おすすめ記事
しゅん
このブログの監修者
普段はWebフリーランスとしてWebサイトの制作や集客を中心に活動しています。

おすすめのハイテク家電やガジェットのまとめや、テレワークを快適にする便利グッズのレビュー、外出の持ち物の選び方、Amazonのセールやサブスクの情報を詳しくレビューしています。

レビュー依頼やご質問は、お気軽にお問い合わせ下さい。

>>お問い合わせはこちら<<

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いの?【価格やレンズ、アフターサービスの違いを徹底比較】

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いの?【価格やレンズ、アフターサービスの違いを徹底比較】

この記事は、眼鏡のZoffとJINSならどちらがいいのか?価格やレンズ、アフターサービスの違いを比較している記事です。

悩む人

眼鏡を買うなら価格も手頃なZoffかJINSにしようと思うんだけど、どちらが良いの?違いの比較が知りたいな!

と言う疑問に答えます。

店舗の数が多く、価格がお手頃なメガネを購入するならZoffかJINSが人気ですよね!

しゅん

しかしZoffもJINSも似たようなメガネ屋さんなので、どちらが良いのか?迷ってしまうのも事実です。

そこでこの記事では、眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いのか?価格やレンズ、アフターサービスの違いを徹底比較していきます。

眼鏡のZoffとかJINSならどちらが良いのか?知りたい人は、是非参考にしてみてください。

目次(タップで移動できます)

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いの?【価格やコスパで考えるとJINSがおトクです】

まず結論から。

しゅん

価格やコスパ重視の人はJINSを選ぶのがおすすめです。

と言うのもJINSは、”薄型非球面設計”のレンズを無料で選ぶことができます。

一方でZoffはスタンダードな球面レンズが標準仕様なので、度数が強い方など目が小さく見えないメガネを探している人は、追加料金が必要になります。

しゅん

その反面、Zoffは機能性レンズの種類が多いので、自分に合ったメガネを探している人は選びやすいでしょう。

このように、コスパ重視か?機能重視か?で選ぶと良いでしょう。

Zoffがおすすめの人JINSおすすめの人
レンズの付加機能をしっかりと選びたい人
ブルーライトカットや曇り止めなど、レンズの性能にこだわりたい人
コスパよりも目が小さくならないメガネをしっかり探したい人
”薄型非球面設計”のレンズをコスパよく利用したい人
安く目が小さく見えないメガネを使いたい人
品質の高いメガネを安く買いたい人

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いの?【フレームやレンズ、アフターサービスの違いを徹底比較】

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いの?【フレームやレンズ、アフターサービスの違いを徹底比較】

では眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いのか?違いを比較していきます。

しゅん

フレームやレンズ、アフターサービスの違いを徹底比較していきます。

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いのか?徹底比較
  1. フレーム価格の違い⇒価格帯はほぼ同じ
  2. レンズの違い⇒標準仕様のレンズは違う
  3. アフターサービス⇒保証期間と保証回数に違いがある
  4. 子供向け⇒種類が多いのはJINS

順番に解説します。

眼鏡のZoffとJINSのフレーム価格の違い【価格帯はほぼ同じ】

カバー画像

フレーム価格の違い

【価格帯はほぼ同じ】

まず最初にフレーム価格の違いから解説していきます。

しゅん

ZoffとJINSのフレームの価格帯はほぼ同じで、比較すると下記のようになります。

\\ZoffとJINSのフレーム価格//

ZoffJINS
5,500円(税込)
8,800円(税込)
13,300円(税込)
19,900円(税込)
5,500円(税込)
8,800円(税込)
13,200円(税込)
19,800円(税込)

アウトレット商品やオンライン限定など、一部違う場合があります。

ZoffとJINSのフレーム価格を比較すると、低価格のフレームは同じで高価格帯では100円ほど違います。

しゅん

このようにフレーム価格ではZoffとJINSでは大きな違いはないと言えます。

眼鏡のZoffとJINSのレンズの違い【標準仕様のレンズは違う】

カバー画像

レンズの違い

【標準仕様のレンズは違う】

次にZoffとJINSのレンズの違いを比較していきます。

しゅん

レンズではZoffとJINSでは違いが大きいです。

Zoffの標準仕様のレンズは球面レンズですが、JINSでは薄型非球面設計”のレンズを無料で選ぶことが出来ます。

このためZoffで目が小さくならないような非球面レンズを選ぶと、別途5,500円〜の追加料金が必要になります。

\\ZoffとJINSのレンズの違い//

ZoffJINS
球面レンズ標準
薄型非球面レンズ+5,500円(税込)標準
超薄型非球面レンズ+7,700円(税込)
極薄型非球面レンズ+13,200円(税込)
しゅん

