Amazonギフト券で最大2.5%還元

フリーランスとして開業届を出してきた話【個人事業主の第一歩】

この記事は税務署に開業届を出した時の体験談です。

https://paw-print.jp/wp-content/uploads/icon-1.png

ブログで収入が増えたけど、税金とかどうすればいいんだろう?

面倒だけどちゃんとやっておかないと、後が怖そうだよね・・・

など気になりつつも、放置していませんか??

実際、不安や心配を気にするのが面倒になったので、2019年2月15日に税務署に行き、開業届を出してきました。

その経験を元に、開業届や所得税の青色申告承認申請書の入手方法や提出方法と、参考にすべきおすすめのテキストを紹介します。

『フリーランスとして個人事業主になりたい!』と考えている方は、是非参考にしてみて下さい。

税務署に開業届を出した理由

大前提として、ブログで稼いだお金を申告しないと脱税になります。

特に副業として会社員として働きながらブログを運営している方は、特に気をつけなければなりません。

『とりあえず面倒だし・・・』と後回しにしておくと後で痛い目を見るので、しっかりと考えるべきです。

個人的にもある程度、ブログ運営の収入が安定してきたので開業届を出すことにしました。

税務署に【開業届】と【所得税の青色申告承認申請書】を出すメリット

税務署に開業届を提出しなくても確定申告は出来ますし、出さなくても罰則はありません。

しかし、開業届を税務署に提出すると、青色申告を行うことが可能になります。

青色申告は経費に加えて65万円の控除と、仮に赤字が出た場合、3年にわたって繰り越しが可能になります。

そのため、フリーランスとして活動するなら個人事業主の開業届を出すほうが良いと言えます。

実際に青色申告を行うには、所得税の青色申告承認申請書の提出も必要ですが、開業届と一緒に提出可能なので、セットで提出するのがおすすめです。

まとめると、開業届を出さなくても確定申告は出来るけど、節税効果(納税額を減らせる)を求めるなら青色申告は必須です。

税務署に開業届と所得税の青色申告承認申請書を出す方法

開業届の提出方法
  • 開業届を入手する方法
  • 所得税の青色申告承認申請書を入手する方法
  • 提出する先は管轄の税務署
  • 提出する時の注意点

開業届を入手する方法

個人事業主の開業届は国税庁の『[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続|国税庁』から入手することが可能です。

提出後に気がついたのですが、ファイルは文字の入力が可能なので、手書きで書いてもパソコンで入力してプリントアウトしてもOKです。

文字を書くのが苦手な方など、お好みで選びましょう。

提出用の紙と控え用の紙の2枚の用紙があるので2枚とも記入しますが、見本を見ながら記入出来るので、すごく簡単です。

注意点は提出用の開業届にはマイナンバーが必要なので、マイナンバーカードや通知カードを事前に準備しましょう。

参考 手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続国税庁

所得税の青色申告承認申請書の入手方法と注意点

所得税の青色申告承認申請書も国税庁の『[手続名]所得税の青色申告承認申請手続|国税庁』から入手できます。

開業届と同様にPDFファイルでダウンロード可能で、こちらも手書きでもパソコンで入力しても良いです。

開業届との違いは、マイナンバーを記入する欄が無いこと、控用の紙が無いので2枚プリントアウトが必要な点です。

控えが無いと自分で何を書いたか分からなくなるので、2枚書くのが重要です。

参考 [手続名]所得税の青色申告承認申請手続国税庁

開業届と所得税の青色申告承認申請書を提出先は税務署です。

開業届と所得税の青色申告承認申請書の提出先は所管の税務署です。

所管の税務署は国税庁の『国税局・税務署を調べる|国税庁』から調べることが可能です。

お住まいの所によって税務署が変わりますし『市役所or確定申告の申告会場ではない』ので、注意しましょう。

参考 国税局・税務署を調べる国税庁

開業届と所得税の青色申告承認申請書を提出する方法

事前に準備・記入して持っていったので、内容を確認と、提出した控えの紙に証明のハンコを押されて完了でした。

問題が無かったので時間にして5分程度で終了したので、思った以上にカンタンに終了しました。

税務署の方に聞きながら開業届と所得税の青色申告承認申請書作成すると、時間がかかるかもしれません。

注意点としてはマイナンバーカードor通知カードと身分証明書、ハンコは持っていきましょう。

マイナンバーが間違っていないか?確認してもらいますし、身分証も確認されます。

今回は押印していったので、使いませんでしたがハンコも持って行くべきだと思います。

開業届の書き方は『ネットビジネス税金対策ストラテジーNTS』がおすすめ

開業届】と【所得税の青色申告承認申請書】を提出するにあたって、本やネットの情報を色々調べました。

しかし物によって書いてあることが違ったり『ブログ運営者はどうしたらいいの?』という疑問が多く、結構苦労しました。

アフィリエイト収入や経費の考え方が分からなかったのです。

そんな時に出会ったのが『ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』』でした。

開業届の書き方や確定申告の考え方がコンパクトにまとまっていますし、分からない点はサポートフォーラムで質問できるので安心です。

副業でブログを運営している人に向けて『会社に副業がバレない方法』も記載されているので、参考になる部分が多いはずです。

不確かな情報や色々な本を集めるよりもラクですし、持っていて損がないテキストだと思います。

分からないからと言って、放置すると後で痛い目を見るのが確定申告です。

不安を取り除くため、あとで後悔しないために『やらないと』と思ったら今すぐ行動ですよ!

ネットビジネス税金対策ストラテジー『NTS』はコチラ

税務署に『開業届』を出すのは非常に簡単なので、早めがおすすめです。

開業届を税務署に提出するだけで、フリーランスとして独立出来ます。

提出には費用は不要ですし、複雑な手続きではありませせん。

そのため、ブログ運営で収入を得たい!と考えている方は、早めに開業届を出すのがおすすめです。

ブログ運営は軌道に乗ると、収入は増えがちになりますし。

税金で痛い目に合わないように、しっかりと準備をしましょうね!

以上、税務署に『開業届』を出した体験談でした。