【PD対応】USB電源アダプターの選び方【2つのポイントを理解しよう】

【PD対応】USB電源アダプターの選び方【2つのポイントを理解しよう】

この記事はMacBook Proなどを急速充電できる『USB電源アダプター』の選び方を紹介しています。

規格が複雑で、どのアダプターを選んだらよいか分からない!
選び方のポイントが知りたい!

という疑問に答えます。

2019年に『MacBook Pro(2018)』を購入してから、純正のアダプターを利用していました。

しかしサイズが大きいのと、1つしかポートが無い点が不便に感じていました。

ところが【iPhone用】のアダプターと違い【Mac用】のアダプターは聞き慣れない用語が多くて、苦労した経験があります。

その経験を元にアダプターの【選び方】を解説します。

【PD対応】『USB電源アダプター』選びのポイント

ポイント1
PD対応のアダプターを選ぶ
Mac用のアダプターならPD対応のアダプターが必須です。
手順2
最大出力】に注意する
アダプターによって最大出力が違う点に注意する。
手順3
ポート数】に注意する
使い方によって、ポート数を決める。

【USB PD(USB Power Delivery)】に対応したアダプターを選ぼう

Mac用のアダプター選び、1つめのポイントは【USB PD(USB Power Delivery)】という規格のアダプターを選ぶことです。

PDとは『最大100Wまで電力供給が可能な規格のこと』で、充電スピードが早く、多くの電力を供給できる規格のことです。

つまりMacBook Proのように多くの電力が必要な機種でも、効率的に早く充電できるんです。

詳しく言うともっと色々機能がありますが、簡単に言うと【PD対応】とかPDの文字が入っているアダプターを選べばOKってことです。

【最大出力】に注意してアダプターを選ぼう

Mac用のアダプター選び、2つめのポイントは【最大出力】に注意して選びましょう。

機種によって必要な電力量が異なっていて、例えば『MacBook Air(2018)』は【30W】で『MacBook Pro(2018)』は【60W】が必要です。

このように利用する機種によってアダプターを選ぶのがポイントです。

利用する【ポート数】に合わせてアダプターを選ぼう

Mac用のアダプター選び、3つめのポイントは【ポートの数】に注意して選びましょう。

Apple純正のアダプターのようにポートが1つのアダプターから、ポートが4つとか5つあるアダプターもあります。

持ち運び用なら1つか2つでも良いでしょうし、自宅でスマホの充電もしたいなら、複数のポートがある機種を選ぶと整理できます。

ただ『複数のポートがあるアダプターを選ぶ時は最大出力に注意』しましょう。

アダプターの中には、表示されている最大出力が、全ポート合計の最大出力が書かれている場合があります。

そのため特に複数のポートがあるアダプターを選ぶ時は1つのポートの最大出力に注意した方が良いです。

『USB電源アダプター』選びでは『PD対応ケーブル』も必須です。

Macに付属しているアダプターとケーブルを利用していると気にしない時が多いです。

しかし新たに購入する時は『アダプターだけでなく、ケーブルもPD対応のモノ』にしなければなりません。

注意点はUSB PD対応のケーブルには『3A対応と5A対応があり、基本的に60Wを超える場合は5Aのケーブルを使う必要』があります。

また充電だけでなく【Thunderbolt 3】や【Displayport】に対応しているケーブルがあり、こっちも複雑なので、ちゃんと選びましょう。

とにかく安価なケーブルならエレコムの『U2C-CC5P05NBK』がおすすめ

Thunderbolt 3】や【Displayport】に対応しないことで価格を抑えたケーブルです。

充電しかしない人向け

しかし【5A対応】なので、60Wを超える機種でも充電出来ます。

色はブラックのみですが、長さが0.5m〜4.0mまであるので、好きに選べます。

とにかく安いケーブルなら、これが1番です。

安めで対応範囲が広いケーブルならAnker『USB-C & USB-C Thunderbolt 3 Cable』がおすすめ

最大100Wまで充電できるケーブルです。

PD対応に加えて【Thunderbolt 3】に対応しているので、ディスプレイ等にも繋げます。

値段は高くなりますが、汎用性を持たせるならおすすめのケーブルです。

PD対応の『USB電源アダプター』は2つのポイントを理解しよう

『USB-C急速充電アダプター』は、新しいので規格が複雑です。

馴染みがない規格で、アダプターによって最大出力が複雑な点が余計ややこしいです。

しかし『PD対応と最大出力に注意すれば、あとはポートの数やサイズなど使い方によって選べばOK』です。

またケーブルにも注意しないと、充電スピードが遅くなる原因になります。

PD対応のアダプターもケーブルも複雑で難しい部分があります。

自分が使いたい機能をしっかりと確認して、購入するようにしてくださいね!

以上、『USB充電アダプター』の選び方を紹介しました。

 

人気記事セールの活用やおトクに買い物したいなら『Amazon Prime』がおすすめ

人気記事工事不要で『Wi-Fi』環境を作るなら『ホームルーター』がおすすめ