おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。

おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

【やめとけ】スマートスピーカーはいらない?【使ってわかった怖い!問題点を徹底解説】

【やめとけ】スマートスピーカーはいらない?【使ってわかった怖い!問題点を徹底解説】

この記事はスマートスピーカーはいらない?使ってわかった怖い!問題点をまとめた記事です。

悩む人

スマートスピーカーを使ってみたいんだけど、セキュリティとか不安なんだよね。やっぱりいらないのかな?

と言う疑問に答えます。

スマートスピーカーは便利そうに感じるけど、ネットに接続するってことは大丈夫なのかな?って感じますよね!

しゅん

僕自身、スマートスピーカーを利用する前は、そのような不安感を感じていました。

そこでこの記事では、スマートスピーカーはいらない?使ってわかった怖い!問題点を徹底解説していきます。

スマートスピーカーはいらない?って感じる人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

【やめとけ】スマートスピーカーはいらない?【音声操作を活用したい人に非常におすすめ】

スマートスピーカーなら音声操作が可能で生活の質が変わる

まず結論から。

しゅん

スマートスピーカーは、音声操作がしたい!ラジオのように音声でニュースやスケジュールを確認したい人には役立ちます。

スマートスピーカーで出来ること
  1. 音声だけでニュースや音楽の操作ができる
  2. 目覚ましやタイマー機能を使える
  3. アレクサと連携して家電の操作ができる
  4. スケジュールや目標を音声で流すことが出来る

使ってみると音声で操作できるのは非常に便利で、音楽やニュースだけでなく、目覚ましやタイマー機能も快適です。

しかも例えばAmazon Alexaの場合は、対応した様々な家電をリモコン不要で操作できるのも非常に便利です。

しゅん

この他にも朝にスケジュールを確認したり、自分の覚えておきたいことを音声で流すことで記憶に残りやすくなります。

このようにスマートスピーカーはいらない!って感じている人でも、音声操作で生活を快適にすることが出来るでしょう。

関連記事【アレクサを買うならどれ?】Amazon Echoの種類やおすすめ機種を徹底解説【違いや選び方のまとめ】

【やめとけ】スマートスピーカーを使ってわかった怖い!問題点を徹底解説

スマートスピーカーは音声で操作できる点が非常に便利ですが、使ってみると、怖い!問題点を感じることもあります。

しゅん

具体的には、下記のような点が気になりました。

スマートスピーカーのデメリット
  1. スマートスピーカー単体だと出来ることが少ない
  2. 伝え方が下手だとうまく動いてくれない
  3. 常にマイクで音を聞かれている点は気になる

