MENU
プロフィール背景画像
しゅんの画像
しゅん
モノ系ガジェットブロガー
『暮らしに役立つアイテムを紹介しよう!』をモットーに、様々なデジタル製品やガジェットを利用してきた経験からパソコンや家電に関する情報を紹介しています。

↓主なコンテンツ↓
・ Apple製品(Mac・iPad mini・iPhone)
・ パソコン・周辺機器
・ スマート家電
・ インターネット回線
・ Amazonの裏ワザ

管理人の詳しい情報はプロフィール
を御覧ください。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせまで。

【最新版】格安SIMのお得な会社は③択です【最速・最強はどこがいい?】

この記事は最新版の格安SIMのお得な会社を紹介している記事です。

悩む人のアイコン画像悩む人

格安SIMを使いたいんだけど、どれを選べばいいのかな?最速・最強なのはどこかな?

という悩みに答えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

格安SIMには様々な会社があり、ネットで調べても○社比較とか、結局どれを選べばいいのか?難しいですよね!

そこでこの記事では、最速・最強はどこがいいのか?格安SIMのお得な会社を使い方別に③社紹介します。

今回紹介する③つの格安SIMは、どれを選んでも正解と言えるので、自分の使い方に合わせて選ぶようにしてみてくださいね!

目次(タップで移動できます)

【最新版】格安SIMのお得な会社は③択です【最速・最強はどこがいい?】

まず結論から。

しゅんのアイコン画像しゅん

iPhoneにおすすめの格安SIMは下記の3つです。

おすすめの格安SIM
  1. LINEモバイル⇒通信速度は標準的だが、SNSのデータ消費量をカウントしないデータフリーが特徴で、SNSの利用が多い人におすすめ。
  2. ワイモバイル⇒大手キャリアと変わらない通信速度に加えて、格安SIMには珍しい通話プランがセットになっているので、通話が多い人におすすめ。
  3. UQモバイル⇒通信速度が早く快適に使える格安SIM。データ容量の繰越も可能で、使い勝手を考えると2020年にイチオシ。

順番に解説します。

その① LINEモバイルはSNSの利用が多い人におすすめ

LINEモバイル』は、現在LINEとソフトバンクの子会社として運営されている格安SIMです。

ドコモ・AU・ソフトバンクの3つの回線から選ぶことができるので、SIMロックを気にせず利用することが出来ます。

一番の特徴はLINE・Twitter・Facebook・Instagramのデータ消費量をカウントしないデータフリー機能です。

しゅんのアイコン画像しゅん

SNSデータ消費量をカウントしないので、SNSがメインの方は少ないデータ容量でも十分でしょう。

一方で、回線スピードに関しては格安SIMとして標準的なスピードだと言えます。

ただドコモ・AU・ソフトバンクから選べる3つの回線の中では、ソフトバンク回線が一番スピードが速いです。

そのため、少しでも速いスピードで使いたい人はソフトバンク回線を選ぶのがおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

LINEモバイルの通信速度は格安SIMとして標準的で、遅いと感じる場面があるかも知れません。

また、LINEアプリの年齢認証が可能なので、ID検索が可能な点は他の格安SIMには無いメリットと言えます。

しゅんのアイコン画像しゅん

スピードではこれから紹介する②社に比べると劣りますが、SNSの利用が多く、料金を節約したい人が選ぶべき格安SIMだと思います。

詳しい料金プランの詳細は、下記のページで詳しく解説しています。

\\データフリーが特徴的な格安SIM//

SNSのデータ消費量をカウントしないデータフリーが特徴です。

関連記事LINEモバイルの評判・口コミをレビュー【SNSの利用が多い人におすすめ】

その② ワイモバイルは通話が多い人におすすめ

ワイモバイルは、ソフトバンクのサブブランドとして運営されている格安SIMです。

しゅんのアイコン画像しゅん

1番の魅力は、国内通話が10分以内が無料が料金プランにセットになっている点です。

格安SIMはネット回線の料金は安いのですが、通話料金が高い点がネックなんですよね。

その点で、ワイモバイルは通話料金が料金プランに組み込まれているので、通話が多い方でも安心して使えます。

しかもネット通信は、ソフトバンクのネットワークを利用しているので、スピードが早いです。

しゅんのアイコン画像しゅん

スピードだけで比較すると、ワイモバイルとUQモバイルのどちらかを選ぶと快適に使えます。

またワイモバイルショップが全国各地にあるので、ネットでの申込みが不安な方にも安心です。

この他にもyahoo!プレミアムの会費が無料になる特典もついているので、オトク感が高いです。

しゅんのアイコン画像しゅん

ワイモバイルは快適なスピード+通話が多い人が選ぶべき格安SIMと言えます。

詳しい料金プランの詳細は、下記のページで詳しく解説しています。

\\通話料金もセットの格安SIM//

快適な高速スピードで、通話が多い人にもおすすめです。

関連記事ワイモバイルの口コミ・レビュー【通話が多い人におすすめです】

その③ UQモバイルは総合力NO.1で2020年のイチオシ

UQモバイル』とはAUのサブブランドとして運営されている格安SIMです。

通信速度が安定して早く、AUかんたん決済が使えるなどの特徴があり、迷ったらUQモバイルを選ぶべき!と言えるぐらい、優秀な格安SIMです。

しゅんのアイコン画像しゅん

2020年に格安SIMに乗り換えるなら、一番おすすめです。

通信速度は非常に速く、大手キャリア並のスピードが出ると言っても過言ではありません。

料金プランはシンプルに3つだけだし、新しい料金プランでは解約時の違約金も不要です。

しゅんのアイコン画像しゅん

余ったデータ容量は繰り越しが可能で、AUかんたん決済も利用できるから、使い勝手は非常にいいですよ!

