『格安スマホ』おすすめの会社ランキング【大手8社の特徴や違いを比較します】

『格安スマホ』おすすめの会社ランキング【大手8社の特徴や違いを比較します】

この記事は『格安スマホ』のおすすめの会社を【特徴】や【メリット・デメリット】を紹介している記事です。

格安スマホのおすすめ会社が知りたい!
格安スマホの大手の特徴や違いが知りたい

という疑問に答えます。

まず最初にそれぞれ『格安スマホ』の【特徴】を解説し、その後に【メリット】と【デメリット】を詳しくまとめました。

『格安スマホ』に乗り換えを検討している人は、是非参考にしてみてください。

もくじ

おすすめの格安スマホ①『楽天モバイル』

『楽天モバイル』の概要

『楽天モバイル』は通販サイトとして有名な【楽天】が運営している格安スマホです。

楽天をよく利用する人に魅力的なサービスが多くあります。

MEMO

楽天モバイルは自社回線に移行する準備を進めています。

今後サービスが大きく変わる可能性がある点には注意が必要です。

『楽天モバイル』のデメリット

楽天モバイル』は【時期によって速度が不安定になる点】と【契約期間の縛り】には注意する必要があります。

格安スマホの中では平均的なスピードがありますが、速度を重視する方には注意が必要です。

また割引サービスを利用すると『解約時に手数料がかかる(=いわゆる縛り)』が必要になります。

中途解約すると【9,800円の契約解除料】を支払わなければならない点はしっかりと把握しておきましょう。

『楽天モバイル』のメリット

楽天モバイル』は【楽天ポイントの使い勝手】と【速度制限でも最大1Mbpsの速度が出る】ところがメリットです。

期間限定の楽天スーパーポイント】を月額料金の支払いに利用できます。

また【速度制限】になっても最大1Mbpsの速度が出るので、速度制限中でも『動画も途中で止まらずに見ることが出来るス』点が魅力です。

さらに【10分以内のかけ放題】や【口座振替】に対応しているメリットもあります。

『楽天モバイル』が向いている人

楽天モバイル』は【楽天】をよく利用する人に向いています。

使い勝手が悪い【期間限定ポイント】を料金の支払いに使えますし『楽天カード』で支払うと【楽天スーパーポイント】が+2%も増えるメリットもあります。

楽天】を活用する人は『楽天モバイル』は非常に魅力が大きいです。

 

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

 

『楽天モバイル』のメリット・デメリット【期間限定ポイントも使えます】 『楽天モバイル』のメリット・デメリット【期間限定ポイントも使えます】

おすすめの格安スマホ②『LINEモバイル』

『LINEモバイル』の特徴

LINEモバイル』は【カウントフリー機能】と【LINEの年齢認証】が出来る点や【ソフトバンク回線】なら速度が速いところが特徴です。

カウントフリー機能は『主要なSNSのデータ消費をカウントしないので、容量を気にせずに使うことが可能』です。

LINEの年齢認証は『格安スマホの中では唯一可能な独自機能』です。

さらにソフトバンク回線なら『格安スマホの中で最高レベルのスピード』なので快適に使うことが出来ます

SNSの使用量が多い方や速度の速さを求めるなら『LINEモバイル』がおすすめです。

『LINEモバイル』のデメリット

LINEモバイル』のデメリットは【店舗数の少なさ】と【問い合わせがLINEor電話のみ】という点です。

特に『問い合わせや故障時の問い合わせはLINEor電話で行う必要がある』ので、スマホ初心者の方や慣れていない方にはハードルが高く感じるかも知れません。

この点はしっかりと理解しましょう。

『LINEモバイル』のメリット

LINEモバイル』は【データ容量】の持ち越しが可能な点と【テザリング】が無料で出来る点がメリットです。

データ容量の持ち越しは『格安スマホの中では出来ない会社もあるので、使い勝手が良い』でしょう。

さらに格安スマホでは制限の多いテザリングも『iPhoneも利用可能が確認されていますし、無料で使えて便利』です。

このように『LINEモバイル』は細かい部分で使い勝手がよく、他社にはない独自の機能が多い点がメリットです。

『LINEモバイル』が向いている人

LINEモバイル』は【SNSの利用が多い人】や【LINEのID検索が必要な人】と【速度重視の人】に向いています。

SNSの利用が多い人は【カウントフリー】でデータ消費量をセーブ出来ます。

またLINEのID検索が必要な人は『大手キャリアかLINEモバイルのどちらか』以外は選べません。

ソフトバンク回線に限定されますが『速度が速いので速度重視の人』も最適な選択肢です。

つまり『LINEモバイル』は【独自の機能】と【速度の速さ】に魅力を感じる人におすすめです。

 

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

 

『LINEモバイル』のメリット・デメリット【遅いスマホが嫌な人におすすめ】 『LINEモバイル』のメリット・デメリット【遅いスマホが嫌な人におすすめ】

おすすめの格安スマホ③ 『イオンモバイル』

『イオンモバイル』の概要

イオンモバイル』は流通大手のイオンが運営する格安スマホです。

イオンモールの中に【店舗】がありサポートを受けることが可能です。

そのため『格安スマホに乗り換えたいけどサポートが不安な方に役立つ』サービスに特徴があります。

『イオンモバイル』のデメリット

イオンモバイル』は【支払いがクレジットカードのみ】と【オンラインで変更手続きが出来ない】ところがデメリットです。

支払いに【口座振替】には対応していないので、クレジットカードが無いと利用できません。

また変更手続きを行う時に【書類】で申込みが必要な場合があるので、オンラインで完結する他社の格安スマホより、手間がかかります。

大きなデメリットではありませんが、理解すべきポイントです。

『イオンモバイル』のメリット

イオンモバイル』は【イオンの中に店舗がある点】と【自分にあったプランを選びやすい点】がメリットです。

イオンモールなど全国200店舗以上の中にショップがあるので『対面でサポートが受けられる点』が魅力です。

また『データ容量が細かく設定されているので自分にあったプランを選びやすい』点が特徴です。

このためご年配の方や格安スマホのサポートに不安がある方には役立つサービスが多いです。

『イオンモバイル』が向いている人

イオンモバイル』は【イオンをよく利用する人】と【イオンカードを持っている人】に向いています。

イオンの中に店舗があるので、普段利用している人は【対面でサポート】が受けられるので、使い勝手が良いでしょう。

また『イオンカード』を使うと『ときめきポイントを支払いに使うことが可能』なので、おトクに使えます。

つまり『イオンモバイル』は【イオンの利用頻度が高い人】や【初心者or年配の方】におすすめです。

 

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

 

『イオンモバイル』のメリット・デメリット【対面サポートが欲しい人におすすめ】 『イオンモバイル』のメリット・デメリット【対面サポートが欲しい人におすすめ】

おすすめの格安スマホ④ 『IIJmio(アイアイジェイミオ)』

『IIJmio(アイアイジェイミオ)』の特徴

IIJmio(アイアイジェイミオ)』は聞いたことがない会社かも知れませんが『シェア2位を占める大手企業が運営する格安スマホ』です。

運営している期間が長いため【安心感】と【通信品質】が高い点が特徴です。

格安スマホに乗り換えてトラブルがあると困る!』と考えている方に最適な選択肢の格安スマホです。

『IIJmio(アイアイジェイミオ)』のデメリット

IIJmio(アイアイジェイミオ)』のデメリットは【料金プラン】の選択肢が少ない点と同一名義しか【ファミリープラン】を組めない点です。

料金プランの選択肢が3つしか無いので『自分の使い方にピッタリと合わせる』ことが出来ません。

また家族で加入する時に同じ名義しか【ファミリープラン】を組めないので『親名義or子供名義での使い方に制限がある』点は注意しましょう。

しかし、この2つ以外は基本的に優秀な格安スマホです。

『IIJmio(アイアイジェイミオ)』のメリット

IIJmio(アイアイジェイミオ)』のメリットは【SIMカード】を複数枚発行出来る点と【通信速度】の切り替えが可能な点です。

SIMカードを複数枚発行出来ると【スマホ+タブレット】などで別に契約すること無く、同じ回線で利用できて便利です。

また通信速度の切り替えが可能なので、上手に利用するとデータ容量を節約できます。

格安スマホに【安心感】と【信頼性】を求める人に『IIJmio(アイアイジェイミオ)』はおすすめです。

 

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

 

