おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動している30代のメンズです。

普段使っているApple製品(MacBook Pro/iPad mini/iPhone)やおすすめのハイテク家電やガジェット、在宅勤務で使うインテリア家具や持っているとおしゃれな小物の選び方やレビューに加えて、Amazonのセールやサブスクの情報を紹介しています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

\ 楽天スーパーセール開催中! /詳細を見る

【評判】SONOS One(Gen2)を評価レビュー【高音質!アレクサ対応で拡張性も良いスマートスピーカー】

【評判】SONOS One(Gen2)を評価レビュー【高音質!アレクサ対応で拡張性も良いスマートスピーカー】

この記事は、高音質なスマートスピーカーであるSONOS One(Gen2)を評価レビューしている記事です。

悩む人

アレクサを搭載した高音質なスマートスピーカーならSONOS One(Gen2)がおすすめ!って聞いたんだけど、実際はどうなのかな?

と言う疑問に答えます。

アレクサを搭載したスマートスピーカーは様々ありますが、高音質で好評判なのはSONOS One(Gen2)ですよね!

しゅん

僕自身、Amazon Echoを持っていますが、高音質なスマートスピーカーということでSONOS One(Gen2)を購入してみました。

そこでこの記事では、アレクサ搭載で高音質なスマートスピーカーとして好評判なSONOS One(Gen2)のデザインや音質、拡張性について詳しく評価レビューしていきます。

SONOS One(Gen2)に興味がある人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【評判】SONOS One(Gen2)を評価する【高音質!アレクサ対応で拡張性も良いスマートスピーカー】

【アレクサ対応】SONOS One(Gen2)を評価する【拡張性が良い高音質なスマートスピーカー】

まず結論から。

しゅん

SONOS One(Gen2)は、アレクサ対応で拡張性が良い高音質なスマートスピーカーだと感じました。

まずデザインが洗練されていて、部屋に置いても非常におしゃれです。

しかも、Amazon Echoに比べてもはっきりと分かるぐらい高音質で、拡張性も良いです。

しゅん

SONOS One(Gen2)の特徴をまとめると、下記のようになります。

SONOS One(Gen2)の特徴
  1. Amazon AlexaやGoogleアシスタントなどの音声操作機能を搭載
  2. 様々な音楽配信サービスを利用できる
  3. Apple Airplay 2に対応していて、Apple製品からの操作がラク
  4. SONOSアプリで全てのサービスを管理できる
  5. 2台のスピーカーを利用すると、ステレオ化出来る

このようにSONOS Oneは、様々な機能を搭載したスマートスピーカーと言えます。

しゅん

Amazon Echoも良いけど、もっと高音質なスピーカーがいいな!という方にはSONOS Oneは非常におすすめできます。

【評判】SONOS One(Gen2)をレビュー【デザイン・音質・拡張性・デメリット】

次にSONOS One(Gen2)を詳しくレビューしています。

しゅん

デザインや音質、機能などの特徴は下記の通りです。

SONOS One(Gen2)をレビュー
  1. デザイン⇒おしゃれなデザインで質感も良い
  2. 音質⇒Amazon Echoより高音質でTrueplayで部屋に最適化出来る
  3. 機能⇒アレクサや音楽サブスクに対応していて使い勝手が良い
  4. 拡張性⇒SONOSのスピーカーを2台組み合わせるとステレオ化出来る
  5. 初期設定⇒アプリから設定可能で難しい手順は無し
  6. 不満点・デメリット⇒デフォルトの音量設定がうるさい

