Amazonギフト券で最大2.5%還元

【2020年版】格安SIMのおすすめはどれ?【速度や使い勝手を徹底比較】

この記事は2020年版の『格安SIM』おすすめを紹介している記事です。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/icon-1.png

2020年に格安SIMを利用するなら、どの会社がおすすめなのかな?

速度や使い勝手について詳しく知りたい!

という疑問に答えます。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

2019年にドコモやAU、ソフトバンクの料金プランが大きく変わり、格安SIMの料金やサービスの魅力が増しています。

そこで、2020年におすすめの格安SIMをランキング形式で解説していきます。

と言うことで、数ある格安SIMの中から、2020年におすすめの会社をランキング形式で解説していきます。

『格安SIMに乗り換えたい!』と考えている方は是非参考にしてみて下さい。

気になる所にジャンプ!

『格安SIM』おすすめランキング第1位『UQモバイル』

『UQモバイル』とは?

UQモバイル』とはAUのサブブランドがとして運営されている格安SIMです。

通信速度が安定して早く、AUかんたん決済が使えるなどの特徴があります。

迷ったら『UQモバイル』を選ぶべき!と言えるぐらい、優秀な格安SIMです。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

2020年に格安SIMに乗り換えるなら、一番おすすめです。

\\公式サイトはコチラ//

★格安SIMを使うなら一番おすすめ!★

『UQモバイル』の通信速度(スピード)は?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/icon-1.png

格安SIMでいちばん重要な通信速度はどう?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

通信速度は非常に早くて、大手キャリア並だよ。

UQモバイルの通信速度は非常に速い

UQモバイル』の通信速度は非常に速いです。

他の格安SIMと比較しても、No.1と言っても過言ではないくらい快適に利用できます。

大手キャリア並の通信速度を望んでいる場合に、一番おすすめと言って良いでしょう。

\\公式サイトはコチラ//

★格安SIMを使うなら一番おすすめ!★

『UQモバイル』の使い勝手

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/icon-1.png

UQモバイルの使い勝手はどう?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

料金プランはシンプルに3つだけだし、新しい料金プランでは解約時の違約金も不要になったんだ。

しかも余ったデータ容量は繰り越しが可能で、AUかんたん決済も利用できるから、使い勝手は非常にいいね。

余ったデータ容量の繰り越しも出来ます。

UQモバイル』は使い勝手も非常に良いです。

料金プランはシンプルで、違約金も不要です。

この他にも口座振替が可能だったり節約モード機能など、嬉しい機能が満載です。

使い勝手の部分でも魅力が多いですし、今なら『Try UQ mobileキャンペーン』で15日間無料で試すことが可能です。

お試しができるので、格安SIMが不安な方も安心して利用することが可能です。

『UQモバイル』の特徴やメリットの詳細はこちら⇒

UQモバイルの特徴やメリットとは?【料金プランや選ばれる理由を解説】 UQモバイルの特徴やメリットとは?【料金プランや選ばれる理由を解説】

\\公式サイトはコチラ//

★格安SIMを使うなら一番おすすめ!★

『格安SIM』おすすめランキング 第2位『LINEモバイル』

『LINEモバイル』とは?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

LINEモバイル』は、現在LINEとソフトバンクの子会社として運営されている格安SIMです。

ドコモ・AU・ソフトバンクの3つの回線から選ぶことができるので、SIMロックを気にせず利用することが出来ます。

また、LINE・Twitter・Facebook・Instagramのデータ消費量をカウントしないデータフリー機能を搭載しています。

SNSの利用が多い方におすすめの格安SIMです。

\\公式サイトはコチラ//

★SNSのデータ消費量ナシ!

『LINEモバイル』の通信速度(スピード)は?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

LINEモバイルの通信速度は格安SIMとして標準的です。

そのため遅いと感じる場面があるかも知れません。

LINEモバイル』で選べる3つの回線の中では、ソフトバンク回線が一番スピードが速いです。

そのため、少しでも速いスピードで使いたい人はソフトバンク回線を選ぶのがおすすめです。

ただ、3つの回線は変更することが可能なので、後から変更することも出来ます。

\\公式サイトはコチラ//

★SNSのデータ消費量ナシ!

『LINEモバイル』の使い勝手は?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/icon-1.png

LINEモバイルの使い勝手はどう?

