC112)の購入レビューをまとめた記事です。

悩む人

RAVPower製のUSB充電器(RP-PC112)に興味があるんだけど、どうかな?レビューが詳しく知りたいな!

と言う疑問に答えます。

61Wの高出力で、サイズも小型な点で評判なのがRAVPower製のUSB充電器(RP-PC112)ですよね!

しゅん

僕自身、MacBook Proとセットで使えて持ち運びに便利かな?と思って、今回購入してみました。

そこでこの記事では、RAVPower製のUSB充電器(RP-PC112)の購入レビューとして、デザインや出力、使い勝手を詳しく解説していきます。

RAVPower製のUSB充電器(RP-PC112)に興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【RAVPower(RP-PC112)】61WのUSB充電器の評価は?【小型で持ち運びに便利】

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)のパッケージと本体
シンプルなパッケージと本体

まず結論から。

しゅん

小型で持ち運びに便利なので、非常におすすめです。

最近流行りの窒化ガリウム(GaN)を採用しているので、61Wの高出力でも非常にコンパクトなサイズになっています。

そのためMacBook Pro(13インチ)をはじめとした、USB-Cから給電可能なノートPCも急速充電が出来る点が特徴です。

しゅん

ポート数が1つなので複数充電は出来ませんが、持ち運びに便利な小型のUSB充電器を探している人には、非常におすすめです。

\\スペック詳細//

画像RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)
商品名RP-PC112
メーカーRAVPower
カラーブラック/ホワイト
ポート数USB-Cポート×1
出力61W
サイズ49mmx49mmx32mm
重量約105g
RAVPower 61W USB-C急速充電器 RP-PC112(ホワイト)
RAVPOWER

【RAVPower(RP-PC112)】購入レビュー【デザイン・出力・使い勝手】

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)の同封品
本体と説明書2枚のシンプルな構成

それでは順番にRAVPower製のUSB充電器(RP-PC112)を購入レビューしていきます。

しゅん

ここにテキストを入力

RP-PC112の注目ポイント
  1. デザイン⇒窒化ガリウム(GaN)採用でサイズは超小型
  2. 出力⇒61WのハイパワーでMacBook Proも充電できる
  3. 不満点・デメリット⇒同時に複数のデバイスを充電できない

順番に解説していきます。

レビュー① デザイン【窒化ガリウム(GaN)採用でサイズは超小型】

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)とApple純正61W USB-C電源アダプタを比較
比較すると大きさはかなり違う

まずデザインからレビューしていきます。

しゅん

サイズがコンパクトで、質感の良い素材を利用しているので非常におしゃれです。

プラグも折りたたみが可能で、手のひら載せられるサイズです。

窒化ガリウム(GaN)を採用しているUSB充電器なので、このサイズを実現できています。

窒化ガリウム(GaN)とは、次世代の半導体素材で充電効率が良く、発熱も抑えられる点が特徴的です。

『RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)』のサイズ
約5cm×5cmの非常に小さいサイズ
しゅん

サイズに関して僕が普段利用しているApple純正61W USB-C電源アダプタと比較してみます。

スクロールできます
比較Apple純正61W USB-C 電源アダプタRP-PC112
サイズ約750×750×300mm49mmx49mmx32mm
重量約192g約105g
ポート数USB-Cポート×1USB-Cポート×1
最大出力61W61W
価格7,480円(税込)4,799円(税込)

このようにApple純正の急速充電器は、Apple製の安心感以外はサイズは大きめで価格も高いです。

RAVPower製のUSB充電器(RP-PC112)はサイズも小さく、重さも約100g程度なので、持ち運び用として非常に適しています。

しゅん

デザインの部分では小型でコンパクトなので、非常に使い勝手がよく感じます

RAVPower 61W USB-C急速充電器 RP-PC112(ホワイト)
RAVPOWER

レビュー② 出力【61WのハイパワーでMacBook Proも充電できる】

『RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)』の表記
61Wで急速充電が可能

次に出力の部分についてレビューしていきます。

しゅん

61Wの高出力のUSB充電器なので、MacBook Pro 13インチなどのPCでも急速充電が可能です。

しかもPDに対応しているので、最適なパワーでの充電が可能です。

USB PDとはUSBの性能を最大限に引き出す、フレキシブルな電源供給を可能する技術のことです。

例えばMacBook Pro 13インチの場合は、約100分でフル充電が可能です。

このため高出力が必要なPCで利用しても十分利用価値があります。

しゅん

ただしポートの形がUSB-Cなので、iPhoneやiPad miniなど変換アダプタが必要な点には注意が必要です。

スマホなどを充電したい場合は、下記のような変換アダプタがあると便利でしょう。

関連記事usb-cからlightning変換アダプタのおすすめは?【AnkerよりStouchi】

不満点・デメリット【同時に複数のデバイスを充電できない】

『RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)』のポート
通電確認用の青色のLEDもある

最後に不満点・デメリットをレビューしていきます。

しゅん

不満点は少ないUSB充電器ですが、複数のデバイスを充電したい場合には向いていません。

1つのポートしか搭載していないので、同時に充電は出来ないんですよね。

例えば自宅で複数の充電をしたい場合などは、複数のポートを搭載したUSB充電器を探したほうが良いでしょう。

しゅん

例えば僕は、Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQと言う⑤ポートを搭載したUSB充電器を利用しています。

ポート数はUSB-Cポート×1とUSB-Aポート×4
Anker PowerPort I PD – 1 PD & 4 PowerIQ

複数の充電がしたい場合は、このような充電器を選んだほうが良いでしょう。

しゅん

詳しくは下記の記事で解説しています。

関連記事【Anker PowerPort I PD】評価レビュー【60WのおすすめUSB充電器】

まとめ

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)のパッケージと本体
シンプルなパッケージと本体

\\スペック詳細//

画像RAVPower 61W USB-C 急速充電器(RP-PC112)
商品名RP-PC112
メーカーRAVPower
カラーブラック/ホワイト
ポート数USB-Cポート×1
出力61W
サイズ49mmx49mmx32mm
重量約105g

RAVPower製のUSB充電器(RP-PC112)の購入レビューをまとめました。

しゅん

61Wの高出力で小型のUSB充電器なので持ち運びに便利です。

RP-PC112の注目ポイント
  1. デザイン⇒窒化ガリウム(GaN)採用でサイズは超小型
  2. 出力⇒61WのハイパワーでMacBook Proも充電できる
  3. 不満点・デメリット⇒同時に複数のデバイスを充電できない

もちろんポートの数が1つなので、複数の端末を充電したい人には向いていません。

しかし窒化ガリウム(GaN)採用のコンパクトさと、高い充電能力は非常に魅力的です。

しゅん

しかもカラーはブラックとホワイトの2種類から選べる点もメリットです。

小型で高出力のUSB充電器を探している人におすすめです。

是非参考にしてみて下さいね!

まとめ記事はこちら【2021年版】MacBook Proにおすすめのアクセサリー&周辺機器⑦選

↓↓ホワイト・モデル↓↓

RAVPower 61W USB-C急速充電器 RP-PC112(ホワイト)
RAVPOWER

↓↓ブラック・モデル↓↓

RAVPower 61W USB-C 急速充電器(世界最小最軽量クラス)【GaN (窒化ガリウム)採用/折畳式/PD対応】iPhone 11/11 Pro/XR/8、GalaxyS10、MacBook Pro、iPad Proその他USB-C機器対応 RP-PC112(ブラック)
RAVPOWER
【RAVPower(RP-PC112)】購入レビュー【61Wで小型のUSB充電器】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる