Amazonサイバーマンデー

【2019年版】格安SIMおすすめランキング【メリット・デメリット解説】

【2019年版】格安SIMおすすめランキング【メリット・デメリット解説】

この記事は2019年版の『格安SIM』おすすめランキングを紹介している記事です。

シニアや子供向けの『格安SIM』ならどれがいい?
おすすめの格安SIMが知りたい!

という疑問に答えます。

『格安SIM』は非常に人気がありますが、どれを選べばいいかわからないですよね!

そこで当記事では『2019年版の格安SIMおすすめランキングとして、各社のメリット・デメリット』を解説しています。

格安SIMに乗り換えたい!』と考えている方は是非参考にしてみて下さい。

気になる所にジャンプ!

『格安SIM』の基礎知識

『格安SIM』の基礎知識

  1. 格安SIMとは?
  2. 格安SIMの月額料金が安い理由

格安SIMとは?

格安SIMとは『大手キャリア(ドコモ・AU・ソフトバンク)に比べて、月額料金を安く使うことが出来るスマホ』のことです。

月額料金が1,000円台のプランも多く、毎月の負担を大幅に減らすことが可能です。

自分で使うだけではなく、新たに子供にスマホを持たせる時も、契約条件が緩いので使い勝手が良いです。

つまり格安SIMとは『毎月の月額料金が安く、使い勝手が良いサービス』と言えます。

格安SIMの月額料金が安い理由

格安SIMは『大手キャリアの回線を借りてサービスを提供しているので、価格が安い』という特徴があります。

大手キャリアは店舗などサービスが充実しているので、料金が高くなります。

しかし格安SIMは回線を借りているだけなので、価格が安いんです。

つまり違いは『回線を自前で持つか?借りるか?』だけとも言えます。

『格安SIM』のメリット

『格安SIM』のメリット

  1. 月額料金】が非常に安い
  2. 料金プラン】がシンプル
  3. 契約の縛り】が緩い

【月額料金】が非常に安い

『格安SIM』の一番のメリットは『月額料金が非常に安く抑えられる』点です。

大手キャリアと契約すると『1ヶ月の料金が1万円程度になる場合も多いですが、格安SIMの場合は2,000円前後で利用が可能』です。

もちろんデータ容量のプランや通話料金によって、料金は変わってきます。

しかし毎月の負担という点では『確実に格安SIMの方が安くなる』と言えます。

【料金プラン】がシンプル

さらに『格安SIM』のメリットとして『料金プランがシンプル』という点があります。

大手キャリアは『基本プランに加えて、割引プランが複雑でよくわからない』というデメリットがあります。

しかし格安SIMは料金プランが非常にシンプルな場合が多いです。

そのため、選ぶ時もプラン変更したい時も理解が簡単で分かりやすいです。

【契約の縛り】が緩い

また『格安SIM』は『大手キャリアほど契約の縛りが強くない』という特徴があります。

例えば『大手キャリアは2年契約が基本』ですが、格安SIMはそのような条件が無い場合が多いです。

もちろん『UQモバイル』や『ワイモバイル』など『2年契約が基本の格安SIM』もあります。

しかし最低利用期間が過ぎると『契約解除料』が不要というところが多いので、乗り換えがラク』と言えます。

『格安SIM』のデメリット

『格安SIM』のデメリット

  1. 速度】が遅い
  2. 申し込み】はネットが基本
  3. 支払い】はクレジットカードが基本

【速度】が遅い

格安SIMは『大手キャリアほどのスピードが出ない』ことが多いです。

特に『混雑する昼間や夜の22時以降は、体感で遅い』と感じることが多いです。

UQモバイル』や『ワイモバイル』は比較的、速度が早いですが、速度が遅い点が、格安SIMの一番のデメリットです。

【申し込み】はネットが基本

大手キャリアの場合は店舗があり手続きが可能ですが、格安SIMは『ネットで申し込みが基本』です。

しかし混み合っていることも多いですし、不要なオプションを勧められたり面倒なのも事実です。

その点を考えると『基本的にネットで全てが完結するので、手間が大幅に減る』とも言えます。

慣れていない方は難しく感じるかも知れません。

しかし、各社が工夫を凝らして分かりやすい画面にしているので、特に迷うことは無いはずです。

【支払い】はクレジットカードが基本

格安SIMは『クレジットカードでの支払いが基本』です。

大手キャリアはクレジットカードに加えて『口座振替とか請求書での支払いも可能』です。

しかし格安SIMの場合はクレジットカードでの支払いが基本になるので、その点はデメリットと言えます。

『格安SIM』おすすめランキング①『LINEモバイル』

『LINEモバイル』とは?

LINEモバイル』の一番の特徴は『主要なSNS(LINE・Twitter・instagram・Facebook)のデータ消費量をカウントしないデータフリー』機能です。

この機能のおかげで『主要なSNSをどれだけ利用しても、データ通信量を消費しないことが可能』です。

そのため『データ容量の節約につながりますし、仮にオーバーしても主要なSNSは速度制限を気にせずに使える』メリットもあります。

つまり【SNS】をよく利用する人に最適な格安SIMと言えます。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『LINEモバイル』の料金プラン

料金プラン
プラン名月額料金データ容量プランの特徴
LINEフリー500円〜1GBLINEアプリの通話・トークのデータ消費ゼロ
コミュニケーションフリー1,100円〜3GB、5GB、7GB、10GBLINE、Twitter、Facebook、Instagramの消費ゼロ
MUSIC+2,390円〜3GB、5GB、7GB、10GBLINE MUSICと主要のSNSデータ消費ゼロ

料金プランは③つのプランがあり、それぞれ特徴が異なります。

一番スタンダードなのは『コミュニケーションフリープラン』で、データ容量の選択肢も多いです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『LINEモバイル』はLINEアプリの【年齢認証】と【ID検索】が出来る点がメリット

LINEアプリの【年齢認証】と【ID検索】が出来る

LINEモバイル』は『LINEの年齢認証が可能なので、ID検索が可能』になっています。

LINEの【年齢認証】が出来ないと『ID検索等を使用できず、実際にスマホ同士を近づけないとID交換が出来ない』デメリットがあります。

他の格安スマホでは利用不可の場合が多い機能なので、LINEの【年齢認証】が必要な方は注意が必要です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『LINEモバイル』はデータ容量を翌月末まで持ち越せる点がメリット

LINEモバイル』は『余ったデータ容量を翌月まで持ち越すことが可能』です。

そのため余ったデータ容量を無駄なく使いこなすことが出来ます。

データ容量の持ち越しが出来ない格安SIMもあるので、その点では使い勝手が良いです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『LINEモバイル』はテザリングが無料で使える点がメリット

LINEモバイル』は『無料でテザリングを使うことが可能』です。

ドコモ・AU・ソフトバンクでは有料のオプションとして用意されているので、お金がかかります。

また他の格安SIMでは、iPhoneは対応していなかったり制限が多いです。

しかし『LINEモバイル』はiPhoneでも無料でテザリングを行うことが可能な点は大きなメリットです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『LINEモバイル』は3つの回線(ドコモ・AU・ソフトバンク)から自由に選べる点がメリット

LINEモバイル』の回線は『ドコモ・AU・ソフトバンク』の3つの回線から選ぶことが可能です。

途中で回線の変更が可能なので、同じ回線のキャリアに戻りたい時も使い勝手が良いです。

1つの回線しか無い格安SIMも多いので、使い勝手が良いと言えます。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『LINEモバイル』の問い合わせはLINEまたは電話だけの点はデメリット

LINEモバイル』は『基本的に問い合わせや故障時の問い合わせはLINEor電話で行うのが基本』です。

このためスマホ初心者の方や慣れていない方にはハードルが高く感じるかも知れません。

しかしサポートを利用する回数はそれほど多くないので、あまり気にしなくても良いでしょう。

『詳しい申込方法』はコチラ⇒

『LINEモバイル』に申し込んでみた【契約成立から発送を詳細レビュー】 『LINEモバイル』に申し込んでみた【契約成立から発送を詳細レビュー】

『格安SIM』おすすめランキング②『イオンモバイル』

イオンモバイル

『イオンモバイル』とは?

イオンモバイル』とは『イオンが運営する格安SIM』です。

月額料金】が安いのに加えて、データ容量が【500MB~50GB】まで非常に細かく設定され、自分の使い方に合わせてプランを選べます。

さらにイオンの各店舗で申し込みが可能なので、ネットでの手続きが苦手な方でも気軽に利用可能です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『イオンモバイル』はイオンの中に店舗があり使い勝手が良い点がメリット

イオンモバイル』は『全国のイオン200店舗以上で手続きが可能』です。

他社の格安SIMは店舗が少ないので、基本的にネットでの申込みが必要です。

しかし『イオンモバイルは店舗数が多いので、近くのイオンに行けば対面での申込みが可能』です。

ネットでの申込みに不安がある方には、この部分が一番安心できるポイントです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『イオンモバイル』は契約期間の縛りや契約解除料が無い点がメリット

イオンモバイル』は『契約期間にかかわらず、解約金は不要』です。

そのため『格安SIMに乗り換えてみたいけど、大丈夫かな?』と不安な方も使い勝手が良いでしょう。

ただ【MNP】で他社に乗り換える時は、手数料がかかるので注意が必要です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『イオンモバイル』は名義変更ができる点がメリット

多くの格安スマホは名義変更が出来ませんが『イオンモバイル』は【名義変更】が可能です。

例えば大学生になったら『子供の名義に変更する』などを行うことが出来ます。

名義変更が出来ない格安SIMもあるので、その点では使い勝手が良いと言えます。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『イオンモバイル』の支払いがクレジットカードだけの点はデメリット

イオンモバイル』の支払いは【クレジットカード】のみ対応しています。

口座振替】には対応していない点は残念なポイントといえます。

しかし『契約者本人以外のクレジットカードで支払いが可能で、子供の名義でスマホを作っても親のクレジットカードで支払うことは可能』です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『格安SIM』おすすめランキング③『TONE』


『TONE』とは?

『TONE』の特徴は『子供向けのアクセス制限が簡単にできたり、高齢者の方に充実したサポートがある点』です。

格安SIMとしては速度が遅く、端末を自由に選べないデメリットがあり万人向けではありません。

子供向け】or【高齢者向け】だと考えたほうが良いでしょう。

しかしその分だけ独自の機能があるので、魅力を感じる人には非常に有力な選択肢です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONE』は設定済みですぐに使える点がメリット

『TONE』のスマホ本体は【TONE m17】という端末のみです。

端末は1つだけですが【メール】や【電話】など、ほとんど設定が終わった状態で届きます。

さらに『スマホの使い方をまとめたガイドブックが一緒に届く』ので、ガイドブックを見ると一通りスマホの使い方が分かります。

この他に【スマホの箱】に乗せるだけで、自動的に不具合を探して問題を修正する機能もあります。

この手軽さは『TONE』の大きな魅力です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONE』は子供向けの利用制限が簡単な点がメリット

子供にスマホを持たせると『使いすぎないかな?or変なサイト見ない?』など不安がありますよね!

『TONE』は『アプリを自由にインストールさせない機能や1日に使える時間の制限』が可能です。

他にも『特定のサイトしかアクセス出来ないようにしたり、万が一の時でも居場所の確認』も可能です。

設定は簡単なので、安心感がある格安スマホです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONE』は高齢者向けのサポートが充実している点がメリット

格安SIMは『サポートが無く、設定等が苦手な方には非常にハードルが高い』難点があります。

『TONE』は『電話サポートや遠隔リモートサポートが無料』なので、操作が分からない時や、電話で言われても理解できない時に安心です。

特に両親に持たせたいけど『使えるようになるまでが大変で、割高だけど大手キャリアのスマホを持たせている』方には、役立つ点が多いです。

高齢者の方でも安心して使うことが出来ます。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONE』は通話料金が安い点がメリット

『TONE』は『無料で050のIP電話番号をもらうことが可能』です。

スマホやケータイ向けの通話料金が【1分21円】と、非常に低価格です。

他の格安スマホは、通話料が一律【30秒20円】で、通話が多い人は通話料金を安くすることが可能です。

通話が多い方には魅力があります。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONE』の通信速度が遅いところがデメリット

TONEの速度は『かなり遅く格安スマホの中でも最低レベルなので、普段使うには不満が多い速度』でしょう。

しかし『速度が遅く子供も多く使えない』とか『そもそも高齢者の方が、そんなに使わない』と考えると、遅い速度もメリットに変わります。

子供にスマホを使わせたくない場合や、スマホを使わない高齢者向けなら問題が無いかもしれません。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『格安SIM』おすすめランキング④『UQモバイル』

『UQモバイル』とは?

『UQモバイル』とは『AUのサブブランドがとして運営されている格安SIM』です。

通信速度が安定して早く、AUかんたん決済が使えるなどの特徴があります。

迷ったら『UQモバイル』を選ぶべき!と言えるぐらい、優秀な格安SIMです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『UQモバイル』は通信速度が非常に速く快適に使える点がメリット

UQモバイル』は『AUのサブブランドと言うこともあり、通信速度が非常に速い点が特徴』です。

昼間の混雑する時や夜の22時以降でも、基本的に大手キャリアと同程度の通信速度だと思って良いぐらいです。

UQモバイル』はストレスなく使えるので、非常に満足感が高いでしょう。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『UQモバイル』は節約モードでデータ消費量をゼロに出来る点がメリット