『IIJmio』のメリット・デメリット【安心感と通信品質を重視する人におすすめ】 『IIJmio』のメリット・デメリット【安心感と通信品質を重視する人におすすめ】

おすすめの格安スマホ⑤『TONEモバイル』


『TONEモバイル』の特徴

『TONE』とは『TSUTAYAを親会社として運営している格安スマホ』です。

子供向けの【アクセス制限】が簡単にできたり、高齢者の方に【充実したサポート】が特徴です。

万人向けではありませんが、使い方によってはとても役立つ格安スマホです。

『TONEモバイル』のデメリット

『TONEモバイル』のデメリットは【通信速度】が遅い点と【高速チケット】が必要な点です。

通信速度が遅いと『遅いので子供に使いすぎないというメリット』と考えることも出来ます。

また高速チケットを別途買わないとアプリのダウンロード出来ません。

このため『子供が使いすぎる心配が少ない点と、そもそも使用頻度が高くない高齢者の方には役立つポイント』です。

『TONEモバイル』のメリット

『TONEモバイル』のメリットは【設定済み】ですぐに使える点と【通話料金】が安い点です。

設定済みの状態なので『面倒な設定作業がなく、高齢者の方には安心できるポイント』です。

また通話料金が安いので『子供が家に電話する時やネットよりも通話が多い高齢者の方に役立つポイント』です。

このように万人向けの格安スマホではありませんが【子供】or【高齢者】の方に持たせるスマホとしておすすめです。

 

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

 

TONEモバイル|契約前に知っておきたいメリットとデメリットを解説 『TONEモバイル』のメリット・デメリット【子供に持たせるスマホにおすすめ】

おすすめの格安スマホ⑥『mineo(マイネオ)』

『mineo』の特徴

mineo』(マイネオ)とは関西電力の関連会社である『ケイ・オプティコムが提供する格安スマホ』です。

ユーザーを大切にしている点が特徴で【マイネ王】と言うコミュニティサイトを運営しています。

マイネ王では『サービス内容をレビュー出来るコーナーやQ&A、新しいアイデアを提案できるコーナー』などがあります。

『mineo』のデメリット

mineo』のデメリットは【通信の最適化】が行われている点と【オプション】が複雑な点です。

通信の最適化は『通信速度が早くなるメリットがありますが画像が荒くなる傾向』があり、画像の質を重視する人は注意すべき点です。

またオプションが複雑なので『自分に合ったオプション選び』はしっかりと行いましょう。

『mineo』のメリット

mineo』のメリットは【解約手数料】が不要な点と【フリータンク】から毎月1GBもらえる点です。

解約手数料が不要なので『試しに格安スマホを利用したり、不満があった場合でも無料で解約が可能』です。

ただし【MNP】で1年以内に乗り換えの際は手数料が必要なので注意しましょう。

フリータンクから1GBをもらえるので『月末にちょっと足りなくなる時』などに重宝します。

このように、ユーザーに優しいメリットが多いので使い勝手が良い格安スマホを探している方に『mineo』はおすすめです。

 

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

 

おすすめの格安スマホ⑦『UQモバイル』

『UQモバイル』の特徴

UQモバイル』の特徴は【通信速度】が早い点と【店舗数の多さ】です。

AUのサブブランドということもあり、非常に快適な速度で利用することが出来ます。

また店舗数も多く、契約や申込みも店舗で行うことが出来る点が特徴です。

つまり『UQモバイル』は速度が早く使い勝手が良い格安スマホと言えます。

『UQモバイル』のデメリット

UQモバイル』のデメリットは【料金体系】が複雑な点と【料金】が変わりやすい点です。

他の格安スマホに比べて料金体系が複雑でわかりにくい点は、デメリットです。

また期間限定の割引きプランも多く、使っていて急に支払い金額が上がるという点は気をつける必要があります。

『UQモバイル』のメリット

UQモバイル』のメリットは【AUかんたん決済】が使える点と【あんしんオプション】が充実している点です。

AUかんたん決済が使えるので『コンテンツ使用料を一緒に支払うことが可能』です。

またオプションの中で『特に安心サービス系のオプションが充実』しているので、子供に持たせるスマホとして役立ちます。

つまり『UQモバイル』は月額料金は節約したいけど、使い勝手は大手キャリア並がいいと思う方に最適な選択肢です。

 

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

 

おすすめの格安スマホ⑧『ワイモバイル』

『ワイモバイル』の特徴

ワイモバイル(Ymobile)は『ソフトバンクが運営する格安スマホ』です。

ソフトバンクのサブブランドなので【速度】が早く【料金】がやすいのが特徴です。

使い勝手の面で色々とデメリットもありますが、初めての格安スマホにおすすめです。

『ワイモバイル』のデメリット

ワイモバイル』は【2年契約】が基本な部分と【データの繰り越し】が出来ない点がデメリットです。

基本的に2年契約なので『途中で解約すると解約手数料として9,500円が必要』なところには注意が必要です。

またデータの繰り越しが出来ないので『データ容量が余ってしまうともったいない』という点も気をつけましょう。

『ワイモバイル』のメリット

ワイモバイル』のメリットは【Yahoo!プレミアム】が無料になる点と【ヤフーショッピング】のポイントが貯まる点です。

月額426円が必要な【Yahoo!プレミアム】が無料になりますし、使えば使うほどYahoo!のポイントが貯まります。

ヤフオクやYahoo!のサービスをよく使う人には非常に大きなメリットです。

速度が早く、店舗数も多い『ワイモバイル』は初めての格安スマホにおすすめです。

 

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

 

『格安スマホ』は各社で特徴が違うので比較するのがおすすめ

おすすめ『格安スマホ』ランキングを紹介しました。

『格安スマホ』には様々な会社があり、それぞれ特徴やメリット・デメリットが違います。

そのため自分の使い勝手に合わせて格安スマホを使うのがおすすめです。

契約の縛りや速度を考えると『楽天モバイル』か『LINEモバイル』が使い勝手が良いでしょう。

また現在契約している会社によっては『UQモバイル』か『ワイモバイル』も契約の縛りはありますが使いやすい格安スマホです。

格安スマホに乗り換えると【月額料金】が大きく節約できます。

スマホの料金の負担が多いと感じている人は、格安スマホを賢く使うと料金の負担を減らせますよ!

ぜひ、興味を持った会社を確認してみてくださいね!

以上、『格安スマホ』のおすすめランキングを紹介しました。

『格安スマホ(sim)』と『普通のスマホ』はどこが違うの?仕組みを解説します 『格安スマホ(sim)』と『普通のスマホ』はどこが違うの?仕組みを解説します ドコモ・AU・ソフトバンクから『格安スマホ』に乗り換える手順と準備のまとめ ドコモ・AU・ソフトバンクから『格安スマホ』に乗り換える手順と準備のまとめ 『MNP予約番号(携帯乗り換え)』を取得する方法【準備や4つの注意点】 『MNP予約番号(携帯乗り換え)』を取得する方法【準備や4つの注意点】 『楽天モバイル』のメリット・デメリット【期間限定ポイントも使えます】 『楽天モバイル』のメリット・デメリット【期間限定ポイントも使えます】 『LINEモバイル』のメリット・デメリット【遅いスマホが嫌な人におすすめ】 『LINEモバイル』のメリット・デメリット【遅いスマホが嫌な人におすすめ】 『イオンモバイル』のメリット・デメリット【対面サポートが欲しい人におすすめ】 『イオンモバイル』のメリット・デメリット【対面サポートが欲しい人におすすめ】 『IIJmio』のメリット・デメリット【安心感と通信品質を重視する人におすすめ】 『IIJmio』のメリット・デメリット【安心感と通信品質を重視する人におすすめ】 TONEモバイル|契約前に知っておきたいメリットとデメリットを解説 『TONEモバイル』のメリット・デメリット【子供に持たせるスマホにおすすめ】 『mineo』のメリット・デメリット【使い勝手が良さを重視する人におすすめ】 『mineo』のメリット・デメリット【使い勝手が良さを重視する人におすすめ】 『UQモバイル』のメリット・デメリット【速度重視の人におすすめ】 『UQモバイル』のメリット・デメリット【速度重視の人におすすめ】 『ワイモバイル』のメリットとデメリット【料金を安くしたい人におすすめ】 『ワイモバイル』のメリットとデメリット【料金を安くしたい人におすすめ】