おすすめ記事
2021年大注目ランキング

【NASって便利すぎ!】快適に使える理由や出来ることとは?【メリット&デメリットも徹底解説】

【NASって便利すぎ!】快適に使える理由や出来ることとは?【メリット&デメリットも徹底解説】

この記事はNASが便利すぎて快適な理由と、できることやメリットをまとめた記事です。

悩む人

NASって何?どんな事ができるの?メリットや活用方法が知りたいな!

と言う疑問に答えます。

NASと聞いても、どんな事ができるのか?パッとイメージ出来ないですよね!

しゅん

僕自身、NASを利用するまで、便利そうだけど、どんな事ができるんだろう?ってイメージ出来ませんでした。

そこで、この記事では基礎知識として、NASが便利すぎて快適な理由と、出来ることやメリット&デメリットを解説します。

NASに興味ある人は、是非参考にしてみて下さい。

目次(タップで移動できます)

【NASって便利すぎ!】快適に使える理由や出来ることとは?【②つの点がポイント】

SynologyのNAS
NASのイメージ

まず結論から。

しゅん

NASって便利すぎて快適に使える理由は下記の2つです。

NASが便利すぎる理由
  1. コスパよくデータを管理できる
  2. 外付けHDDよりも高機能で、できることが多い

順番に解説します。

理由① NASはコスパよくデータを管理できる

まず最初にNASが便利すぎて快適な理由について解説していきます。

しゅん

手軽にコスパよくデータを保管できる点が便利すぎます。

NASの便利すぎる点
  1. データの容量を気にせずに利用できる
  2. パソコンやスマホなど、どこからでも利用できる
  3. アクセス制御が可能で、セキュリティも安心
  4. PCやスマホのバックアップも簡単
  5. ブラウザから管理できるので、面倒がない

例えばDropboxやiCloudのようにデータ容量を気にせずに使い放題になります。

しゅん

また設定や管理はブラウザから可能で手間もありません。

この他にもNASによっては、VPNやワードやエクセルのようなアプリケーションもあったりします。

様々な用途で利用できるのに、使い放題になる点が便利すぎると感じます。

関連記事【2021年版】NASのおすすめはどれ?【オーディオ、テレビ録画などメーカー別に徹底比較】

理由② 外付けHDDよりも高機能で、できることが多い

次にNASで出来ることを解説します。

しゅん

NASを利用すると下記のようなことができます。

NASが出来ること
  1. ファイルやデータの共有が出来る
  2. パソコンのバックアップを取れる(Macのtime machineも可)
  3. 防犯カメラのデータ保存先として利用できる
  4. テレビ番組の録画が出来る
しゅん

このようにNASは様々な用途で利用することができます。

外付けHDDとの違いは、インターネットに接続すると外出先からアクセスできる点にあります。

例えば、仕事先からファイルやデータにアクセスできるので外付けHDDのように持ち運ぶ必要はありません。

しゅん

自宅や職場に設置するクラウドというイメージです。

利用できるデータ量に制限はありませんし、月額料金も不要なので非常に快適に利用することができます。

つまりNASは、データ保管庫として様々な用途に利用することができるんです。

関連記事【基準はここ!】家庭用NASの失敗しない選び方【HDDやベイ数、機能のポイントを徹底解説】

【NASって便利すぎ!】メリット&デメリットを徹底解説

次にNASのメリットやデメリットについて解説していきます。

しゅん

僕自身がNASを使ってわかったメリット&デメリットは下記の通りです。

メリット
デメリット
  • データ共有が非常に簡単
  • 音楽サーバーや動画管理など非常に多機能
  • 自作PCより組み込みが手軽で初心者でも安心
  • 初期設定が必要で多少の手間が必要
  • HDDが破損した場合、データが失われる