UQモバイル』は【節約モード】と言うデータ消費量をカウントしない機能があります。

『ドコモ・AU・ソフトバンク』にはない機能で【UQモバイルアプリ】からスイッチをオンorオフするだけで利用可能です。

データ消費量をカウントしない代わりに、最大速度が【300kbps】に制限されますが『LINEやメール、Twitterを見る程度なら十分に利用可能』です。

重たい画像や動画などを除けは、通常通りに使えるハズです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『UQモバイル』はデータ容量の繰り越しが出来る点がメリット

UQモバイル』は『余ったデータ容量を自動で翌月に繰り越しすることが可能』です。

自動で繰り越しをしてくれるので、繰り越しをし忘れることがありませんし、データ容量を余らすことなく使えて便利です。

ちなみによく比較される『ワイモバイル』はデータ容量の繰り越しが出来ません。

データ容量】を無駄なく使いたい人は『UQモバイル』の方がおすすめです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『UQモバイル』はAUかんたん決済が使える点がメリット

UQモバイル』はAUのサブブランドなので【AUかんたん決済】を使う事ができます。

毎月の月額料金に合算して『アプリの料金の支払いが可能』で、クレジットカードの明細を整理出来ます。

限度額も設定できるので、クレジットカードを持てない子供に持たせるスマホでも安心です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『UQモバイル』は口座振替の支払いに対応している点がメリット

UQモバイル』は【口座振替】を行うことが可能です。

引き落とし日は【毎月26日】で、土日祝日の場合は翌営業日になります。

格安SIMの中で『口座振替が出来る会社は少なく、クレジットカード以外の支払い方法を利用したい人』にとって、役立つポイントです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『UQモバイル』は2年目に料金が高くなる点がデメリット

UQモバイル』のデメリットは『2年目から1,000円高くなる』ことです。

もちろん大手キャリアの料金に比べれば、非常に安く利用出来ます。

しかし2年目から【1,000円】値上がりしてしまうのは、少し残念なポイントです。

料金の割引プランも少し複雑なので、注意すべき点です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『格安SIM』おすすめランキング⑤『ワイモバイル』

『ワイモバイル』とは?

『ワイモバイル』は『ソフトバンクのサブブランドとして運営されている格安SIM』です。

通信速度が早く『UQモバイルよりも通話プランが充実している』点が特徴です。

こちらも迷ったら選ぶと、満足感が高くなるでしょう。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『ワイモバイル』は通信速度が早く快適に使える

格安SIMを選ぶ時は通信速度が非常に重要です。

大手キャリアに比べてスピードが劣ることが多く、特に昼間や夜間の時間帯は遅くなりがちです。

しかし『ワイモバイル』はソフトバンクのサブブランドなので、スピードが落ちにくい特徴があります。

格安SIMのデメリットを小さくした点が魅力の一つです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『ワイモバイル』は料金プランがシンプルで安い点がメリット

料金プラン
プラン名SMR
基本料金2,680円3,680円4,680円
データ容量4GB12GB17GB
注:データ増量オプション適用時の容量
通話国内無料通話(1回10分以内)

格安SIMの魅力の1つに月額料金の安さがあります。

大手キャリアに比べて、半額以下に抑えることもあります。

『ワイモバイル』は3つのプランから選ぶだけなので簡単ですし、基本料金が2,680円からなので、料金を安く抑えることが可能です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『ワイモバイル』はデータ容量の繰り越しが出来ない点がデメリット

『ワイモバイル』は『データ容量の繰り越し』ができません。

そのためデータ容量を使い切るか、自分に合わせてプランを調節する必要があります。

他社の格安SIMでは繰り越しが出来る場合が多いので、その点は少し残念です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『格安SIM』に乗り換えるのは不安や面倒な時におすすめな方法

乗り換えるのは不安!とか面倒!』と感じる時におすすめの方法があります。

それは『毎月の月額料金を見直して、料金を節約すること』です。

大手キャリアの『ドコモ・AU・ソフトバンク』は、毎月の月額料金が高くなりがちです。

原因は『使っていないオプションやそもそもデータ容量が合っていない』ことが多いです。

自分が使っているスマホの月額料金を節約することも可能』なので、一度プランの見直しをするのがおすすめです。

『プラン見直し』のコツはコチラ⇒

【2019年版】スマホ料金を安くする方法【通信費の節約術を詳しく解説】 【2019年版】スマホ料金を安くする方法【通信費の節約術を詳しく解説】

【2019年版】『格安SIM』おすすめランキングのまとめ

2019年版の格安SIMおすすめランキングとして、各社のメリット・デメリット』を解説しました。

それぞれ特徴がありますが、自分の使い方に合わせて格安SIMを選ぶと満足感が高くなるでしょう。

ぜひ、参考に格安SIMを選んでみてくださいね!

以上、『格安SIMのおすすめランキング』を紹介しました。