順番に解説します。

その① スマートスピーカー単体だと出来ることが少ない

まず最初に、スマートスピーカーは単体だと出来ることがあまり多くありません。

しゅん

例えばAmazon Echoの場合、プライム会員ならPrime Musicという無料で利用できる音楽サービスを利用できます。

そのため音楽をスマートスピーカーから流すことができますが、プライム会員以外の方は他の音楽サブスクに加入しないと音楽を再生できません。

この他にも音声で家電を操作したい場合は、対応した家電やリモコンorゲートウェイなどを準備しないと活用できません。

しゅん

僕の場合は、IKEAのトロードフリゲートウェイを利用して音声操作が可能な仕組みを作っています。

【IKEA】TRÅDFRI(トロードフリ)ゲートウェイをレビューする【デザイン・機能・初期設定・使い勝手】

このようにスマートスピーカー単体だと出来ることの幅が狭いです。

しゅん

特に音楽の場合は、音楽サブスクに加入しないと使えない点には注意しましょう。

関連記事【IKEA】TRÅDFRI(トロードフリ)ゲートウェイを評価レビュー【おすすめのスマートホームハブ】

その② 伝え方が下手だとうまく動いてくれない

次の問題点は、伝え方が下手だとうまく動いてくれない点です。

しゅん

例えば音楽の再生にしても、歌の名前を正確に伝えないと再生してくれません。

あの音楽!とか不明瞭な指示や、似たような名前の歌だと間違って再生されることも多いです。

このような場合は、スマホの画面やリモコンを利用した方がスムーズですし手軽です。

しゅん

便利ですが、使う側もスマートスピーカーに合わせる必要がある点が気になりました。

関連記事【おトク】Amazon Music Unlimitedの料金が280円?【メリットや注意点を徹底解説】

その③ 常にマイクで音を聞かれている点は気になる

最後にスマートスピーカーの一番気になる点を解説します。

しゅん

それは常にマイクで音を聞かれている点は気になります。

と言うのもスマートスピーカーは、起動するのに特定の言葉が必要になります。

ウェイクワードの例
音声アシスタントウェイクワード
アレクサアレクサ
Google アシスタントOK Google
SiriHey Siri
しゅん

このようなウェイクワードを聞き漏らさないために、常にマイクが起動しています。

ウェイクワードを言わない時は、スマートスピーカーは起動せずに聞き流しているだけです。

しかし、気になる方は周囲の音を常に聞かれている!というのは気分が良いものではないかもしれません。

しゅん

もちろん最近のスマートスピーカーはセキュリティの設定や個人情報の保護の機能もついているので、その機能を活用するのも1つの手です。

心配な方は自宅のセキュリティを強化するのもおすすめです。

関連記事【安心・安全】ウイルスバスター for Home Networkの評判は?【レビューや注意点のまとめ】

おすすめのスマートスピーカーはSONOSです。【アレクサ対応で高音質】

【アレクサ対応】SONOS One(Gen2)を評価する【拡張性が良い高音質なスマートスピーカー】

最後におすすめのスマートスピーカーを紹介します。

しゅん

Amazon Echoは種類も豊富でセールを活用すると安く購入することが可能です。

しかし高音質なスマートスピーカーが欲しい場合はSONOS Oneが非常におすすめです。

SONOS One(Gen2)で出来ること
  1. Amazon AlexaやGoogleアシスタントなどの音声操作機能を搭載
  2. 様々な音楽配信サービスを利用できる
  3. Apple Airplay 2に対応していて、Apple製品からの操作がラク
  4. SONOSアプリで全てのサービスを管理できる
  5. 2台のスピーカーを利用すると、ステレオ化出来る
しゅん

何より音質がよく、低音もしっかり出ていて非常にキレイな音楽を楽しめる点が気に入っています。

SONOS OneとAmazon Echoの比較

サイズはAmazon Echoより大きいですが、その分スピーカーのサイズが大きくて多機能です。

しゅん

個人的にはApple製品の利用が多いので、BluetoothよりAirplayを利用できる点が便利だと感じます。

高音質なスマートスピーカーが欲しい場合は、SONOS Oneは非常におすすめです。

関連記事【高音質なスマートスピーカー】SONOS One(Gen2)を評価レビュー【アレクサ対応で拡張性も良い】

まとめ

スマートスピーカーはいらない?使ってわかった怖い!問題点を徹底解説しました。

しゅん

スマートスピーカーは音声で操作をしたい人には非常に役立ちます。

スマートスピーカーで出来ること
  1. 音声だけでニュースや音楽の操作ができる
  2. 目覚ましやタイマー機能を使える
  3. アレクサと連携して家電の操作ができる
  4. スケジュールや目標を音声で流すことが出来る
しゅん

このように音声操作が使えると、生活が非常に便利になります。

もちろんスマートスピーカーを使ってみると、怖い!問題点も感じます。

スマートスピーカーのデメリット
  1. スマートスピーカー単体だと出来ることが少ない
  2. 伝え方が下手だとうまく動いてくれない
  3. 常にマイクで音を聞かれている点は気になる

このようにセキュリティに気をつければ、スマートスピーカーは生活を快適にしてくれます。

しゅん

一度使ってみると、スマートスピーカーは効率化や生活の快適さに大きく貢献してくれますよ!

是非参考にしてみてくださいね!

まとめ記事【2022年版】買ってよかったハイテク家電まとめ【部屋にあると便利な最新のものを徹底紹介】

【やめとけ】スマートスピーカーはいらない?【使ってわかった怖い!問題点を徹底解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事の監修者

普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。
おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

目次(タップで移動できます)
閉じる