おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【Web会議】個人におすすめのスピーカーフォンはどれ?【小型・コンパクトで安いモデルを徹底紹介】

この記事はWeb会議などで必要になる個人におすすめのスピーカーフォンを解説している記事です。

悩む人

ZoomとかでWeb会議があるんだけど、スピーカーフォンのおすすめってあるのかな?個人で使うから小型で安いモデルが欲しいな!

と言う疑問に答えます。

最近は在宅ワークやテレワークなどで、Web会議を行うことが増えてきましたよね!

しゅん

そこでスピーカーフォンが必要になる方もどんどん増えています。

そこでこの記事ではZoomなどのWeb会議におすすめのスピーカーフォンの中で、個人で使える小型で安いモデルを紹介していきます。

スピーカーフォンに興味がある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【Web会議】個人におすすめのスピーカーフォンはどれ?【小型・コンパクトで安いモデルを徹底紹介】

それでは順番に個人で使える小型で安いスピーカーフォンを紹介していきます。

しゅん

個人で利用するなら、下記の⑤つのモデルがおすすめです。

おすすめのスピーカーフォン
  1. ヤマハ YVC-200⇒高品質の日本メーカー製で安心して使える
  2. サンワサプライ MM-MC28⇒1万円ほどで購入できる安さが魅力
  3. オーディオテクニカ AT-CSP5⇒オーディオメーカー製なのに高コスパ
  4. jabra SPEAK 510⇒ヘッドセットなどが人気の海外の老舗メーカー製
  5. Anker PowerConf S3⇒コスパがよく初めてのスピーカーフォンにおすすめ

