『TONEモバイル』のメリット・デメリット【子供に持たせるスマホにおすすめ】

TONEモバイル|契約前に知っておきたいメリットとデメリットを解説

この記事は『TONEモバイル』の【メリット】と【デメリット】をまとめた記事です。

TONEモバイルってどう?
TONEモバイルの特徴や注意点が知りたい!

という疑問に答えます。

まず最初に『TONEモバイル』の【特徴】を解説します。

その後に【メリット】と【デメリット】を詳しく解説し、最後に【TONEモバイルが向いている人】をまとめました。

『TONEモバイル』に興味がある人は是非参考にしてみてください。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『格安スマホ』を丸ごと知りたいならこの記事がおすすめ

『TONEモバイル』とは?



TONEモバイルの概要

『TONE』とは『TSUTAYAを親会社として運営している格安スマホ』です。

特徴は、子供向けのアクセス制限が簡単にできたり、高齢者の方に充実したサポートがある点です。

格安スマホとしては速度が遅く、端末を自由に選べないデメリットがあるので、万人向けではなく、子供向けor高齢者向けだと考えたほうが良いでしょう。

TONEモバイルの料金プラン

TONEモバイルの料金プラン

出展 : TONEモバイル

TONEモバイルの料金プランは『端末がセットで1,000円〜のプランと、iPhone用の月額1,500円のSIMカードのみのプラン』の2種類です。

データ容量は無制限で好きなだけ使えますが、YouTubeの視聴やアプリのダウンロードには、別途高速チケットが必要なのでかなり微妙な感じです。

つまり料金プランはシンプルですが制限も多く、やはり子供向けor高齢者向けといった感じです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONEモバイル』の特徴

TONEの特徴
  1. スマホ本体】が壊れにくい
  2. 子供向けの利用制限】が簡単
  3. 高齢者向けサポート】が充実

TONEモバイルは【スマホ本体】が壊れにくい

TONEモバイルのスマホ本体は『TONE m17という端末のみ』です。

iPhone向けのSIMカードのみのプランもありますが、iPhoneを使うなら別の格安スマホを使う方がメリットが多いです。

そのため実質『TONE m17』という端末を使用することになりますが【防水・防塵】【耐衝撃構造】など、強い構造のスマホです。

床に落としたり、水の中に落としても簡単に壊れないため、使い方が荒い子供用でも大丈夫な端末です。

スマホは修理が高額になる時があるので、その点では安心感があるでしょう。

スマホ本体が充実しているのは

TONEモバイルは【子供向けの利用制限】が簡単

子供にスマホを持たせると『使いすぎないかな?or変なサイト見ない?』など不安がありますよね!

TONEモバイルは『アプリを自由にインストールさせない機能や1日に使える時間の制限』が可能です。

他にも『特定のサイトしかアクセス出来ないようにしたり、万が一の時でも居場所の確認』も可能です。

設定は簡単なので、安心感がある格安スマホです。

TONEモバイルは【高齢者向けのサポート】が充実

格安スマホは『サポートが無く、設定等が苦手な方には非常にハードルが高い』難点があります。

TONEモバイルは『電話サポートや遠隔リモートサポートが無料』なので、操作が分からない時や、電話で言われても理解できない時に安心です。

特に両親に持たせたいけど『使えるようになるまでが大変で、割高だけど大手キャリアのスマホを持たせている』方には、役立つ点が多いです。

この点がTONEモバイルの一番の特徴なので、高齢者の方でも安心して使うことが出来ます。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONEモバイル』のデメリット