順番に解説します。

メリット① データ共有が非常に簡単

まずNASはデータ共有が非常に手軽です。

しゅん

自宅のPCやタブレット、スマホなどからアクセスして利用可能なので、非常に便利です。

例えば、外出先でWordやExcelのファイルを閲覧したり、内容を変更したり出来ます。

NASが無いと、自宅のパソコンしかデータの修正などが出来ないと、非常に面倒です。

しゅん

しかしNASがあると、どこからでも利用可能なので、作業の効率が非常にアップします。

メリット② 音楽サーバーや動画管理など非常に多機能

またNASは音楽サーバーや動画管理など、多機能のタイプがあります。

しゅん

例えば僕が利用しているSynology製『DiskStation(DS116)』は音楽サーバーや動画サーバー機能があります。

この機能を利用すると、スマホやタブレットから動画視聴が可能になります。

また名前の変更など管理が非常に手軽です。

しゅん

つまりファイルだけでない利用方法がある点が魅力です。

メリット③ 自作PCより組み立てが手軽で初心者でも安心

さらにNASは、自作PCよりも組み立てが非常に簡単です。

NASにはHDDが既に搭載されたモデルと、HDD別売りのモデルがあります。

しゅん

HDDが別売りモデルを購入しましたが、組み立てが簡単ですし、容量も自由に選べます。

STEP
NASを開封する
NASのパッケージイメージ

NASを開封したら、ネジやケーブルを確認します。

STEP
NASのカバーを外す
NASのカバーを外した様子

NASのカバーを外して、HDDの接続場所などを確認します。

STEP
NASにHDDを搭載する
NASにHDDを搭載した様子

HDDを搭載して、ネジ止めすれば完成です。

しゅん

僕のNASはネジ止めが必要でしたが、ネジ止めすら不要なモデルもあります。

非常に簡単に組み立てられるので、初心者の方でも簡単な点が魅力です。

デメリット① 初期設定が必要で多少の手間が必要

一方でデメリットもあり、初期設定の手間が必要な部分です。

しゅん

IDやパスワードなどの設定や、アクセス制限なども必要です。

インターネットを利用してアクセスするので、セキュリティ面はしっかり設定する必要があります。

設定は一度だけなので、設定すれば終わりですが、最初の手間がかかる点がデメリットと言えます。

デメリット② HDDが破損した場合、データが失われる

また、HDDが破損した場合、データが失われる点もデメリットです。

しゅん

大容量のHDDが利用可能な分だけ、様々なデータを入れがちです。

そのためHDDが破損した場合、データ紛失のリスクが高くなります。

もちろんRAIDと言う機能を利用すると、破損時のリスク軽減が可能です。

しゅん

大容量のデータを管理できる分だけ、データが失われるリスクには注意が必要です。

まとめ

NASが便利すぎて快適な理由と、出来ることやメリット&デメリットをまとめました。

しゅん

NASは大きく②つの理由があるので便利すぎると感じます。

NASが便利すぎる理由
  1. コスパよくデータを管理できる
  2. 外付けHDDよりも高機能で、できることが多い

ファイルや音楽、動画などをスマホやタブレットなどに関わらず利用できて便利です。

しゅん

そんなNASのメリット&デメリットは下記の通りです。

メリット
デメリット
  • データ共有が非常に簡単
  • 音楽サーバーや動画管理など非常に多機能
  • 自作PCより組み込みが手軽で初心者でも安心
  • 初期設定が必要で多少の手間が必要
  • HDDが破損した場合、データが失われる
しゅん

特に難しい点はなく、初心者の方でも簡単に利用できます。

USBメモリや外付けHDDだと、パソコンが無いと利用できませんが、NASはネットに接続できれば、どこからでも利用できる点が魅力です。

自由にアクセス出来るデータ保管庫が欲しい人に非常におすすめですよ!

是非参考にしてみて下さい。

まとめ記事【NAS活用術】初心者向けの自宅に構築する方法から導入方法まで徹底解説

【NASって便利すぎ!】快適に使える理由や出来ることとは?【メリット&デメリットも徹底解説】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)
閉じる