一方で、Zoffはより薄さのある非球面レンズなど種類がです。

やはりコスパ重視でメガネを選ぶのか?機能でメガネを選ぶのか?によっておすすめが異なるでしょう。

眼鏡のZoffとJINSのアフターサービスの違い【保証期間と回数に違いがある】

カバー画像

アフターサービスの違い

【保証期間と回数に違いがある】

次にZoffとJINSのアフターサービスの違いを比較していきます。

しゅん

ZoffとJINSのアフターサービスでは、保証期間と保証回数の違いがあります。

\\ZoffとJINSのアフターサービスを比較//

ZoffJINS
フレーム1年保証6ヶ月保証
レンズ6ヶ月保証6ヶ月保証
保証回数記載なし最大2回まで

まず基本的なネジ締めやフィッテイング、クリーニングなど簡単なアフターサービスはZoffもJINSも無料で行ってくれます。

一方で、フレーム保証期間や保証回数ではZoffの方が優れている印象があります。

しゅん

ただし、商品の不備以外の理由ではZoffもJINSも保証対象外になってしまいます。

そのためアフターサービスでは、ZoffとJINSの違いはあまりないのかな?と思います。

眼鏡のZoffとJINSの子供向けメガネの違い【種類が多いのはJINS】

カバー画像

子供向けメガネの違い

【種類が多いのはJINS】

最後に眼鏡のZoffとJINSの子供向けメガネの違いを比較していきます。

しゅん

ZoffもJINSも子供向け眼鏡を販売していますが、細かい部分で違いがあります。

\\ZoffとJINSの子供向けメガネを比較//

ZoffJINS
フレームの種類44種類81種類
サングラスの種類2種類14種類
レンズ大人と同じ大人と同じ
フレームの保証1年間6ヶ月(2回)
レンズの保証1年間6ヶ月(2回)

まず第一にフレームの種類では圧倒的にJINSの方が豊富です。

しゅん

コスパの良い安いモデルでレンズも非球面レンズが標準仕様です。

一方で、Zoffは耐久性の高い”Zoff SMART”と呼ばれるキッズメガネが人気ですが、非球面レンズを選ぶなら別途追加料金が必要になります。

また保証もZoffの方が充実しており、大人よりも変形や破損の可能性が高い子ども用のメガネなら安心感があります。

しゅん

このように子供用のメガネもコスパ重視か?機能重視か?で選ぶと良いでしょう。

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いの?【おすすめの人を徹底紹介】

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いの?【おすすめの人を徹底紹介】

では眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いのか?おすすめの人を紹介していきます。

しゅん

今回、比較したポイントをまとめると、ZoffとJINSのどちらを選ぶべきか?は下記の通りです。

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いのか?おすすめの人
  • Zoffがおすすめの人⇒自分好みのメガネを探している人
  • JINSがおすすめの人⇒価格を抑えたい人やコスパ重視の人

順番に解説します。

眼鏡のZoffがおすすめの人【自分好みのメガネを探している人】

Zoff

まず眼鏡のZoffがおすすめの人を紹介します。

しゅん

眼鏡のZoffは、欲しい機能のついたレンズも含めて自分好みのメガネが欲しい人におすすめです。

特にレンズに関しては、Zoffの方が選べるレンズの数が多いので、PC作業が多い方やレンズの汚れが気など、用途に合わせて選ぶことが出来ます。

その反面、レンズの種類によっては数千円の追加料金が必要な場合があります。

しゅん

コスパの面ではJINSに一歩劣りますが、より自分にあったメガネを作りたい人におすすめです。

眼鏡のZoffがおすすめの人
  • レンズの付加機能をしっかりと選びたい人
  • ブルーライトカットや曇り止めなど、レンズの性能にこだわりたい人
  • コスパよりも目が小さくならないメガネをしっかり探したい人

\\こだわりのメガネを探している人におすすめ//

Zoff

ー今だけ!限定キャンペーンはこちらからー

眼鏡のJINSがおすすめの人【価格を抑えたい人やコスパ重視の人】

次に眼鏡のJINSがおすすめの人を紹介します。

しゅん

眼鏡のJINSは、メガネの価格を抑えたい人やコスパ重視の人におすすめです。

と言うのも、JINSは歪みが少ない”薄型非球面設計”のレンズが無料で選ぶことが出来ます。

このため度数が強い方でも、コスパよく目が小さく見えないメガネを入手可能です。

しゅん

このため価格を抑えたい人や自宅でしか使わないメガネだからコスパ重視などの場合におすすめです。

眼鏡のJINSがおすすめの人
  • ”薄型非球面設計”のレンズをコスパよく利用したい人
  • 安く目が小さく見えないメガネを使いたい人
  • 品質の高いメガネを安く買いたい人

\\コスパよくメガネが欲しい人におすすめ//

ー今だけ!限定セールはこちらからー

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いの?のまとめ

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いのか?を解説しました。

しゅん

ZoffとJINSは、価格やコスパ重視なのか?メガネの機能や性能重視なのか?によっておすすめが異なります。

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いのか?おすすめの人まとめ
  • Zoffがおすすめの人⇒自分好みのメガネを探している人
  • JINSがおすすめの人⇒価格を抑えたい人やコスパ重視の人

Zoffはレンズの種類が豊富で、非球面レンズでも複数の中から選ぶことが出来ます。

しゅん

その反面フレームの他にレンズの追加料金が必要なため、コスパ面ではJINSに劣る部分があります。

眼鏡のZoffがおすすめの人
  • レンズの付加機能をしっかりと選びたい人
  • ブルーライトカットや曇り止めなど、レンズの性能にこだわりたい人
  • コスパよりも目が小さくならないメガネをしっかり探したい人

一方で、JINSは薄型非球面設計”のレンズが標準仕様なので、追加料金不要で目が小さくならないメガネを選ぶことが可能です。

しゅん

このようにコスパ重視ならZoffよりもJINSの方が優れています。

眼鏡のJINSがおすすめの人
  • ”薄型非球面設計”のレンズをコスパよく利用したい人
  • 安く目が小さく見えないメガネを使いたい人
  • 品質の高いメガネを安く買いたい人

もちろん、ZoffもJINSも品質の良いメガネが多く、コラボ商品のフレームなども多数販売されています。

しゅん

眼鏡のZoffとJINSは、価格やコスパ重視か?機能・性能重視か?で選ぶのがおすすめですよ!

是非参考にしてみてくださいね!

眼鏡のZoffとJINSならどちらが良いの?【価格やレンズ、アフターサービスの違いを徹底比較】

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次(タップで移動できます)