順番に解説します。

おすすめ① ヤマハ YVC-200【高品質の日本メーカー製で安心して使える】

ヤマハ YVC-200【高品質の日本メーカー製で安心して使える】

まず最初に紹介するのがヤマハ製のYVC-200です。

しゅん

高品質の日本メーカー製で安心して使える点が魅力です。

最大10時間の連続通話が可能なバッテリーを内蔵しているので、電源がない場所でも使えます。

また機能として、オートゲインコントロール機能や適応型エコーキャンセラーやノイズリダクションなどを搭載しています。

しゅん

個人のWeb会議には丁度よいスペックで、一番使い勝手が良いでしょう。

\\詳細スペック//

品名YVC-200
マイク無指向性
集音範囲最大2m(360度)
対応人数1〜4人
接続方法USB/Bluetooth/NFC
カラーブラック/ホワイト

おすすめ② サンワサプライ MM-MC28【1万円ほどで購入できる安さが魅力】

サンワサプライ MM-MC28【1万円ほどで購入できる安さが魅力】

次に紹介するのが、サンワサプライのMM-MC28です。

しゅん

1万円ほどで購入できる安さが魅力のスピーカーフォンです。

タテ・ヨコのサイズが11cmと非常にコンパクトなのに半径5mの広範囲集音が可能です。

またUSBのバスパワー駆動が可能なため、USBのケーブル一本で電源を取りつつ利用できる点も手軽な点と言えます。

しゅん

コンパクトで価格の安いスピーカーフォンを探している人におすすめです。

\\詳細スペック//

品名MM-MC28
マイク全指向性
集音範囲最大5m(360度)
対応人数推奨なし
接続方法USB-A

おすすめ③ オーディオテクニカ AT-CSP5【オーディオメーカー製なのに高コスパ】

オーディオテクニカ AT-CSP5【オーディオメーカー製なのに高コスパ】

次に紹介するのがオーディオテクニカ製のAT-CSP5です。

しゅん

オーディオメーカー製のスピーカーフォンなので、高品質なのに高コスパな点が特徴です。

スピーカーやマイクの品質が高いので、自分の声も相手の声もクリアに聞こえる点がメリットです。

また、声に反応して本体のLEDライトが点灯してマイクの向きが分かる機能やエコー抑制と環境ノイズリダクション機能なども搭載しています。

しゅん

日本製のスピーカーフォンを探しているなら、最適な選択肢になるでしょう。

\\詳細スペック//

品名AT-CSP5
マイク全指向性
集音範囲最大4m(360度)
対応人数6人
接続方法USB/Bluetooth

おすすめ④ jabra SPEAK 510【ヘッドセットなどが人気の海外の老舗メーカー製】

jabra SPEAK 510【ヘッドセットなどが人気の海外の老舗メーカー製】

次に紹介するのが、海外メーカーjabra製のSPEAK 510です。

しゅん

聞いたことがないかもしれませんが、jabraはヘッドセットなどが人気の海外の老舗メーカーです。

無指向性のマイクを搭載していて、声を張らずに会話しても相手に届きやすく、聞き取りやすい点が特徴です。

またバッテリーを内蔵しつつ、Bluetooth接続が可能なスタンダードモデルですが、この機能が不要ならSPEAK 410というモデルもあります。

しゅん

ただし、現状Amazonではあまり価格の差がほぼ無いので、SPEAK 510を選んでも良いと思います。

品名SPEAK 510
マイク無指向性
集音範囲最大2m(360度)
対応人数1〜4人
接続方法USB/Bluetooth

おすすめ⑤ Anker PowerConf S3【コスパがよく初めてのスピーカーフォンにおすすめ】

Anker PowerConf S3【コスパがよく初めてのスピーカーフォンにおすすめ】

最後に紹介するのが、AnkerのPowerConf S3です。

しゅん

スマホ等のガジェットが人気のメーカー製で、コスパがよく初めてのスピーカーフォンにおすすめと言えます。

今回紹介したスピーカーフォンの中で、1万円を切る安さが一番の特徴です。

エコーキャンセリングやノイズリダクション、オートゲインコントロール完備で、全指向性マイクやBluetoothに対応するなど、機能も優れています。

しゅん

安いスピーカーフォンを探しているなら、一番狙い目と言えるでしょう。

\\詳細スペック//

品名PowerConf S3
マイク全指向性
集音範囲表記なし
対応人数1〜8人
接続方法USB/Bluetooth

【Web会議】個人におすすめのスピーカーフォンを徹底比較【マイク・集音範囲・対応人数・接続方法】

次に今回紹介したおすすめのスピーカーフォンを比較していきます。

しゅん

スピーカーフォンで重要なマイク・集音範囲・対応人数・接続方法で比較していきます。

スクロールできます
品名マイク集音範囲対応人数接続方法
YVC-200無指向性最大2m(360度)1〜4人USB/Bluetooth/NFC
MM-MC28全指向性最大5m(360度)USB-A
AT-CSP5全指向性最大4m(360度)6人USB/Bluetooth
SPEAK 510無指向性最大2m(360度)1〜4人USB/Bluetooth
PowerConf S3全指向性1〜6人USB/Bluetooth
しゅん

まず今回紹介したスピーカーフォンの中で1つ選ぶなら、ヤマハ製のYVC-200一択です。

オーディオメーカーのヤマハ製なので、スピーカーもマイクも品質が高く安心して使えます。

価格は少し高めですが、使い勝手が良いスピーカーフォンを探しているなら、いちばんおすすめです。

しゅん

一方で、コスパで選ぶならAnker PowerConf S3が最適です。

何より1万円を切るコスパの良さが特徴で、個人で使うなら十分なスペックを備えています。

まとめ

個人におすすめのスピーカーフォンを紹介しました。

しゅん

個人で利用するなら、コンパクトな下記のモデルがおすすめです。

個人におすすめのスピーカーフォン
  1. ヤマハ YVC-200⇒高品質の日本メーカー製で安心して使える
  2. サンワサプライ MM-MC28⇒1万円ほどで購入できる安さが魅力
  3. オーディオテクニカ AT-CSP5⇒オーディオメーカー製なのに高コスパ
  4. jabra SPEAK 510⇒ヘッドセットなどが人気の海外の老舗メーカー製
  5. Anker PowerConf S3⇒コスパがよく初めてのスピーカーフォンにおすすめ

それぞれ価格の安さや日本メーカー製の品質の良さなど様々な特徴があります。

しゅん

個人でテレワークなどを行うなら、非常に使い勝手が良いですよ!

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

まとめ記事【あったらいいな】在宅勤務で買ってよかった便利グッズ⑫選【部屋にあると便利なものを徹底解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる