おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。

おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

\ Amazonタイムセール祭り開催中 /詳細を見る

コンセントの向きを変える方法【横向き変えるL字プラグYAZAWAサイドタップのメリット&デメリット】

コンセントの向きを変える方法【横向き変えるL字プラグYAZAWAサイドタップのメリット&デメリット】

この記事は、コンセントの向きを変える方法として、横向きに変えるL字プラグYAZAWAサイドタップのメリット&デメリットをまとめた記事です。

悩む人

コンセントの出っ張りが気になるから、横向きに変える方法って無いのかな?

という疑問に答えます。

コンセントに差し込んだアダプター等が邪魔に感じる時ってありますよね!

しゅん

出っ張りにぶつかって、ケーブルを破損してしまった時もあります。

そこで、この記事では手軽にコンセントの向きに変えて配線をスッキリさせる方法として、YAZAWA製のサイドタップのメリット&デメリットを紹介します。

コンセントの向きに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

コンセントの向きを変える方法【横向きに変えるならYAZAWAサイドタップがおすすめ】

サイドタップとMac用アダプター
出っ張りを減らせます。

まず結論から。

しゅん

コンセントを横向きにできるYAZAWA製の『雷ガード付きサイドタップ』は非常に便利です。

L字プラグ型になっているので、出っ張りを減らしてコンセントの向きを横向きに出来ます。

そのため壁際を整理できますし、出っ張りが減るのでぶつかって破損する心配が減ります。

しゅん

デメリットは存在感があるので、見える場所に置くと気になるかもしれません。

しかし全体としてコンセントの整理をしたい人におすすめのタップだと思います。

コンセントを横向きに変える!L字プラグYAZAWAサイドタップをレビュー【メリット&デメリット】

コンセントをキレイでスッキリと配線するにはサイドタップがおすすめ

ということで、YAZAWA製『雷ガード付きサイドタップ』を使ったレビューをまとめていきます。

しゅん

利用して感じたポイントは下記の通りです。

サイドタップをレビュー
  1. 横向きのコンセント差込口で出っ張らない
  2. 電源コードの配線がキレイに出来る
  3. 壁との間に隙間がありにアダプターがグラグラしない
  4. 3個口で両側に差込口がある
  5. 雷ガード付きで安心感がある

順番に解説します。

その① 横向きのコンセント差込口で出っ張らない

Mac用のアダプターのサイズ

持っているアダプターの中で一番サイズが大きく、コードも出っ張って邪魔なMac用のアダプターは横向きになるので、すっきりします。

サイドタップとMac用アダプター

出っ張りが半分以下になるので、コンセントが出っ張って邪魔な感じが大きく軽減されます。

その② 電源コードの配線がキレイに出来る

電源コードの配線がキレイに出来る

コンセントの差込口に直接接続すると、結構出っ張りませんか?

壁ギリギリに家具を置きたくても、プラグが邪魔になる時がありますよね!

しゅん

そんな時にもサイドタップは有効です。

プラグの向きが壁と平行になるので、配線が簡単でスッキリさせることが可能です。

その③ 壁との間に隙間がありにアダプターがグラグラしない

壁との間に隙間がありにアダプターがグラグラしない

サイドタップと壁との間に少し隙間があるので、横幅が大きなアダプターもグラグラせずに差し込むことが可能です。

しゅん

浮いたりグラグラすること無く、配置が可能です。

アダプターが邪魔でグラグラしたりプラグの部分が浮いたりしないので、プラグをしっかり刺せない不安もありません。

その④ 3個口で両側に差込口がある

今回購入したサイドタップは右側に1つ、左側に2つの差込口があります。

しゅん

2つの差込口がある左側は、大きいサイズのアダプターだと互いに干渉するかもしれません。

その場合は、ACアダプター専用の電源タップを利用した方が良いかもしれません。

その⑤ 雷ガード付きで安心感がある

しゅん

購入したサイドタップは雷ガード付きです。

最近落雷も多いですし、落雷のダメージは大きいので、あって損が無い機能だと思います。

コンセントを保護する意味でも安心感が高いでしょう。

【コンセントを横向きに!】ACアダプターが邪魔なら電源タップroo’t(ルオット)もおすすめ

見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)

コンセントの向きを横向きに変えるL字プラグYAZAWAサイドタップを評価レビューしました。

しゅん

コンセントの間隔が広くないので、サイズの大きいACアダプターだと干渉して取り付けられない場合があります。

その場合は、ACアダプターを取り付けやすいエレコム製の電源タップroo’t(ルオット)がおすすめです。

電源タップ(roo’t(ルオット)のレビュー
  1. デザイン⇒高級感があり、おしゃれ
  2. 機能性⇒大きいACアダプターでも干渉しない
  3. 安全性⇒ホコリシャッターや絶縁キャップ搭載で安心
  4. 不満点・デメリット⇒本体が軽くて動きやすい

順番に解説します。

デザイン【高級感があり、おしゃれ】

見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)

エレコム製の電源タップ『roo’t(ルオット)』は高級感があり、おしゃれです。

しゅん

光沢感もあり、おしゃれで扱いやすい電源タップと言えます。

電源タップ特有のダサい感じが無いので、見えるところに置いても気になりません。

またケーブルも曲げやすいですし、コンセントの差込口がL字なので邪魔にならない点も魅力です。

しゅん

使い勝手は非常に良い電源タップだと感じます。

機能性【大きいACアダプターでも干渉しない】

『見せるインテリア電源タップ roo’t(ルオット)』アダプタを付けた画像
大きなアダプタを利用しても干渉せずに使える

エレコム製の電源タップ『roo’t(ルオット)』は、アダプター同士が干渉しない設計になっています。

しゅん

実際に干渉しないのか?大きめのACアダプターを3つ接続してみました。

差込口が対角線で配置されているので、サイズの大きなACアダプタを利用しても干渉しません。

そのため全ての差込口を無駄にすること無く、利用できます。

しゅん

最近のUSB充電器やアダプタなど、サイズが大きいものが多いので、使いやすい設計と言えます。

安全性【ホコリシャッターや絶縁キャップ搭載で安心】

その他の機能も充実していて安全・安心のホコリシャッターや絶縁キャップ搭載しています。

しゅん

安全性もしっかり考えられています。

コンセントの差込口にはホコリシャッターが装備されていて、電源タップの中にホコリが入りにくい構造になっています。

また、壁のコンセントに差し込むプラグは、火災を防ぐ絶縁キャップを搭載しています。

しゅん

隙間からホコリの侵入を防げるので、トラッキング火災の危険の予防にも効果を期待できます。

使用していない差込口からホコリが入るのを防げるので、安心・安全の機能と言えるでしょう。

トラッキング火災とは、プラグの根本のホコリが原因で発生してしまう発熱・発火する現象のことです。

不満点・デメリット 本体が軽くて動きやすい

最後に不満点とデメリットを解説します。

しゅん

個人的に気になったのは、本体が軽くて動きやすい点です。

本体の重量が軽いので、ケーブルを持って動かしただけで本体も動いてしまう点が気になりました。

もちろんACアダプタを複数を差し込むと、重量が重くなるので動きにくくなります。

しゅん

もう少し重量感があると嬉しいな!と思います。

まとめ

コンセントをキレイでスッキリと配線するにはサイドタップがおすすめ

コンセントの向きを変える方法として横向きに変えるL字プラグYAZAWAサイドタップのメリット&デメリットをまとめました。

しゅん

コンセントの横向きにするにはL字プラグですっきり配線が出来ます。

コンセントを横向きに変えるメリット&デメリット
  1. 横向きのコンセント差込口で出っ張らない
  2. 電源コードの配線がキレイに出来る
  3. 壁との間に隙間がありにアダプターがグラグラしない
  4. 3個口で両側に差込口がある
  5. 雷ガード付きで安心感がある

コンセントに直接プラグをつなげると出っ張るし、大きなアダプターだとコンセントとプラグの隙間が出来て不安感があります。

しゅん

元々コンセントの周りにはホコリが溜まりやすいですし。

この不満を解消するのがサイドタップで、プラグを横向きして、出っ張りがじゃまにならず、配線もきれいになります。

雷ガード付きやスイッチ付き、USB付きと色々種類があるので、使い方によって選べるのも良いポイントです。

しゅん

値段も安いのでサイドタップを利用して、コンセントの周りをきれいにすっきりと整理しませんか?

是非参考にしてみてくださいね!

コンセントの向きを変える方法【横向き変えるL字プラグYAZAWAサイドタップのメリット&デメリット】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)