この他にも口座振替が可能だったり節約モード機能など、嬉しい機能が満載です。

今なら『Try UQ mobileキャンペーン』で15日間無料で試すことが可能な点も高ポイントですね。

しゅんのアイコン画像しゅん

速度や使い勝手など、総合力で考えると2020年イチオシの格安SIMと言えます。

詳しい料金プランの詳細は、下記のページで詳しく解説しています。

\\Try UQ mobileキャンペーン実施中!//

分かりやすい料金体系が魅力的の格安SIM

関連記事UQモバイルのメリット&デメリットとは?【選ばれる理由も解説】

格安SIMのお得な会社を利用する時の注意点

iPhoneにおすすめの格安SIMを紹介しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

次に実際に利用する際に損をしない注意点を3つ解説します。

利用する時の注意点
  1. 今使っているiPhoneを利用する時は確認が大切
  2. 乗り換える時は契約状況を確認しよう
  3. 格安SIMとiPhoneのセット販売は安いけどおすすめ出来ない

順番に解説します。

注意点① 今使っているiPhoneを利用する時は確認が大切

まず今使っているiPhoneをそのまま利用して格安SIMに移行する時の注意点です。

しゅんのアイコン画像しゅん

大手キャリアで購入したiPhoneは自社以外の回線で使えないようにロックが掛けられています。

そのため、このSIMロックを解除しないと他社の回線は利用できない点に注意が必要です。

アップルストアで販売しているiPhoneはSIMフリーモデルなので、気にしなくてOKです。

このSIMロックは、2015年5月以降に発売された機種なら、購入したキャリアで解除が可能になっています。

発売時期モデル名
2015年iPhone 6s、iPhone 6s Plus
2016年iPhone SE、iPhone 7、iPhone 7 Plus
2017年iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus
2018年iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR
2019年iPhone 11、iPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro Max
2020年iPhone SE(第2世代)

SIMロックを解除して損をすることは無いので、早めにロックを解除するのがおすすめです。

しゅんのアイコン画像しゅん

ロック解除が面倒な方は、大手キャリアの③つの回線全てから選べるLINEモバイルを選ぶと良いかも知れませんね。

\\データフリーが特徴的な格安SIM//

SNSのデータ消費量をカウントしないデータフリーが特徴です。

関連記事『LINEモバイル』のメリット・デメリット【おすすめの新料金プランとは?】

注意点② 乗り換える時は契約状況を確認しよう

次に注意すべき点は、乗り換えを検討している時の契約状況です。

しゅんのアイコン画像しゅん

大手キャリアで契約すると2年契約などが基本ですし、端末を分割払いしている場合も多いです。

そのため契約の途中で解約すると、大きな金額の違約金が必要になる場合があります。

もちろん数年間、格安SIMを利用すると想定するとトータルで安くなることが多いです。

しかし、乗り換え当初に多額の支出が必要になる場合もあるので、今の契約内容をしっかり確認するようにしましょう。

注意点③ 格安SIMとiPhoneのセット販売は安いけどおすすめ出来ない

また格安SIMの会社によってはiPhoneとセットで販売していることがあります。

しゅんのアイコン画像しゅん

ただ、格安SIMの会社で販売されているiPhoneは型が古いのが難点です。

iPhoneは発売されてから4年程度までが、快適に使える期間だなんですよね。

そのため古いモデルだと、買い換えるまでの期間が短くなってしまいます。

セットで購入すると設定済みで届くなどメリットもあるんですが、個人的にはあまりおすすめできません。

しゅんのアイコン画像しゅん

中古でOKなら、新しいモデルを中古で購入した方が快適に使えるでしょう。

中古のiPhoneを買うなら、ソフマップの中古専門サイト”リコレ”が信頼できて、ページも見やすいのでおすすめです。

公式サイトソフマップの中古専門サイト「リコレ!」

まとめ

iPhoneにおすすめの格安SIMを3つ紹介しました。

しゅんのアイコン画像しゅん

2020年におすすめの格安SIMは下記の通りです。

おすすめの格安SIM
  1. LINEモバイル⇒通信速度は標準的だが、SNSのデータ消費量をカウントしないデータフリーが特徴で、SNSの利用が多い人におすすめ。
  2. ワイモバイル⇒大手キャリアと変わらない通信速度に加えて、格安SIMには珍しい通話プランがセットになっているので、通話が多い人におすすめ。
  3. UQモバイル⇒通信速度が早く快適に使える格安SIM。データ容量の繰越も可能で、使い勝手を考えると2020年にイチオシ。

それぞれ特徴がありますが、SNSの利用が多い方はLINEモバイルがお得です。

また、通話が多い方はワイモバイルだと10分無料の通話プランがセットになっているので、使い勝手が多いです。

しゅんのアイコン画像しゅん

そこまでSNSも利用しないし、通話も多くない方はUQモバイルを選ぶと良いでしょう。

格安SIMに乗り換えると、月額料金が安くなり月々の負担を大きく減らす事が可能です。

iPhoneは10万円以上の価格になることも多く、大手キャリアで契約すると月々の負担が重くなります。

その点で格安SIMを利用すると、月々のスマホ代の負担を減らすことが可能になります。

しゅんのアイコン画像しゅん

特に最新モデルのiPhoneを使いたい人ほど、格安SIMを利用すると大きく節約できますよ!

ぜひ、参考に格安SIMを選んでみてくださいね!

人気記事【最新版】格安SIMのお得な会社は③択です【最速・最強はどこがいい?】

人気記事iPhone用スマホアクセサリーのおすすめ⑤選【落下防止に便利です】

目次(タップで移動できます)
閉じる