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/Profile.png
しゅん

マイページは見やすくて使いやすいし、使いやすい格安SIMと言えます。

特にLINEアプリの年齢認証が可能なので、ID検索が可能な点は他の格安SIMには無いメリットと言えます。

またAmazonで販売されているエントリーパッケージを購入すると、おトクなキャンペーンで申し込みが可能なので、おすすめです。

『LINEモバイル』の特徴やメリットの詳細はこちら⇒

『LINEモバイル』の特徴やメリットとは?【料金やキャンペーンも解説】 『LINEモバイル』の特徴やメリットとは?【料金やキャンペーンも解説】

\\公式サイトはコチラ//

★SNSのデータ消費量ナシ!

『格安SIM』おすすめランキング②『イオンモバイル』

イオンモバイル

『イオンモバイル』とは?

イオンモバイル』とは『イオンが運営する格安SIM』です。

月額料金】が安いのに加えて、データ容量が【500MB~50GB】まで非常に細かく設定され、自分の使い方に合わせてプランを選べます。

さらにイオンの各店舗で申し込みが可能なので、ネットでの手続きが苦手な方でも気軽に利用可能です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『イオンモバイル』はイオンの中に店舗があり使い勝手が良い点がメリット

イオンモバイル』は『全国のイオン200店舗以上で手続きが可能』です。

他社の格安SIMは店舗が少ないので、基本的にネットでの申込みが必要です。

しかし『イオンモバイルは店舗数が多いので、近くのイオンに行けば対面での申込みが可能』です。

ネットでの申込みに不安がある方には、この部分が一番安心できるポイントです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『イオンモバイル』は契約期間の縛りや契約解除料が無い点がメリット

イオンモバイル』は『契約期間にかかわらず、解約金は不要』です。

そのため『格安SIMに乗り換えてみたいけど、大丈夫かな?』と不安な方も使い勝手が良いでしょう。

ただ【MNP】で他社に乗り換える時は、手数料がかかるので注意が必要です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『イオンモバイル』は名義変更ができる点がメリット

多くの格安スマホは名義変更が出来ませんが『イオンモバイル』は【名義変更】が可能です。

例えば大学生になったら『子供の名義に変更する』などを行うことが出来ます。

名義変更が出来ない格安SIMもあるので、その点では使い勝手が良いと言えます。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『イオンモバイル』の支払いがクレジットカードだけの点はデメリット

イオンモバイル』の支払いは【クレジットカード】のみ対応しています。

口座振替】には対応していない点は残念なポイントといえます。

しかし『契約者本人以外のクレジットカードで支払いが可能で、子供の名義でスマホを作っても親のクレジットカードで支払うことは可能』です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『格安SIM』おすすめランキング③『TONE』


『TONE』とは?

『TONE』の特徴は『子供向けのアクセス制限が簡単にできたり、高齢者の方に充実したサポートがある点』です。

格安SIMとしては速度が遅く、端末を自由に選べないデメリットがあり万人向けではありません。

子供向け】or【高齢者向け】だと考えたほうが良いでしょう。

しかしその分だけ独自の機能があるので、魅力を感じる人には非常に有力な選択肢です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONE』は設定済みですぐに使える点がメリット

『TONE』のスマホ本体は【TONE m17】という端末のみです。

端末は1つだけですが【メール】や【電話】など、ほとんど設定が終わった状態で届きます。

さらに『スマホの使い方をまとめたガイドブックが一緒に届く』ので、ガイドブックを見ると一通りスマホの使い方が分かります。

この他に【スマホの箱】に乗せるだけで、自動的に不具合を探して問題を修正する機能もあります。

この手軽さは『TONE』の大きな魅力です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONE』は子供向けの利用制限が簡単な点がメリット

子供にスマホを持たせると『使いすぎないかな?or変なサイト見ない?』など不安がありますよね!

