Amazonギフト券で最大2.5%還元

【スターバックス】利用方法の注意点とは?【食器の返却や片付けを解説】

【スターバックス】利用方法の注意点とは?【食器の返却や片付けを解説】

この記事は、スターバックスの利用方法の注意点をまとめた記事です。

スターバックスって色々とルールがありそうで、食器やお皿の片付けとか返却はどうすれば良いのか?不安なんだよね。

という疑問に答えます。

スターバックスはおしゃれなお店も多いので、ルールとか難しそうに感じますよね!

そこでこの記事では、スターバックスの利用方法から食器やお皿の返却や片付け方まで徹底解説します。

スターバックスの利用方法の注意点とは?

まず結論から。

しゅん

スターバックスは日本全国の店舗でシステムが同じなので、一度覚えてしまえば安心して利用することが出来ます。

しかも難しいポイントはありませんし、店員さんはフレンドリーな方が多いので詳しく教えてくれます。

ただし覚えておくとスムーズにスターバックスを利用することが可能な部分があるので、利用する前に覚えておくのがおすすめです。

スターバックスに到着したら席を確保する

スターバックスの店内は混み合っている場合が多いです。

特に駅の近くやショッピングモールの中だと、その確率が高くなります。

しゅん

そのため最初に座る席を探すのがおすすめです。

ゆったり座りたいならソファー席がオススメですし、作業をするならテーブル席がオススメです。

席を見つけたらその場所を確保したほうが良いです。

ただし、貴重品など盗難の危険もあるので置いてはいけません。

席を確保したらレジに向かう

しゅん

席を確保したらレジに向かいましょう。

席で店員さんが来るのを待っている方を見ますが、会計は全てレジで行われるので、自分からレジに行きましょう。

慣れない時は、席でレジが空くまで少し待つのも1つの手です。

忙しい時は店員さんも余裕ないですが、少し手が空いた時はゆっくりと対応してくれます。

もしかしたら、その方がスターバックスらしい体験が出来るかも知れません。

注文時の注意点

しゅん

注文する時の注意点としては、ドリンクのカスタマイズは注文時に行うことです。

カスタマイズ内容によっては別料金が発生する場合があるので、先にカスタマイズをお願いしましょう。

また、フードメニュー等もレジで注文するので忘れないようにしましょう。

カスタマイズする方法は『スターバックスのカスタマイズってどうやるの?【種類や値段のまとめ】』で紹介しています。

スターバックスのカスタマイズってどうやるの?【種類や値段のまとめ】 スターバックスのカスタマイズってどうやるの?【種類や値段のまとめ】

注文を受け取る時の注意点

しゅん

スターバックスのドリンクは基本的にバーで受け取ります。

スターバックスのドリンクは、バーと呼ばれるドリンクを作る場所の横から受け取ります。

ホットコーヒーやアイスコーヒーや一部のフードメニューはレジから出て来ることがありますが、基本的にはバーで受け取ると覚えておくと良い出そう。

しゅん

注文したメニューは基本的に注文した順番に提供されます。

しかし状況によって順番が変わることがあるので、レシートを持っておくと安心です。

スターバックスで食器やお皿の返却や片付けの注意点

片付けは自分で行う

スターバックスはセルフサービスのお店です。

そのため飲み終わったカップは自分で片付ける必要があります。

店員さんに直接渡しても良いですし、置いたままだと他のお客さんの迷惑にもなるので、しっかりと片付けるようにしましょう。

返却場所はミルクや砂糖のある場所の近く

スターバックスは、お皿やマグカップを返却する場所が必ず設置されています。

しゅん

店舗によって異なりますが、多くは砂糖やミルクが置いてあるコンディメントバーが返却する場所になっています。

コンディメントバーには、置き場所が書いたプレートがある場合もあります。

ただ頻繁に回収されるので、それほど気にしなくても大丈夫です。

まとめ

スターバックスの利用方法の注意点を紹介しました。

店舗でのルールはほぼ同じなので、1度覚えてしまえばどの店舗でも活用可能です。

しゅん

分からない時は、店員さんに聞くと優しく教えてくれますよ!

心配される方が多いお皿やマグカップの返却する場所や片付け方法も、わからなければ店員さんに渡せば大丈夫です。

余裕がある時は砂糖やミルクが置いてあるコンディメントバーに返却するとスムーズでしょう。

スターバックスの店員さんはとてもフレンドリーなので、是非楽しんでみてくださいね!

以上、スターバックスの利用するときの注意点を紹介しました。

人気記事お店のような美味しいコーヒーを自宅で楽しむ方法

人気記事【2020年版】格安SIMのおすすめはどれ?【速度や使い勝手を徹底比較】