『Audible(オーディブル)』で聴く読書

『デッドスペース』を有効活用する方法【部屋の壁を利用した収納術】

『デッドスペース』有効活用する方法【部屋の壁を利用した収納術】

この記事は『デッドスペース』を有効活用したい人向けのページです。

壁面を利用する【基本】から【応用】まで、分かりやすくまとめました。

デッドスペースを利用した収納術に興味がある方は、是非参考にしてみてください。

『デッドスペース』を有効活用するなら【吸盤】や【突っ張り棒】がおすすめ

デッドスペースを有効活用するなら【吸盤】や【突っ張り棒】を活用するのがおすすめです。

ネジで止めたり、貼り付ける訳ではないので、賃貸のアパートやマンションでも利用がしやすい点がメリット。

価格も安く『デッドスペース』を有効活用するには、非常に効果的なツールです。

『軽いもの』の収納術 :吸盤を使ってデッドスペースを有効活用しよう

軽いものやちょっとした小物を収納するには【吸盤】が一番手軽な方法です。

吸盤】には様々な種類があり『100円均一で買えるものから、数百円程度するもの』まで様々な種類があります。

大抵、安いのでOKと感じるかも知れません。

しかし注意しないと『落下しやすくなるデメリット』があるので、利用する前に一度確認してみましょう。

無駄な出費や落下してイライラする事が無くなります。

『吸盤』を落ちなくする方法

『吸盤がつかない!』を解決する方法【落ちる・外れる時に復活させるコツ】

吸盤を使おうとしても、すぐに落下してしまったり、上手く接着出来ない時があります。

そんな時に活用できる『吸盤を落ちなくする方法』を解説しています。

大前提として【吸盤】自体が、吊り下げるモノに合っているのか?

落ちにくくするための③つの方法を詳しく解説しています。

>>この記事を読む<<

吸盤が落ちる場所でも利用可能な『ジェルパット』活用法

でこぼこの壁や壁紙に吸盤をつける方法【くっつかない所でも簡単です】

どうしても吸盤が落ちてしまう場合は、壁面の凹凸が大きいなど、かなり難易度が高い場所だと言えます。

そんな場所で使いたいのが『ジェルパット

吸盤以上に壁面に吸い付く力が強いため、吸盤が使えなかった場所でも利用できる可能性があります。

価格は少し高くなりますが、色々と使い道があるので、一度試してみるのがおすすめです。

>>この記事を読む<<

『重たいもの』の収納術 :突っ張り棒を使ってデッドスペースを有効活用するための③記事

吸盤】より重いものを収納するには【突っ張り棒】を利用するのがおすすめです。

突っ張り棒】を活用すると、棚を増やせるだけではなく【吸盤】以上に収納力がアップすることが可能な商品もあります。

重たいものや収納力をアップしたい時に活用するのが便利です。

『突っ張り棒』の選び方

『突っ張り棒』のおすすめ⑥選【選び方と用途や使い方別に紹介します】

まず【突っ張り棒】をしっかり選びましょう。

主な⑤つの種類を順番に解説しているので、この中から選ぶと失敗が少ないでしょう。

棒タイプから棚タイプ、パーティションタイプまで詳しく紹介しています。

>>この記事を読む<<

『突っ張り棒』を取り付ける方法

『突っ張り棒』の取り付け方【柱や壁を活用して収納力を上げる方法】

突っ張り棒の取り付け方にはコツがあります。

この方法を利用して設置することで、重量があるものを収納しても、落下することが少なくなります。

また突っ張り棒を設置する場所は、高い場所の場合も多いので、地震対策としても正しい突っ張り棒の取り付け方をするのがおすすめです。

>>この記事を読む<<

『突っ張り棒』を落ちなくする方法

『突っ張り棒』を落ちなくする方法【落下の原因と解決策のまとめ】

重量があるものや、デッドスペースの場所によっては、突っ張り棒が落ちやすくなります。

そこで突っ張り棒が落下する主な③つの理由と落ちなくする対策を紹介します。

壁紙を傷つけないためにも、一度確認するのがおすすめです。

>>この記事を読む<<

『貼り付け可能な場所』の収納術 :両面テープを使ってデッドスペースを有効活用する方法

強力だけどサッと剥がせる両面テープなら『3M コマンド』がおすすめ

壁面にテープで貼り付けてもOKの場合は、両面テープを使うのが便利です。

『3Mコマンド』という両面テープのシリーズは、普通の両面テープとは違って剥がすことを前提に作られています。

様々な種類があるので、ちょっとしたモノの貼り付けから、電源コードを整理する時に使うと便利になります。

>>この記事を読む<<

【番外編】デッドスペースを有効活用するため役に立つツール

番外編です。

デッドスペースは元々空間が狭かったりするので、上手に整理して収納するのが大切です。

そのために役に立つツールを2つ紹介します。

『コンセント』周りをスッキリ整理する方法

『コンセント』をすっきり配線する整理術【向きを変えるのがおすすめ】

コンセントにアダプターを差し込むと、出っ張って邪魔になることが多いです。

そんな時は【サイドタップ】を使うと、すっきりとキレイに整理が可能になります。

サイドタップ】を購入したレビューを通じて、使った時の感想や使い勝手を紹介です。

>>この記事を読む<<

ネジ穴を潰さないドライバーの選び方

ネジ穴を潰さない方法【プラスドライバーをしっかり選ぶのがおすすめ】

デッドスペースでネジを利用している場合は、ネジ穴が潰れてしまうと、非常に面倒です。

多くの場合は『ネジとドライバーのサイズが合っていない』事が原因です。

そこで『ドライバーをしっかり選ぶ』と、利用する時も面倒がありません。

ネジを利用して空間を活用している場合は、一度確認するのがおすすめです。

>>この記事を読む<<