『TONE』は『アプリを自由にインストールさせない機能や1日に使える時間の制限』が可能です。

他にも『特定のサイトしかアクセス出来ないようにしたり、万が一の時でも居場所の確認』も可能です。

設定は簡単なので、安心感がある格安スマホです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONE』は高齢者向けのサポートが充実している点がメリット

格安SIMは『サポートが無く、設定等が苦手な方には非常にハードルが高い』難点があります。

『TONE』は『電話サポートや遠隔リモートサポートが無料』なので、操作が分からない時や、電話で言われても理解できない時に安心です。

特に両親に持たせたいけど『使えるようになるまでが大変で、割高だけど大手キャリアのスマホを持たせている』方には、役立つ点が多いです。

高齢者の方でも安心して使うことが出来ます。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONE』は通話料金が安い点がメリット

『TONE』は『無料で050のIP電話番号をもらうことが可能』です。

スマホやケータイ向けの通話料金が【1分21円】と、非常に低価格です。

他の格安スマホは、通話料が一律【30秒20円】で、通話が多い人は通話料金を安くすることが可能です。

通話が多い方には魅力があります。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONE』の通信速度が遅いところがデメリット

TONEの速度は『かなり遅く格安スマホの中でも最低レベルなので、普段使うには不満が多い速度』でしょう。

しかし『速度が遅く子供も多く使えない』とか『そもそも高齢者の方が、そんなに使わない』と考えると、遅い速度もメリットに変わります。

子供にスマホを使わせたくない場合や、スマホを使わない高齢者向けなら問題が無いかもしれません。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『格安SIM』おすすめランキング⑤『ワイモバイル』

『ワイモバイル』とは?

『ワイモバイル』は『ソフトバンクのサブブランドとして運営されている格安SIM』です。

通信速度が早く『UQモバイルよりも通話プランが充実している』点が特徴です。

こちらも迷ったら選ぶと、満足感が高くなるでしょう。

\\公式サイトはコチラ//

★通信速度の速さが魅力

『ワイモバイル』は通信速度が早く快適に使える

格安SIMを選ぶ時は通信速度が非常に重要です。

大手キャリアに比べてスピードが劣ることが多く、特に昼間や夜間の時間帯は遅くなりがちです。

しかし『ワイモバイル』はソフトバンクのサブブランドなので、スピードが落ちにくい特徴があります。

格安SIMのデメリットを小さくした点が魅力の一つです。

\\公式サイトはコチラ//

★通信速度の速さが魅力

『ワイモバイル』は料金プランがシンプルで安い点がメリット

料金プラン
プラン名SMR
基本料金2,680円3,680円4,680円
データ容量4GB12GB17GB
注:データ増量オプション適用時の容量
通話国内無料通話(1回10分以内)

格安SIMの魅力の1つに月額料金の安さがあります。

大手キャリアに比べて、半額以下に抑えることもあります。

『ワイモバイル』は3つのプランから選ぶだけなので簡単ですし、基本料金が2,680円からなので、料金を安く抑えることが可能です。

\\公式サイトはコチラ//

★通信速度の速さが魅力

『ワイモバイル』はデータ容量の繰り越しが出来ない点がデメリット

『ワイモバイル』は『データ容量の繰り越し』ができません。

そのためデータ容量を使い切るか、自分に合わせてプランを調節する必要があります。

他社の格安SIMでは繰り越しが出来る場合が多いので、その点は少し残念です。

\\公式サイトはコチラ//

★通信速度の速さが魅力

『格安SIM』に乗り換えるのは不安や面倒な時におすすめな方法

乗り換えるのは不安!とか面倒!』と感じる時におすすめの方法があります。

それは『毎月の月額料金を見直して、料金を節約すること』です。

大手キャリアの『ドコモ・AU・ソフトバンク』は、毎月の月額料金が高くなりがちです。

原因は『使っていないオプションやそもそもデータ容量が合っていない』ことが多いです。

自分が使っているスマホの月額料金を節約することも可能』なので、一度プランの見直しをするのがおすすめです。

『プラン見直し』のコツはコチラ⇒

スマホの携帯料金を安くする⑤つの方法【ドコモ・AU・ソフトバンク向け】 スマホの携帯料金を安くする⑤つの方法【ドコモ・AU・ソフトバンク向け】

【2019年版】『格安SIM』おすすめランキングのまとめ

2019年版の格安SIMおすすめランキングとして、各社のメリット・デメリット』を解説しました。

それぞれ特徴がありますが、自分の使い方に合わせて格安SIMを選ぶと満足感が高くなるでしょう。

ぜひ、参考に格安SIMを選んでみてくださいね!

以上、『格安SIMのおすすめランキング』を紹介しました。