【今使うべき】おすすめのWordPress有料テーマ④選【目的別に紹介】

【今使うべき】おすすめのWordPress有料テーマ④選【目的別に紹介】

この記事は今使うべき、おすすめの『WordPressテーマ』を【目的別】に紹介している記事です。

『WordPressテーマ』って種類が多くてどれを選べばいいの?
これ使えばOKみたいなテーマってあるの?

などの疑問に答えます。

WordPressでブログ運営を始めてから、無料or有料問わずに複数のテーマを利用しました。

その経験を元に『最新のトレンドを含めつつ、今買うべきおすすめのWordPressテーマ』を紹介します。

『WordPressテーマ』選びのポイント

テーマ選びのポイント

  1. 使い方を考えると【有料テーマ】がおすすめ
  2. デザイン】は重視すべきポイント
  3. 最新のテーマなら【SEO対策】は気にしなくてもOK
  4. 読み込み速度】は速ければ速いほうが良い

使い方を考えると【有料テーマ】がおすすめ

大前提として『使い方を考えると使うなら有料テーマを購入すべき』です。

有料テーマは『最新トレンドを抑えつつ、プラグイン不要で使える機能が豊富』です。

一方無料テーマはプラグインを増やして、機能を追加しなければならないため、初期設定に手間がかかります。

この手間を考えると、有料テーマの方が効率的にサイト運営が出来るため『この記事では有料テーマのみ紹介』しています。

【デザイン】は重視すべきポイント

WordPressテーマは色や配置等は変えられますが【デザインやレイアウト】は、後から変えることは出来ません。

そのため『デモサイト等のデザインを見て、気に入ったテーマを選ぶのが大切』です。

なぜならデザインに凝り始めると、気になって記事作成の時間が少なくなってしまうからです。

そのため、気に入ったデザインのテーマを選ぶと記事作成に集中することが出来るでしょう。

最新のテーマなら【SEO対策】は気にしなくてもOK

多くの人が重視する【SEO対策】などの機能は『有料テーマなら気にしなくても良い』です。

古いテーマや特殊なテーマなら別ですが、現在発売されているテーマは『既にSEO対策が施されていて、この部分の差はない』と言っていいです。

Googleのアップデートで変わりますし、どれも同じとは言いませんが、気にしすぎなくてもOKです。

【読み込み速度】は速ければ速いほうが良い

読み込み速度】は『SEO対策よりも重要なポイント』です。

この部分はテーマによって大きく変わるポイントで『実際にデモサイトを開いて確認する』のがおすすめです。

もしくはGoogle純正の『PageSpeed Insights』を確認するのがおすすめですが、『この数字よりも体感の速度を重視』したほうが良いかと思います。

デモサイトの『ページを開くのが遅い』とか『画像が上手く表示されない』等の気になるポイントがある場合は、避けた方が良いでしょう。

これはWordPressテーマの構造上の問題です。

キャッシュ系のプラグインを追加したり『エックスサーバー』などにある高速化の設定をしても変わりません。

そのためテーマを選ぶ時に、しっかりデモサイトを確認するのがおすすめです。

関連リンク

PageSpeed Insights

海外製のテーマは【難易度】が高い

海外製のテーマは『難易度が高いためおすすめ出来ない』です。

具体的には『設定などが全て英語表示なこと、使い方を調べても英語のサイトが多い』など、英語が得意な方以外は、負担が大きいです。

デザインがおしゃれなテーマが多いんですけどね。

よほどの魅力を感じた以外は『日本製のWordPressテーマ』を使うべきです。

初心者向けのWordPressテーマなら『The THOR』がおすすめ

WordPressテーマ『THE THOR(ザ・トール)』はデモサイトを再現できるデザイン着せ替え機能を搭載

WordPressテーマ『The THOR』は初心者におすすめのWordPressテーマです。

デザインは『ブログ向けのスタンダードなので、違和感なく使える』ハズです。

加えて『ワンクリックでデモサイトと同じデザインにすることが可能』なので、手軽さもあります。

さらに新しいテーマなので【SEO対策】も、最新のトレンドを踏まえて作られています。

使い勝手も良く作られているので『買ってからサクッと初期設定をしたらそれでOK』というテーマを探している方におすすめです。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『THE THOR(ザ・トール)』を見てみる

アフィリエイトするならWordPressテーマ『Diver』がおすすめ

アフィリエイトやSEO対策ならWordPressテーマ『Diver(ダイバー)』がおすすめ

The THOR』よりも『ちょっと設定が必要だけど、より自由度が高いWordPressテーマ』が『Diver』です。

記事ごとに【CTA】を変えられたり【カテゴリー】の一覧ページを作り込むことが出来ます。

ちょっと難易度が上がりますが『メールサポートが無期限・無制限にOK』なので、いつでも相談できます。

分からない所はいつでも相談できるので、使い勝手が良いテーマです。

豊富な機能のテーマを使いたいけど、使いこなせるか不安!』という方には最適な選択肢でしょう。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『Diver』を見てみる

カスタマイズが好きならWordPressテーマ『SANGO』がおすすめ

カスタマイズが好きならWordPressテーマ『SANGO』がおすすめ

現在、このサイトで利用しているWordPressテーマが『SANGO』です。

The THOR』や『Diver』のように『買ってからちょっと設定したらOKというテーマでは無い』点には注意が必要です。

最初は、ほぼ真っ白で『スタイルシート(CSS)で色やデザインを自分で書き込む』必要があります。

SANGOサポーター】や【POLIPU】という専用のプラグインを使うと多少設定がラクになりますが、初心者にはハードルが高いかも。

CSSなどの勉強がしたいなら、候補になりますが、やるなら本格的に勉強した方が身になる気もします。

カスタマイズが好き!』とか『SANGOのデザインが好き!』という方以外は、他を選んだ方が手軽にサイトを作れます。

企業サイトならWordPressテーマ『Grazioso』がおすすめ

WordPressテーマ『Grazioso』とは?

企業サイトなら『Grazioso』がおすすめです。

デザインが特徴的で、例えば商品やサービスを強調するのに向いているテーマです。

記事がメインのブログには向いていないかもしれませんが、写真をキレイに表示出来る点が強みです。

普通のブログより『企業や写真等の魅力を伝えたいサイト』に利用すると、強みを発揮できます。

詳細&申し込みはこちら(公式サイト)

『Grazioso』を見てみる

サイトの役割によって『WordPressテーマ』を選ぶのがおすすめ

WordPressテーマによって、使い勝手は大きく変わります。

特に重要なポイントは【デザイン】と【読み込み速度】です。

この2つはテーマによって大きく異なり、後から変える難易度が高いため、この2つはしっかりと見極めましょう。

逆に【SEO対策】などは、最新のテーマは標準で搭載していて差が無いので、ほぼ気にしなくてもOKです。

この点を考えると、とにかく簡単さなら『The THOR』で、設定の幅広さなら『Diver』がおすすめです。

この他、コーポレート(企業)サイトなら『Grazioso』を検討しましょう。

ぜひ、参考にしてWordPressテーマを選んでくださいね!

以上、今買うべきWordPressテーマを紹介しました。

 

人気記事【今使うべき】おすすめのWordPress有料テーマ④選【目的別に紹介】

人気記事【初心者向け】稼げる『ブログ』の作り方【副業にもおすすめです】