順番に解説します。

デザイン【おしゃれなデザインで質感も良い】

SONOS Oneのデザイン【おしゃれなデザインで質感も良い】

まず最初にデザインからレビューしていきます。

しゅん

今回はホワイトを購入しましたが、Apple製品のようにおしゃれなデザインです。

細かいところまで考えられていて、例えば電源コードは底の部分から出っ張らないように設計されています。

SONOS Oneの底の部分
しゅん

この他にも裏側にはLANポートがあるので、有線LANを利用することも可能です。

SONOS Oneの背面、LANポート
しゅん

また上部のパネルは静電容量式タッチ操作が可能な上に、ライトが小さい点が印象的です。

SONOS Oneの上部操作パネル部分
しゅん

一方で、大きさや重量に関してはAmazon Echoよりも大きいです。

SONOS OneとAmazon Echoの比較
しゅん

特に重量はSONOS Oneのほうがかなり重くて、約1.85Kgもあります。

全体的にAmazon Echoに比べておしゃれですが、サイズや重量はSONOS Oneのほうが大きくて重い点が特徴的だと言えるでしょう。

音質【Amazon Echoより高音質でTrueplayで部屋に最適化出来る】

SONOS Oneのデザイン【おしゃれなデザインで質感も良い】

次に音質に関してレビューしていきます。

しゅん

Amazon Echoより高音質で、非常に良い音だと感じます。

音質に関しては、人によって感じ方が大きく変わりますが、非常にクリアで細かい部分までキレイに再現できている印象です。

Amazon Echoも音質が悪いと感じたことはありませんが、聴き比べるとSONOS Oneの方が明らかに音がいい!と感じられるハズです。

しゅん

しかもSONOS OneはTrueplayと言う機能を使って、部屋に合わせて最適化することが出来ます。

Trueplayは、スマホのマイクを利用して、部屋の音響特性を計測・チューニングを行う機能のことです。

SONOS OneのTrueplayの設定画面

アプリに従ってスマホを部屋の中で上下するだけで、設定は完了です。

しゅん

設定後に音楽を流していると、さらに音質が良くなったように感じます。

このようにSONOS Oneはスピーカーの性能がよく高音質なだけでなく、Trueplayを利用して環境に合わせて最適化出来る点が特徴と言えます。

機能【アレクサや音楽サブスクに対応していて使い勝手が良い】

SONOS Oneの上部操作パネル部分

次に機能についてレビューしていきます。

しゅん

SONOS Oneはスマートスピーカーとして様々な機能を有しています。

SONOS Oneの機能
  1. Apple Airplay 2に対応(Bluetoothには非対応)
  2. 音声アシスタント(AmazonAlexa/Googleアシスタント)が利用可能
  3. 多数の音楽配信サービスが利用可能
しゅん

まず、Apple Airplay 2に対応している点が特徴的です。

Apple製品を利用しているなら、BluetoothよりもApple Airplay 2の方が操作性がよく手軽です。

その反面、Bluetoothには対応していないので、注意が必要です。

しゅん

また、音声サービスとしてAmazon EchoやGoogleアシスタントを設定することが出来ます。

SONOS Oneが対応する音声サービス
しゅん

音声サービスを利用している方なら、ログインするだけで今までと同じように利用することができます。

他にも様々な音楽配信サービスを利用することが出来る点も特徴的です。

SONOS Oneが対応している音楽配信サービス

このように、日本語対応サービスを含む50種類以上のサービスに対応しています。

しゅん

日本でメジャーなSpotify、Amazon Music、Apple Music、YouTube Musicなどに対応している点も魅力的です。

拡張性【SONOSのスピーカーを2台組み合わせるとステレオ化出来る】

SONOS Oneの拡張性【SONOSのスピーカーを2台組み合わせるとステレオ化出来る】

次に拡張性についてレビューしていきます。

しゅん

SONOS Oneは、2台のスピーカーを組み合わせることで、ステレオ化することができます。

確かに、SONOS Oneを利用していると高音質ですが、片側からしか聞こえないな!と思う時があります。

この時にもう一台スピーカーを利用すると、簡単にステレオ化出来る点は大きなメリットと言えるでしょう。

しゅん

同じSONOS Oneでも良いですし、音声アシスタント用のマイクを省いたSONOS One SLを利用しても良いでしょう。

さらにスピーカーを組み合わせると、ホームシアター化出来るなど、拡張性が高い点は大きなメリットと言えるでしょう。

初期設定【アプリから設定可能で難しい手順は無し】

Sonos
Sonos
開発元:Sonos, Inc.
無料
posted withアプリーチ

次に初期設定についてレビューしていきます。

しゅん

初期設定は公式アプリからすべて行うことが出来て、下記を用意する必要があります。

初期設定に必要なもの
  1. SONOS純正アプリ
  2. メールアドレス
  3. WiFiのパスワード
  4. AmazonのIDとパスワード(Alexaに接続する場合)
しゅん

基本的にはアプリの指示に従ってステップを進んでいくだけで完了します。

SONOS Oneの初期設定画面
しゅん

利用するためにはアカウントが必要なので、メールアドレスとパスワードを設定する必要があります。

SONOS Oneのアカウント設定画面
しゅん

アプリの完成度が高く、自動的にSONOS Oneを認識してくれました。

SONOS Oneの登録画面

対応しているWiFiが2.4GHz帯のみなので、スマホで接続しているSSIDに注意すれば、特に迷うことはないでしょう。

しゅん

例えば、僕の利用しているAterm AM-AX1800は、2.4GHz帯も5GHz帯も自動で変更してくれるので、より手軽です。

このように、初期設定も非常に手軽に行うことが出来ます。

関連記事

下記の記事では、WiFi6やIPv6も使える高性能メッシュWiFiであるAterm AM-AX1800HPを詳しくレビューしています。

関連記事Aterm AM-AX1800HPを評価レビュー【WiFi6やIPv6も使える高性能メッシュWiFi】

不満点・デメリット【デフォルトの音量設定がうるさい】

最後に不満点やデメリットをレビューしていきます。

しゅん

気になったのは、デフォルトの音量設定がうるさい点です。

もちろん設定完了後に音声ボリュームを下げれば問題ありません。

しかしAlexaを設定している時やTrueplayを使っている時の音量はかなり大きいです。

しゅん

もう少し音量を下げてくれると嬉しいな!と思いました。

SONOS Oneを購入する前に知っておきたい注意点【Q&A】

次にSONOS Oneを購入する前に知っておきたい注意点を解説していきます。

しゅん

他のスマートスピーカーと違う部分があるので、Q&A形式で紹介します。

SONOSはどこの国?