TONEのデメリット
  1. 通信速度】がかなり遅い
  2. 2年以内の解約は違約金9,800円】が必要
  3. 高速チケット】が別に必要になる

TONEモバイルは【通信速度】がかなり遅い

TONEモバイルの速度は『かなり遅く格安スマホの中でも最低レベル』です。

このため『普段使うには不満が多い速度』でしょう。

しかし『速度が遅く子供も多く使えない』とか『そもそも高齢者の方が、そんなに使わない』と考えると、遅い速度もメリットに変わります。

子供にスマホを使わせたくない場合や、スマホを使わない高齢者向けなら問題が無いかもしれません。

TONEモバイルは【2年以内の解約は違約金9,800円】が必要

TONEモバイルは『2年以内に解約すると違約金が9,800円必要』になります。

他の格安スマホは違約金が必要ない所も多いですし、大手キャリアと同じなのは厳しい条件です。

乗り換える時などは注意が必要です。

TONEモバイルはYouTubeやアプリのダウンロードには【別途高速チケット】が必要になる

TONEモバイルは『YouTubeやアプリのダウンロードには、別途高速チケット』が必要です。

自宅のWi-Fiなどを使えば高速チケットは不要ですが、いちいち、高速チケットを購入しなければならないのは面倒です。

子供向けに使わせないための対策だと考えると、メリットがある気もしませんが・・・

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONEモバイル』のメリット

TONEのメリット
  1. Tポイント】が貯まる
  2. 設定済み】ですぐに使える
  3. 通話料金】が安い

TONEモバイルは【Tポイント】が貯まる

TONEモバイルは『月額料金や端末代金200円につき1ポイント』が貯まります。

TポイントはTSUTAYAだけでなくコンビニや本屋さんでも利用可能です。

使い勝手が良いので、Tポイントをよく利用する方にはメリットが多いです。

TONEモバイルは【設定済み】ですぐに使える

TONEモバイルは『メールや電話の設定』など、ほとんど設定が終わった状態で届きます。

さらに『スマホの使い方をまとめたガイドブックが一緒に届く』ので、ガイドブックを見ると一通りスマホの使い方が分かります。

この他に【スマホの箱】に乗せるだけで、自動的に不具合を探して問題を修正する機能もあります。

箱に置くだけなので、簡単に不具合を解消することも可能です。

TONEモバイルは【通話料金】が安い

TONEモバイルは『無料で050のIP電話番号をもらうことが可能』です。

スマホやケータイ向けの通話料金が【1分21円】と、非常に低価格です。

他の格安スマホは、通話料が一律【30秒20円】で、通話が多い人は通話料金を安くすることが可能です。

通話が多い方には魅力があります。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONEモバイル』が向いているおすすめの人

TONEが向いている人
  1. 小学生や中学生】におすすめ
  2. 機械操作が苦手な高齢者】におすすめ
  3. Tポイント】を利用する人におすすめ

TONEモバイルは【小学生や中学生】におすすめ

TONEモバイルは『小学生や中学生に持たせるスマホ』としておすすめです。

利用制限が簡単に出来るので、親としては安心感があります。

学校や部活などで『スマホを持たせなければならないけど不安もある』という方にはおすすめです。

TONEモバイルは【機械操作が苦手な高齢者】におすすめ

TONEモバイルは『機械操作が苦手な高齢者の方におすすめ』です。

料金プランがとにかくシンプルで低価格です。

しかもサポートが充実していて『使い方を電話で聞いたり遠隔で操作してくれるサービス』があります。

他の格安スマホには無いサービスで、利用頻度が多くない両親に持ってもらうスマホとして役立ちます。

TONEモバイルは【Tポイント】をよく利用する人におすすめ

TONEモバイルは『Tポイントをよく利用する人』にもおすすめです。

月額料金や端末代でポイントが貯まるので、Tポイントをよく利用する人には魅力があります。

ただ格安スマホとしての性能は高くないので、スマホをよく利用する人には不満が多くなる可能性がある点には注意が必要です。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『TONEモバイル』は子供向けや高齢者サポートが魅力的でおすすめ

『TONEモバイル』と契約する前に知っておきたいことをまとめました。

TONEモバイルの特徴は『子供向けの利用制限の簡単さと高齢者向けのサポートが充実している』点です。

万人向けではありませんが、小中学生が使いすぎないようにする機能や機械操作が苦手な方にはメリットがある格安スマホです。

TONEモバイルは『子供に持たせるor両親に持たせる』として考えるなら、メリットが多いでしょう。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

 

『格安スマホ(sim)』と『普通のスマホ』はどこが違うの?仕組みを解説します 『格安スマホ(sim)』と『普通のスマホ』はどこが違うの?仕組みを解説します ドコモ・AU・ソフトバンクから『格安スマホ』に乗り換える手順と準備のまとめ ドコモ・AU・ソフトバンクから『格安スマホ』に乗り換える手順と準備のまとめ 『MNP予約番号(携帯乗り換え)』を取得する方法【準備や4つの注意点】 『MNP予約番号(携帯乗り換え)』を取得する方法【準備や4つの注意点】 『楽天モバイル』のメリット・デメリット【期間限定ポイントも使えます】 『楽天モバイル』のメリット・デメリット【期間限定ポイントも使えます】 『LINEモバイル』のメリット・デメリット【遅いスマホが嫌な人におすすめ】 『LINEモバイル』のメリット・デメリット【遅いスマホが嫌な人におすすめ】 『イオンモバイル』のメリット・デメリット【対面サポートが欲しい人におすすめ】 『イオンモバイル』のメリット・デメリット【対面サポートが欲しい人におすすめ】 『IIJmio』のメリット・デメリット【安心感と通信品質を重視する人におすすめ】 『IIJmio』のメリット・デメリット【安心感と通信品質を重視する人におすすめ】 『mineo』のメリット・デメリット【使い勝手が良さを重視する人におすすめ】 『mineo』のメリット・デメリット【使い勝手が良さを重視する人におすすめ】 『UQモバイル』のメリット・デメリット【速度重視の人におすすめ】 『UQモバイル』のメリット・デメリット【速度重視の人におすすめ】 『ワイモバイル』のメリットとデメリット【料金を安くしたい人におすすめ】 『ワイモバイル』のメリットとデメリット【料金を安くしたい人におすすめ】