Sonos(ソノス)はアメリカのサンタバーバラに拠点を家電メーカーです。

独自開発・製造したスマートスピーカーが人気です。

SONOS Oneにスタンドはある?

専用スタンドがアクセサリーとして、用意されています。

SONOS Oneは壁掛けできる?

SONOS製もしくはサードパーティ製の取付金具を利用すると、壁掛けすることが可能です。

Bluetoothは使えないの?

Bluetoothを利用して接続することはできない点が、他のスマートスピーカーとの大きな違いです。

【追記】SYMFONISKのサウンドリモートを追加してみた【外部操作が可能なリモコン】

】SYMFONISKのサウンドリモートを追加してみた【外部操作が可能なリモコン】

追記です。

しゅん

SONOS OneのリモコンになるSYMFONISKのサウンドリモートを購入したので、追加してみました。

SYMFONISKのサウンドリモートはIKEA製のリモコンで、再生/一時停止、進む/戻る、音量調節をすることができます。

SYMFONISKのサウンドリモートの機能

初期設定だけ済ませれば、スマホを操作したり音声コマンドを言う必要はありません。

手軽に操作できるので、1つあるとより便利にSONOS Oneが使えるようになります。

しゅん

手元でSONOS Oneを操作したい場合は、SYMFONISKのサウンドリモートをぜひ活用しましょう。

同じIKEA製のトロードフリゲートウェイが必要です。

関連記事

下記の記事では、IKEAのスマートホームとしておすすめのTRÅDFRI(トロードフリ)ゲートウェイを詳しくレビューしています。

関連記事【IKEAのスマートホーム】TRÅDFRI(トロードフリ)ゲートウェイを評価レビュー【Appleホーム対応です】

まとめ

【アレクサ対応】SONOS One(Gen2)を評価する【拡張性が良い高音質なスマートスピーカー】
スペック詳細
スクロールできます
商品名One Gen2
メーカーSONOS
音楽配信サービスAmazon Music/AppleMusic/Spotifyなど多数対応
音声サービスAmazon Alexa/Google アシスタント
スピーカーツイーター×1 ウーファー×1
WiFiIEEE802.11b/g (2.4GHz帯)
有線LAN1ポート
サイズ161.45×119.7×119.7mm
重量1.85kg

アレクサ対応のSONOS One(Gen2)を評価レビューをまとめました。

しゅん

SONOS Oneは拡張性が良い高音質なスマートスピーカーです。

SONOS One(Gen2)をレビュー
  1. デザイン⇒おしゃれなデザインで質感も良い
  2. 音質⇒Amazon Echoより高音質でTrueplayで部屋に最適化出来る
  3. 機能⇒アレクサや音楽サブスクに対応していて使い勝手が良い
  4. 拡張性⇒SONOSのスピーカーを2台組み合わせるとステレオ化出来る
  5. 初期設定⇒アプリから設定可能で難しい手順は無し
  6. 不満点・デメリット⇒デフォルトの音量設定がうるさい
しゅん

特にAmazon Echoと比較すると、音質は大きく違ってより音楽を楽しむことが出来ます。

SONOS OneとAmazon Echoの比較

設定できる音楽配信サービスの数は多いですし、スピーカーを追加するだけでステレオ化・ホームシアター化することができます。

SONOS One(Gen2)で出来ること
  1. Amazon AlexaやGoogleアシスタントなどの音声操作機能を搭載
  2. 様々な音楽配信サービスを利用できる
  3. Apple Airplay 2に対応していて、Apple製品からの操作がラク
  4. SONOSアプリで全てのサービスを管理できる
  5. 2台のスピーカーを利用すると、ステレオ化出来る
しゅん

高音質なスマートスピーカーが使いたい方には、Amazon Echoよりもおすすめできますよ!

是非参考にしてみてくださいね!

まとめ記事【2022年版】最新ハイテク家電まとめ【部屋にあると便利なおすすめガジェットを徹底解説】

【評判】SONOS One(Gen2)を評価レビュー【高音質!アレクサ対応で拡張性も良いスマートスピーカー】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)